2020年10月

2020年10月11日

ホメオパシー

生徒から、「ホメオパシーのレメディを見て欲しい」と言われたので、
実物を見せてもらいました。
  
  
見た目からも波動を感じますけど、
もっと詳しく知りたいので、試しに一粒食べてみました。
  
確かに、【「何らかの波動」が身体に広がる感覚 】はします。
  
  
具体的にいうと、
「良い波動」と「悪い波動」が混じっている様な感じです。
  
  
まぁ、ワクチンの様に、
【「薄めた病気の原因?」で病気を治す 】って考え方みたいですね。
  
だから、「悪い波動」が混じっていても不思議ではありません。
  
  
原料は、鉱物、動物、植物などらしいですね。
  
  
で、「波動で病気を治す」って考え方は、別に間違っていません。
  
私も、「波動でウイルスを弱体化・無力化できる」って事を、
客観的な実験と検証によって発見しましたしね。
  
  
ホメオパシーは、波動治療のオーソリティなのでしょう。 
  
  
ただ、波動の強さで言うと、
私が目利きして仕入れるパワーストーンの方が強いですし、
  
そのパワーストーンよりも、私が直接宿せる波動の方がずっと強いし、
さらに意図したエネルギーを宿せるので、利便性が高いです。
  
  
で、何より波動の世界って【 感覚勝負 】なんですよね。
  
  
ワインと似たようなモンです。
  
  
用意されているマニュアルだけじゃ、
到底「理解」も「活用」もできない世界なのです。
  
  
例えば、パワーストーンで言うと、
  
ローズクォーツは「〇〇の効果がある」
タイガーアイは「〇〇の効果がある」
 
とか、本に書いてますよね?
  
  
あれ、全然アテになりません。
  
  
まず、エネルギーの宿っている石自体が少ないから、
目利きして選ぶ必要があるし、
  
そのエネルギーも千差万別です。
  
  
ローズクォーツはピンク色だから、
「優しい感じ、女性らしい感じ」と思われるかも知れませんが、
   
「非常に力強い、気迫のこもったローズクォーツ」もあるのです。
  
  
これは、マニュアルだけ読んでいても分かりません。
  
  
ワインも同じです。
 
ピノ・ノワールは、こんなワインです。
シャルドネは、こんなワインです。
  
と、本には書いてありますよね?
  
  
でも、
  
「ピノ・ノワール」だけで、どれだけ幅広い世界があるか?  
「シャルドネ」だけで、どれだけ幅広い世界があるか?
  
と言う事です。
  
  
あまりにも幅広い世界だから、
本などには、書き切れるわけがないのです。
  
  
波動の世界において、マニュアルなど役に立ちません。
  
  
だから、【 経験と感覚の勝負 】です。
  
    
ワインのソムリエと一緒。
  
  
「ワインの本だけはたくさん読みましたが、
 ロマネ・コンティは飲んだ事ありません!」
  
じゃ、意味が無いのです。 飲まないと。
  
  
しかも、飲んだ上で、
「ロマネ・コンティがどう素晴らしいのか?」
  
を、ちゃんと明確に感じられなければなりません。
  
  
そうじゃないと、飲んでも何も解ったことにはなりません。
  
  
だから、波動を扱うのであれば、
  
まず、本人が波動をちゃんと感じられる事が大前提。
  
  
自分が波動を感じられないなら、
「訳のわからん波動」を提供しているかも知れない。
  
  
自分では味見ができないのに、
  
「レシピ通りに作ったから…」と、
そのまま客に「味のわからない料理」を出しているのと同じです。
  
  
料理と違うのは、【 客も味がわからない 】と言う事です。
  
出す方も、食べる方も味が分からない。
  
  
そんなに怖いことはありません。
  
  
ソムリエにも、お金持ちを顧客にして
高級ワインをバンバン飲んでいるソムリエもいれば、
  
ソムリエ資格だけ取得して、
居酒屋さんで働いているソムリエもいます。
  
  
どちらも資格はあるかも知れませんが、【 経験値は雲泥の差 】です。
  
  
ワインの事を聞くのに、  
「どちらのソムリエが頼りになるか?」は、分かりますよね?
  
  
資格だけあっても仕方ないのが、ワインとソムリエの世界。
  
  
波動もそれと同じです。
  
  
私は、世界一の波動ソムリエだと思いますがね(笑)
  
 
波動のことは、波動をちゃんと感じ分けられる人でないと、
「まったく頼りにならない」と言うことです。
  
  
そして、「波動を正確に感じ分けられる人」って、ほぼいませんからね。
  
希少存在です。
  
  
波動が絡んだ事で人を頼るなら、マニュアル人間ではなく、
相手が「ちゃんと感じた上で、識別できる能力を持っているかどうか?」
  
を、確かめた方が良いですね。
  
  
神社の神主さん、お寺のお坊さんなども含めてね。
  
  
私、ワインも結構ブラインド(ラベル隠し)で当てられたりしますよ。
  
ざっくりと「産地、品種、ヴィンテージ」などを。
  
「経験と感覚と知識」が合致していないと、当てられませんからね。
  
ラベルを隠した状態で「どんなワインか?」を当てられることは、
私の感覚が正しいことの証明にもなります。


mixiチェック

haxe501 at 08:57|Permalinkclip!

2020年10月09日

ワクチンへの期待

ワクチンには、
  
・生ワクチン
・不活性化ワクチン
・トキソイド
  
の大きく3種類があり、
  
  
生ワクチンは、
「弱めた細菌・ウイルスそのもの」を接種する。
  
  
生ワクチンは、「風疹、水疱瘡、おたふく風邪」など、
  
「子供の頃に一度罹ったら、その後一生罹らない」様な、
獲得免疫が一生続く病原体に対して有効。
  
  
しかし、新型コロナウイルスは現状それに当てはまらないので、
対新型コロナウイルス感染症で開発中なのは、「不活性化ワクチン」
  
  
不活性化ワクチンは、「病原体の一部分だけ」を使う。
  
  
しかし、「不活性化ワクチン」で得られる免疫は、
「生ワクチン」に比べると、効果も弱く長くは続かないとされている。
  
  
というか、新型コロナに感染しても、
「無症状で終わる人」も多い訳で、
    
既に免疫を持っている人も多いかもしれない中で、
全国民にワクチン接種を推し進めるというのは効率的にどうなんだ?
  
   
まぁ、何が言いたいのかというと、
  
「ワクチンに対して無知」のまま、
「ワクチンに期待しすぎない様に」ってこと。
  
  
通常、ワクチンの開発には
5年、10年単位の年月が必要とされている中で、
  
短期間で急いで作り上げたワクチンだし、
副作用(副反応)だって、どうなるかわからない。
  
それに、「抗ウイルス薬」にも副作用があるモノが多い。
  
  
インフルエンザだって、予防接種はあるけど、
完全に解決できている訳じゃない。
  
  
新型コロナに関しては、
一度治っても、「再感染する可能性の報告」が多い。
  
  
つまり、ワクチンが出来た程度じゃ、
「生活」も「経済」も、さして変わらない。
  
  
・マスク生活
・アルコール消毒生活
・ソーシャルディスタンス生活は、
  
急場で用意したワクチン程度では終わらない。
  
  
経済的ダメージは深まる一方で、景気へのダメージは底知れない。
  
それを防げるのは、私の技術だけだ。


mixiチェック

haxe501 at 01:34|Permalinkclip!

2020年10月08日

現代の機械で計測できないエネルギー

私の「新型コロナ解決法」の動画で、
  
常識を覆される第一の事実は、
  
「人間は、現代の機械で計測できないエネルギーを
 感じたり、放ったりできる」
  
って所だと思うけど、
  
よくよく考えてみると、
人間は当たり前にそれらを感じているんだよね。
  
  
感情の話以外にも、
  
たとえば、赤ちゃんとか、異性とかを抱きしめた時に、
何らかのエネルギーを感じることがあると思う。
  
「充電させて!」と言って、ハグをする人もいるが、
一体何を充電しているというのか?
  
充電した感覚があるから、「充電」と呼ぶのだろう。
  
  
料理をする時、同じレシピ、同じ素材でも、
料理が好きな人と嫌いな人で、味に大きな違いが出るし、
  
「音楽や美術などの芸術作品」にも、エネルギーは宿る。
  
  
音楽や美術が好きな人は、
作品から何らかのエネルギーを感じる感覚を知っているはずだ。
  
  
クラシックが好きな人なら、同じ楽曲でも演奏者によって
「技術以外の部分」で何か感じられるモノが違う感覚を知っているはず。
  
  
昔は私も、「歌い出し」から聴衆を引き込む歌を歌える人は、
上手さだけって訳じゃないし、「何が違うのだろう?」と思っていたけど、
  
今思えば、あれはチャネリングによる波動の影響だった訳だ。
  
  
私が見る限り、ゴッホの絵にもエネルギーは宿っている。
  
  
俳優や声優も、役になり切る時にチャネリングを使っている。
  
  
アンジャッシュの児嶋さんが、
  
堺雅人さんが半沢直樹を演じる時に、
「(身体に)半沢を入れる」という表現をしていたし、
  
声優の林原めぐみさんは、自らを「イタコ声優」と呼ぶ。
  
  
私は、チャネリングをする時にエネルギーを体に通す時、
柔軟体操っぽく首を捻ったり体を震わせるが、
  
あれは、チャネリングを行う人間であれば、
誰でもやる行為だと思うし、
  
どうやら俳優さんや声優さんもやっているらしい。
  
  
これだけの「状況証拠」が揃っていながら、
  
・現代の機械で計測できないエネルギーの存在を否定すること
・そのエネルギーを人間が感じたり、操ったり出来ることを否定することは、
  
「概念的思考、論理的思考」ができない人間の、
【 先入観と感情による意見 】だとしか思えない訳で。
  
  
  
これを、科学的(物理学的)に検証する価値が無いと断罪できる人間はいるのか?
  
もしいたら、そいつは「科学とはなんぞや」を理解していないアホだ。
   
  
  
私は、便宜上、現代の機械で測定できないエネルギーを「波動」と呼んでいるが、
これは物理学でいうところの「電磁波」みたいなモノだと思っている。
  
  
電磁波の「定義・概念」というのは、
  
・電波(ラジオ・携帯・Wi-Fiなど)
・光(赤外線・可視光線・紫外線)
・放射線(X線、ガンマ線)
  
などを含み、非常に広い意味を内包している。
  
01nyumon_02_3


2a029649e48883a37110b0b55251165e


ただ、細かく正確に分類できている訳でも無いので、
電磁波の様にひっくるめて、ざっくりと「波動」と呼んでいるだけだ。
  
別に、いずれ細かく分類できる時が来たなら、
「まったく違う名前」で呼称しようが構わないけどね。
  
  
で、ここまで論理的・科学的に考えられる私が、
  
【 そのエネルギーが「ウイルスに大きく影響できる」】
って事実を発見し、確信を持っている訳で、
  
世界中の科学者たちもその事実を認めた暁には、
「ノーベル賞ちょうだいね」って事ですよ。
  
いくら人間が足掻いても、真実は変わらないしね。 
  
自然の仕組みを活用することはできても、
自然の摂理自体は変えられない。
  
  
そして、17世紀の科学革命の様に、
  
「既存の常識を大きく覆す発見をした科学者」ほど、
偉人として歴史に名を刻むことになる。
  
コペルニクス、ケプラー、ガリレオ、ニュートンたちの様に。


mixiチェック

haxe501 at 14:51|Permalinkclip!

2020年10月06日

抗ウイルス作用の効果(写真あり)

私の生徒の佐々木さんが、
過去3〜4ヶ月ほど「肌荒れ」に悩んでいるという事で、
  
私の作り出した「抗ウイルス作用」を試してみたので、
そのビフォア・アフターの写真です。
  
  
◆2020年9月22日 時点(クリックorタップで拡大)

9月22日

首の肌が白く乾燥していて、
右手の薬指も荒れている様子が分かります。
  
  
◆2020年10月1日 時点(クリックorタップで拡大)

10月1日

 
手のひら

  
手の甲

乾燥が治まり、血色もよくなっており、
手荒れもなく、キレイになっています。
  


mixiチェック

haxe501 at 17:46|Permalinkclip!

2020年10月02日

人間の感覚情報処理の仕組み

人間は、日々多くの景色を見て、ノイズを聞いているが、
「意識していない情報」は、認識できないし、記憶にも残らない。
  
  
例えば、一部分だけが違う「二枚の絵」を見比べる「間違い探し」
  
「違い」を教えてもらったら、すぐに「違い」が認識できるのに、
正解を教えてもらわないと、なかなか気づくことが出来ない。
  
  
人間というのは「違和感に気付いた瞬間」や、
「重要だと感じる情報」に意識を注ぐ。
  
そして、「意識を注ぐ行為」を繰り返すことで
「感覚が鋭敏」に育っていく。
  
  
私も、ワインを飲む様になってから、
「味覚」と「嗅覚」が確実に鍛えられてきた。
  
  
「音感に優れる人と、そうでない人」がいて
細かな音程の違いに気付ける人と、そうでない人がいる様に、
  
「他人の感情に敏感な人と、そうでない人」がいる。
  
  
波動を感じる感覚も、「間違い探し」と同じ。
  
何も意識しなければ、同じ絵に見えてしまって違いがわからない。
  
  
どこがどう違うのか「違い」を教えてもらって、
何度も意識を注ぐと、わかる様になってくる。
  
音感も、波動も、ワイン(味覚・嗅覚)も同じ。
  
  
人間は、意識を注いでいないと、何も認識できない。
  
  
受け身状態でも感じ取れる「痛み」などの感覚は、
「生存に関わる感覚」であり、優先順位が高いから。
  
  
音色が生存に関わるなら、誰でも音感が鋭敏になる。
  
  
人間の「感覚、認識、情報処理」とは、そういう風に出来ている。


mixiチェック

haxe501 at 12:55|Permalinkclip!

2020年10月01日

「科学の進歩」と「未知の物質・エネルギーの解明」

「人間の五感」では捉えられないけど、
「機械では計測できる」物質・エネルギー。
  
  
・超音波(犬笛、モスキート音など)
・電波(ラジオや携帯電話、Wi-Fiなど)
・放射線(X線、ガンマ線など)
・電気(カミナリ、静電気などの一部現象は視覚可能だけど)
・分子、原子、粒子、量子
・細菌、ウイルスなどの微生物
   
   
まぁ、いっぱいありますよね。
   
   
計測できる機械があれば、「当たり前に存在する」とされる常識だけど、
計測できる機械がない途端、「怪しい話」に思われる。
  
  
でも、それっていうのは、
【「人間の主観」を中心に自然を眺めているだけ 】で、
    
「地上が平面である」だとか、
「地球を中心に天体が回っている」と捉えているのと変わらない。
   
  
大昔、「地上が球体である」と知った人は、驚いただろう。
  
「自分の下側にいる人は、どうやって立っているんだ!?」という風に。
  
  
でも、「地上が球体である」ってのは、今や常識。
  
  
自然の在り方を解明し、
非常識を常識に変えていくのが、科学の進歩というもの。
  
  
「感情」は、【 現代の機械で計測できないエネルギー 】
  
  
でも、もし【「感情エネルギー」を計測できる機械 】が発明されたら?
  
  
感情の正体が明らかになり、
そのエネルギーの存在は「当たり前の常識」になる。
  
  
そもそも未知のエネルギーなんだから、
初めっから計測できる機械なんて存在しない。
  
  
「未知のエネルギーが存在する事」に確信を持ってから、
【 そのエネルギーを計測するための機械 】を発明していく。
  
そういう流れ。
  
  
超音波も、電気も、電波も、赤外線・紫外線も、細菌・ウイルス類も、
  
全部そういう流れ。
  
  
先に存在する事が分かってから、計測するための機械を作る。
  
  
世界の科学者よ。 
  
「計測できる機械」を早く作ってくれ。
  
  
そうすれば、「怪しい話」なんて一切思われなくなる。
  
  
昔の人からしたら、
  
超音波も、電波も、電気も、細菌、ウイルス類も、
地上が球体である事も、重力も、地動説も、相対性理論も、量子力学も、
    
全部が全部【 怪しい話 】だ。
  
  
量子の仕組み・メカニズムがわかるからこそ、
量子コンピュータを発明できる。
  
  
科学の基本。 
   
まずは、【 自然法則の解明 】だ。
   
   
「科学的な実験による心理学」とか、「脳科学」と言うが、
  
・人間の精神に関する自然法則が解明できていない時点で、
・自然法則に立脚していない時点で、
  
それは科学的じゃない。
  
  
ただ客観的に観測・実験さえすれば科学的と感じるのは「大いなる誤解」だ。
  
自然法則が解明できていなければ、何も発明できない。
  
何の発明品も生み出せない研究を、科学と言えるのか?


mixiチェック

haxe501 at 14:00|Permalinkclip!