2007年01月05日

親切のキャパシティ

親切のコツという記事で、
見返りを求めるなと書きましたが、
もう少し突っ込んで説明します。

例えば、募金する時に、100円ならいいけど、
500円はちょっと高いなと感じたとします。

だったら、募金額は100円にするべきです。
見栄を張って500円募金したとしたら、
後悔するか、見返りを求めるかのどちらかです。

自分のキャパシティ(許容量)を超える親切は
しない事です。

「例え誰にも感謝されなくてもいい」
と思える程度の親切をする事です。

親切の許容量は人によって違います。
愛がデッカイ人ほど許容量が多いのです。

許容量は徐々に大きくしていけばいいので、
とにかく、自分が見返りを求めたり、
後悔してしまう程の親切はしない事です。

見返りを求めると、相手に期待します。
期待は必ずと言っていいほど裏切られます。

電車の席も、自分が元気だったら譲るけど、
疲れていたら譲らない。

その程度でいいのではないでしょうか?


mixiチェック

haxe501 at 04:20│clip!毎日の行動指針