2019年12月

2019年12月02日

金持ちは精神を大事にしている

大金を儲けようと思ったら、
  
「夢・志・野心」が必要。
  
  
自分の日々の生活だけ賄うつもりなら、
別に大金なんて要らない。
  
  
大金を稼ぐのは、それなりに大変だから、
  
【 強いモチベーション 】がないと無理。
  
  
引き寄せの法則とかで、
「大金をラクに引き寄せられる」なんて言う人がいるけど、
  
完全なウソだね。
  
  
万が一、億が一…、「宝くじ」に当たったとしても、
大金を使いこなせるだけの知性が無ければ、意味が無い。
  
頭悪く、散財して終わりだ。
  
  
大金を稼ぎ、使いこなすには、
人間として大きく成長しなきゃいけない。
  
それは、それなりに「しんどい事」だ。
  
  
【 しんどい事をやってでも! 】
  
という「目指すべき夢・志・野心」がなければ、
  
大金なんて稼げない。
  
  
ここで、また既成概念を覆したいと思うけど、
  
要するに、「大金を稼ぐ人」っていうのは、
  
お金そのものより、【 精神を大事にする人 】なんだよ。
  
  
物質的じゃなくて、「精神的な人」が、大金を稼ぐわけ。
  
  
物質面だけ満たしたいなら、
低い年収でも充分快適に暮らせる。
  
  
精神を満たしたいから、大金が必要なんじゃん。
  
  
  
大金を稼ぐのに必要なのは、3点。
  
  
1.夢、志、野心
2.強い精神力(根性、厳しさ)
3.美しい精神性(思いやり、誠実さ、素直さ)
  
  
「頭の良さ」とか、「才能」なんて二の次ね。
  
  
人生で大金を稼げない人は、
3点のうち、いずれかが足りない。
  
  
結局、全てが【 精神 】でしょ?
  
  
方法論やテクニックなんかに依存してても無理だよ。
  
  
己の心を強く鍛え、美しく磨かないと。
  
  
そういう「気高く、高潔で、高尚な生き方」がしたいかどうか?だ。


mixiチェック

haxe501 at 13:33|Permalinkclip!

2019年12月01日

優れた発明こそが経済には必要

新発明の「エターナル・タリズマン」は、
本当にいろいろな意味で最高傑作ですね。
  
  
一番の理由は、これまでと違って、
  
【 幅広い層の人々にアプローチできる 】
  
という事が優れている。
  
  
私は、「エターナル・タリズマン」を皮切りに、
他にも様々なタイプの商品を開発して、
  
【 スピリチュアル・ラグジュアリーブランド 】
  
を作りたい。
  
  
大衆に影響力を持つハリウッド・スターが、
「気に入って身に付けるようなアイテム」にしたいのです。
  
  
まずは、【 セレブ向けの強固なブランド 】を作ってから、
廉価版を大衆に広げる。
  
アルマーニの戦略です。
  
  
デザインやファッションが関わるアイテムなんて、
庶民や大衆から攻めても広がらないからね。
 
何でもそうですけど、【 上流層の人々に根付いた文化 】が、
時間差で庶民や大衆に降りてくる訳で。
  
  
  
現在は、ペンダントタイプだけですが、
  
今回、開発した「波動を宿らせる方法」は、
あらゆるアイテム作成に使えるので、
  
「ファッション・アイテム」だけでなく、
「インテリア・アイテム」にも応用可能です。
  
  
「アルマーニ」なんかは、
メインの「ジョルジオ・アルマーニ」以外に、
  
セカンドラインのファッションブランドや、
(エンポリオ、エクスチェンジ…など)
  
他に、家具(インテリア)なんかも作ってますからね。
  
    
私も、そんなところを目指したい。
  
  
で、今回は経済の話がしたいのですが、
  
全体的に経済が潤うときってのは、
【 優れた商品・サービス 】が必要なのです。
  
  
例えば、インターネットと携帯電話。
  
  
私が20代の頃は、爆発的に普及する時期でした。
  
  
その時期の「通信業界の会社」って、鬼ほど儲かっているハズです。
  
  
だって、多少高くても、
誰もが携帯電話とインターネットを欲しがる時代です。
  
契約なんか、今よりもラクにバンバン取れましたし、
  
それが、ITバブルにもなりました。
  
  
私のエターナル・タリズマンも、
  
これまでに無かったけど、
価値が理解できれば、誰もが欲しがるような商品です。
  
  
これが普及していく過程で、
  
私のみならず、
  
エターナル・タリズマンを売る「代理店」や「営業マン」も、
【 鬼ほど儲かる 】と思います。
  
  
結局、価値のない商品を売ることは詐欺に等しいので、
  
【 優れた価値の高い発明 】こそが、
  
経済が全体的に潤う出発点です。
  
  
そして、そういった発明が今回生まれてしまったわけです。
  
  
まぁ、ジャンルは違いますが「iPhone」みたいなモンですよ。
  
  
私と一緒に仕事する人は、
  
エターナル・タリズマンを普及させていく過程で、
人々に喜ばれながら、鬼ほど儲けてください。
  
  
このビジネスは、何兆円規模になると思いますし、
  
私自身、「何兆円も動かす企業グループの総帥」になるイメージが、
バッチリとついています。


mixiチェック

haxe501 at 12:49|Permalinkclip!