2018年08月

2018年08月28日

魂のルーツ

3日ほど前から、
トランスチャネリングの練習を始めました。
  
  
初めは、「フルトランス状態(完全に自分の意識を失う)」
を目指していましたが、
  
調べてみると、ダリル・アンカやリサ・ロイヤルも、
フルトランスでは無く、
  
「ハーフ・トランス」「セミ・コンシャス」
  
と呼ばれる、「自分の意識を少し残した状態」で、
チャネリングしているようなので、
  
私もそれで良いのだと思い直しました。
  
  
私は、よく考えてから慎重に発言する人間ですが、  
  
チャネリングは、エネルギーをそのまま言葉に翻訳する…、
  
つまり、「感じたことをそのまま言葉にする事」ですので、
連想ゲームの様に、思いついた事をそのまま口に出す…
  
というトレーニングを行いました。
  
  
そして、チャネリングの練習として、  
自分の未来世、スピリットガイド、バシャールなど、
  
様々な対象にチャネリングを行い、
かなりコツを掴めるようになってきました。
  
  
昨晩は、「シリウス文明の子供」と通信して、
その子供に地球の事を質問してもらう…
  
というセッションを行いました。
  
  
「地球の子供の遊び」について聞かれたので、
  
テレビゲームや鬼ごっこ、凧揚げ、虫取りなどについて、
説明をしました。
  
  
シリウス文明の子供は、地球の遊びに対して、
  
・勝ち負けが決まるモノが多いですね
・虫をいじめないであげてください
  
というような事を言っていました。
  
  
どうも、野蛮に思われてしまったようです(笑)
  
  
子供とのセッションが終わった後、
以前から気になっていた、
  
【 自分の魂のルーツ 】を探ろうと思いました。
  
  
私は、どうも普通の人間とは違う様な
「感覚、思考、発想、能力、個性」を持ち合わせている様ですが、
  
その理由が知りたかったのです。
  
  
スピリチュアルの情報を追い掛けているとわかりますが、
  
人類自体が、宇宙人による遺伝子操作によって生まれていて、  
大昔には、地球には様々な宇宙文明が訪れていた訳で、
  
地球人類の魂というのは、
元々は「地球以外の場所」からやってきている訳です。
  
  
・バシャールが語る地球の歴史と人類の起源
https://ameblo.jp/wakuwaku13/entry-11812072863.html
  
・リサ・ロイヤルの銀河種族論
http://aiboshiseishu.web.fc2.com/spi_04.html
  
  
上記の様な予備知識を持った上でないと、
これから語る話は意味不明だと思いますが、
  
チャネリングで得た情報によると、
私の魂のルーツは、シリウス文明にあるようです。
  
  
シリウス文明やその他の文明は、
  
アヌンナキによって奴隷として生み出され、
極度に苦しい生活を強いられていた人類を、

なんとか成熟した文明として自立させてあげたいと想い、
  
太古の昔から、
さまざまな知識を与え、サポートを行ってきました。
  
  
宇宙文明の存在は、当時の人類に比べ、
精神的にも科学的にも遥かに優れていたので、
  
古代の人類にとっては、
神同然として認識されていました。
    
  
しかし、ある時、
  
あまりにも過干渉・過保護になると、
ますます人類を依存させてしまう事になり、
  
いつまで経っても自立を促す事が出来ないと気づき、
  
それまで人類を手助けしてきた宇宙文明人たちは、
一旦、地球から去る決断をしました。
  
  
その時、私の遠い過去世は、
  
地球から去るのでは無く、地球に留まり、
内側から人類の進化を手助けしていく事を決断したようです。
  
  
快適な生活を捨て、仲間たちとも離ればなれになり、
精神的にも科学的にも大きく劣った環境に残るという事で、
  
非常に困難な道のりである事はわかっていましたが、
大きな意義を感じ、あえてチャレンジする事にしたのです。
  
  
それが、約5万年前の出来事だったらしいです。
  
  
そういう意味で、仏陀やキリストという存在は、
  
野球で言うと、
一時的な「外国人の助っ人選手」みたいなモノですね。
  
  
一方の私は、骨を埋める覚悟で、
  
優勝するまでは移籍せず、阪神タイガースに留まり続けると、
心に固く決めている野球選手の様な感じです。
  
  
自分一人だけが先に進化しても意味が無い、
地球全体を進化させなければ意味が無いと、 
  
その様に考えている訳です。
  
  
そして、私にとっては今世が、
約5万年にも及ぶ悲願達成が成就される時なので、
  
【 気合いの入り方が違う 】という事らしいです。
  
  
どれほど自分に強い負荷が掛かろうとも、
決して折れないことを決めているのです。
  
  
だからこそ、その他100回分の人生よりも、
「この一回の人生」に懸ける思いが強いのです。  
  
  
というのが、私の魂のルーツでした。
  
  
いろいろ納得して腑にも落ちました。
  
  
私が、
  
ニコラ・テスラや
エイブラハム・リンカーンに
  
強く惹かれるするのも、
  
彼らが私の過去世であったり、
やろうとしたことに深く共感するからなのですね。  
  
  
常に、人類の「精神的・科学的」な進歩…、
という目的を持っている訳で、
  
「奴隷の解放」という役割など、
まさにそのまんま…、という感じです。
  
  
ちなみに、妻の魂のルーツも聞きましたが、
  
妻は約2万年間ほど前にベガ文明からやってきた魂で、
純粋に、地球が気に入ってしまった様です(笑)
  
私と違って、
地球が気に入っているから…と言う人も多そうですね(笑)
  
  
一方の私は、地球に居る目的からして、
完全に仕事モードですし、
  
旅行などに対する興味も薄く、
地球に対する愛着が強い訳では無いのも、
  
そもそも「地球文明の進歩という目的」があったから…
  
という事なのですね。
  
  
もちろん、私以外にも、私と同じ目的を持って、
地球に生まれている人もいるでしょうし、
  
その中でも、地球人歴が浅い人も、長い人もいるでしょうね。
  
  
一方で、まったく違った目的を持って、
  
まだまだ「未成熟な地球人としての生活」を
飽きるまでエンジョイし続けたい人もいるでしょう。
  
  
そういう人は、私の様な情報には、
まったく興味を示さないでしょうけどね(笑)
  
  
チャネリングを通して、
宇宙存在から情報をダウンロードし、
  
「自分の魂のルーツ、目的」まで思い出せるので、
  
非常に役に立つスキルを、
また身に付けてしまったな…と思います。


mixiチェック

haxe501 at 07:48|Permalinkclip!

2018年08月25日

これまでの絵画一覧(No.161 〜 )

【 ※ 閲覧時の注意 】
  
《 1 》
 
エネルギーに敏感な人は、絵の波動が高すぎて、
体内や意識内のネガティブ・エネルギーの排出が一気に加速し、
  
その影響で、「恐怖」や「ネガティブ感情」を感じたり、
気分が悪くなる恐れがあります。
      
    
《 2 》
 
FBアプリなどから閲覧すると、
画像とエネルギーが劣化してしまう事もある様なので、
  
「Safari」や「Google Chrome」などの、
Webブラウザからご覧ください。
  
  
《 3 》
 
サムネイルをクリックorタップすると、
拡大画像が表示されます。
  
  
-------------------------------------------------------------------

《 作品No.161「Medicine for Depression」》
  
効果 :必要以上に精神的に落ち込む事を防ぐ(うつ病が治る)
  
No.161


-------------------------------------------------------------------

《 作品No.162「」》
  
効果 :
  
162


-------------------------------------------------------------------
  
  
・これまでの絵画一覧(No.1 〜 No.40)
http://growheart.livedoor.biz/archives/52036194.html
 
・これまでの絵画一覧(No.41 〜 No.80)
http://growheart.livedoor.biz/archives/52038027.html
 
・これまでの絵画一覧(No.81 〜 No.120)
http://growheart.livedoor.biz/archives/52042659.html
 
・これまでの絵画一覧(No.121 〜 No.160)
http://growheart.livedoor.biz/archives/52047411.html


mixiチェック

haxe501 at 14:10|Permalinkclip!

2018年08月23日

「脅迫」と「助言」

私の投稿によって、
読者のみなさんが賢くなり、
  
読者のみなさんとコミュニケーションを取った人も、
また「間接的な影響」を受けて賢くなり…、
  
という事で、
  
加速度的に、人々が賢くなっているのを感じます。
  
  
この「うねり」は、もう決して止まらないでしょう。
  
  
この「うねり」を創り出すまでが非常に大変でしたが、
  
私の概念を広げようとする「パイプ役の人間」が、
遅ればせながらも、ちゃんと仕事をしてくれたおかげです。
  
  
読者のみなさんが私を無視しようが、別に構いません。
  
ただ、賢くなってさえもらえれば…。
  
  
人々が賢くなればなるほど、
否が応にも私の思想に近づいてくる事になります。
  
なぜなら、私の語っている事が「真理・真実」だからです。
  
  
潜在意識と同じく、
世の中では「眉唾」と思われているでしょうが、
  
人々の「無意識の繋がり」で共有される、
【 集合意識(意識共有)】というものがあります。
  
  
私の語る概念がどれだけ「シンプルな真実」と言えども、
これまでの常識と大きく異なる、斬新すぎる概念だと、
  
「世界観フィルター」が働きが邪魔をして、
スムーズに理解できる訳ではありません。
  
  
しかし、私の概念に対する理解者が増えれば増えるほど、
  
また新たにやってきた他の人たちも、
  
「既に理解している人の意識」の影響を受けて、
スムーズに理解しやすくなるのです。
  
  
だから、読者の方々が特にアクションを取らなくても、
  
ただ、私の文章を読んで賢くさえなってもらえれば、
  
【 他の人たちも賢くする手助け 】
をしてくれている事になるのです。
  
  
これが、【 集合意識の働き 】です。
  
  
そして、一度賢くなったら、人間はバカには戻れません。
  
これは不可逆です。
  
  
この先、一日進む毎に、
人々は非常に速いスピードで賢くなっていくしか無いのです。
  
「賢くなる人の数」も、増えるしかありません。
  
  
賢い人が増えればどうなるでしょう?
   
・ネットニュースのコメント欄の質も上がります
・ニュース記事の質も高まります
  
  
そのうち、「テレビ番組の内容」も、
賢くなった人々の影響を受けざるを得なくなります。
  
  
そして、人々が賢くなった末に辿り着くのが、
  
この「私の存在」という訳です(笑)
  
  
そこまでのストーリーは、もう見えています。
  
  
なので、私にはもう「勝ち」が見えているのです。
  
あとは、「時間の問題」だけです。
  
  
読者の一人が、私を無視すると決めていようとも、
  
【 人々が賢くなっていく「うねり」 】は、もう止まりません。
  
  
何人かが「この流れ」に抵抗したところで、
  
もう「この流れ」は止まらないのです。
  
  
この流れは、不可逆なのですから。
  
進展する事はあっても、後退する事はありません。
  
  
だから、私が有名になることを前提に、
  
「今後の身の振り方」を考えた方が良いですよと、
助言するのです。
  
  
今もう既に、
これまでの「インテリ層の著名人」に対して、
    
【 それほど魅力を感じなくなっている人 】
が増えているでしょう?
  
  
この流れも、加速していくことが確定しています。
  
  
【 真実 】に対しては、
  
誰も抗えない、誰も勝てないのですから。    
  
  
では、前置きが長くなりましたが、 
  
今回の本題です。
  
  
この世には、
【 助言を脅迫だと感じている人 】が大勢います。
  
  
私が行っているのは常に「助言」です。
  
にも関わらず、それを「脅迫」の様に捉える人がいます。
  
  
「おーい、そのまま進むと落とし穴に落ちるぞ!」
  
という「助言(警告)」が、「脅迫」に聞こえるのです。
  
  
いや、脅迫をするのは「あなたの親」でしょう?
  
私は「あなたの親」じゃないから(笑)
  
  
【 ○○していたら、○○になるぞ! 】
  
という、表面的な語り口は同じでも、
  
「助言」と「脅迫」の中身は正反対です。
  
  
「助言する」のは、相手の為に言っている訳で、
「脅迫する」のは、自分の為に言っている訳です。
  
  
親が自分の子供を脅迫しているのは、
子供のためでは無く、親自身のためです。
  
  
自分の子供を、都合良くコントロールしようとしている訳です。 
  
  
しかし、私に他人をコントロールしようとする意図は一切ありません。
  
まぁ、助言を聞いてくれた方が嬉しいのは嬉しいですが、
別に、【「助言を受け入れない」という選択肢 】も尊重しています。
  
  
なのに、多くの人は、
   
【 ○○していたら、○○になるぞ! 】という言い方が同じだから、
    
幼少期に植え付けられた世界観の影響によって、
  
【 全てを脅迫だと勘違いしてしまう 】のです。
  
   
【「助言」と「脅迫」の区別 】も付かなくなってしまうのです。
  
  
「おーい、そのまま進むと落とし穴に落ちるぞ!」
  
と言われたときに、
  
それを助言と受け取るのも、脅迫だと受け取るのも、
本人次第です。
  
  
しかし、真実は【 発言者の意図 】にあります。
  
  
・自分の為に脅迫しているのか?
  
・相手の為に助言しているのか?
    
  
です。  
  
  
まぁ、親だったら、
自分の子供の弱みを握っていますよね?
  
  
もし親の言う事を聞けないんだったら、
  
・メシ抜きだ!
・オモチャを買ってあげない!
  
  
いくらでも子供の弱みを握っているので、
子供を脅迫して、コントロールするのも容易いことです。
  
  
でも、別に私は「他人の弱み」を握って
コントロールしようとしている訳ではありません(笑)
  
  
私が、自分の助言に従わなかった人に、
わざわざ「嫌がらせ」をするとでも?
  
  
客商売をしていて、そんな事をするわけ無いでしょう?
  
  
もしくは私の事を、宗教の教祖や神様ぐらいに、
  
言う事を聞かなきゃいけない存在だと
思ってくれているんでしょうか?
  
   
それにしては、
あまり信心深くない人ばかりの様な気もしますがね(笑)
  
全然、私の助言を真剣に聞いてないでしょ?
  
  
大した【 ご都合主義 】ですよ。
  
  
私の助言を真剣に聞かない → 言う事を聞かなくても大丈夫だろ。
私の助言が脅迫に聞こえる → 言う事を聞かないと酷い目に遭う。
  
  
と、矛盾した思惑を抱えている訳です。
  
どっちかに、統一してちょーだいよ。
  
  
私の事を助言者だと思うのか? 脅迫者だと思うのか?
  
  
要は、世界観が歪んでいる人と言うのは、
  
【 めちゃくちゃ筋の通らない考え 】をしているのです。
  
  
それは、自分の親が
    
「助言の皮を被った脅迫」をしてきたからでしょう? 
   
   
だから、私のシンプルな助言に対しても、
わざわざ裏を読もうとして、
  
脅迫なんじゃ無いか?と疑っているのでしょう?
  
  
裏なんてありませんよ。
   
私は、あなたの親じゃ無いんだから。
  
  
【 中井貴雄は、あなたの親じゃない 】
   
  
きっちり、自分の親とは区別を付けて下さいよ(笑)
  
  
どう考えても、何か何まで違いますから(笑)
  
  
ただ、
  
【 ○○していたら、○○になるぞ! 】という語り口が、 
  
全て脅迫に聞こえるのでしょう?
  
  
それは、「自分の親から脅迫されてきたから」です。 
  
  
親が脅迫者だったからと言って、 
 
私の事も親と一緒にしないでくださいよ。 
  
  
私の事を、
あなたの親みたいな未熟な人間と一緒にするなんて、
  
無礼、失礼でしょ?(笑)
  
  
私の助言を聞かなかったからといって、
 
・メシ抜きになるんですか? 
・オモチャを買ってもらえないんですか?
・仲間はずれにされるんですか?
・嫌がらせされるんですか?  
  
  
別に何も起こりませんよ。
  
  
耐えられないくらいに、
  
私の事が嫌いになったら、
私が信じられなくなったら、離れれば良いだけでしょ? 
  
  
  
ただ、私は
  
「そのまま進めば落とし穴に落ちる」
と警告しただけで、何の強制もしていません。
  
  
落とし穴に落ちたかったら、勝手に落ちて下さい。
  
  
ただ、それだけです。


mixiチェック

haxe501 at 09:48|Permalinkclip!

2018年08月21日

コペルニクス的回転による世界平和

・世界平和という「マクロ視点(鳥の目)」と、
・人間心理という「ミクロ視点(虫の目)」と、
・人類文明史という「ループ視点(魚の目)」と、
   
それらの視点を行ったり来たりして、
それぞれの「繋がり」を理解できるようにしていますが、
  
  
一番最初に理解しなければならない事は、
  
【 万人共通の精神構造 】です。
  
  
もっと、突っ込んで言うと、
  
【 潜在意識の性質 】です。
  
  
私の記事を読むと、
自分自身の「深層心理が暴かれる」と思いますが、
  
・自分でも思っていなかった…、
・自覚していなかった…、
  
「自分の本当の気持ち」に気付く事が多々あると思います。
  
  
人間には、「潜在意識」が備わっていて、
その潜在意識の状態は自覚できない様になっているのです。
  
  
潜在意識について、親や学校から教わりました?
  
教わっていないですよね?
  
  
自己啓発本などでは、
潜在意識について書かれている事が多いですが、
  
その存在を客観的に証明できている訳では無いですよね?
  
  
つまり、人類全体から見ると、
潜在意識の存在なんて、「眉唾」だと思われている訳です。
  
  
「よくわからない仮説」って所でしょうか?
  
  
結局、「〜らしい」の域を出ていないのです。
  
  
しかし、私は今までの経験上、
  
「潜在意識の存在」に確信を持っています。
  
  
みなさんも、私の記事によって、
  
「自覚していなかった自分の本当の気持ち」
に気付く事があるでしょう?
  
  
って事は、普段は自覚できていない、
  
【 無意識レベルに抱える「本心」が存在する 】って事です。  
  
  
さらに、「顕在意識(理性)」よりも、
「潜在意識(欲求)」の方がパワーは強いのです。
  
  
【 無自覚なのに、パワーは強い 】
  
これが、潜在意識の性質です。
  
  
つまり、潜在意識の存在を知り、
潜在意識と意図的にコミュニケーションを取らない人は、
  
知らないうちに、【 潜在意識の操り人形 】と化している訳です。
  
  
・タバコを止めたいのに止められない
・ギャンブルを止めたいのに止められない
  
そういう人も、【 潜在意識の操り人形 】なのです。
  
  
人類は、まず「潜在意識の存在」を、
公的に認める必要があるでしょう。 
  
検証すれば解る事です。
  
  
ガリレオ・ガリレイも、
別にロケットを飛ばして自分の目で直接見たわけでは無いですが、
  
理屈で考え、検証する事によって、
「地球が自転と公転を行っている事実」を理解しました。
  
  
現代人も、世界平和を達成しようと思ったら、
  
「天動説から地動説にシフト」するような、
【 コペルニクス的転回 】が必要です。
  
  
ガリレオ・ガリレイが生きた時代には、 
「世界は平面で、動いていない」と思われていました。 
  
でも、ガリレオの主張を皮切りに、
「宗教の教義が正しい訳では無い」という認識が広まり、
  
ニュートン、フランクリン、エジソン、アインシュタイン…、
  
数々の「物理学者」や「発明家」が自然法則を探究し、発明を行い、
今日まで文明は発展してきたのです。
  
  
現在、人類が抱える問題の数々は、
そのほとんどが「人間心理に詳しくないから…」
  
と言う理由で起こっている事です。
  
  
私の語る、【 万人共通の精神構造 】が、
幅広く検証され、「真実である」と公に認められれば、
  
それがその時、【 世界平和が達成されるとき 】です。
  
  
過去、コペルニクスやガリレオの地動説が、
世に認められたのとまったく同じ性質の瞬間です。
  
  
その瞬間から、
  
物理学が飛躍的に発展し、数々の発明が生まれ、
人類文明は発展し続けて来たのです。
  
  
人類の常識が、「天動説から地動説にシフト」したとき、
  
この世の捉え方、世界観が大きく変わりました。
  
  
まず始めに【 人類の世界観 】が根底から変わったからこそ、
  
次に「新しい研究や発明」が盛んになったのです。
  
  
では、なぜ人類の世界観が変わったのか?
  
それは、【 この世の真実が明らかになったから 】です。
  
  
天動説が間違っていて、地動説が正しい…。
  
という、真実が明らかになったからです。
  
  
人類は、「間違った世界観」を信じているので、
  
適切な対処が行えないのです。
  
  
大昔には、疫病の原因は、
「呪い、祟り、神の怒り」だと思われていました。
  
  
でも、「菌やウイルスが原因である」という真実を理解したから、
  
正しい対処が行えるようになったのです。
  
  
一方、現代の人類は人間の心理について詳しくありません。
  
詳しくないから、適切な対処が行えないのです。
  
  
現代の心理学者も、
だいたいが過去の心理学者の「受け売り」や「伝言ゲーム」で、
  
過去の心理学者の主張を覆すような研究をしている訳ではありません。
  
  
過去の心理学者を盲信しているのです。
  
  
ガリレオの伝記を読めば、 
  
ガリレオの時代の物理学は、
   
古代ギリシャの学者、アリストテレスを主張を
盲信していたようです。
  
  
「昔の偉い人が言っているから、そうなんだろうな…」と、
  
疑いもせず、自ら検証しようとも思っていません。
  
  
マズローの5段階欲求についても、
深く検証する事も無く、正しいのだろうと信じ込んでいます。
  
  
それとまったく同じ。
  
  
現代の心理学者たちは、科学者では無いのです。
  
  
一方の私は、ガチガチの科学者です。
  
  
ガリレオと全く同じです。
  
過去の常識を疑い、自ら検証する事で、
真実を明らかにしようとしてきたのです。
  
  
ガリレオは、「この世の真実」を明らかにし、
「過去の世界観」を覆しました。 
    
そこから、人類の飛躍的発展は始まったのです。
  
  
私も、ガリレオと全く同じ事を、 
 
心理学という分野でやろうとしているだけです。
  
  
ガリレオ・ガリレイがいなければ、
その後の物理学の発展も無かったかも知れません。
  
  
アイザック・ニュートンも、
ガリレオが発見した物理法則をベースに研究を行い、
  
物理学を発展させたのです。
  
  
私は、【 心理学史におけるガリレオ・ガリレイ 】です。
  
  
既存の人類の世界観を覆す存在です。
  
  
そして、世界観が覆った瞬間から、
  
人類の発展は始まるのです。
  
  
  
私の主張する人間の精神構造を理解すれば、
  
自分の心理状態、精神状態をコントロールする事もできますし、
    
「自分で自分の精神を満たす事が出来る」と理解出来きますし、
  
自分を満たすために、
「他人に迷惑や負担を掛ける必要も無い」と理解できます。 
  
  
人類による人間心理や意識など、精神の探究と発展は、
  
私が人間心理の真実を明らかにし、
人類の世界観を崩壊させた瞬間から、始まるのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:21|Permalinkclip!

2018年08月20日

世界平和実現のスケジュール

「世界平和が実現したらいいね」って言う人のほとんどは、
  
・自分が「死ぬまで」に達成できたらいいね
・自分が「死んでから」でも達成できたらいいね
  
…くらいの気持ちだと思うんですね。
  
  
一方の私は、【 一秒でも早く 】達成されて欲しい訳です。
  
めちゃくちゃ、急いでいるんですよ。
  
  
私に以外に、「世界平和を急いでいる人」っています?
  
  
もし急いでないなら、いつまでに達成するつもりなのか、
スケジュールを教えて欲しいです。
  
  
仕事だったら、「スケジュール」なんてあるのが当然でしょ?
  
  
経営計画だって、
  
「いついつまでに、なになにを達成するつもりです」って、
公に発表するでしょ?
  
  
「おおよその期限」を決めて、そこから【 逆算 】して、
「今やるべき事」を決めていくでしょ? 
  
  
じゃあ、「世界平和達成の期限」と、
「その期限から逆算した実行プラン」は何なんですか?
  
ぜひ教えて下さいよ。
  
  
経営者が、
  
・死ぬまでに達成できたらいいな
・死んでからでも達成できたらいいな
  
って言ってて、他人が納得すると思います? 
  
  
そんな悠長に構えていて、商売で勝てる訳ないでしょう?
  
  
世界平和の方が、経営より難しいんですよ。
  
専門分野は違えど、アインシュタインだって、
世界平和について真剣に考えていましたよ。
  
でも、そのアインシュタインですら、
「世界平和の実現プラン」は作れなかった。
  
  
アインシュタインが真剣に考えても、
導き出せなかった答えを、
  
そんじょそこらのトーシロが、
少し考えたくらいで思い付く訳無いでしょ?(笑)  
  
  
ちょっと【 世間知らず過ぎ 】です。
  
  
要するに、具体的な実現実行プランなんか無いんですよ。
  
実現までのステップを描いた詳細な実行プランが無いから、
  
・自分が死ぬまでに…、とか、
・自分が死んだ後でも…、とか、
  
無責任な考えになるんです。
  
  
私は、【 世界平和が達成された後の世界 】で、
やりたい事が大量にあるんですよ。
  
世界平和が達成された後に、
私の「人生の本番」は始まるんです。
  
  
だから、私は急いでいるんです。  
  
  
もっとわかりやすく、
「サラリーマンの独立起業」に例えましょう。
  
  
独立を夢見るサラリーマンのありがちな目標が、
  
1.独立したい
2.成功したい
3.成功した後の生活を満喫したい
  
と、3段階あるとしましょう。
  
  
「1.独立したい!」が目標の人は、
  
会社を辞めた時点でもう目的が達成されているので、
モチベーションが湧いてきません。
  
独立が目標の人は、成功できないのです。
  
そもそも、
「イヤな会社勤めから逃れたい!」という、
  
独立したい理由が
「イヤな事から逃れたいだけ」なので、
  
イヤな事から逃れられた瞬間に、
それ以上のやる気は湧いてこなくなるのです。
  
  
  
「2.成功したい!」が目標になっている人は、
  
だいたい、【 他人からスゴイと思われたいだけ 】です。
  
スポーツで金メダルを取ることが目標なのと同じです。
  
成功して、目に見える評価を収めた時点で、
モチベーションが落ちてしまいます。
  
  
  
「3.成功した後の生活を満喫したい」が目標の人こそ、
  
独立起業と成功に対して一番本気の人です。 
  
自分の人生を生きている人です。
  
  
【 成功した後の生活が本番 】だと思っていますから、
「一秒でも早く成功したい!」という状態です。
  
  
「早いスピードで進みたい!」と思っているからこそ、
集中力も高いし、成功も手に入るのです。
  
  
この3段階の、どの目標を持っているかで?
  
「モチベーション」と「実現スピード」に大差が生まれます。
  
  
世界平和も同じです。
  
  
チンタラしていて、達成できる訳がありません。
  
  
その前に核戦争か海洋汚染、気候変動で人類は滅びます。
  
  
世界平和の実現を、
死ぬまでに…、死んだ後でも…、
  
とか思っている人間は、
そんなに急いでないし、本気でもありません。
  
  
結局、口先だけで、何の役にも立ちません。
  
  
一方私には、具体的かつ詳細な
「ステップ」と「プラン」があります。
  
  
世界中の人が、
私の「心理と波動に関する助言」を受け入れるなら、
    
およそ「3年」で世界平和を達成して見せます。
  
  
私は、世界平和が達成された後の世界で、
やりたい事が腐るほどあるのです。
  
  
だから、さっさと世界平和を実現したいのです。
  
  
死ぬまでに…とか、死んだ後でも…とか、
    
そんな悠長に、チンタラ考えている連中とは違うのです。
  
  
悠長にチンタラ考えている人間は、
  
潜在意識レベルでは、
世界平和なんてどうせ不可能だ…とか思っているのです。
  
  
「出来れば、宝くじに当たれば良いな…」
  
って言うのと同じテンションですよ。
  
  
一方私は、自分が有名になりさえすれば、
  
3年で世界平和を達成できるプランがあるんです。
  
  
でも、私が有名になることに協力するどころか、  
無視するか、邪魔するような人間ばかりだから、
  
苛立つわけです。
  
  
やる気も無いクセに、口先だけの人間に、苛立つのです。
  
無意識レベルでは
不可能だと思っていて、やる気も無いのに、
  
口先だけ綺麗事ばっかり抜かしやがって…。
  
  
世界の事どころか、
  
本当に、「自分の事」しか考えてないんですよ。
  
  
口では「世界平和を願う」と言っておきながら、
  
【 実現プランを持っている私 】に対するリアクションは、
  
無視か邪魔か。 
  
  
そんな腐った根性の人間ばかりだから、苛立つのです。
  
  
「世界平和を願う」と言っているのも、
  
ただただ、【 善人ぶりたいだけ 】
  
  
目先の「自尊心」と「他人の評価」が欲しいだけ。
  
  
【 自分の存在価値に自信が無い 】から、
  
綺麗事を並べることで、
自分の事を「ちょっぴり善いヤツ」だと思いたいだけでしょ?
  
  
はいはい、中身はただのショボイ人間ですよ。
  
  
悔しかったら、私のメソッドを真剣に愚直に実践して、
  
一秒でも早く精神的に成長して、
  
心の底から世界平和の為に、
リスクを取ってアクションを起こせる人間になってみろって。
  
  
それが出来なきゃ、永遠に「口先だけの口だけ人間」ですがな。


mixiチェック

haxe501 at 22:29|Permalinkclip!

2018年08月19日

心理学界のガリレオ・ガリレイ

ガリレオ・ガリレイの伝記を読みました。
  
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-240026-5&mode=1
  
   
みなさんにも、ぜひ読んで頂きたいですね。
  
  
私がやっている事って言うのも、
分野は違えど、ガリレオ・ガリレイと全く同じですからね。
  
  
ガリレオは、実験と検証によって真理・真実を探究・解明し、
「当時の間違った常識」を覆そうとした訳です。
  
  
ただ、ガリレオの場合は、
「目に見える実験結果」を見せることが出来ましたが、
  
私の専門分野である「心理・波動」に関しては、
視覚化できる機械が存在していない以上、
  
本人が実感・体感する以外に、証明する手段がありません。
  
  
そこが、面倒なところですね。
  
  
もう一つ面倒なのが、【 世界観フィルター 】です。
  
  
人間は、既存の世界観を守ろうとします。
  
それも、ガリレオ・ガリレイの伝記を読めばわかるでしょう。
  
  
いくら冷静に事実を伝えようとしても、
  
世界観フィルターが働いている人は、
  
・自分の世界観を壊さないように、
・自分の世界観の範疇・枠内に収まる様に、
   
情報を歪めて、都合良く解釈するのです。
  
  
これは、無意識レベルで行われますから、
  
本人に一切の自覚はありません。
  
  
洗脳されている人には、話が通じないのと同じです。
  
  
ガリレオ、ニュートン、ダーウィン、コロンブス、マゼラン…、
  
そういう人たちは、
  
それまでに信じられていた、
「宗教の教義(間違っていた世界観)」を覆しました。
  
  
どうやって?
  
【 宗教家も反論できない、客観的事実を突き付ける事によって… 】です。
  
  
それ以外に、「既存の世界観を守ろうとしている人間」の、
間違った世界観を崩壊させる方法はありません。
   
   
客観的事実は、【 宗教や国境、民族、思想の壁 】を越えて
  
誰もが同意できる、唯一の共通認識です。
  
  
科学者が、真理・真実を広めようとすると、
  
当然、「宗教家からの反発」を受けることになるでしょう。
  
  
しかし、宗教も「客観的な事実・真理・真実」である、
  
【 数学・物理学・論理 】には勝てません。
  
  
宗教家の「感情的な抵抗」も押し切れる、絶対的な真実だからです。
  
  
ですから、ローマ法王も、
「ガリレオでは無く、教会の方が間違ってました!」
  
と、認める事になるのです。
  
  
ガリレオの時代以降、
人類文明が大きく発展したのは、
    
数々の物理学者、科学者が、
次々と「この世のあり方」を解明したからです。
    
・物理学
・天文学
・電気・電波の仕組み
・細菌学
・生物学
  
  
今、電化製品を使ったり、ロケットを飛ばせているのは、  
過去の「物理学者」のおかげだし、
  
今、伝染病を予防したり、治療できるのは、
過去の「細菌学者」のおかげです。
   
  
  
しかし、人間の「心理・精神構造の知識」に関しては、
フロイト、ユング、アドラーの時代以降、ほとんど変わっていません。
  
  
ガリレオの生きた時代の物理学の内容は、
「古代ギリシャ」から大して変わっていなかったようです。
  
それと同じ事です。
  
  
その過去の慣例を覆したのが、ガリレオです。
  
  
教科書の内容が書き換われば書き換わるほど、
人類が進歩している事の証明なのですが、 
  
教科書の内容が書き換わっていないという事は、
大して人類は賢くなっていないという事です。
  
  
ガリレオやニュートンも、間違った事を言ったりもします。
  
でも、科学が進歩していれば、その間違いは修正されていきます。
  
  
フロイト、ユング、アドラーも、もちろん間違った事を言っています。 
  
でも、その間違いを指摘し、修正できる心理学者がいないのです。
  
  
現代の心理学者も、
心理について、よくわかっていないからです(笑)
  
  
ガリレオは、「当時の宗教の教義」と、
全く違う内容の真実を語りました。
  
  
もちろん、既存の世界観を守りたい宗教家から、
猛反発を食らいましたし、
  
ガリレオを快く思わない他の学者からも、
疎まれてしまいました。
  
  
ガリレオには、敵が多かったのです(笑)
  
  
しかし、最終的に真実が必ず勝ちます。
  
  
どれほど間違った常識を信じる人間たちが抵抗しようとも、
  
ガリレオの主張の勝利は、既に決まっていたのです。
  
  
だから、たとえ味方が少なかろうとも、
私は余裕でいられるのです。
  
私の主張が勝つ事は、既に確定しているからです。
  
  
人間は、一度賢くなったら、バカには戻れませんし、 
   
人間は、自分の視野が広がって賢くなれば、
「ちゃんと自分が賢くなったことを正確に感じられる生き物」です。
  
  
ですから、今後も、
賢い人が増えることはあっても、減ることはありません。
  
  
賢くなればなるほど、
「中井さんの言っていたことが正しかったな…」
  
と感じる事はありませんか?
  
  
ソレ、一生続きますよ?(笑) 言っときますけどね。
  
  
だから、私の主張を検証もせずに疑うこと自体が不毛であると、
そろそろ気付いて頂きたいですね。
  
  
私は、自分の事を人類史上最高の天才だと思っていますけど、
  
歪んだ世界観を持つ人間は、私の賢さを理解できる訳がありません。
  
  
「私のような凡人には理解できないくらいのレベルで、
 中井さんは賢いんでしょうね。」
  
と言われたら、
その人が一番正しく物事を捉えられている、賢い人ですね。
  
  
お客さんを除けば、
私の賢さを正確に理解している人としか、
  
仕事に関する会話はしたくありません。
  
  
  
私は、「心理・波動・経済」という領域で、
  
・ガリレオやニュートンの様な「研究者」であり、
・エジソンやニコラ・テスラの様な「発明家」であり、
・釈迦やキリスト以上の「精神指導者」であり、
・吉田松陰の様な「教育者」であり、
・ブラックジャックの様な「臨床家」であり、
・エイブラハム・リンカーンの様な「政治家」になる予定。
  
  
自分でも、「偉人何人分の仕事してるねん!」と、
ツッコミたくなります。
  
  
まぁ、過去の偉人たちに比べて、
  
インターネットがあって、
瞬時に情報が手に入る時代に生きている…、
   
というアドバンテージはありますけどね。
  
  
昔であれば、本一冊を書いたり、買って読んだりするのも、
貴重だったでしょうからね。
  
  
あと、人間関係や組織のしがらみもなく、
研究に全精力を費やせるという立場も、
  
私が短期間で大きく研究を進められる理由です。  
   
   
   
今後も、私の研究は続き、それを公開し、   
この世に賢い人は増えていきます。 
  
  
私はまだ34歳です。 
  
私の人生は、まだ何十年も残っています。
  
  
私が生きている間に、私は必ず有名になるでしょう。
  
  
なれば、私が有名になることを前提として、
「未来の生き方や仕事」を考えた方が良いですよ。
  
  
「AIに仕事を奪われるんじゃ無いか?」
という未来予測は多いですが、
  
私もだいぶと他人の仕事を奪いますよ(笑)
  
  
特に、
  
・心理学
・哲学
・宗教
・自己啓発
・経済学
・医療
・スピリチュアル
・教育全般(幼児から大人まで)
  
ここら辺のジャンルの仕事は、根本から変わらざるを得ません。
  
  
私と競合するのは、得策とは言えないでしょうね。
  
  
1.私の仕事に協力する、又は傘下に収まる
2.私と競合しない全然違う仕事に携わる
3.私と競合して淘汰される
  
末路は、上記のいずれかになるでしょう。
  
  
私は、「絶対に勝てるゲーム」をしているので余裕です。
  
  
私が絶対に勝つと決まっているのに、
  
無駄な抵抗を続けるのが一番愚かです。
  
  
ガリレオ・ガリレイにケンカを売る宗教家と同じで、
    
いずれ、自分の過ちを認める事になるのです。
  
  
私は、ガリレオ・ガリレイの様に、
  
既存の常識や世界観を覆し続けます。 
   
   
そういう前提で、
未来の身の振り方を考える事をオススメします。


mixiチェック

haxe501 at 15:48|Permalinkclip!

2018年08月18日

「罰」は役に立たない

「自爆テロを実行した人間」を罰することは出来ない。
  
もう既に死んでいるから。
  
  
「死刑になる為に無差別殺人を犯しました」
という人間に対しても、罰は抑止力にならない。
  
  
という事は、「自爆テロ、無差別殺人」を、
  
【「罰」というシステム 】では、止める事が出来ない。
  
  
説得で止められる? それも無理でしょう。
  
話が通じないから。
  
  
唯一の根本解決方法は、本人に幸せになってもらう事。
  
  
幸せな人間は、自爆テロなどしないから。
  
実行する理由が無い。
  
  
しかし、「幸せになる方法」をいくら無料で公開しても、
  
ほとんどの人は真剣に実践しない。
  
  
無意識レベルでは、
  
【 自分は悪人で、幸せになる価値が無い 】と思っているから。
  
  
1.自分は悪い事をした
  
2.自分は悪人になってしまった
  
3.悪人に幸せになる価値はない
  
4.だから自分はずっと不幸だ
  
5.不幸だから、また悪い事をしてしまった
  
6.自分はさらに悪人になってしまった
  
7.自分はさらに幸せになる価値が無い
  
8.自分はさらに不幸になるしかない
  
  
という無限ループにハマっている。
  
  
これは、【 悪人は罰せられるべき 】という世界観が原因。
  
  
私から言わせると、
  
周囲にネガティブな影響を及ぼさずに生きる事など出来ない。
  
  
例えば、生活している以上、
  
ゴミも出すし、下水道に汚水も流すし、
ガソリン自動車にも乗る。
  
となると、
私だって地球環境・自然環境に多少の負担を掛けている。
  
  
自分が周囲に与えるネガティブな影響を
ゼロにする事は不可能なのだから、
    
その「ネガティブな影響」がかすむくらい、
【 もっと大きな良いことをしようぜ! 】って事です。
  
  
そうすれば、プラス・マイナスでプラスに出来るから。
  
  
人間、ネガティブな行為をせずして生きる事は不可能。
  
周囲にネガティブな影響を与えずして生きる事は不可能。
  
  
なればこそ、「ネガティブな行為」がかすむくらい、
もっと大きな良い事をして、チャラにするしかない。
  
  
自分を罰する代わりに、もっと良いことを積み上げたら良い。
  
  
自分を悪人だと思っている限り、自分の幸せを目指せないし、
  
不幸だからこそ、もっと悪い事に手を染めてしまいやすい。
  
  
だから、「罰」なんて要らない。
  
  
抑止力にもならないし、根本解決にもならない。
  
  
ちょっとくらいネガティブな行為をしても、悪人じゃ無い。
  
自分をもっと幸せにして、良いことを積み上げて、
チャラにすれば良いだけ。
  
  
自分を悪人だと思っていると、一切何も解決しない。進展しない。
  
  
自分を悪人だと思うことは、
生産的でもないし、建設的でもない。
  
  
ただ、私の記事を読んでいると、
  
・責められている様に感じる
・自分が悪人だと感じる
  
という人もいるでしょう。
  
  
それは、読者側の世界観フィルターによって、
私の伝えたい事が正確に伝わっていないだけです。
  
  
私が伝えたいのは、
  
自分の思っている以上に、
自分の内面がネガティブでショボイ状態だと、 
潔く認めた方が良いという事です。
  
  
【 ネガティブでショボイ人間=悪人・価値が無い 】
  
と、本人が勝手に連想して誤解・曲解しているだけです。
  
  
私が伝えたい事は、
  
自分の現在値がどれほど
ネガティブでショボかろうとも、
  
まず自分の現在値を正確に把握しなければ、
現実逃避を続けていては、
  
自分の内面を変革することは出来ないという事です。
  
 
もし、自分が重病に冒されているあれば、
自分が重病患者であると認めないと、

真剣に治療しようとも思わないでしょう?
  
  
なので、
  
私が人類のネガティブさやショボさを暴く事によって、
自分が悪人だと感じるのは、
  
自分が「ネガティブ=悪人・無価値」と定義しているからです。
  
  
しかし、真実は
【 ネガティブだからといって、悪人では無い 】という事です。
  
  
私だって、中学高校の挫折中は非常にネガティブでしたが、
だからといって、別に自分を悪人だと思った事はありません。  
  
  
「ネガティブな人間 = 悪人・罪人・犯罪者・無価値」
  
だと思っているから、ドツボから抜け出せないのです。


mixiチェック

haxe501 at 21:38|Permalinkclip!

2018年08月15日

幸せに値する条件

私のメソッド(方法論)は非常にシンプルですが、
真剣に実践しなければ、大した効果はありません。
  
  
なぜなら、「感じる事」にしても、「世界観の崩壊」にしても、
  
無意識レベルの【 非常に強い抵抗 】が存在しているからです。
  
  
「巨大な不快感から逃れたい」という抵抗です。
  
  
「無意識下に抱える、膨大なネガティブ感情」から、
目を背けたいのです。 
  
それが、シンプルメソッドに対する抵抗感です。
  
  
私のメソッドを実践するには、
その抵抗感に打ち克つだけの、【 強い意志、真剣さ 】が必要です。
  
  
じゃあ、その「強い意志・真剣さ」は、どこから生まれるのか?
  
  
それは、【 自分の幸せを渇望する事 】から生まれるのです。
  
  
私のメソッドは、
【 自分と他人と社会を幸せにする為 】のモノです。
  
その「幸せにする」という目的に対して
モチベーションが上がらないのであれば、
  
私のメソッドを真剣に実践できる訳がありません。
  
  
という事は、
  
私のメソッドを真剣に実践したいと思えない人は、
  
【 そもそも、自分の幸せを渇望している訳では無い! 】
  
という事になります。 
  
  
それ以外に理由はありません。
  
  
「え? 幸せになりたい訳じゃ無いんだったら、
 なんで、中井貴雄の記事を読み続けるの?」
  
って所が疑問になりますけど、
  
【 別に幸せになりたくなくても、
  これ以上、不幸になりたくない、不幸のドン底を回避したい 】
  
という気持ちは、そこそこ強い訳です。
  
  
「努力してまで幸せになりたくなくても、
 今以上に不幸にはなりたくない、落ちたくない…」
  
そういう風に、
どっちつかずでブラ付いている人も居るのでしょう。
  
  
そういう人が無意識レベルで求めているのは、
「幸せになる方法」では無く、「不幸にならない方法」です(笑)
  
  
しかし、残念なお知らせがあります。
  
  
この先の未来に、「平凡」は有り得ません。
  
「二極化」しかありません。
  
  
テクノロジーの進化がそれを推し進めますし、
  
シンプルに言えば、主体性を持って、
「AIを使いこなせる側の人間」になれるかどうか?
  
という事が、将来の自分の経済力を大きく左右します。
  
  
さらに、スピリチュアル的に言うと、 
 
地球の波動が高まれば高まるほど、
  
無意識レベルに抱えている
ネガティブな感情と向き合わざるを得なくなります。
  
  
健康体になろうとすればするほど、
体内のデトックス(排毒)が加速するのと同じです。
  
健康体になろうとすれば、脂肪の中に隠されていた毒素が、
次々と体内に溶け出してくるわけです。
  
一旦そうしなければ、排毒できませんから。
  
  
不健康な人が、急激なデトックスを推し進めると、
血流に過剰に毒が回りすぎて、死んでしまう人もいます。
  
  
そうならないためには、
  
内臓の「解毒・排毒機能」がオーバーフローを起こさないように、
徐々に排毒を進めていくのがベストです。
  
  
精神領域で言うと、
  
・毒素とは、「ネガティブ感情」の事で、
・毒素を次々と製造し続けるのが「ネガティブ観念」です。 
  
  
  
地球は今後、健康体に向かってまっしぐらです。
  
好むにしろ、好まざるにしろ、
「浄化」のために、「排毒」は強制的に行われます。
  
  
好むにしろ、好まざるにしろ、この先、
  
無意識下に溜め込んでいる「ネガティブ感情」は、
次々と噴出してくる事になります。
  
  
A.その毒素をスムーズに手放していくか?
  
B.毒素を隠し続けようと、無駄な抵抗を続け、
  いずれ、毒が心に溢れすぎて死んでしまうか?
  
  
という決断を迫られる訳です。
  
  
強く大きなネガティブ感情は、人を殺します。
  
それは、他人かもしれないし、自分かも知れません。
  
  
罪悪感、被害者意識、後悔、不安…、からの絶望…。
  
強すぎるネガティブ感情に直面すると、
人間は自ら死にたくなります。
  
  
そして、地球全体が浄化されていく過程では、
  
・ネガティブ感情を一掃していくのか? 
・ネガティブ感情を抱えたまま死ぬのか?
  
という、二択を迫られるわけです。
  
  
なので、
  
「ネガティブ感情を隠し続けたまま向き合わず、
 排毒もせず、平凡に生き続ける…」
  
という事は不可能なのです。
  
  
幸せか? 不幸か? 極端にどちらかです。
  
  
なので、
  
「別に、幸せになりたくなくても、
 今以上に不幸にはなりたくない、落ちたくない…」
  
という、中途半端にブラ付いている人は、
  
  
まず最優先で、
  
【「幸せになりたい」と渇望する精神状態 】を、
手に入れなければなりません。
  
  
その「幸せを求める精神状態」では無いという事は、
  
絶対に、幸せを求める気持ちにブレーキを掛ける抵抗感があります。
  
  
・努力しても幸せになれない人がいる(そもそも可能性が無い)
  
・幸せになっちゃいけない人がいる(罪人は不幸になるべき)
  
という、世界観で生きているのでしょう。
  
  
そういう世界観で生きていると、
  
「自分が幸せになっている姿」がイメージが出来ません。
  
 
「イメージが出来ない事」に対しては、モチベーションは湧きません。
  
明確にイメージができるから、モチベーションが湧くのです。
  
  
ですから、【 幸せを渇望する精神状態 】では無い人は、
  
「自分の幸せな姿」を、そもそもイメージ出来ていないのです。
  
  
歪んだ世界観によってね。
  
  
まぁ、私が幸せになるためのシンプルな方法論を確立しているので、
  
「努力しても幸せになれない人がいる」っていう世界観は、
結構、崩されていると思いますが、
  
  
問題は、
  
【 幸せになっちゃいけない人がいる(罪人は不幸になるべき)】
  
という世界観ですね。
  
  
私の記事を読んでもなお、自分の幸せを渇望できない人は、
  
・幸せになっちゃいけない人がいる
・罪人は不幸になるべき、罰を受けるべき
  
という世界観で生きている訳です。
  
  
以前の記事で書きましたけど、
  
ポジティブな世界観から見れば、 
「この世に罰を受けるべき存在」など、存在しません。  
  
  
むしろ人間は、自分が満たされていないからこそ、
ネガティブな行為に手を染めてしまうのです。
  
  
・これまでの正義感
http://growheart.livedoor.biz/archives/52057716.html
  
  
なので、人にネガティブな行為を止めさせる方法は、
  
「そいつが幸せになっちゃえば良い」のです。
  
  
「罰を与える」という発想と、真逆です。
  
  
  
もちろん、幸せになれば良いと言っても、
「甘やかす事」とは違いますし、
  
「罰を受けさせる」のではなく、
「やったことの責任を取らせる」という意味で、
  
【 厳しい処置 】は必要です。
  
  
しかし、責任を取らせて、責任感を強めていくことで、
人は幸せになれる訳です。
  
  
「幸せな人間」とは、「責任感が強い人間」の事ですから。
  
  
なんでもかんでも、
「悪い事が起こったら他人のせいにする人」っていますよね?  
  
そういう人が、不幸なのです。
  
  
「他人を責める被害者意識」と、
「自分を責める罪悪感」の、
  
【 ネガティブ感情のシーソーゲーム 】を繰り返し続けるのです。
  
  
なので、【 罰 】という概念が、
  
この世にそもそも必要ないのです。
  
  
【 罰 】という概念自体、そもそも宇宙に存在しないのです。
  
「罰という概念」は、【 人間が創り出した妄想 】に過ぎないのです。
  
  
他人から厳しい態度を取られたときに、
    
それを【 罰 】だと捉えている人は、
幸せにもなれないし、責任感も強まりません。
  
  
【 責任感を鍛えるための厳しさ 】だと捉えたときに、
  
責任感が強まり、幸せになれる訳です。
  
  
全人類に、「罰」など必要無いのです。
  
  
同じ厳しさでも、「罰」では無く、
  
必要なのは、「責任を取らせる」という観点です。
  
  
これを混同しているから、ポジティブな思想を持てないのです。
  
  
「罰せられるべき存在」など居ないのだから、
  
幸せになりたいヤツは、全員幸せになれば良いのです。
  
  
「幸せに値する条件」など、存在していないのです。
  
  
  
人間は、時にネガティブな行為をしてしまう事もあるでしょう。 
  
他人に多大な迷惑を掛けてしまう事もあるでしょう。 
  
  
それでも、「罰」は一切必要無いのです。
  
  
例えば、会社を倒産させた社長の元には、
債権者たちが「金を返せ〜」って押し寄せますよね?
  
  
債権者たちは、「金を返す」という責任を果たして欲しいのです。
  
  
会社を倒産させた社長から、
  
「私は今からムチに打たれて、罰を受けます!
 だから許して下さい!」
  
って言われても…、債権者は嬉しいと思いますか?(笑)
  
  
どうでもええわ、知らんがな…って。 
  
  
アンタが拷問を受けようが、一銭にもなりませんがな。
  
そんな事より、一円でも多く金を返すことに全力を尽くせよ!
  
  
って、そう思いません?
  
  
そういう事ですよ。
  
  
アナタが罰を受けようが、誰も喜びません。 
  
許されもしません。
  
  
それより求められているのは、
  
「全力で責任を果たせよ」って事です。
  
  
【 失敗したなら、その失敗のリカバリーを全力でやれよ! 】って。
  
  
求められているのは、それだけですよ。
  
  
まぁ、責任を取る気も無く、ネガティブな行為を続ける人間は、
  
善良な市民を守る為に、
刑務所に閉じ込めて隔離する必要があるでしょうけどね。
  
  
それでも、それは「罰」などでは無く、
  
【「やったことの責任を取らせる」という目的 】であるべきです。
  
  
「罰」という概念を、
自分の人生の中で「大切な指針」だと考えている人は、 
  
まぁ、【 多大なる勘違い 】をしている訳ですよ。
  
   
じゃあ、「罰」っていう概念は誰から教わりますか?
  
  
親と学校でしょう?(笑)
  
  
私の父親は、自分が小さい頃には厳しくて、
厳しく育てられましたが、
  
「罰を受けろ!」という概念で叱られていたのでは無く、
「反省しろ!」という概念で叱られていたと思います。
  
  
しかし、多くの親は、
  
【(悪い事をした)「罰」という概念 】で我が子を叱るでしょう?
   
  
それこそが、「子供の人生」を不幸にしている訳です。
  
  
子供を罰している人が、自分と子供を不幸にしている訳です。
  
  
精神的に未熟な親から育てられ、
  
「間違った、歪んだ、ネガティブな世界観」を植え付けられたら、
人生が大変ですね。
  
  
そんな人が、
「定められた不幸路線」をひっくり返そうと思ったら
  
気合いを入れて、「学び、理解し、実践する事」が必要でしょう?
  
  
将来、不幸のドン底に落ちたくない人は、
  
「無意識レベルの強い抵抗感」に打ち克つ為に、
  
【 本気の気合い 】を入れて下さい。


mixiチェック

haxe501 at 11:38|Permalinkclip!

2018年08月13日

生き方講座

科学が発達し、経済的に成熟してしまった社会の中で、
その先、人間はどう生きれば良いか?
  
  
その答えは、
  
1.できる限り「建前・社交辞令モードの脳波」を止めて、
  四六時中、「自分の心を感じる感覚」を鋭敏・全開にする
  
2.「潜在意識」と積極的にコミュニケーションを取る  
  
3.幼少期に植え付けられた、無意識下に抱えている
  無自覚の「ネガティブな世界観」を崩壊させる  
  
4.「6段階欲求」を満たし続ける
  
  
という、非常にシンプルな結論です。
  
  
上記のサイクルを回しているだけで、
  
「自分の幸せ」と「社会全体の幸せ」を、
両立させる様な生き方が可能になります。
    
  
バシャールの、
  
【「ワクワク・情熱」を行動に移せ 】
  
という助言を、
人類にわかりやすい様に翻訳した感じですね(笑)
  
  
ただ、なぜ上記のシンプルな結論に辿り着くのか?
  
という「ロジック、因果関係」を理解するには、 
  
これまでの「40〜50本くらいの記事」を読んで、
「それぞれの繋がり」と「全体像」を掴む必要があるでしょう。
  
  
アインシュタインが発見した、
「E=mc2」という式は、非常にシンプルですよね?
  
  
では、【 何故「E=mc2」というシンプルな結論に辿り着くのか? 】
  
という、「結論に至るまでのロジック・因果関係」を理解するには、
かなり数学や物理学に長けていなければ、理解できないと思います。
  
  
つまり、【 シンプルな本質 】を理解するには、
  
その深さと比例するだけの「視野の広さ」が必要になるのです。
  
  
これまでに何回か言っていると思いますが、
  
【「視野の広さ」と「本質の深さ」は、完全に比例 】します。
   
   
「最も重要なこと」を見抜くには、
  
【 それ以外の「全ての重要で無い事」について、
  なぜそれらが重要で無いのか? 】
  
という理由についても、理解しなければならないからです。  
  
  
「シンプルな結論(本質)」を導き出せる人ほど、
「シンプルで万能な製品・サービス」を生み出せる人ほど、
  
「多くの知識量」や「視点の高さ、視野の広さ」が必要なのです。
  
  
例えば、iPhoneのインターフェースはシンプルですが、
  
そのシンプルなインターフェースを生み出すためには、
  
電気製品のプロダクトデザインにおける、
圧倒的な知識量や視野の広さが必要不可欠なのです。
  
  
シンプル(本質的)を生み出す為には、
それ相応の「非常に高度な知性」が必要になるのです。
  
  
  
それで、私の生み出した「生き方・幸福論」は非常にシンプルです。
  
さらに、「万人共通の精神構造」をベースに考えられていますから、
万人に例外無く適応できる方法論です。
  
  
ここまでシンプルに出来る人間は、他にいないと思いますけど、
  
逆に、世間でそこそこ賢いと言われている人たちが、
  
なぜ私の辿り着いた結論と、
まったく異なる主張をしているのでしょうか?
  
  
その理由は、
  
【「人間という生き物」の捉え方が、根底から間違っている 】
  
という事です。
  
  
何にでも言える事ですが、
  
何かを考える時に、そもそもの前提がズレていると、
どれだけ頭をひねったところで、ズレた発想しか出来ません。
  
  
「人間って、こういう生き物だよね」
  
という【 前提、捉え方 】が間違っているのに、
  
人間の才能を上手く活かしたり、人間を幸せにする方法論など、
生み出せるわけが無いのです。
  
  
【 人間って、あなたが思っている様には動きませんよ! 】
   
と、教えてあげたいです(笑)
  
  
  
古代人は、人体のメカニズムに詳しくありませんでした。
  
「人体のメカニズム」に詳しくないのに、
「病気を予防したり、治療する方法」など、
  
生み出せるわけが無いのです。
  
  
それと同じ事です。
  
  
現代人は、人間の精神構造に詳しくありません。
  
だから、人間の精神的なトラブルを、
予防したり、治療する方法も生み出せないのです。
  
  
人間の精神構造を深く理解するには、
  
「感じる感覚」と「論理的思考力」の両方が必要です。
  
  
でも、視覚情報に依存している人類は、
  
「感じる感覚」を麻痺させていて、使っていません。
  
  
そんな体たらくでは、
人間の精神構造など解明できる訳がありません。
  
  
いつまで経っても、
「人間の心って不思議だなぁ…」としか思えないでしょう(笑)
  
  
というか、そもそも人類自体が、
  
そこまで「人間の精神構造」に興味が無いのかも知れません。
  
  
むしろ、「心」というモノに対するネガティブイメージがある。
  
  
私からしたら、心理を知らずして仕事をするなんて、
あまりに非効率的だと思ってしまいます。
  
  
モチベーション、人間関係…、
  
これらは「心理の領域」です。
  
  
・自分や他人のモチベーションを高められない
・人間関係が上手く行っていない
  
そんな状態で、効率良く仕事ができる訳が無い。
  
  
心理の知識は、「経営者に必須のスキル」だと思いますよ。
  
  
でも、経営者がそこまで心理に興味あるか?っていうと、
  
別にそうでも無いと思います。
  
  
そもそも、
  
「心理? → カウンセリングを受ける? → 精神的にヤバイ人間?」
  
という連想でもしているでしょうね(笑)
  
  
人類自体が、
   
「心理に対するネガティブイメージ」を持っていたり、
「心理の影響力やパワー」を軽視したりしている…
  
という事だと思います。
  
  
一昔の人類にとっては、生存が一番大事で、
  
その為に、人間を機械的に捉えていても、
何も不都合はなかったかもしれません。
  
  
しかし、時代は変わっちゃいました。
  
  
生存する事自体はそれほど難しく無くなった代わりに、
  
生存はできても、自ら死にたくなるくらいの、
「精神的苦痛」が課題になってきたのです。
  
  
食糧が大量に溢れ、物理的に生き続ける事が可能になっても、
  
精神が満たされていないと、
人間は「自ら死にたくなる生き物」だった訳です。
  
  
なのに、人類は精神構造に詳しくありませんから、
  
・なぜ、人は自ら死にたくなるのか?
・どうすれば、自殺を防げるのか?
   
という事が、サッパリわかりません。
  
  
昔の人は、流行病で人がバタバタと死んでも、
  
その根本理由がわからなかったのと似た様なモノでしょう。
  
  
だから、「霊媒師」や「祈祷師」などの
シャーマンにお願いして、 
    
疫病を何とかしてもらおうとしていた訳です。
  
  
まぁ、私から見れば、
現代に存在するほとんどの心理職の人間は、
  
病気を祈祷で治そうとする
「古代のシャーマン」と、さほど変わりませんけどね。
  
  
因果関係もわかっていないのに、
確率や統計などをベースに、適当に処方している訳ですから。
  
  
で、私もシャーマンの一人だと思われている訳ですよね?(笑)
  
  
同じ、「病気を治療する」という仕事に携わるにしても、 
  
「シャーマン」と「科学者」じゃ、まったく中身が違いますよ(笑)
  
  
しかし、現代人は、
  
「自分は科学的な人間であって、
 シャーマンを信じる様な土人ではない!」
  
と思いたいでしょうけどね。
  
  
でも、多くの人は、
物理学的観点から論理的に解説する私より、
   
「名前が売れている教授や医師」の話の方が
ブランドで信頼できると思うのでしょう?
  
  
【 ブランド化されたシャーマンを盲信している土人と、
  何が違うのか? 】
  
って話です。 
   
   
人類はいつでも、自分たちが賢いと思っています。
  
  
だから、【 過去を否定する様な新しい画期的な発見 】を、
なかなか受け入れられないのです。
  
    
それこそが、「もっとも愚かな考え」なんですけどね。 
  
  
実際のところ、
  
【「自分は一番賢い」と思っている人間が、一番のアホ 】
  
なのです。
  
  
インテリ層を含め、
  
人類は、「人間心理・精神構造」に対して、
あんまり詳しくないんだと、
  
人間の性質について、何も知らないのだと、
    
    
まず、それを潔く認める必要があるでしょう。
  
  
  
私も他人が書いた心理関係の記事を多く読みますけど、
  
まぁ、全然ダメですね。 
  
  
マジで、「間違った情報」は広めて欲しくない。 
  
  
「世界観の崩壊」を経ていない人間が、
私の主張の見よう見まねをしても、
  
「無自覚の世界観フィルター」が、
自分をとことんアホにしちゃっているので、
  
私のメッセージの本質を何も理解できないし、
  
私の真似をしようとして、似た様な事を言おうとしても、
  
表面的には似ているように見せる事が出来ても、
根底が間違っているので、望ましい結果は伴いません。
  
  
世界観の崩壊を経ていない人は、無自覚ながら、
  
全てを自分の世界観に収めようと、歪めて解釈する、
「とんでも無いアホ」になっちゃっているのです。
  
  
徹底的な世界観の崩壊を経ずして、
決して正しい判断は出来ません。
    
無駄な努力は止める事です。
  
  
  
自分たちはそこそこ賢いと思っている人間は、 
   
現状に満足してしまい、新しい知識を求めません。
  
  
それこそが、最も「愚かな姿勢」なのです。
  
  
まぁ、「アホには価値が無い」という
世界観で生きている人が多いので、
  
その世界観を崩壊させるのに苦労するでしょうけどね。
  
  
私自身、まだまだ自分は何も知らないと思っていますよ。
  
だから、どれだけ新しい発見をしても、
死ぬまで研究を続けるのです。
  
  
もし他人が心理に関する記事を書くなら、
  
「私たち(人類)は、人間心理について何も理解していない」
  
という記事を書いたら、支持しますけどね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 15:54|Permalinkclip!

2018年08月11日

30年後の世界一の大富豪

私は、将来自分が世界一の大富豪になれると思っています。
  
  
私は、「根拠の無い夢想」はしませんから、  
そう言えるだけの論拠を持っています。
  
  
わかりやすい所で言うと、
  
世界一の金持ちと言えば、ビル・ゲイツや
ウォーレン・バフェットを思い浮かべると思います。
  
最近、アマゾンのジェフ・ベゾスが、
大きく記録を塗り替えたみたいですが。
  
  
さらに、経営者や投資家では無く、
「知的財産で財を成している人」と言えば、
  
ハリー・ポッターの著者、
J・K・ローリングさんが思い浮かびます。
  
  
私は、こういう実際に結果を出している人たちを参考にして、
自分には、一体どれくらいの資産を築けるポテンシャルがあるのか?
  
という事の、「目星」を付けているわけです。
  
  
話はちょっと変わりますけど、
  
私の存在って、
なかなか社会に受け入れられにくそうでしょ?
  
自分でもそう思いますよ(笑)
  
  
その理由はわかります?
  
  
表現が過激とか、強気とか、辛口とか、毒舌とか、
そういう事じゃありません。
  
  
確かに、私の表現は、
読む人の内面のネガティブ感情を深くえぐります。
  
ポジティブな目的の為に、
あえて、そうしていますから。
  
  
でも、「過激な論調の有名人」なんて、
そこら変にゴロゴロしてるでしょ?
  
トランプ大統領の方がよっぽど過激で辛辣じゃないですか?
  
  
だから、本質は実はそこじゃないんですよ。
  
  
ネガティブ感情をえぐる事に加えて、
  
「反論」も「言い訳」も出来ないくらいに、
理路整然としていて、筋が通っているからですよ。
  
さらに、「責任転嫁」も出来ません。
  
他に悪者を作って、そいつのせいにするのではなく、
  
【 全てが、自分自身の責任である 】という事を、
思い知らされます。
  
  
要は、逃げられないのです(笑)
  
  
過激な表現をしている人はいっぱいいますが、
  
主張に筋が通っていなくてツッコミ所があったり、
自分以外に「悪者」を用意してくれていたり、
  
そういう逃げ道が用意されていると、
  
    
文章を読みながら、主張する本人か、別の悪者か、
【 誰かしらの他人を見下す事 】が出来るので、
  
精神的に安心する事ができるのです。
  
  
でも、私の文章には、
  
【 見下せる他人 】は用意されていません(笑)
  
  
「見下せる他人」や「逃げ道」が無いから、
あらゆる過激な主張をしている人の中で、
  
最も精神的にヘヴィな文章だと思います。
  
  
だから、付いてこれる人が少ないのです。
  
  
「そんなにヘヴィな文章ばかり書いてたら、
 世間に受け入れられるわけ無いよ!」
  
「もっと表現を変えた方がいいんじゃない?」
  
と、思われる人もいるかもしれません。
    
  
しかし、これまでに解説した通り、
  
相手に「世界観の崩壊」を起こさせるには、
  
認めたがらない人間に、強制的に認めさせるぐらいの、
「反論できない事実」を突き付けるより他にありません。
  
  
私が生ぬるい文章を書いていたら、
いつまで経っても他人の世界観崩壊など起こせません。
  
  
それに、もうひとつ理由があります。
  
世間が私を受け入れなければ、人類は滅亡します。
  
  
人類の滅亡を回避したければ、
世間が私の存在を受け入れるより他にありません。  
  
  
違う言い方をすると、
  
世間の人々が私の主張に共感できるくらい、
精神的に成熟しなければ、人類は自滅するのです。
  
  
ですから、私はどのみち、
  
こういう強気な表現をし続けるのがベストな手段だと、
結論づけている訳です。
  
  
で、人類が滅亡を回避するという事は、
  
【 世界中の人間が私の存在を知り、
  私の持つ知識・知恵を活用する 】
  
という事です。
  
  
では、人類が滅亡を回避したら、
  
私はどれくらいの資産を築けるでしょうか?
  
  
私にできる事は、非常に多岐にわたりますよ。
  
  
マイクロソフト、アップル、アマゾンにしても、共通点は、 
「世界中の人々にとって無くてはならない、必需サービスである…」
  
という事です。
  
  
人々が「心理」や「波動」の価値を理解すれば、  
  
私の教育や発明品も、
世界中の人々にとっての「必需サービス」になります。
  
  
さらに、私は「従業員」を雇う必要もありませんし、
「工場・倉庫」や「オフィス」を持つ必要もありません。
  
   
J・K・ローリングさんと同じように、
知的財産として収入が入ってくる様になるでしょう。
    
つまり、【 必要経費はほとんどゼロ 】という事です。
  
  
凄まじくないですか?(笑)
  
  
ハリー・ポッターという
ひとつのエンターテイメント・コンテンツで、
  
「千億円単位の資産」を築けるのです。
  
  
私は、マイクロソフトやアップルの様な、
生活必需サービスを提供しながら、
  
J・K・ローリングさんの様な、経費ゼロの
【 知的財産という形態 】で収入を得るのです。
  
  
さらに、私は必ず将来、【 医療業界 】に参入します。
  
  
バシャールも言っていますけど、
  
「病気になる原因」と「治療法」も、
突き詰めれば【 心理と波動 】に行き着くわけです。
  
   
つまり、私こそが
  
現代の医療レベルを飛躍的に高める知識と知恵を、
保持している訳です。
   
   
さらにさらに、私が解明した
【 物理学的観点からの精神構造の知識 】が世に広まれば、
  
これまで巨大宗教に流れていた莫大なお金も、
ゴッソリ私の元に流れ込んでくる事になるでしょう。
 
  
医療と宗教ですよ? ヤバくないですか? 
 
  
・心理・経済・健康・波動に関する教育(幼児から大人まで)
・これまでの宗教、自己啓発、臨床心理などの代替
・問題解決のコンサルティング
・発明
・医療
・芸術
  
  
自分で書いていても、ポテンシャルが凄まじいと思いますよ。
  
「金の臭いがプンプンする!」ってヤツです。
  
  
さらに、人類の精神性が高まれば、
  
知的財産に今よりもっと
敬意と対価を払うようになるでしょうしね。
  
  
相当の資産を築けると思います。
  
  
さらに、私は一旦稼いだ金を、
  
【 将来性のある「人間、ビジネス、発明」への投資 】に、
ほとんど全てブチ込みます。
  
  
私は、未来を予測するのが好きで得意だし、
「目利き」にも絶大な自信がありますからね。
  
  
もちろん、お金の為より、
世界をよりよくする為の投資ですよ。
  
それでも利益を生まなければ、
良い投資とは言えませんから。
   
  
   
私がもうすぐ35歳になるとして、
  
人類が「滅亡回避コース」に進めば、
40歳までには、一財産が築けているとして、
  
そのあたりからガンガン投資しまくって、
投資が報われてくるまでに、20年くらい。
  
  
ですから、私は60代で、
「世界一のお金持ち」になれると思っています。
  
  
ぜひ、私のこの計画が実現するかどうか?
  
みなさんにも、その目で確認して頂きたいと思っています。
  
  
まぁ、これからも、
  
「多くの人がゴッソリ死ぬ事件や自然災害」があったり、
「自殺したくなる様な境遇に陥る人」もいるでしょうけど、 
  
ぜひ、あと30年くらい生きて、
生き証人になって欲しいですね。 
  
  
私は、世界最高の価値を無料で提供して、
  
しかも世間に認められず、金も稼げず、
感謝もされていないんですよ?
  
  
こんなクソッタレな状況に耐えて、
本気で頑張っているのです。
  
  
「世界一の金持ち」ぐらいの報酬がイメージできてないと、
やってられませんよ。
  
  
別に、私はお金が好きなわけじゃありませんが、
ただ、目に見えるカタチで証明したいだけです。
  
  
視覚情報に依存していて、
私のレベルの高さが見抜けないおバカさんでも
  
認めざるを得ない様なカタチでね。  
  
  
世界が進歩の速度を緩めても、
私は自分の進歩の速度は緩めません。 
  
  
その「私と世界の進歩の差」が開けば開くほど、
私には「安易に真似されない技術を磨く時間」があり、
  
後々、私の資産が増えるチャンスは増大していくのです。


mixiチェック

haxe501 at 00:06|Permalinkclip!