2017年09月

2017年09月12日

新作の絵画(No.11 , 12)

今回のは、かなりの自信作です。
  
  
弟子と話していて、
「人生に本気になれない理由」を深掘りしていくと、
  
  
・人間や人生がそんなにカンタンに変わると思えない
  
・他人や善悪を気にしすぎて、怖がりすぎて、
 自分本来の望みが明確で無い
  
  
という事が理由だったので、
  
その部分にアプローチする絵を描きました。
 
  
  

(※ サムネイルをクリック or タップすると、
  大きい画像が表示されます。)
  
  
下の絵は、「人生はいくらでも変えられる!」と思える効果。
  
IMG_8031
  
  
   
下の絵は、他人や善悪などを気にせず、
「自分の望みを明確にする」という効果。
  
IMG_8034
  
  
  
  
それと、下記の絵は以前の投稿よりも、
波動を劣化させずに印刷ができたので、最新版をアップします。
  
  
・(オーラ、思考、感情レベルの)回復・治癒の効果
  
IMG_8036
  
 
・経済力アップの効果
   
IMG_8035
  
  


mixiチェック

haxe501 at 16:30|Permalinkclip!

2017年09月11日

「期待外れ」の弟子たち

先日、弟子たちが、
「中井さんの心理を広めたい」
  
という発言をしていたそうです。
  
  
まぁ有り難い発言ではありますが、
でも、もう遅いんです。
    
  
私の弟子たちに頼らなくても、
私の心理は広まっていきますから。
  
  
今となっては、
弟子が成長するより、「時代が変わる方が早い」です。
   
   
時代が変わる前に、弟子たちが影響力を身に付け、
私の知識を広めてくれる事には価値が有りますが、
  
時代が変わってからだと、
弟子が広めようとする前に、勝手に広まっていきます。
  
  
「経済、商売、仕事」っていうのは、スピードなんです。
  
同じ事をやるにしても、早くやった方が成功するんです。
  
  
極端に言えば、
  
世界で初めて、長持ちする電球を作ったエジソンは、
大儲けしたことでしょう。
  
今、エジソンが作ったのと同じレベルの電球を作ったところで、
大儲け出来ますか? 誰も買いません。
   
  
まだ他人がやっていない事を、
誰よりも早くやった人間が、成功するのです。
  
  
インターネットにおけるセールス手法で、
    
・縦長セールスレター
・プロダクトローンチ
  
というモノがありますが、
それだって、誰より早くやった人が一番儲かって、
  
後発の人ほど、儲からなくなっているハズです。
    
  
  
そして、今の弟子たちがスピードを重視しているなど、
どう考えても思えません。
  
ですから、弟子が一人前の自営業者になる前に、
既に、私の存在は世界中に広まっている事でしょう。
  
  
弟子に広めてもらうまでもありません。
  
  
早い時期に、私の伝える心理に出会えたことが、
何よりも大きなアドバンテージだったのに、
  
そのアドバンテージを、
自分が気を抜いている間に、失ってしまっているのです。
  
  
童話「カメとウサギ」のウサギそのものです。    
  
  
というか、
  
「一生、私の弟子で居続けられそうな人」は、
現在の弟子の中では「2人くらい」でしょう。
  
私が有名になればなるほど、
もっと優秀な弟子がたくさん集まってきます。
  
  
私から「辞めてもらう」という宣告はしませんが、
  
その【 後から集まってきた優秀な弟子たち 】の基準に
  
付いていけず、自ら辞めたくなるでしょう。
    
  
ですから、今現在の弟子たちは、
  
一生、私の弟子で居続ける事が難しいのです。
  
  
ですから、あと数年もすれば、
  
弟子のメンバーは、
今とはゴソっと入れ替わっているでしょう。
  
  
創業者が一代で起業し、上場していく会社って、
初期の創業メンバーって、ほとんど残らないんですよね。
  
会社が大きくなればなるほど、優秀な人が集まってきますし、
その高い基準に付いていけない初期の社員は辞めていくのです。
  
  
創業時の初期メンバーの中でも、
「創業者と同じスピードで成長できるメンバーだけ」が、残るのです。
  
  
それと、まったく同じことです。
  
  
今から本気を出せば、残り続けることも可能でしょうが、
  
人生って言うのは、【 本気か? それ以外か? 】です。
  
  
私の父は、サラリーマンですが、
「本気で生きてきた人」だと思います。
  
でも経営者だって、「本気じゃない経営者」もいます。
  
  
サラリーマンだって、経営者だって、
  
本気の人間は、
自分の身の丈に合った、「幸福で快適な生活」が手に入ります。
  
  
サラリーマンだって、経営者だって、
  
本気じゃ無い人間は、
「不幸で不快な生活」が待っているのです。
  
  
本気の人間は、
  
【「他人がアテにならない」という事実 】を最初に理解しているので、
「自分がシッカリしなきゃ!」という気持ちで生きています。
  
だから、主体的に「世間」や「現実」を知ろうとしますし、
「世間知らず」では無くなっていくのです。
  
  
そして、私自身が本気の理由は、もうひとつあります。
  
  
私は、「守護霊・指導霊」という存在を信じています。
  
  
守護霊・指導霊という存在が、
居ない方がオカシイ、辻褄が合わない、筋が通らない
  
と思えるくらいに、その存在に確信があります。
  
  
で、「守護霊・指導霊」という存在は、
  
自分を守ってくれる「守護者」であると同時に、
「監視者」であり、「評価者」でもあると思います。
  
  
私は、【 自分の人生でベストを尽くす 】と決めていますが、
  
私がベストを尽くしてきたか?を、誰よりもよく知っているのが、
    
「守護霊・指導霊」だと思います。
  
  
私の人生を、私以上に広い視野で見通せているハズですから。
  
  
私は、守護霊・指導霊から、
出来る限りの「高評価」を得たいと思っています。
  
私は、自分の限界に挑戦したいし、
それを正しく評価してくれるのは、「守護霊・指導霊」だと思います。
  
  
スポーツでいうと、
「コーチ」や「審判」、「採点者」みたいな感じです。
  
  
私の事を客観的に見てくれる存在から、高評価を得る。
  
「評価を得ること自体」が目的ではなく、
  
得られる評価の高さが、
【 自分がベストを尽くしてきた証 】になるからです。
  
   
それが、私が本気で生きるもう一つの理由です。
  
  
私が、どれくらい人生でベストを尽くしてきたか?
  
それを守護霊・指導霊による評価で、
100点満点で数値化すると、「99.7点」らしいです。
  
成長に目覚めてからは、「100点満点」です。
  
  
まぁ、成長に目覚める前までの
「0.3点」くらいは許容範囲ですかね。
    
  
では、弟子たちの評価はどうでしょう?
  
  
【 人生全体 】
  
大山 剛史 : 32%
国本 裕治 : 32%
国本 裕美 : 22%
野村 朋也 : 22%
田中 宏典 : 14%
森本 倫典 : 12%
吉田 美緒 : 11%
橋田 一恵 : 11%
海道 惇  : 1%
  
  
【 私の元で学びはじめてから 】
  
国本 裕美 : 62%
森本 倫典 : 46%
橋田 一恵 : 36%
吉田 美緒 : 34%
国本 裕治 : 24%
野村 朋也 : 22%
大山 剛史 : 21%
田中 宏典 : 20%
海道 惇  : 1%
  
  
これが、【 守護霊・指導霊からの評価 】です。
  
  
次に、弟子を辞めるのは海道くんかな?
  
  
あと、新弟子の大山くんが、
他の弟子たちの様に堕落していかない事を祈ります。
  
  
  
もし、弟子たちがもっと自分の人生と真剣に向き合い、  
  
真摯に、誠実に生きていれば、  
もっと私の役にも立ってくれていたでしょうが、
  
  
今となっては、
【「足を引っ張られている割合」の方が多い 】です。
  
    
そんな状態で、
「中井さんの心理を広めたい」って言われてもねぇ…
  
ちゃんちゃら可笑しい訳です。  
  
  
実際には、「足手まとい」なのですから。
  
  
早く自立して、
「恩人の役に立とう、恩返ししよう」と思って生きるのではなく、
    
自分のわがまま放題に暮らして、
「ケツだけは拭いてもらいたい」と思って生きてるんだから。
   
   
救いようがありません。
  
  
その自分の積んできた「悪業、カルマ」を悔やんで死んでいけや!
    
って話です。
  
  
やったこと、やらなかったこと、
  
全部、自分の身に返ってくるのです。
  
  
全ては、【 自業自得 】なのです。
  
  
自分が積んだ業(カルマ)は、消えてくれません。
  
  
誰も肩代わりしてくれないし、
キッチリ、その報いを自分が受けなきゃいけないのです。
  
  
自分の積んできた【 カルマの質 】に自信はあるのでしょうか?
  
  
・善業を積めば、良い現実が返ってくる
・悪業を積めば、悪い現実が返ってくる
  
ただ、宇宙はその仕組みで動いているのです。
  
  
これが、絶対に揺るがない法則です。
  
  
私が誰かを救ってあげたいと思っても、
  
法則には誰も勝てないし、
法則を歪める事も決してできないのです。
  
  
善業は積まない、悪業は積む。
  
そんな人間を、私がどうしようも出来るハズがありません。
  
  
ただ、他人には、
  
「悪業を積まず、善業を積み続けてくれるように…」
  
ただそれを祈るだけです。


mixiチェック

haxe501 at 12:24|Permalinkclip!

2017年09月10日

新作の絵画(No.9 , 10)

(※ サムネイルをクリック or タップすると、
  大きい画像が表示されます。)
  
  
下の絵は、精神力アップの効果。(厳しさの必要性を感じる)
 
IMG_8018
 
 
下の絵は、理想を高く持つ効果。(遠くを見据える)
  
IMG_8019


mixiチェック

haxe501 at 17:52|Permalinkclip!

2017年09月09日

人類は、アホの集合体

【 人類は、アホの集合体 】
  
  
私は、
「如何に、一般の人々が常識を盲信しているのか?」
  
って事に、驚きます。
  
  
私は、自分の記事で、
さんざん、【 常識がアテにならない 】という事を、
  
専門用語も使わず、中学生が使うような言葉で、
わかりやすく論理的に解説してきたはずですが、
  
それでも、まだ常識を盲信し続けるのです。
  
  
文章を読んで、内容を理解する「読解力」が無いんでしょうね。
  
  
私のアート作品のコンセプトは、【 実用性 】です。
  
  
見た目重視でもなければ、
効果が曖昧なモノでもなければ、
  
具体的な効果・効能を持った、
「実用的なアイテム」を作成しています。
  
  
そういう意味では、
【 発明 】に近いモノがあります。
    
  
例えば、私が
「邪気・怨霊の類い」や「波動」について語るとき、
  
「怪しいとか、よく分からない」
という感覚を持つ人がいるでしょう。 
  
  
何故か?っていうと、
  
「邪気・怨霊や波動などの、
 スピリチュアル領域が目に見えないから…」
  
では【 無い 】のです。
  
  
例えば、
  
人間は、「UV(紫外線)」を使って、
雑菌を「殺菌」しています。
  
  
でも、「紫外線」も「菌」も、両方目に見えません。
  
目に目えないのに、
なぜ「紫外線」や「菌」の存在は信じてるの?
    
って話です。
  
  
ですから、「目に見えるかどうか?」じゃなくて、
  
「一般常識」が、【 信じる・信じないの基準 】なのです。
  
  
例えば、室内に潜むダニは目に見えませんが、
  
布団を干したり、掃除機をかけたりして、
ダニを駆除すると、お布団が気持ちよくなりますよね?
  
  
風邪をひいている人と同じ室内にいると、
喉がムズムズ、イガイガしてきますよね?
  
  
「ダニ」や「菌」が目に見えなくても、
  
ダニや菌の存在は、
【 体感として感じる事 】が出来るわけです。
  
  
私にとっては、波動や邪気・怨霊も同じで、
  
邪気・怨霊の類いが「多い空間、少ない空間」では、
体感や体調がまったく違います。
  
  
私が、自分のアート作品で、
ネガティブな霊たちを駆除しているのも、
  
【 UVランプで、殺菌しているのと全く同じ 】です。
   
   
なのに、なぜそんな風に捉えられないのでしょう?
  
  
それは、人類が、 
  
【 現在の自分たちが、一番賢くて正しい 】
  
という、
  
現実や実相とは、全くかけ離れた考えを
持っているからです。
  
  
例えば、江戸時代にタイムスリップして、
冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどを持って行ったとしましょう。
  
「コンセントが無くても使える」と仮定して(笑)
   
   
でも、常識を盲信する人は、 
  
【 未来の便利アイテム 】を目にしても、
その価値がわかりません。
  
  
そんなモノ要らない!と言って、 
 
今まで通り「洗濯板」で、
冬の冷たい水を使って、素手でゴシゴシ洗濯するのです。
  
  
もし、江戸時代の殿様が病気だとして、
「私はワクチンを持っているんで、注射しましょうか?」
  
って言っても、その殿様の考えが常識的だったら、
  
「なんじゃ! その針でワシを攻撃するつもりか!?」
  
と言われるでしょう(笑)
   
   
それに、ワクチンで治ったとしても、
ワクチンのおかげだと信じるも出来ません。
  
  
例えば、ドラえもんの「タケコプター」が、
机の上にポンと置いてあっても、
  
一見、オモチャにしか見えません。 
  
  
でも、実は未来の科学技術の粋を結集させて作った、 
「何億円もする機械」かもしれないのです。
  
  
つまり、常識を盲信する人は、
  
「未来の便利アイテムが目の前にあっても、
 その価値がまったくわからない」
  
と言う事です。
  
  
そして、私の作成するアート作品は、
  
ドラえもんのひみつ道具と同じで、
【 未来の便利アイテム 】なのです。
  
  
江戸時代に、「紫外線ランプ」を持って行って、 
「これで殺菌できますよ!」って言っているのと同じです。
  
で、常識を盲信する人は、さっぱり理解できないのです。
  
  
私は、なぜ紫外線で殺菌できるのか知りませんけど、 
理解できなくても、使えるモノは使っています。 
  
  
みんな、携帯電話やインターネットの
細かい仕組みを知らなくても、毎日使っていますよね? 
  
  
・なぜ、私の作品に高波動を宿らせる事ができるのか?  
・なぜ、私の作品で邪気・怨霊の類いを駆除できるのか?
  
そんな事は理解できなくても、
使えるんだから使えば良いんですよ。
  
  
UVランプで殺菌するのと同じ様に、です。  
  
  
そもそも、人類の歴史を振り返れば、
  
常識は幾度も塗り替えられてきて、
ひたすら、その連続なのです。
  
  
例えば、今、髪型がチョンマゲの人っていませんよね?
   
それも、常識が変わったのです。
  
  
太平洋戦争の戦時中にタイムスリップしたら、
みんな、「戦争賛成!」って言ってますよ。
  
そこで、「戦争反対!」って言ったら、
【 非国民扱い 】されてしまう訳です。
  
  
戦時中に、「戦争万歳!」って言っている人たちを見たら、
  
「うわぁ……」って思いません?
  
  
私から見れば、
現代人たちが「うわぁ……」の対象です(笑)
  
  
なぜ、インターネットも携帯電話もあるこのご時世に、
  
満員電車に乗って出勤し、
昼の12時に飲食店の行列に並ぶんですか?
    
時間と労力の無駄でしかありません。
  
  
未だに、「工場で働いていた時の慣習」を続けているのです。
  
  
これは、経営者がバカなのです。
  
  
私が経営者なら、
出来る限り実力主義と歩合制を導入し、
    
「結果」と「報酬」が出来る限り連動する給与システムにします。
  
  
別に、社員が結果さえ出してくれれば、
夜中に働いて、昼間寝ていても良いんです。
  
むしろ、夜中の方が仕事に集中できるって人もいるでしょうから。
    
  
物理的にはそうする事も可能なのに、
  
未だに工場で働いていた時の、
「非効率な働き方」を続けているんだから、
  
これをバカと言わず、何と言うのでしょう?
  
  
明治以前の時代では、
  
剣術が達者であれば、大名に召し抱えられて、
食べていく事ができました。
  
  
でも、江戸時代末期(幕末)に、
  
剣術さえできれば食べていけるだろうと、
「剣術の稽古」を頑張っていた人は、 
  
明治になった途端、
「廃刀令」で刀を取り上げられるわけです。
  
  
これも、常識が変わったのです。
  
  
常識って、何度も変わる、コロコロ変わる。
  
それは、完全に歴史が証明しています。
  
  
常識って、
そんな風に「あやふや」で「曖昧」なモノなのに、
  
なぜ、そんなモノを頑なに信じ続けるのか?
  
まったく、理解に苦しみます。
  
  
常識なんて、【 アテにならない代表格 】でしょう?
  
  
で、常識をアテにする人の心理を深く読み解いていくと、
  
【 人類は賢い 】っていう認識を持っている事がわかりました。
  
  
「人類は賢いから、常識はアテになる」と思い込んでいる訳です。
  
まったく、歴史から学んでいませんよね。
  
  
本当に人類が賢かったら、
原発なんて使ってないし、環境破壊だって起きてませんよ(笑)
  
  
いくども、常識は塗り替えられてきたのに、
  
「今後は塗り替えられるハズが無い」と思い込んでいるんだから…。 
 
  
どの時代に生きる人も、
  
【「今の自分たちが一番賢い」と思いたい " 病 " 】
  
を患っているのです(笑)
  
  
人類が賢いと思っている人は、
「平均以下の知能」しか持っていません。
  
だから、周りの人々を見て人類が賢いと思うのでしょう。
  
  
私から見れば、【 人類はバカの集合体 】です。
  
  
人類が賢かったら、
変な政治家を当選させたりしないでしょ?(笑)
  
  
あらゆる社会問題は、
【 人類がバカだから起こっている 】のです。
  
そして、
  
【 人類がバカだから、未だに解決できていない 】のです。
  
  
どういう風に社会を眺めたら、
「人類は賢い」と思えるのでしょう?
  
  
問題だらけで、非効率だらけです。
  
  
私は、「ニコラ・テスラ」の魂を引き継ぐ男ですから、
  
「持っている感覚」も未来的だし、
「扱うアイテム」も未来の便利グッズなのです。
  
  
常識を盲信している人は、
  
「未来の便利グッズ」を目の前にしても、
ただ怪しいと思うだけです。
  
  
別に、それが悪いって事はありませんが、
  
洗濯機を目の前にしても、怪しんで、
洗濯板で洗濯し続けようとするんだから、
  
損な考え方だと思いませんか?
  
  
実際、人類は「バカの集合体」なのに、  
「自分たちは賢くて正しい」と思い込んでいるんだから。
  
  
本当はアタマが悪いクセして、
自分は「賢くて正しい」と思い込んでいる人は、
  
実際、頭のネジが外れて、思考回路が狂っている、
  
【 とんでもない大バカ野郎 】なのです。
  
  
そんな大バカ野郎に、言葉で説明しても無駄です。
  
だって、「理解力」が無いんだから。
  
  
【 バカに対して、「言葉は無力」】です。
  
  
だから、私は絵を描いているんですよ(笑)
  
  
文章が読めないバカでも、絵くらいは見れるでしょ?(笑)
  
(※ 視覚障害を持つ人は除いて)
  
  
私は、「波動」→「心理」という風に表現していますが、
  
  
まず、心理(論理)を理解できる脳みそを持ってないんだから、
  
まずは「波動的なアプローチ」が優先です。
  
  
私の超高波動が宿った絵を見て、ちょっと賢くなってから、
  
心理(論理)を理解してください。
  
  
  
《 追記 》
  
この記事を読んで悲しくなった人は、
  
【 自分の今まで持っていた「甘い考え」は、実は通用しないんだ 】
  
っていう現実と直面したことで、
自分の無力さを感じて悲しいのです。
    
  
だから、「現実は厳しい」って何度も言ってきたじゃん。  


mixiチェック

haxe501 at 08:31|Permalinkclip!

2017年09月08日

新作マジックオーブ、紫色の大玉

(※ サムネイルをクリック or タップすると、
  大きい画像が表示されます。)
    
  
IMG_8009
  
  
IMG_8010
  
  
IMG_8011
  
  
本日の作品、マジックオーブの大玉。
  
2000種類以上のエネルギーが込められていますが、
代表的な効果は、「達観、広い視野で物事を視る」
  
って感じですかね。


mixiチェック

haxe501 at 18:32|Permalinkclip!

2017年09月07日

新作の抽象画(超高波動アート作品 No.6 , 7 , 8)

昨日と今日に描いた、新作抽象画です。
  
  
下の絵は、生命エネルギーの回復・治癒の効果。 
  
IMG_8021
  
  
  
下の絵は、経済力アップに役立つ効果。  
  
IMG_8008
  
  

下の絵の効果は、今のところ秘密です(笑)  
  
IMG_8005
  
  
  
これは自宅用のマジックオーブ。 直径8cmの大玉。
当然、非売品です。
  
依頼があれば、オーダーメイドで500万円にて作成します。  
  
IMG_7999
  


mixiチェック

haxe501 at 21:28|Permalinkclip!

2017年09月06日

不誠実は、堕落と転落の始まり

昨日は、はこぶね倶楽部メンバーの佐々木さんに、
アート作品を渡していました。
  
  
で、「自分のせい」で人生が不調に陥っているくせに、
「私の指導方法のせい」にされているのが癪だったので、
  
なぜ、自分が大きく転落してしまったのか?
  
という、因果関係を説明しました。
  
  
  
例えば、「万引き」や「横領」ってありますよね?
  
今話題の、神戸市議による「詐取」っていうのもあります。
  
  
こういう行為というのは、
  
一回バレずに成功してしまって、お咎めを食らわなければ、
【 常習犯 】になってしまいがちです。
  
  
で、「常習犯」になっちゃうと、どんどん悪業を積んでしまい、
  
いずれ、その悪業がカルマとして自分に返ってきたり、
自分の積んできた悪行が、公にバレてしまうことになるのです。
  
  
もしかしたら最初は、「ほんの一回だけ…」と、
【 魔が差した 】のかもしれませんが、
    
こういう行為は、たった一回でもやっちゃダメなのです。
  
  
一回やってしまうと、
何度も繰り返してしまう可能性が高いからです。
  
  
過去の佐々木さんは、
美学と信念を感じる人間でしたが、 
  
ここ最近は、
美学も信念も、微塵も感じません。
  
  
それも、一回「不誠実な行為」をしてしまって、
それが常習的になってしまったからです。
  
  
【 誠実であろう 】とすることは、
自分の精神に負荷がかかります。
  
  
そして、精神に負荷がかかる分だけ、
     
【 精神"性"(やさしさ)】と
【 精神"力"(つよさ)】の、両方を鍛えることに繋がります。
  
  
人間、不誠実になるほうがラクです。
  
「不誠実になる」ということは、
すなわち、「ラクな方に流される」ということです。
  
  
私は、「アホ、バカ、チキン、奴隷」と言っていますが、 
   
別に、それ自体が悪いことだと思っている訳では、
決してありません。
  
  
むしろ、悪いことじゃ無いんだから、
  
自分がそういう人間だと、
【 潔く、素直に認めろ 】っていう話をしているのです。
  
  
アホ、バカ、チキン、奴隷も、
別にそこまで悪いことではありません。
  
  
でも、【 不誠実 】は致命的です。
  
  
不誠実こそ、
精神が堕落し、その後人生が転落していく始まりです。
  
  
他人に不誠実な人間は、
自分自身(自分の本心)にも不誠実なのです。 
  
ですから、自分という人間の事も、よくわからなくなります。 
  
  
不誠実は、他人の信頼を失っていきますし、
    
他人から厳しい指摘を受けても、
「自分の方が正しい、自分の方が賢い」と思いたがり、
  
他人の意見を撥ね除けて、自ら泥沼に突入していくのです。  
  
  
人間、自分が苦しい時には、
    
他人にすがって、人の話も素直に聞いて、
愚直に実践するくせに、
  
  
現状に満足し始めると、
他人の話を素直に聞くことも無くなるのです。
  
  
「他人の話を素直に聞く」っていう行為も、
精神力が必要な行為で、精神に負荷がかかりますが、 
  
「現状に満足している人」は、
【 わざわざ自分に負荷をかける理由がない 】のです。
   
  
だから、どんどんラクな方に流されて、 
  
・自分と他人に対して不誠実になる
・他人の指摘、批判を素直に聞かない
  
と言う事で、どんどん泥沼にハマっていくのです。
  
  
1.現状に満足する
2.努力するモチベーションを失う
3.あえて自分に負荷を掛ける理由が無くなる
4.ラクな方に流され始める
5.不誠実になる
6.精神が堕落する
7.恩人の助言・指摘すら、素直に聞けなくなる
8.人生が転落していく
    
…という、流れになっているのです。
  
  
私は、こういう【 人生における落とし穴 】を、
前もって警告してきました。
  
  
で、まんまと私が事前に警告していた落とし穴に、
見事に落ちてくれるわけですよね。
  
  
そもそも、
以前から私の話を真剣に聞いていなかったということですし、
    
私の話を、何も理解できていなかったということです。
  
  
だから、事前に教えてもらった落とし穴に、
まんまと、見事に落ちてくれるわけです。
  
  
で、
  
「このままだと落とし穴に落ちるから、気を付けなさい」
という厳しい警告も、
   
本人は聞く耳を持っていません。 
  
  
自分の方が「正しい、賢い」と思いたいですから。
  
  
【 自分が正しい、賢いと思いたい人間 】が、
この世における一番最強のバカなのです。
   
  
大航海時代…、
コロンブスやマゼランが、
  
地球は球形であって、
「西回りのルートで世界一周できる」と言ったとき、
  
当時の人々は、バカにして笑ったでしょう。 
  
  
ライト兄弟が、「飛行機を作る」と言った時も、
  
当時の人々は、バカにして笑ったでしょう。 
  
  
天才をバカにしている自分たちの方が
「大馬鹿野郎」なのに、 
   
大馬鹿野郎ほど、「身の程」もわきまえず、
【 当時の天才や偉人 】をバカにするのです。
  
  
大馬鹿野郎ほど、「自分のバカさ」に全く気づけず、
当時の天才や偉人をバカにするのです。 
  
  
そもそも、歴史を振り返ってみれば、 
  
当時の人々の常識・考えがひっくり返されることなど、
無数に起こってきているのです。
  
  
でも、どの時代に生きる人々も、
「過去の時代の人々はバカだった」と思うくせに、
  
【 今の時代に生きる自分たちは、一番賢い 】
  
と思っていたいのです。
  
  
だから、真実では無い、
間違っている事を、頑なに信じ続けるのです。
  
本当にバカですね〜。
  
  
私は、常に自分にも他人にも、
誠実であろうとしてきました。
  
  
それは、常識的な意味での
「誠実」とは、少し違うかもしれません。
  
  
私は、性根が「研究者」や「発明家」であって、
「人と会いまくる営業マン」では無いので、
  
細かい連絡のやり取りが非常に苦手です。 
  
  
保険の営業とかは、たぶん向いてませんね(笑)
  
  
一般的には、
「連絡=誠実」と思われているかもしれませんが、
   
私の定義する誠実は、少し違います。
  
  
私の定義する「誠実」とは、
  
近い意味では、【 正直 】ってことです。 
  
  
自分に負荷が掛かろうとも、
他人からの抵抗に遭おうとも、
  
【 本音で生きる 】って事です。
  
  
例えば、私は、
  
自分より優秀な人を見つけたら、
  
「自分より優秀な人を見つけました!」って、
ブログに書けますよ。
  
  
だって、自分にも他人にも、
正直でありたい、誠実でありたいから。
  
  
でも、ほとんどの人は、 
自分より優秀な人を見つけても、黙っていますよね?
  
  
・お金を失うのが怖い
・地位や立場を失うのが怖い
・自分の存在価値を失うのが怖い
  
という理由からです。
  
  
でも、自分の扱っているモノの品質を超える
商品やサービスを他人に紹介したら、
  
消費者としては、嬉しいですよね?
  
  
それは、消費者に対して価値を与えたことになります。
  
  
自分より「優れた人、商品、サービス」を、
知っていても黙っている人は、
  
結局、消費者の事など考えずに、保身に走っているわけです。
  
  
だから、そんな人間が「お客さま第一」なんて、
  
【 口が裂けても言うなよ! 】って事です。
  
  
本当にお客さま第一なら、 
 
自分の利益にならない商品・サービスだって、
紹介できるハズです。 
  
  
自分の利益を損なうかもしれない事は、
それが消費者の役に立つ事だとしても、言えない。
  
  
それって、消費者の利益を蔑ろにして、
  
【 保身に走っている 】と言う事ですよね?
  
  
そんな人間が、
  
「正義」とか、「貢献」とか、「公平」とか、
「人としてあるべき姿」とか語るなよ。
  
  
「自分の保身」が一番大切なくせして。 
  
  
自分も「同類」で、「同じ穴のムジナ」だろうが。
  
  
私の記事を読んでいる有名人は多いですが、
  
私の記事が「消費者や世の中の役に立つ内容」だと思っていても、
私の事を他人に教えようという人はいません。
  
  
自分の仕事やお金、立場を失うのが怖いからです。
  
他人の目が気になるからです。
  
  
お金や他人の目を恐れて、誠実でいられないって、
   
それこそ、【 他人軸の奴隷じゃん! 】って話ですよ。 
  
  
それこそ、「お金の奴隷」だし、「人目の奴隷」です。
  
  
普通の奴隷より、ちょっと優秀な奴隷です。
  
私から見れば、どっちもどっち、
「どんぐりの背比べ」です。
  
  
逆に、私は自分の仕事を失う可能性があっても、
  
私の信念は【 消費者第一 】ですから、
自分より優秀な商品・サービス・人を、
  
いくらでも正直に紹介できます。
  
  
それは何故か?って言うと、 
 
そもそも、
  
【 正々堂々と勝負して勝たなきゃ、意味が無い 】
  
って事を、理解しているからです。
  
  
私は、自分の負けは負けと認めます。
  
  
負けを認めるから、
   
・相手を追い越すために努力しよう!
  
・どうしても勝てないなら、
 自分が勝てるポジション(土俵)を新しく見つけよう!
  
という風な発想になるのです。
  
  
例えば、歌で言うと、
  
私が黒人歌手のような声量を手に入れるのって、
ほぼ不可能だと思います。
  
  
潔く、「歌唱力では、どう足掻いても勝てない」と認めるから、
  
「歌唱力では無く、世界観で勝負しよう!」
  
と言うような、前向きな発想が手に入ります。
  
  
その為には、
正々堂々とした姿勢で、負けは負けと認める必要があります。
  
  
もしある人が、
  
実は商品やサービスで負けているのに、
その負けを隠して公表しないとします。
  
  
そうすると、その人は
  
・勝つための努力
・相手を追い越すための努力
・自分が勝てる土俵探しの努力
  
をしようとしません。
  
  
ただずっと、
怖くて、怯えて、縮こまっているだけです。
  
  
だから、潔く負けを認めない姿勢が既に、
この先もずっと「負け犬」である事が決定しているのです。
  
  
そもそも、正々堂々としていない時点で、
  
相手に勝つ気が無いのです。 
  
  
現在の立場、お金を失いたくなくて、
攻めでは無く、守りに入っているのです。
  
  
姿勢が既に、弱腰、負け腰なのです。
  
  
  
私が正々堂々としていたい理由は、
  
一時的に負けたとしても、次に勝ちたいからです。
  
  
正々堂々としない人は、
  
負けるのを恐れて、勝負から逃げているのです。
  
  
だから、ずっと勝つことは出来ないし、
  
勝負する前から、負け続ける事が決定しているのです。
  
  
一方私が、例え負けても正々堂々としたいのは、
  
「次に勝ちたいから」です。
  
  
正々堂々と負けを認めない人は、 
 
絶対に勝つ事はできません。
  
  
私の提供する商品・サービスは、iPhoneと同じです。
  
  
iPhoneの登場によって、
デジカメやカーナビの必要性が薄れたように、
    
  
私の提供する商品・サービスが世に広まれば、
数々の仕事は必要なくなり、奪われていくでしょう。 
   
  
でも、それは経済における当たり前の淘汰です。
  
  
淘汰されたくなきゃ、守りに入るのでは無く、
  
さっさと負けを認めて、
次に勝つために、攻めに出ることです。
  
  
相手を追い越す努力をするか、
自分が負けない新しい土俵を見つけるかしないと、
  
実際に「淘汰される側」のままです。
  
  
「他人に仕事・立場・お金を奪われるのが怖い…」
  
と、ずっと怯えて縮こまっている人は、
  
その自分の抱えている恐怖が、
実際に現実化する事になるのです。
  
  
【 誠実 】とは、
    
「正直」という事であり、
「正々堂々としている」という事です。
  
  
自分の保身の為に、
自分に都合の悪い情報をあえて隠している様な人は、 
  
精神的に「逃げ」に走っていて、不誠実なのです。
  
  
で、不誠実とは、
  
他人を蔑ろにして、犠牲にして、
自分を守りに入っている態度ですから、
  
【 精神の堕落であり、転落人生の始まり 】なのです。
  
  
常に誠実であろうとする事は、
  
自分の精神に「大きな負荷」が発生します。
  
  
・その負荷を背負って、誠実に行動するか?
  
・その負荷を捨てて、不誠実に行動するか?
  
  
その時の一瞬の選択で、その後、
  
上がり目の人生か、下がり目の人生かが、決まるのです。


mixiチェック

haxe501 at 13:26|Permalinkclip!

2017年09月04日

新作アート商品、続々(No.1 , 4 , 5)

※ サムネイル(小さい画像)をクリックすると、
  大きい画像が表示されます。
   
IMG_7984
 
IMG_7988 (1)
 
IMG_7990 (1)
 
IMG_7995
 
IMG_7996
  
  
自分の抽象画を印刷したり、
マジックオーブをストラップにしてみました。 
  
  
絵の印刷ですが、
  
印刷時にエネルギーが劣化しないように、
微調整を加えています。
  
  
  
1枚目の絵の効果は、「空間結界」
  
邪気や怨霊を退ける事はもちろん、
部屋を掃除、整理整頓し、清潔に保つのに役立つエネルギーを放ちます。
  
  
邪気や怨霊の類いは、種類が非常に豊富で、
  
この浄化アイテムは効くけど、
こっちの浄化アイテムは効かない…、
  
という事がほとんどです。
  
  
なので、全ての種類の邪気・怨霊に効果のある
浄化アイテムというのは、そうそう存在していません。
  
  
しかし、この絵は、
全ての邪気・怨霊に効果のあるように作ってあります。
  
  
まさに、オールインワンです。
  
  
これ一枚で、「空間の波動の浄化・向上」が出来てしまう
という優れモノ。
  
  
  
2枚目の絵の効果は、「集中力」
  
集中したいときに使えます。
  
今日描いたばかりなので、
まだ効果を詳しく検証していません。
  
でも、非常に高いエネルギーは、ちゃんと感じますね。
  
  
  
3枚目の絵の効果は、「石の浄化と回復」
  
この絵のエネルギーを石に浴びせるだけで、
石の「浄化」と「回復」を同時に行える便利グッズ(笑)
  
もちろん、邪気や怨霊の類いを
寄せ付けない効果もあります。
  
  
この絵の前に石を置くと、石が喜びます。
  
  
  
4、5枚目の写真は、
  
私の作品である「マジックオーブ」を、
ストラップにして持ち運び可能にした作品。
  
  
マジックオーブは、絵と違って、
360度、全方位にエネルギーを放ちます。
  
マジックオーブも、部屋に置くことで、
空間の浄化や波動向上にも役立ちますが、
  
ストラップ化する事により、
  
「汚れ」や「傷、摩耗」などの【 劣化や破損 】から防ぎつつ、
高波動を手軽に持ち運べるようにしました。
  
  
ただ、「中空のストラップケース」に一度はめ込んでしまうと、
カンタンには取り出せない設計なので、オーブの交換は難しい様です。
  
  
  
まぁ、半永久的に使えますし、
メンテナンスフリーなので、
  
得られる価値と利便性から考えれば、
激安以外の何物でもありません。
  
  
ホント、波動がわかる人、価値がわかる人じゃないと、
買わなくて良いです。
  
  
すごさがわからない人に、
何となく買われても嬉しくないですし、  
  
私は、私の仕事の価値を理解して、
【 感動してくれる人 】に持って欲しいですからね。
  
  
価値が理解できて、
「激安すぎる!」と思う人以外、買わなくていいです。
  
  
価値を正当に評価するのであれば、
本当はひとつで、200万円くらいは欲しいですもん。
    
でも、物理的に買える人がほとんどいなきゃ、
それもまた意味がありませんからね。
   
  
私が有名になれば、作品の値段も自ずと高まるでしょうから、
私が無名であるウチが、安く手に入れられるチャンスです。


mixiチェック

haxe501 at 16:09|Permalinkclip!

2017年09月03日

抽象画を描きました。(No.2)

私の記事の読者全体に効果のあるエネルギーを
高次元にオーダーし、描きました。
  
  
今後、私の作品は有料で販売するつもりですが、
これは、ご祝儀の景気づけとしてプレゼントです。
  
  
エネルギーを感じられる人は、どれくらい居るかな?(笑)
  
  
※ サムネイル(小さい画像)をクリック or タップしてもらうと、
  大きい画像が表示されます。
  
IMG_7978-2




mixiチェック

haxe501 at 17:53|Permalinkclip!

2017年09月02日

お金を持つと人が変わる

よく、「お金を持つと人が変わる」
  
なんていう風に言われますよね?
  
  
私は、お金に対するネガティブ観念は、
根こそぎクリアにしたので、
  
私が将来大富豪になっても、
  
私の性格や態度は、
今とまったく変わらない自信があります(笑)
  
  
でも、お金を持つと変わってしまう人がいるのも事実で、
  
そういう人が、なぜ変わってしまうのか?というと、
  
  
そういう人は、自分自身に価値があるのではなく、
「お金に高い価値がある」と思い込んでいるのです。
  
そして、お金を持った自分は、
「エラくなったのだ」と勘違いするわけです。
  
  
で、傲慢になり、尊大になり、
「他人に対する態度」も横柄になり始めるのです。
  
  
自分に自信がない分、お金自体を過大評価している訳です。
    
そして、お金を手に入れる事によって、
「自信の無さを補いたい」と思っている訳ですが、
  
実際にお金を手に入れても、
「人としての自分」に自信が付く訳ではありません。
  
  
ですから、【 歪んだ態度 】になってしまうのです。
  
  
私は、これまで数多くの人の人生に関わってきましたが、 
  
自分が苦しいときには、
他人に親切にしているのに、
    
自分の苦しみが少なくなって来たら、
他人に親切にしなくなる人が、とても多いのです。
    
  
ハァ? って思うんですけど。
  
    
自分が苦しいときには、他人に親切にしてきたのに、
  
自分が満たされてくると、
もっと、もっとと、欲を掻き始めるのです。
  
  
これも、【 お金を持つと人が変わるメカニズム 】と
同じだなと思いました。
  
  
私から言わせると、
  
他人に親切にしてきたから、人生が良くなった訳で、
  
自分が満たされてきたからと言って、
他人に不親切になったら、落っこちるに決まってるでしょ?
  
  
バカじゃ無いの? って思います。
  
  
自分が苦しいと、
自分が他人から親切にして欲しいから、
  
自分も、苦しんでいる他人に親切にする。
    
これはわかりやすいですが、
  
自分が成長して、苦しくなくなった瞬間に、
もう「苦しい人」の事は忘れてしまうのです。
  
  
本来は、自分が苦しくなくなったからこそ、
  
自分が苦しみを乗り越えた方法を、
【 過去の自分みたいに、まだ苦しんでいる人たちに伝えたい 】
  
って思うのが、あるべき姿でしょう。
  
  
私はそういう気持ちで生きてきましたが。
  
  
結局、成長して満たされてきたときに、
  
・過去の自分の様な人たちに何かしたい!って思う人と、
・自分が満たされたから、他人なんかもういいや!って思う人と、 
   
2パターンに分かれるのです。
  
  
ここが、
次のステージに進めるか? 堕落するか? の分岐点です。 
  
  
結局、奴隷思考の人ほど、
自分が満たされたり、お金を持った時に、「人が変わる」のです。
  
  
「自分に内側」に自信が無い分、
「自分の外側」が多少満たされてきた時に、
  
【 大いなる勘違い 】を始めるのです。
  
  
先日、弟子の野村くんに会ったときに伝えた事ですが、
  
私は、もう
「奴隷から主体的に生まれ変わる為の教育・サポート」
  
って言うのは、「極まった」と思っています。
  
  
100%の全力を尽くしてきましたし、それも極まったので、
  
これ以上、私にできる事はありません。
  
  
後は、本人の「根性次第」でしょう。
  
  
100%の全力を尽くしたなら、
もう結果がどうなろうと、悔いは残りません。 
  
全力を尽くしたなら、負けても悔しくないのです。
  
  
全力を尽くしてこなかったから、
  
「あの時に、もっと頑張ってりゃ、
 もしかしたら結果が変わったかもしれないのに…」
  
という後悔を、
「脳みそ」にこびり付かせて、生きていく事になるのです。
  
  
私は、もう全力を尽くしてきたので、
  
弟子が野垂れ死のうが、成功しようが、どっちでも良いです。
  
  
私は、「もうこれ以上できない」ってレベルまで、やりました。
  
  
私が「100%の努力」を行っているとして、
  
私の教育やサポートを受けている人たちは、
  
一体、「自分の全力 100%」に対して、
どれくらいの割合の努力をしているのでしょう?
  
  
教育は掛け算ですから、
  
私が「100%」の全力を尽くしても、
相手が「0%」の努力なら、結果も「0%」です。
  
  
教師と生徒、お互いが「100%」努力するなら、
出せる結果は、「10000%」なのです。
  
  
って事で、私は「100%の全力」を尽くし、
  
自分の背負うべき責任は、すべて全うしました。
  
  
ですから、今後の結果がどうなろうと、もうどうでも良いのです。
  
  
投げるボールは私の元には無く、相手の方にあるのです。
  
  
人生の変える「分岐点」というのは、
ほんの小さな事なのです。
  
  
・迷ったときに、人に親切にするか? しないか?
 
・迷ったときに、ラクな方に流されるか? 流されないか?
  
  
そんな、些細な事の積み重ねで、人生は大きく変わります。
  
  
言い換えると、
  
本人が些細だと思っている事が、実は非常に重大な事なのです。
  
  
自分がどれだけ満たされようが、
  
・人に親切にし続ける人
・ラクな方に流されない人
 
っていうのは、
ずっとずっと自信を高めていきます。 
    
  
自分が少し満たされてきたから…と言って、
  
・人に親切にするのを止める
・ラクな方に流される
  
そういう態度で生活していると、
どんどん「自信」も「運」も減っていくのです。
  
  
そして、気付けば【 転落人生の始まり 】です。 
  
  
それも、今まで真剣に【 優等生病・奴隷思考 】を
  
治療してこなかったツケです。 
  
  
現実を舐めきって、平和ボケして、
「恐怖」や「ネガティブ感情」から逃げてきたツケです。
  
  
結局、【 自分の「心の弱さ」に負け続けてきた結果 】が、
  
【「転落人生」の原因 】です。
   
   
お金を持てば人が変わるような人は、
  
たとえ一時的にお金を持っても、
調子の良い状況は長く続きません。
  
  
私は、他人の人生を観察して、
パターンをたくさん見てきたから、それがわかりますが、
  
奴隷思考の人間は、他人の人生など観察していないでしょう。 
  
  
そして根拠も無く、「自分は大丈夫だ」と思い込んでいるのです。
  
いや、そう思い込みたいのです。
  
  
オメデタイことこの上ありません。
  
  
そういう意味で、
  
【 自分は特別に守られている人間だ 】
  
と言う事を、信じたいのです。
  
  
そういう人が、ネガティブな
スピリチュアルや宗教の情報にハマってしまうのです。
  
  
人生に、「運命」も「特別」もありません。
  
  
どんな人間であっても、

いつも他人に親切にし、ラクに流されず、努力した人間は、
良い人生になるでしょうし、
  
そうで無い人間は、
例え王家や貴族に生まれても、良い人生は待っていないのです。
  
  
結局、この世界は【 実力主義 】なのです。
  
  
「自分の実力(精神性・精神力)」を高めようとしない人間が、
  
良い目を見れる訳が無いのです。


mixiチェック

haxe501 at 12:38|Permalinkclip!