2018年12月

2018年12月14日

変わるコトと、変わらないモノ

ナンバリング用の絵じゃないけど、
  
今の自分の気持ちと、伝えたいこと。
  
20181214



mixiチェック

haxe501 at 08:45|Permalinkclip!

2018年12月12日

「有言実行」と「有言無実行」の見分け方

「有言実行」タイプと、
  
有言無実行の「口だけ人間」を見分ける方法はカンタン。
  
  
【 どれだけリスクを取れるか? 】
  
それだけだよ。
  
  
リスクを取れる人間は、
それだけの「覚悟」があるし、「想い」も強い。
  
  
例えば、異性に真剣に惚れたとして、
積極的にアプローチできる人間は、リスクを背負っている。
  
  
どれだけ気持ち的に「好き」だとしても、
好きな気持ち以上に「恐れ」が強い人間は、
  
結局、行動は出来ない。
  
 
つまり、「本気度」が無い。
  
  
「恐れ」を乗り越えるだけの、覚悟、想い…、
  
  
それが、【 リスクを取れるかどうか? 】に反映される。
  
  
まぁ、無駄なリスクも存在するし、
  
リスクを最小限にするために頭を使うことも必要だけど、
  
限界まで減らしたとしても、
「どうしても避けられないリスク」は存在するし、
  
最後は、それを思い切って背負えるかどうか。
    
  
自己投資だって、無駄銭に終わるリスクを冒すわけだから。
  
  
でも、お金を大事だと思っていない人間の自己投資は、
あんまり意味ないけどね。
  
  
「失っても傷つかないモノ」を賭けても、
それはリスクとは言えない。
  
  
自分が大事だと思っているモノを賭けないと、意味がない。
  
  
人生で、リスクを冒していない人間が、
  
その反動で、ギャンブルにハマるのかもしれないな。
  
  
  
私は、リスクを取れる人間…、
 
つまり、「口だけ人間」ではなく、
「有言実行の人間」とだけ、付き合いたい。
  
  
だから、相手が自分自身の発言に対して、
  
「恐怖を乗り越えて、リスクが取れる人間かどうか?」だけ見てるよ。
  
  
相手が本気かどうか?を見分ける方法は、
  
これしかないと思うな。
  
  
「世界平和の為に何かしたい」と口走っておいて、
  
世界平和の為にリスクを背負えない奴が多いけどな(笑)
  
  
そういうのを、ただの「カッコつけ」と言う。
  
  
サーフボードを持っていても、波に乗れない、
いわゆる、「丘サーファー」ってヤツと同じだな。
  
  
モテたいから、サーファーのフリしてるだけ。
  
  
本物のサーファーたちからは、煙たがられて当然っしょ。


mixiチェック

haxe501 at 16:33|Permalinkclip!

2018年12月10日

他人を理解する余波

No.167の絵の反響はすごいですね。
  
  
今までには無かった様なリアクションを感じています。
  
  
自分の想像を遥かに超える様な、
ポジティブな人もいて、ネガティブな人もいて、
  
そして、それをまったく見抜けてこなかった自分もいる。
  
  
3種類のショックが、
同時多発的に起こってる感じでしょうね。
  
  
人間というのは、
基本的に自分を中心に考えてしまう生き物で、
  
「自分はこうだから、他人もこうだろう…」
  
と、勝手に思い込んでしまう生き物です。  
  
  
自分が「特殊」だとか、「少数派」だとは、
なかなか思いにくい生き物です。
  
  
そもそも、他人と自分を多角的に比較しないと、
本当に自分が平凡なのか、特殊なのかもわかりませんし、
    
「人間の心の内」など、
ことさら比較するのが難しい対象です。
    
    
スポーツだったらわかりやすいですけどね。
  
  
大勢の他人と走ってみて、自分がブッチギリで一番になれば、
「自分って、平均より運動能力が高いんだな…」とすぐにわかる。
  
  
でも、目に見えない世界の比較は簡単じゃない。
  
  
学校の勉強の学力(暗記能力・計算能力)であれば、
平均点や偏差値が出ますけど、
  
「優しさ」や「親切心」の偏差値なんて、
なかなかわかりません。
    
誰も、数値化してくれないし。
  
  
なので一般の人々は、
明確な基準が無くてわからない事に関しては、
    
「多数派の意見」や「権威性」を盲信している訳です。
  
  
  
結局、人間自体が、
「人を見抜く目」をそんなに持っているわけではなくて、
  
たくさんの他人に裏切られたり、観察してきた人間だけが、
「慎重に人を見定める習慣やコツ」を会得している訳です。
  
  
ですが、私の絵を利用すれば、 
  
そんな習慣を持ってこなかった人でも、
容易に他人を見抜くことが出来るようになるわけですね。
  
  
人を慎重に見抜く習慣を持っている人と、
そうでない人は、世界観がまったく違います。
  
  
マンガの「ゴルゴ13」なんて、
  
他人を誰でも疑っているわけですからね(笑)
  
  
つまり、他人を見るときに、そう簡単には信じず、
  
すごく【 シビアな基準 】を持っている訳です。
  
  
私も、シビアな基準を持ってますよ。
  
この世には、
本心の伴わない、「口だけ人間」が多いですからね。
  
それを見抜く為の「シビアな基準」を持ってます。
  
  
  
一番ショックを受けそうな人は、
  
宗教の教祖(メンター)を盲信する「信者タイプ」の人が、
  
自分の依存対象が、
実は極悪人だと理解できてしまったパターンですね。
  
  
善人だと信じ込んでいた相手が、実は極悪人だった。
  
  
これは、そーとーなショックでしょう。 
  
  
でも、騙され続けるよりはいいんじゃないかな?と。
  
  
私は、客観的な真実を追求し、明らかにするだけの人間です。
  
    
真実を嫌い、「非現実的な幻想」に浸っていたい人は、
私から離れれば良いだけですからね。
  
  
現代でも未だに、
【「地球が球体だ」というのは陰謀で、実際の地上は平面だ 】
  
って思い込んでいる人もいるらしいです。
  
  
大多数が「客観的な真実」を理解したとしても、
自分だけは違って、「独自の主観的な思い込み」を信じる。
  
それも、個人の思想の自由ですからね。
  
  
こういう話も、過去に幾度と無くしてきていますけど、
    
自分の実感や理解が伴ってくると、
「情報の捉え方」も変わってくるでしょう(笑)


mixiチェック

haxe501 at 15:21|Permalinkclip!

2018年12月09日

想像も理解もできない「他人の感覚」

人を見抜く為に、これまで
  
No.163「目から潜在意識の声を読み取る」
No.166「他人に対する先入観・偏見・願望補正をオフにする」
  
という絵を描きましたが、
  
  
それでもまだ上手く読み取れない相手がいて、
  
【 自分が想像も理解もできないような、
  自分とかけ離れた感覚の持ち主 】
  
が相手だと、うまく読み取れないみたいなので、
  
それを解決するための絵を描きました。
  
  
それが、No.167です。

No.167

  
  
この絵は、相手が自分が想像も理解もできない様な、
  
「自分とかけ離れた感覚の持ち主の他人」だとしても、
  
その感覚が、どんなものか把握するのに役立つ絵です。
  
  
相手が、
  
自分よりかけ離れてポジティブでも、
自分よりかけ離れてネガティブでも、
  
どちらにも使えるようになっています。
  
 
No.166
No.166


No.167
No.167

  
No.163
No.163
  
  
3枚の絵を組み合わせれば、
  
より広範囲に、より深く、
他人の潜在意識の声を読み取ることが出来るでしょう。  
  
  
・これまでの絵画一覧(No.161 〜 )
http://growheart.livedoor.biz/archives/52059631.html


mixiチェック

haxe501 at 16:51|Permalinkclip!

2018年12月08日

願望補正

人間は、他人を見るときに「願望補正」が入る。
  
相手に対して、
  
「すごい人であって欲しい」とか、
「ショボい人であって欲しい」とか、
「自分を守ってくれる人であって欲しい」とか、
「善人であって欲しい」とか、
  
そう言う無意識レベルの願望によって、
  
相手のことを過大評価したり、過小評価したり…。
  
またその分だけ反動として、
相対的に自分を過大評価したり、過小評価したりする。
  
  
人を中立的に、冷静に、正しく見抜くには、
願望補正を限りなくゼロにする必要がある。
  
  
他人に依存して期待してしまう願望補正が強い人ほど、
他人に裏切られる経験も増えるだろう。
  
精神的に自立しなければ、人を見抜く目など鍛えられない。
  
  
精神的に自立していない人ほど、
  
欺瞞に満ちた「カルト宗教の教祖」や
「ホスト」みたいな相手を過大評価し、依存する。
  
  
   
《 追記 》
  
No.163の絵を使って人を見抜こうとしたときに、
  
自分の持つ「偏見」や「先入観」が強い場合、
スムーズに見抜けないという事が判明して、
  
その問題をクリアするために、
  
他人に対する「偏見・先入観・願望補正」を
オフにする為の絵(No.166)を描きました。
  
No.166

  
  
先に、No.166を眺めてから、
次に、No.163の絵を眺めて、
  
No.163

  
  
そのあとで、「人の瞳」を見つめれば、
より効果的になるでしょう。
  
・これまでの絵画一覧(No.161 〜 )
http://growheart.livedoor.biz/archives/52059631.html
  


mixiチェック

haxe501 at 15:39|Permalinkclip!

2018年12月07日

幸福と教育に関する自信

日本人は、「幸福」と「教育」に関しては、
極めて自信を持っていない人々。
  
  
「物質世界」を率いるのが西洋文明で、
「精神世界」を率いるのが東洋文明…、
  
なんてイメージはまったく過去の話。
  
  
現在では、明らかに西洋文明の方が精神的に進んでいるし、
  
日本はまだまだ
「経済」や「金銭」などの物質世界に縛られている。
  
  
日本人が「幸福」と「教育」に自信を持っていない証拠に、
   
・個性を潰す画一的教育に文句を言っても、
・教師が子供にセクハラしても、
・子供がイジメで殺されても、
   
やっぱり子供を学校に行かせようとする。
  
  
それは、自分の手で上手に育てる自信が無いからだ。
  
  
自信が無いから、「子育ての責任」を取りたくない。
  
  
学校教育に文句を言っているくせに、
  
親の方は、
【 学校以上に、教育に対して自信を持っていない 】
  
  
そんな無責任な状態で、よく子育てなんて出来るよな。
  
  
  
子育てに自信が無いから、子供に対して自己犠牲的に接する。
  
  
「お金を貢がないと自分を好いてくれない」と思っている、
ホストにはまっている女性と同じだよ。
  
  
「素の自分」に自信が無いから、
あえて自己犠牲的に金を貢ぐんだから。
  
  
自分の身を切って頑張ってるんだから、
「どうかダメ親の烙印を押さないでください!」と言わんばかり。
  
これだけ身を切って金を払ってるんだから、
「どうか私を見限らないでください!」とホストに願っているのと同じ。
  
  
子供のことよりも、
自分が他人から「ダメ親」と思われないことの方が大事。
  
    
本当に自信がある人というのは、
「他人の意見に左右されない信念」を持っているし、責任感も強い。
  
  
  
日本人は、「幸福」にも自信を持っていない。
  
  
【「自分を愛する」という概念 】すら、
  
よくわからない人が多いだろう。
  
  
もし私が、テレパシーで
  
「自分を愛するって、こんな感覚だよ?」
  
と、「自分を愛する感覚」を伝達することができれば、
相手は号泣してしまうだろう。
  
  
そもそも、「自分に存在価値がある」と思っていないし、
  
その代わりとして、
  
「お金」や「他人」からの称賛を集めて、
自分に欠けている存在価値を埋めようとしてるんだから。
  
  
【 自分なんて「尊重」や「愛」に値しない 】と思っている人が、
  
「自分を大切に思って良い」と思ったら、号泣するしかない。
  
  
【 幸福になる教育 】を提供している私のことなんて、
  
あまりにもかけ離れた概念だから、理解できなくて当然だよ。
  
  
日本人にとって大きく欠落している幸福と教育。
  
  
それを埋める手段(自信を高める方法)を私がすべて提供できるのに、
  
あまりにも欠落し過ぎていて、想像や理解すらできないんだ。  
  
  
それが、現段階の日本人のレベル。


mixiチェック

haxe501 at 14:37|Permalinkclip!

2018年12月03日

世界の傍観者

ことごとく、現実は「己の内面」を反映しただと思うし、
 
全ては「バランス」なのだとも思う。
  
  
私は少し前まで、人類を過大評価してきた。
  
その分だけ、私は人類から過小評価されてきた。
  
  
私自身が、人類への過大評価を止めた分だけ、
    
人類の私に対する過小評価も収まっていく気がする。
  
  
  
私は、後天的な教育によって、
人をポジティブにできると信じていたし、
   
それ自体は、物理的にも、理論的にも
間違ってはいないけど、
  
ほとんどの人間は、
「目先の苦しみ」が解決された時点で、
  
もうその生活に満足してしまう。
  
それ以上、自分に負荷を掛けてまで、
自分のライフスタイルを高めようとはしない。 
 
  
昔から言っている、
「プラスを追いかけるモチベーション」に甚だ乏しい。
  
  
そして、「自らに掛ける負荷」を避け、
適切な成長を怠り続けた結果、
    
「自分の人生はこんなもんだ」と、
  
自分のポテンシャル(伸びしろ)に対する
セルフイメージまでも下げてしまう。
  
  
つまりは、未来に対する
「向上心」と「自信」すら失ってしまう。
  
  
ここまで来てしまうと、
もうなかなか軌道修正はできない。
  
  
人は、どんどん変われなくなっていく。
   
    
人間は、適度に痛み、苦しんでいないと、
  
進化できない生き物なのだ。
   
  
なぜなら、基本的に人間の本質は、
  
限りなく「ラクを求め続ける怠け者」だから。
  
(※だからこそ、便利な発明も生まれる訳だけど) 
  
  
なのに、苦しみ(負荷)を避けすぎて、
  
極めて精神的に軟弱・貧弱になってしまった。
  
  
もう、今からは変われないほどに。
  
  
だから、人類はもう滅びるしかないと思う。
  
  
この現状の深刻さが理解できない人は、
  
人間がいかに、目先の恐怖を避けたがり、
保身のために不誠実な振る舞いをする存在か?
  
という事がわかっていないだけだ。
  
  
人間の底知れない「弱さ、臆病さ、愚かさ」を
理解できていないだけだ。
  
「全てが上手く行く手段」を教えられていても、
  
それが理解できないか、
理解できても怖くて実行できないのが、人間なのだ。
  
  
  
もし、文明が生き残る道があるとすれば、
  
ネガティブな人々がことごとく死んで、
  
生き残った少数のポジティブな人が、
文明を再構築するするという、
  
スクラップ&ビルドしかないと思うが。
  
  
これまで、スムーズな成長を
ことごとく蹴ってきたのだから、
    
これからポジティブにシフトする道があるとしても、
  
相当な苦しみを経るしかないだろうし、
  
その苦しみを避け続けようとするならば、
  
やはり、人類は変われずに滅びるだろう。
 
  
私の伝える根本解決法を、
ことごとく採用しようとしないのだから、
  
根本解決を避け続ける限り、ジリ貧しか道はない。
  
  
私がいくら情報を伝えても、
人間は問題を根本解決しようとしないし、
  
私に人を殺す力は備わっていない。
  
  
だから、私は極端に言えば、
  
自分のやりたい事をやりつつも、
どの道、世界を傍観することしかできない。
 
 
結果がどうなるか、なんて知らないけど、
 
死ぬときに後悔しない唯一の方法は、
毎瞬、全力を尽くしたかどうかだけだ。
  
全力を尽くしてさえいれば、
結果に関わらず後悔は無いのだから。


mixiチェック

haxe501 at 19:14|Permalinkclip!

2018年12月02日

仕事に関する優先順位

「人を見抜く」ってことに関しても、
  
お金を儲けたいんだったら、
  
「自分が見抜きますから、
 一人あたりいくらでお金払ってください」
  
っていう占い師スタイルの方が、確実に儲かるよね。
  
  
・「婚約相手」を見るとか、
・「ビジネスの取引先」を見るとか、
・「雇う社員」を見るとか、
  
需要はいくらでもある。
  
  
でも私は、「誰でも簡単に見抜ける手段」を提供していて、
  
しかも「無料」だからね。
  
  
「どんだけトチ狂った思考してるんだろう?」
  
と思うでしょ?(笑)
  
  
私はお金より幸せが大事だし、
  
私の幸せとは、人類が賢くなることだからね。 
  
  
まぁ、あんまり他人には期待してないけどさ。


mixiチェック

haxe501 at 14:13|Permalinkclip!

2018年12月01日

「人を見抜く目」を身に付ける

これまでの絵画一覧(No.161 〜 )  
http://growheart.livedoor.biz/archives/52059631.html
  
に、No.163の絵を追加しました。 
  
  
絵の効果は、絵をしばらく眺めたあとに、
  
写真に写った人物の「目」をジッと見つめると、
  
・その人の本性がわかる
・その人の心の声(潜在意識の声)がわかる
  
というモノです。
  
  
No.163の絵を眺めると、
「人を見抜くのに適した脳波」に変わります。
  
その脳波を維持したまま、人の目を見ることで、
より鋭く、深く人の本性を読み取ることができるわけです。
  
  
この世には、
【 善人の皮をかぶった悪人 】が腐るほどいますので、
  
「この人は本当に善人なのか?」
  
という事を見抜く為に使ってください。


  
《 追記 》
  
あまりにも「相手に対する間違った先入観」が強い場合は、
スムーズに読み取れないことがわかりました。 
  
  
他の人は読み取れるのに、
この人だけは読み取れない…
    
という事がある場合は、先入観を消す必要があります。
  
  
というか、実際には、
  
【 自分の持っているイメージとは真逆の人間である 】
  
ぐらいに思ってもらった方が良いかもしれません。
  
  
  
例えば、社会派ぶっている有名人が、
実は「仕事のポジショニング」を考えてそうしているだけで、
  
実際には、「社会のことなど別にどうでも良い」と思っていたり(笑)


mixiチェック

haxe501 at 14:43|Permalinkclip!