2007年08月06日

決断

偉大な事を為し遂げる人の絶対的な共通点は1つです。

決断です。

決断というと、選択と似ていると思われるかもしれませんが、
全然違います。

選択は、文字通り選ぶ事です。
いくつかの選択肢から選ぶ事や、消去法も選択です。

選ぶ事も決める事ですが、決断には遠く及びません。


選択は、用意されたものから選ぶ事、
つまり受動的です。

決断は、自分で目標を設定する事です。
つまり能動的なのです。


受動的な態度では大きな物事を達成する事は決してできません。


決断には、絶対に目標を達成するという信念が宿っています。
どんな障害が待ち受けていても、決して諦める事は許されません。

手段を選ばず、絶対に何が何でも目標を達成する。
その信念こそが決断の証なのです。

諦めた時点で、それは決断ではなかったと言う事です。

決断を下さず、できればいいなぁ程度の考えで、
大きな物事を為す事はできません。

何が何でもやる! 

そう決めた瞬間に、実は未来は決まっているのです。


mixiチェック

haxe501 at 03:22│clip!仕事 

この記事へのコメント

1. Posted by くまりん   2007年09月22日 16:51
何が何でもやる!私もそう思いたい。
でも、その事で他の人を裏切ったり、傷つけたりしても・・・自分が決めた事をあきらめないで、目標に向けてがんばってもいいのでしょうか?
2. Posted by Takao   2007年09月23日 05:10
今くまりんさんがどういう状況なのかわかりませんが、

例えば、勝負の世界では勝った人は喜び、負けた人は傷つきます。

自分の夢を追いかけるときは、親の期待を裏切る事もあります。

そして、大切な事は自分が決めた目標だからがんばるのではなく、
自分がどうしても達成したい目標だからがんるのです。

分かりづらいかも知れませんが、
自分が望んでいる事が正解なのです。

もっと自分の心と対話して、
自分は何が欲しいのか感じ取ればいいと思います。


自分の良心に聞いてみて下さい。

自分が悪い事をするから他人が傷つくのか?
他人の精神レベルが低いから傷つくのか?

自分が悪くないと思うなら、自信を持って
目標に向けて頑張ればいいと思いますよ。