2006年10月22日

なぜ浪費してしまうのか?

人間というのは、ただひとつの目的で行動しています。
自分の感情を満たそうとしているのです。

そして、お金を使えば一時的に感情を満たす事ができるのです。

多くの人は、お金でストレスを紛らせようとしているのです。
例えば、別に食べなくてもいいお菓子を買ってみたり。
買ってみたものの、2、3回しか着なかった服やカバン。
後悔するのがわかっているのにやってしまうギャンブル。
その時期しか使わないであろうイベントグッズ。
全く使っていない、通販で買ったエクササイズマシーン。

必要なもの以外は、満たされない感情を満たそうとして
お金を使っているのです。

浪費を減らすには、ストレスを減らすと同時に、
金銭感覚を改める必要があります。

生き金を使い、死に金を使わない事です。
耐久品を買うときは、何回使うのか、元は取れそうか考えます。
交際費を使うときも、面白くなさそうな飲み会なら参加しない事です。

ちょっと先をイメージするだけでいいのです。
お金というのはとても大切なものなのです。

あなたは、わざとお金を捨てた事は無いかもしれません。
でも、買わなくてもいいものを買ってしまったとしたら、
ドブに捨てているのと何ら変わりありません。

今まで、買わなくて良いものに使ってきたお金が戻ってきたら、
どのくらいのお金になっているでしょうか?
そのお金をもっと有効に使えたのではないでしょうか?

1000円稼ぐより、1000円損しない事の方が、
よっぽど価値がある事なのです。




mixiチェック

haxe501 at 09:24│clip!お金について