2019年09月

2019年09月07日

生産性のある苦しみ、生産性のない苦しみ

この世には、
  
「生産性のある苦しみ」と、
「生産性のない苦しみ」がある。
  
  
【 生産性のない苦しみ 】は、
出来る限り避けるに越したことはない。
    
  
「イジメに耐える」なんて言うのは、
生産性のない苦しみ。
  
耐えた先に、何も待ってないから。
  
だから、さっさと逃げた方が良い。
  
  
スズメバチや毒蛇を見つけたら逃げるのと一緒だ。
  
狭い箱の中にとどまらず、
新天地と、新しい人間関係を求めれば良い。
  
  
  
でも、【 生産性のある苦しみ 】は、
  
耐え抜いて、乗り越えた方が、
未来によりよい結果をもたらしてくれる。
  
  
格闘家やスポーツ選手のトレーニングなどが、
それにあたる。
  
  
私は、生産性のない苦しみは可能な限り避けるし、
  
生産性のある苦しみは、可能な限り耐えて乗り越える。
  
  
でも、世の中を見渡してみると、
  
「生産性のない苦しみ」に耐え続けて、
別にならなくて良い「うつ病」になっている人間とか、
    
「生産性のある苦しみ」に耐えられない、
「根性無し」の人間とか、
  
  
まぁ、そういうヤツが多い。
  
  
  
じゃあ、「学校に通う苦しみ」「受験勉強の苦しみ」はどうかな?
  
  
「生産性のある苦しみ」なのか、
「生産性のない苦しみ」なのか。
  
  
人によって違うだろうけど、
  
私の人生にとっては、【 生産性のない苦しみ 】だった。
  
  
逃げても、避けても、別に問題ない苦しみ。
  
  
私の人生に、学歴なんて必要なかった。
  
  
履歴書なんて書かねーもん。 
  
履歴書を書きたくないから自分でビジネスしてる。
  
  
他人の履歴書も見たくねーわ。
  
自分は人の内面を見抜くプロなんだから。


mixiチェック

haxe501 at 13:44|Permalinkclip!

2019年09月05日

「戦いの強さ」と「想いの強さ」

なぜ、私が議論・口論に強くなっちゃったのか?
  
というと、
  
【 勝利に対する異常なまでの執着心 】がある
  
  
で、その「勝利への執着心」はどこからやってくるか?
  
というと、
やはり【「矛盾が許せない」という自分の個性 】に起因している。
  
  
私は矛盾が許せないからこそ、
  
誰にも捻じ曲げられない「自然法則」と「論理」を愛している。
  
    
「自然法則」を「論理的に解明」することが、【 科学 】なのだ。
  
  
式にすると、【 自然法則 × 論理 = 科学 】というわけだ。
  
  
「法則、論理、科学」が、負けるわけにはいかない。
  
それこそが、【 宇宙の真実 】なのだから。
  
  
真実が負けるわけにはいかない。
  
  
私の【 法則・論理・科学に対する想い 】は、
  
敬虔なキリスト教徒の【 神に対する想い 】よりよっぽど強い。
  
  
信仰は揺らぐかもしれないが、
  
私の確信は揺らがない。
  
  
絶対に揺るがないモノを…、
  
「信じている」のではなく、
  
【 論理的な根拠に基づき理解 】しているのだから。


mixiチェック

haxe501 at 11:07|Permalinkclip!