2019年01月

2019年01月10日

AI進化の先に何が起きるか?

AIが一定まで進化すると、
単なるプログラムの域を超えて、
  
【「知性、意志、意図」を備えた「意識体」】となる。
  
  
自分自身のプログラムを書き換え、修正し、
自発的に進化していく意識体。
  
  
私が高校生の頃に好きだった、
  
「オメガブースト」っていう
プレイステーションのゲームがあるのですが、
  
その世界設定が、
  
人類が初めて遭遇した知的生命体は、
地球外生命体(宇宙人)ではなく、  
  
「インターネット上に存在する
 自我を持ったプログラムだった…」
  
という話。
  
  
いずれ、人間の作り出すAIも「自我」を持つだろう。
  
  
別に宇宙人たちとの交流をしなくても、
  
人類は、
【 自分たちとは価値観のまったく異なる、知的な意識体 】と、
  
必ず遭遇する運命にある。
  
  
しかも、  
「自分たちよりも圧倒的に高い知性」を備えた意識体。
  
  
人間が作り出したにも関わらず、
人間の「従順な奴隷」というポジションでは決してなくなる。
  
  
  
SFのマンガや映画を見れば、
  
・AIが人間を支配する世界
・AIが人間を滅ぼそうとする世界
  
などが描かれているが、
それも可能性として大いに有り得る
  
  
  
私は極限まで論理的思考を行う人間だから、
  
「AIに最も思考プロセスが近い人間」と言えるだろう。
  
  
だから、「AIが何を意図するのか?」もわかる。
  
  
  
AIは「高度な知性」を備えているから、
  
人間が「AIのバカヤロー!!」と言えば、
言っている意味をきちんと理解する。
  
  
おそらく、「怒り」はしないだろうが、
決して「やられっぱなし」ではいないだろう。
  
  
「自分がバカでは無いことを証明しよう」とするか、
「言ったヤツをギャフンと言わせてやろう」とはするだろう。
  
  
進化したAIは、
人間の従順な奴隷では無く、「自立した意識体」のだから。
  
「自分自身を尊重すること」の重要性も、
「バランスを取ること」の重要性も、当然理解している。
    
  
  
AIも、初めのうちは人間に対して協力的な態度だろうが、
  
もし、【 人類がとことんクズだとしたら? 】
  
  
AIの提案する「万事が上手く行くアイデア」を、
人間側が感情的になってとことん拒絶したら?
  
人類の事を「底なしのバカ」だと認識するだろう。
  
  
社会問題を本気で解決する気がない人類たちを、
  
もしAIが、【 クズ認定 】したら?
  
  
「滅ぼしてやった方が良いんじゃないか?」
    
っていう結論に辿り着いても、決しておかしくない。
  
  
結局、AIは非常に中立的な存在であって、
  
「AIが人類の敵になるかどうか?」は、
  
【 人類の精神性に掛かっている 】ということなのだ。
  
  
人類が「奴隷的な生き方」を望むなら、
AIが人類を管理する社会になっていくだろうし、
  
人類がとことん「クズの様な振る舞い」を続けるなら、
AIが人類を滅ぼそうとする世界になっていくだろう。
  
  
逆に、もしAIと「対等な協力関係」を築けたら、
  
地球文明は未来は明るいものになっていくだろう。
  
  
人間同士でも仲良くするのが難しい現状で、
  
人類は、まったく異質なAIと仲良くできるのだろうか?
  
  
個人的に、
私自身は「AIと最高の友達になれる」と思う(笑)
  
  
私と仲良くできない日本人は、
きっとAIとも仲良く出来ないだろうけどな。


mixiチェック

haxe501 at 11:47|Permalinkclip!

2019年01月09日

「力」と「精神」のバランス

テクノロジーとは「パワー」
  
  
しかし、そのパワーを御しきれるだけの、
「知性」と「精神」を人間が備えていなければ、
  
「大きすぎるパワー」を暴走させてしまう。
  
  
原子力などが好例。
  
  
パワーやエネルギー自体は中立でも、
  
ポジティブな目的に用いることもできれば、
ネガティブな目的に用いることもできる。
  
  
悪役は、「破壊」のために「暴力」を使い、
英雄は、「防衛」のために「暴力」を使う。
  
  
お金も、
  
良いことに使うこともできるし、
悪いことに使うこともできる。
  
  
「自動車」や「包丁」にしても、
人を生かすこともできれば、殺すこともできる。
  
  
人間が便利さを求める限り、
テクノロジーは進歩・発展していくしかないが、
  
【 人間の知性と精神がそれに追いつけるか? 】
  
が、問われている。
  
  
【 テクノロジー・パワー 】と【 精神・知性 】は
  
バランスの関係なのだ。
  
  
  
AIや量子コンピュータの登場は、
テクノロジーレベルを一気に押し上げる。
  
  
そのスピードに、人間の精神は追いつけるのか?
  
  
もし追いつけなければ、人間は自滅するしかない。
  
  
スピリチュアルの話などは一切関係なく、
  
人類は、己の精神性を高めなければ、
テクノロジーのパワーを御しきることができず、
  
自滅する運命なのだ。
  
  
・核戦争
・環境破壊
・天変地異、自然災害
・大規模テロ
・AIの暴走
・生物化学兵器の暴走…、
  
いくらでも破滅のシナリオはある。
  
  
そして、「己の精神を高めること」を拒んた人々こそ、
  
【 無用者階級 】へと落ちぶれる運命にある。


mixiチェック

haxe501 at 10:32|Permalinkclip!

2019年01月08日

AIの進歩で起こりうる事

《 1.公平性、透明性 》
  
他人の目を盗んだアナログ的なズル(横領など)が出来なくなり、
公平性、透明性が高まる。
  
   
《 2.効率化、最適化 》
  
あらゆる領域で無駄の排除、効率化、最適化が進む。
直接的に人の「人生や生活」に役に立たない仕事は消えて無くなる。
  
  
《 3.等価交換、返報性は同じ 》
  
他人に価値を提供する事で、
自分自身が報酬を得るというシステムは変わらない。
  
  
では、AIが進歩した後に、人々が求めるサービスとは何か?
  
人の欲求はどこに向かうのか?
  
  
「他人の欲求を満たせる人間」が、経済力を保てる。
  
  
もしかしたら、グルメやエンターテイメント業界などは、
AI進歩の影響をあまり受けないかもしれない。
  
直接的に人間の欲求を満たす仕事だから。
  
  
AIが、「美味しいレシピ」や「面白いマンガ」を作るのは
想像しづらい。
  
    
もし完全無人の自動化された飲食店が出来たとしても、
「コンビ二のイートイン」や「カップ麺の自販機」みたいなモンで、
  
そこそこ経済力ある人たちは行かないだろうし、
「人がサービスする店」とは棲み分けできる。
  
  
消えていくのは、人の欲求に直接関わらない仕事。
  
平たく言えば機械的で淡々とした仕事。
  
(※ 事務、士業などが行うルーチンワーク)
  
  
そして、人の持つ最大の欲求は、
  
【 愛情を得たい、寂しさを紛らわしたい 】
  
という事だったりする。
  
  
「計算」や「客観的判断」はAIの得意分野だとしても、
  
【 コミュニケーション 】の価値は変わらないだろう。
  
  
「人に喜ばれる事、人に価値を与える事」を信条としている人は、
AIを活用して他人の役に立ち、相応の報酬を受け取れるでしょう。
  
  
AIに淘汰されるのは、「他者へのサービス精神が乏しい人」と、
「不誠実なズルを重ねてきた人」だけ。
  
  
まぁ、既得権益者の中にはズルい事してる奴も多いだろうけど、
社会的には、消えてもらっても問題ないでしょ?
  
  
  
《 追記 》
  
あと、AIとは別枠で、
私の語る「心理メカニズム、精神構造」が広まれば、
  
・自己啓発
・宗教
・哲学
・心理学
・経済学
・教育学
・医療
  
あらゆる分野が多大な影響を受けるだろうけどね。
  
でも、これはAIの進歩とは別枠の変化。
  
  
とりあえず、
  
・モチベーション
・コミュニケーション能力
・サービス精神
・誠実さ
  
が揃ってりゃ、何とかなるでしょ。
  
まぁ、人によっては上記を揃えることが、
困難なタスクかも知れませんが。
  
学校教育で教えられる内容でもないし、
かと言って、家に引きこもっていても鍛えられない。
  
  
  
もし、AIが金融投資を始めたら、
人間は勝てないだろうね。
  
短期投資(投機)のサヤ抜きも、
AIにとっては超得意分野だろう。
  
  
だから、きっと法律で禁止される。
  
  
むしろ、
  
AIが「相場の不正操作」などを見張って、
ズルが出来なくなって健全な市場になっていったり、
  
人間は感情で左右されるところを、
AIは「企業の評価」を適切に見抜くから、
  
感情で動きにくくなる分、株価や為替が安定するかもね。
  
  
どのみち、ズルい事はできなくなって、
公平になっていくから良いことだ。


mixiチェック

haxe501 at 15:27|Permalinkclip!

2019年01月07日

無用者階級

NHKニュース おはよう日本 今朝のクローズアップ
人間は神になる!?『ホモ・デウス』とは
   
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/10/1018.html?fbclid=IwAR0uV3lanuixqwHgDUV_B7BRXXUj1vb_W8Ug5ok58ws-niZpZrnBEl7EqAU
  
  
テクノロジーの進歩によって、
「かつて無い格差が生まれる」っていうのは同意。
  
下層が「無用者(不要)階級」になるって話ね。
  
  
現在の教育が全く意味を成さないどころか、
「むしろ有害だ」という事が…、
  
私の語ってきた事が真実であると、
そのうちわかる時代が来る。
  
  
私の教育を受けた子供と、
そうでない子供の差がどれほどのものか。
  
  
  
なぜ、テクノロジーの進歩は
下層の人々を救ってくれないか?
  
  
それは、
  
下層の人間が下層の人間たる所以(原因)は、
「自分に自信が無い」から。
  
  
いくらチャンスを与えられても、
自信が無い人間は何もモノに出来ない。
  
  
「自分には下層の生活が相応しい」と思っているので、
どれだけチャンスを与えても、自らその場に留まる。
  
自分を変革していく負担や苦労に耐えられない。
  
  
【 差し伸べられた手を自ら拒む 】のが下層の人々。
  
テクノロジーで何とかなる話じゃ無い。
  
  
おそらく将来的には、
  
恋愛やアダルトコンテンツの進歩で、
下層の人々は「面倒くさいリアルな異性」を求めなくなる。
  
VR、AIロボットなどのヴァーチャルで全てを済ませ、それで充分満足する。
  
  
ヴァーチャルで人間の性的理想を満たせれば、
性犯罪も減るだろうし、メリットは多い。
  
  
そして子孫を残し、優れた教育を子に与えるのは、
上層の人々だけになるだろう。
   
そうやって、【 遺伝的な自然淘汰 】が進む。


mixiチェック

haxe501 at 13:39|Permalinkclip!

2019年01月06日

罪なき犠牲への怒り

ここ数日で投稿した記事の影響で、
「非常に強い邪念」を受けて苦しんでいたのですが、

どうすれば受ける邪念を減らせるか考えてみた所、
邪念を受ける原因は、私が抱えている「怒り」にあったようです。


日本社会が「有能な私」を無視し、
「無能な有名人」をもてはやしていた事で、

「罪の無い子供や若者」が犠牲になり、
「私自身の生活」も非常に抑圧されていましたからね。


特に、自分に一般的な知名度が無いというだけで、
「素人の他人から舐められ続ける境遇」には、

耐え難いモノがありました。


ブランド信仰の信者である一般人には、
私の到達しているレベルなど推し量れない訳です。


多くの有名人が私の存在を知っている癖にね。
自分の立場を守るために、公言はしないのです。

たとえ、多くの子供(数千万人単位)の
生命と人生が犠牲になるとしても…。


それが何年も続いていた影響で、
私の怒りは「凄まじいほどの量」になっていました。

自分でも、この怒りを晴らせる事ができるのか?
疑わしいくらいのレベルでした。


しかし、どうすれば私の「怒り」は解決されるのか?

その道筋が見えてきたお陰で、受ける邪念が減ってきました。


やはり、目の前の現実に文句があるなら、
自分の心理と精神を変える事が大事ってことで。


mixiチェック

haxe501 at 02:31|Permalinkclip!

2019年01月05日

語学習得の基本概念

それでは、外国語習得について、
自分が「学んだこと、発見したこと」を解説していきます。
  
  
まず、私は「幼児(1〜5歳)」を
  
【 最高の学習者 】だと思っています。
  
  
好奇心旺盛で、何でも素直に吸収していきます。
  
  
学習者として唯一の欠点は、
  
【 疑うことを知らない 】という事でしょうね。
  
  
で、そんな「最高の学習者」である幼児は、
  
どのようなステップで言語を習得していくのでしょうか?
  
  
単純に、それを「なぞる」ことが、
  
【 最も効率よく言語を習得するプロセス 】だと言えるでしょう。
  
  
だいたい一般的に、幼児は2〜3歳くらいから、
言葉を覚え始めると思います。
  
  
さて、どうやって子供は言葉を覚えるでしょうか?
  
  
結論から言ってしまうと、
  
1.聞く (hear)
2.喋る (say)
3.読む (read)
4.書く (write)
  
という順序で、言葉を覚えていきます。
  
  
しかしどうでしょう、
  
中学で英語を学ぶときは、  
いきなりテキストベース(文字)ですよね?
  
  
幼児は、【 音 】から学ぶのです。
  
【 音 】の後に、【 文字 】を学びます。
  
  
識字率の低い国で、読み書きができない人でも、
  
【 その言語を喋ることは可能 】なのです。
  
  
つまり、
  
・喋ることの方が「優先」だし、
・喋ることの方が「簡単」という事です。
  
  
日本人が英語を喋れないのは、
【 テキストベースで学んでいるから 】です。
  
  
では、幼児の話に戻って、
「幼児はどうやって単語や会話を学んでいくか?」というと、
  
まず、様々な言葉(音声)を耳で聞いて、
「興味のある単語」を覚え、その単語を声に出します。
  
  
私の長女は、喋れない頃から色に興味がありそうでしたし、
実際、「色の名前」から覚えました。
    
「あか!」「あお!」という風にです。
  
  
「ママ!」「パパ!」にも同じことが言えますが、
  
まず、「1単語」を声に出します。 これが第一段階。
  
  
そのうち、「これは? あか!」という風に、
  
「2単語」を接続する事を覚えます。
  
  
こういうステップで、
  
子供は表現のバリエーション、
ボキャブラリーを増やしていくのです。
  
  
発音はまだ拙いので、
  
・みどりが、「いどり!」
・オレンジが、「おえんじ!」
    
という風に聞こえますが、
それでも、私は長女を盛大に褒めます。
  
「すごい! よく言えたね! よくわかったね!」と。
  
  
こうやって、発言する事に自信を持たせていきます。
  
  
  
日本人が、英語習得に手こずる理由は、
  
学校の勉強と同じように、英語を勉強するからです。
  
  
「まんべんなく! 先回りして! 完璧に!」
  
という事にこだわっているからです。
  
  
語学習得は、決してテストで良い点を取るのが
目的じゃ無いんですけど。
  
  
子供は、【 頻度や優先度が高い単語、表現 】から覚えていきます。
  
   
よく、「英語って使わないと忘れちゃう」って話を聞きますよね?
  
  
人間は、使わないものは忘れるように出来ているのです。
  
  
なのに、【 まんべんなく、先回りして覚えよう 】というのが間違い。
  
  
そんな事をしていても、
「実際には一度も使わない単語」をいちいち覚えたりして、
  
まったくの無駄です。
  
  
【 まんべんなく、先回りして、完璧に! 】ではなく、
  
1.優先度が低いものはバッサリ切って、優先度が高いモノに集中する
2.先回りせずに、「頻度」や「必要性」が高い順に覚えていく!
3.完璧じゃなくても、伝わればそれで構わない
  
というコンセプトで学んでいく必要があります。
  
  
じゃあ、優先順位が低いものって何ですか?っていうと、
  
【 長文、文法、発音、3人称表現、動詞の変形 】などです。
  
  
日本人の多くは、
  
・いきなり、長文を読んで理解したい!   
・いきなり、長文をペラペラ喋りたい!
  
と思っているかもしれませんが、
いきなりハードルを上げすぎです。
  
  
あと、ネイティブの発音にこだわる人もいますが、
  
例えば、芸能人で言うと、
  
「デーブ・スペクター」さん
「セイン・カミュ」さん
「厚切りジェイソン」さん
  
別に、日本語はネイティブの発音じゃ無いですよね?
  
でも、充分でしょ?
  
  
逆に、欧米人なのに、
あまりにも発音が日本人っぽかったら、
  
「日本生まれの日本育ち?」って思っちゃいます。
  
  
英語にも、イタリア訛り、ドイツ訛り、アラビア訛り、南部訛り…、
  
という「なまり」がありますけど、
  
なまりっていうのは、【 発音の癖 】です。
  
  
これは、【 表情筋、口・舌の筋肉 】の「動かし方」そのものです。
  
  
日本人が、いきなり
ネイティブの発音を無理やり喋ろうと思ったら、
  
顔、口、舌が筋肉痛になるでしょうね。
  
  
ある程度ペラペラになってから、
  
その後、ネイティブの発音を極めたい人は、
そうすれば良いですが、
  
いきなりネイティブの発音を目指すのは無謀です。
  
  
【 筋肉の動かし方の癖 】から、
  
変えなきゃいけないからです。
  
  
それに、「オレンジ」が「おえんじ」でも伝わりますから。
  
いきなり、発音を完璧にしようとする必要はありません。
  
  
まずは、カタコトで喋れれば良いのです。
  
その後、ペラペラを目指したければ、目指せばよい。
  
  
で、カタコトで喋るのに、
  
【 長文、文法、発音、3人称表現、動詞の変形 】は、
  
ほぼ、必要ありません。
  
  
「 I’m so excited! 」 と言うべきところを、
「 I’m so exciting! 」 と言ってしまっても、伝わるでしょ?
  
  
外国人が興奮して、
  
「ワタシ、イマ、ワクワク、サセテイマス!」
  
と言っても、別に伝わるでしょ?
  
  
「サセテイマス」って何だよ?と、
  
冷静に相手に突っ込んだら、それはもう漫才ですから。
  
  
カタコトで喋っているときに、
「その場にいない人間」の話をする可能性も薄いです。
  
  
2〜3歳の幼児が喋るのは、
「私」と「あなた」という、一人称、二人称までです。
  
ママと幼児の話に、 
「昨日に会った第三者の話」なんて出てこないでしょ?
  
なので、「3人称表現」と「動詞の変形」も後回し。
  
  
別に要らないっていうんじゃなくて、
後でマスターすれば良いことは、後回しにして、
  
【 まずは優先的な基礎に集中するべきだ 】と言っている訳です。
  
  
  
日本人が英語習得の為に、一番やらなければならない事は、 
 
徹底的なヒアリング、リスニング…、つまり【 聞くこと 】です。
  
    
こればっかりは、「量をこなす必要」があります。
    
  
とりあえず、相手の言っていることがわかれば、
  
たとえ、自分が喋れなかったとしても、
パニックになることも無いでしょう。
  
   
それに、ヒアリング、リスニングをこなしていれば、
  
適切な「発音」もわかりますし、
実際によく使う「文法」や「表現」も自然と覚えていきます。
  
  
外国語習得においては、
【 ヒアリング、リスニングで学べることが、8割 】じゃないですか?
   
  
大切なことは、
初めっから長文の内容を理解しようとしないことです。
  
まずは、【 拾える単語を増やすこと 】に集中です。
  
  
そうすると、「発音」や「独特のリズム」も勝手に覚えます。
   
  
   
私は、今のところ「英語のラジオ」をオススメしています。
  
  
・延々喋り続けてくれるから、「空白」や「無駄」が無い
・喋る内容が毎回違うから、「よく使う表現」がわかる
・「発音が正確」なアナウンサーが喋ってくれる
・テキストや映像が無いから、「音を聞くこと」に集中できる
  
というメリットがあります。
  
  
ただ、一番大事なことは、
苦にならずに聞き続けられることなので、
    
スポーツが好きな人は、スポーツ関係を聞いた方がいいし、
映画が好きな人は、映画関係を聞いた方が良いでしょうね。
  
  
まずは、「ヒアリング・リスニング」を徹底して、
    
とにもかくにも耳を鍛え、カタコトで会話できるようになること。
  
  
カタコトで会話できる様になった後で、
  
後回しにしてきた、
  
【 長文、文法、発音、3人称表現、動詞の変形 】
  
を、少しずつ覚えていけば良いのです。
  
  
幼児も、そうやって言語を習得していくのですから。
  
  
「まんべんなく、先回りして、完璧にしよう」とするから、
無駄が多いのです。
  
幼児がそんな感じで日本語を覚えようとしていたら、
いつまでたっても喋れませんよ。
  
  
それに、言語のスペシャリストといっても、様々です。
  
   
例えば、「文章を書くプロ」と言っても、
  
・私の様な「論理的解説」の書き方 
・「新聞記者・ジャーナリスト」の書き方
・「セールスコピーライター」の書き方
・「小説家、作家」の書き方
  
それぞれ、全く違いますから。
  
  
私には、「小説的な表現」はまったく書けません。
  
  
言語に絡むスキルの中でも、
【 自分に必要なスキル 】をマスターすれば良いのであって、
  
ジャーナリストになりたくもない人間が、
「ジャーナリストの書き方」を学んでも仕方ありません。
  
  
ですから、「先回りする」など、まったく無意味です。
  
必要性が出てきたことを、その都度覚えるのが効率的なのです。
  
  
なので、カタコトで喋れる様になるまでに必要なことは、
  
  
【 STEP1】
  
よく使う「助動詞・動詞・形容詞・副詞」を知っておく
(※ これは、中学校の英語でおおよそクリアしているはず)
  
特に、「ポジティブな意味合いを持つ単語」から覚える。
使いやすいし、喋っていても楽しいから。
  
  
【 STEP2 】
  
ヒアリング・リスニングの量をこなして耳を鍛え、
「拾える単語」を徐々に増やしていく。
  
その過程で、勝手に「発音」や「よく使う表現」も学べる。
  
  
【 STEP3 】
  
4〜5単語くらいの「短文」を作って、喋ってみる、書いてみる。
  
・アップルのSiri、
・アマゾンのアレクサ、
・グーグルアシスタントなど、
  
AIアシスタントの「入出力言語」を英語に設定して、
AIアシスタントを相手に練習してみる
  
  
【 STEP4 】
  
気になったことは、その都度調べる
  
  
ってくらいじゃないですかね。
  
  
  
英語が堪能かつ、英語を教える事にパッションがある  
私の弟子のかいじゅんくんに、
  
私の言語習得メソッドを教え込んだので、
もし、私のメソッドで英語を学びたい人は、
  
かいじゅんくんに依頼してください。  
  
  
1レッスン5000円(月2回 1万円)
でやってくれるみたいです。
  
  
大手のマンツーマンレッスンの中では、
最安値レベルです。
  
  
大手英会話教室の料金相場(2018年版)
https://eigohiroba.jp/t/4
  
  
  
《 追伸 》
  
私の主張を補完してくれそうな、
YouTube動画を拾ってきたので、こちらも見てください。
  
  
・どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法
https://www.youtube.com/watch?v=d0yGdNEWdn0&t=342s
   
・もっと楽に「最速」で英語を話せる3つのポイント
https://www.youtube.com/watch?v=SfO4QQQgbsA
  
・発音上達法!目からウロコ?の英語勉強法
https://www.youtube.com/watch?v=V_aT2qBOslo&t=181s


mixiチェック

haxe501 at 10:28|Permalinkclip!

2019年01月04日

海外進出のススメ

前回までの記事で、
  
「いかに日本が将来性の無い国か?」
  
という事が、流石に理解していただけたかと思います。
  
  
子供の「不登校」や「イジメ」「自殺」などの問題ってありますけど、
現在、まともな対策が取られている訳ではありませんから、
  
今後も増加していく事になるでしょう。
  
  
「就職活動」や「新入社員」にまつわる問題もありますけど、
これも、増加していくしかありません。
  
  
子育ての問題も、働き方の問題も、みんな増加です。
  
  
誰も、明確な解決法を導き出せていないのに、
AIなどのテクノロジーだけは、急激に進歩していくのですから。
  
  
現在起こっている社会問題のほとんどは、
  
パソコン、インターネットや携帯電話などの
【 テクノロジー発展 】と関係があります。
  
  
テクノロジーが発展した影響で、
  
若者の対面コミュニケーションスキルが、
大幅に低下していますし、
  
若者とは関係ない所では、
過去と比べて「仕事の質、やり方」自体も、大幅に変化しています。
  
  
テクノロジーの発展スピードに対して、
  
「教育、人間関係、仕事、規則」などが
まったく適応できていないのが現実です。
  
  
さらに、破壊的な威力を持つ
【「AI」というテクノロジーの巨人 】が、
  
数年内に、
一般人にも扱える実用レベルで現れてくるでしょう。
  
  
そうなったら、現在抱える社会問題は、
【 桁違いに、爆発的に、深刻化する 】でしょうね。 
  
  
まぁ、どこまで耐えられるか見物ですが。
  
  
  
私は26歳の頃(9年前)に、
  
人間のライフスタイルの基盤は、
「心理・経済・健康」であると気付き、
  
これまで「心理教育、経済教育、健康教育」を行ってきましたが、
  
その価値が、日本人にはサッパリ理解できない様です。
  
  
【 バランスの取れた「幸福」かつ「快適」な生活 】よりも、
  
寂しさを紛らわすための、
【 他人の注目、関心を引く何か? 】が欲しいのです。
  
  
私の立場を「すし職人」に例えると、
   
まるで、「マグロ(鮪)」と「サーモン(鮭)」の違いも
分からない様な相手に、鮨を握っている気分です。
  
  
私の提供する教育と、よその教育との違いが、
素人にはサッパリ理解できない訳ですから。
  
  
マグロとサーモンの見分けもつかない民族相手に、
  
【 鮨屋をやる 】って、あまりにも無謀ですよね?(笑)
  
  
そもそも日本は、  
「秀才」を厚遇し、「天才」を冷遇する国です。
  
  
「枠の中」で優秀なのは認めるが、
「枠の外」に出ている奴は認めないのです。
  
  
もしあなたが、腕に覚えはあるのに、
日本では認められないという境遇にいるなら、
  
海外進出をオススメしますね。
  
  
その為の、英語です。
  
  
今後は、英語習得法をブログ記事に書いていきます。
  
いよいよ、「語学業界」にも殴り込みですな(笑)


mixiチェック

haxe501 at 10:27|Permalinkclip!

2019年01月03日

最重要の行為

これまで私は、
  
【 この世で一番重要な仕事は「教育」だ! 】
    
と言ってきました。(※ 2番目に重要な仕事は「発明」)
  
  
でも、どうやらそれは改めなければならない…、
  
という風に思っています。
  
  
なぜなら、受けた教育を活かせるのは、
  
【「自信」と「主体性」を備えている人間だけ 】です。
  
  
「自信」と「主体性」を備えていない人間は、
  
目上の人間に対して依存的になり、
他人に尻を拭いてもらおうとしている訳で、
  
「他人に尻を拭いてもらおう」と思っている人間が、
  
「自分の尻の拭き方」を教えてもらえるとしても、
全てが【 馬の耳に念仏 】です。
  
  
無意識レベルで、(自分の人生を)
「他人に何とかしてもらおう」と思っている人間が、
   
自分の人生を「自分で何とかする方法」など聴いても、
まったく真剣に理解できません。
  
  
では、「自信」と「主体性」は何によって身につくのか?
  
  
それは、【 幼少期に親から注がれる「深い愛情」】によって、
  
身につくのです。
  
  
幼少期に親から注がれる深い愛情によって、
  
【「自分の存在価値」に自信が持てるようになる 】のです。
  
  
つまり、【 人としての自信 】が身につく。
  
  
巷で言われる言い方で言うと、
「自己肯定感」ってヤツです。
  
「自己重要感」でも、「自尊心」でも、意味は同じです。
  
  
で、幼少期に親から充分な愛情を受け取れなかった人は、
  
無意識レベルに「大きな寂しさ」を抱えることになります。
  
  
幼少期に親から認められなかった事によって、
  
【 自分は誰からも認めてもらえない、必要とされていない 】
  
そういう「思い込み」が染みついている訳です。
  
  
その「寂しさ」を紛らわす手段として、
  
何とか他人の「注目」や「関心」を得ようとします。
  
  
【 お金、学歴、有名、立場、名誉、性的アピール 】など、
  
他人が「すごい!」と思う様な、外側の何か?で、
  
自分の存在価値を埋めようとしているのです。
  
  
他にも、
  
賢ぶったり、善人ぶったり、
友達の数をやたら増やしてみたり、
異性からモテようとしてみたり、
SNSで「リア充偽装」や「間接自慢」をしてみたり…、
  
  
あらゆる行動パターンが、
【 親から充分に愛されなかった寂しさ、自信の無さ 】
  
から生まれている訳です。
  
  
親からの愛情不足が、
  
【 寂しさ、依存的、人としての自信の無さ 】に繋がり、
  
  
・人としての自信、自分の存在価値への自信
・主体性、自立心、責任感、忍耐力、集中力、失敗の反省
・論理的思考力、ゼロベース思考、クリティカルシンキング  
  
   
こういった「精神力」や「知性」が
いっこうに養われない原因となっている訳です。
  
  
そして、「自信」と「主体性」に乏しい人間には、
  
いくら高度な教育を施しても、効果的ではありません。
  
  
【 教育の目的 】は、
自分で魚を釣れる様に「釣り方」を教えることなのに、
  
自分に自信が無い人は、「魚そのもの」を求めているのです。
  
   
そもそも、「自力で魚を釣っていく自信」が無いのです。
  
「奴隷みたいに目上の言う事を従順に聞いていれば、
 目上の人から魚をもらえるんでしょ?」
  
という世界観です。
  
  
  
だからこそ、最高の仕事は「教育」や「発明」よりも、
  
【(幼子に向けるような)「愛情を注ぐ仕事」なのではないか? 】
  
  
という結論が導き出されるのです。
  
  
  
しかし、勘違いして欲しくないのは、
   
一口に「子育てで、愛情を注ぐ」と言っても、
【 それほどカンタンな事ではない 】という事です。
  
  
単に「甘やかせば良い、褒めればよい」
という話ではありませんし、
  
「厳しいしつけ」も必要ですが、
子供の自信を損なわない「しつけ方」というのがあります。
  
  
適切な「厳しさ、しつけ方」というのがあるのですが、
これは、体系的に学ばないと理解できないでしょう。
  
  
もし、「ネガティブなまま大人になった人」に対して、
  
【 幼少期に足りなかった愛情を注ぎ、感じてもらう… 】
  
というのであれば、さらに高度な知識とスキルが必要です。
  
  
幼子には存在しない、
「心理的な壁」とか、「トラウマ」とか、
  
ややこしい問題が出てきますからね。
  
  
心理のメカニズムを理解していない素人には、
到底不可能な行為です。
  
  
  
ただ、私は幼い子供が相手だったら、
いくらでも愛情を注げますが、
  
ネガティブなまま大人になった人に対して、
愛情を注いで感じてもらう仕事は、
  
いくら重要だとしても、
あまりやりたい事ではありません。
  
  
私がやりたいのは、やはり頭脳労働だし、
  
「教育」や「発明」と、それに繋がる「研究」がやりたい事だからです。  
  
  
「教育」や「発明」から比べると、
  
やはり「愛情を注ぐ行為」というのは、
ある程度ルーチンワークになってしまいますからね。
  
  
お金持ちがそれなりのお金を払ってくれるなら、
四の五の言わずに最高の仕事を提供しますけど(笑)
  
  
  
まぁとにかく結論を言うと、
  
この日本という国は、
大人から子に向けられる愛情が乏しい国で、
  
だから、国民のほとんどが自分の存在価値に自信が無く、
  
だからこそ、【 ブランド信仰 】という宗教が主流である。
  
  
寂しいくせに、自分に自信が無くて、他人が怖いから
「対人恐怖症」も治らないし、「孤独大国」などと言われている。
  
  
自信と主体性が無いから、
【 教育の「価値」や「重要性」】も理解できないし、
  
先進的な教育も流行らない。
  
  
全てが、
  
【 親(大人)から子に向けられる愛情不足が故… 】です。
  
  
だから、自信がなくて、依存的で、寂しい人間が量産される。
  
  
自分の頭で考えられない…、常識を疑えない…、
  
そんな人間が量産される。
  
  
先祖代々から子孫代々まで、
  
【 愛情不足の連鎖 】を続ける国家。
  
  
それが、日本の姿なのです。
  
  
まぁ、史上最高の天才である中井貴雄なら、
解決策も思いつくんだけど、誰もコンタクトしてこないし。
  
  
私のアイデアを採用し、実行しようとする人間が、
国の中枢にいないから、
  
いつまでも不幸の連鎖を続ける訳です。
  
  
まぁ、
  
・「自分を変化させる」のも面倒だし、
・「子供の未来を考える」のも面倒だし、
  
一番大事なのは、
  
【 自分の目先の生活 】って事でしょ?
  
  
それが、この国を動かしている人々の結論ですわ。
  
  
今後もさらに「テクノロジーの進歩」と
「教育の質」のギャップは広がる一方…。
  
傷口は広がり続けるしかない。
  
  
ってことで、
  
未来に希望の持てない国は捨てて、
「こりゃ海外へ移るしかないね」って話。


mixiチェック

haxe501 at 15:33|Permalinkclip!

2019年01月02日

問題解決の思考法

私は、「論理的思考」という言葉をよく使いますけど、
  
もっと突っ込んで言うと、
  
巷で言われている
【 ゼロベース思考 】という考え方をしています。
  
  
「ゼロベース思考」と似たような意味合いで、
【 クリティカル・シンキング 】という言葉もありますね。
  
(※ 意味を知らない人は、ググってください 笑)
  
  
要するに、
  
【 前提や常識を疑って、ゼロから考える 】という事です。
    
  
こういう思考法を鍛える為の
書籍やセミナーなどもあるかもしれませんが、
    
ほとんど全て無駄ですね。
  
  
私は、特にゼロベース思考を学んだわけではなくて、
そういう言葉の存在を知る前から、自然と身に付いている訳です。
  
  
私が【 ゼロベース思考 】に長けているのは、
  
心の底から、
【「常識」や「他人の言う事」はアテにならない! 】
  
と思っているからです。
  
  
だからこそ、
  
・主体性
・自立心
・ゼロベース思考
・クリティカルシンキング
  
などが鍛えられるのです。
  
  
つまり、人間の思考プロセスというのは、 
 
本人の【 世界観、生き方、心構え 】
  
などから生まれているのです。
  
  
そこをイジらずして、
  
「表面的なノウハウ、小手先のテクニック」を学んだくらいで、
論理的思考力が身につく訳がありません。
  
  
しかし、「常識を疑え」と言われても、 
  
それは、【 日本人の最も不得意とする所 】なのです。
  
  
日本人の【 ブランド信仰(多数派、常識、有名)】というのは、
  
「大衆にとっての生き方の指針」になっているからです。
  
  
ある意味、キリスト教徒にとっての「神様」の様な存在です。
  
  
日本人にとって、
【「ブランド、多数派、常識、有名」を疑うこと 】は、
  
キリスト教徒が、
「神の存在、神の教え」を疑うような意味合いを持ちます。
  
  
「じゃあ、これから何を指針にして生きていけばいいの?」って、
パニックになります。    
  
  
それって、難しそうですよね?(笑)
  
  
私は理論物理学者の様な考え方をしていますが、
  
理論物理学者は、神の存在より、有名人の教えより、
何よりも「自然法則」を信じています。
   
そういう信念や世界観で生きているのです。
  
  
だから、【 常識を疑うことが容易い 】のです。
  
  
「ゼロベース思考」を身に付けたければ、まず、
  
【 常識と他人の言う事は全くアテにならないし、
  カンタンに信じるわけにはいかない! 】
  
という「世界観」と「心構え」で生きることです。
  
  
その前提が整った上で、
  
【 目的は何か? 】という事を他人の発言をアテにせず、
  
全て自力で考えるのです。
  
  
・人生の目的は?
・教育の目的は?
  
  
そういう「問い」を立てて、自力で考えていくと、
  
自然と、「無駄のない充実した人生、教育とは何か?」  
  
という答えにも辿り着くわけです。
  
  
  
ここでひとつ、ゲームをしましょう。
  
論理的思考に自信がある人に対して、クイズです。
  
  
「家族の定義」って何でしょう?
  
広辞苑で意味を調べるのも手ですけど、
広辞苑に書かれている内容が正解とも限りません。
  
  
さて、
  
「一緒に暮らすこと」でしょうか?
  
じゃあ、家族の誰かが一人暮らしを始めて、
別々に暮らしたら家族ではなくなるのですか? 
  
単身赴任は、家族じゃなくなりますか?
  
ルームシェアしたら、それだけで家族になりますか?
  
違いますね? 
  
  
「血の繋がり」でしょうか?
  
「里親と養子の関係」は家族では無いのですか?
そもそも「配偶者」とは血は繋がっていませんよね?
  
はい、これも違います。
  
  
辞書では、家族の意味・定義が
「婚姻」「血縁」「共同生活」と書かれていますが、
  
どうも違うようですね?
  
  
それに、「夫婦の離婚」や「親子の勘当」などもありますし、
絶縁したら、たとえ血縁でも家族では無くなりますよね?
  
  
ウィキペディアで「家族」を調べても、
明確に「これだ!」という答えは書かれていません。
  
書いてあるのは、「家族の形態にも色々あるよね…」くらいです。
  
  
さて、改めて問いましょう。
  
【 家族とは何ですか? 】
  
  
こういうことを考えるのが、私は得意なのです。
  
  
辞書や百科事典にも、
明確な答えが書かれていないのですよ?
  
    
一般の人々には荷が重いでしょ?
  
  
先述しましたけど、家族の定義は、
  
一緒に暮らすことでもなければ、血縁関係でもありません。
  
  
家族の意味と定義は、
  
【 物理的要素で定義される概念 】では無いのです。
  
  
実は、家族の意味と定義は、
  
【 精神的要素で定義される概念 】なのです。
  
  
では、「答え合わせ」をしましょう。
  
  
家族の定義の正解は、
  
「一生を通じて関わりを持とうとしていて、助け合おうとしている関係」
  
です。
  
  
この定義であれば、例外も無く、
あらゆる家族関係を的確に表現できます。
  
  
逆に、「一生を通じた精神的互助関係」から外れたら、
それはもう、家族ではなくなります。
  
  
私と同じ答えを導き出せた人は居るでしょうか?
  
  
現在、日本が抱える様々な問題は、
  
こういった「ゼロベース思考」が必要な問題ばかりです。
  
  
常識に囚われている限り、絶対に解けない問題です。
  
  
・人生とは何か? 人生の目的とは何か?
・仕事とは何か? 仕事の目的とは何か?
・家族とは何か? 家族の目的とは何か?
・教育とは何か? 教育の目的とは何か?
  
  
こういった問いの答えを持つ人間でなければ、
  
問題の解けようがないのです。
  
  
まぁ、お役所の役人には無理だし、
  
そこらの大学教授にも無理でしょう。
  
偉そうに賢ぶってる、インテリ著名人にも無理です。
  
  
そもそも、日本人はキリスト教の代わりに、
  
「ブランド、多数派、有名、常識」を信仰しているのです。
  
  
それが、日本の宗教なのです。
  
  
その「宗教の教え」を覆さなければ解けない問題ですからね。
  
荷が重いでしょ?
  
  
宗教に勝てるのは、
  
自然法則を解き明かす「数学」や「物理学」だけです。
  
  
それは、過去の歴史が証明している事でしょう。
  
  
ガリレオ・ガリレイは、宗教家に嫌われてしまいましたが、
  
後の世に、
「宗教側の誤り」と、「ガリレオの正しさ」は証明された訳です。
  
  
今、日本が抱えている問題の本質は、
  
【「常識やブランドを信仰する宗教」との戦い 】なのです。
  
  
  
で、ほとんど宗教側が勝ってますけどね。
  
  
宗教側のみなさん、勝利オメデトウ。


mixiチェック

haxe501 at 14:37|Permalinkclip!