2017年06月

2017年06月18日

自己投資は楽しく

先日、私の行きつけの飲み屋で、
  
近くのバーで店長をやっている、
26歳のバーテンダーさんと出会いました。
  
  
その人がテキーラ大好きのテキーラオタクで、
  
一般的には「塩とライムのショット飲み」のイメージが
先行しているけど、実はそうじゃないんですよ!
  
と、力説されました(笑)
  
  
私は、そういう、
  
【 一般的なイメージはこうだけど、実際は違うんだ… 】
  
的な話が大好きです(笑)
  
  
だから、自分でもそういう話をしちゃうんだろうけど(笑)
  
  
  
で、昨日もまた、
「波動の高い赤ワイン」を見つけたバーに行き、
  
2番目、3番目に「波動の高い酒」を
見つけてみようとしましたが、
  
  
なんと、2番目が「テキーラ」でした。
  
「テキーラの話を聞いた直後」だったので、
またシンクロしましたね。
  
  
3番目が、「白ワイン」です。
  
  
  
1番目の「赤ワイン」
2番目の「テキーラ(ストレート)」
3番目の「白ワイン」
  
と、今回は3種類注文しました。
  
  
やはり、赤ワインが一番波動が高いですけど、
  
「白ワイン」も「テキーラ」も、
身体にエネルギーが充満してく感覚がして、
  
しかも、身体に負担が少なく、身体に溶け込む様で、
非常に飲みやすい感じがしました。
  
  
テキーラをストレートで飲むのは初めてでしたが、
アルコールのキツさにビビっていた程でも無く、
  
ウィスキーやブランデーをストレートで飲むのと、
感覚的にはあまり変わりありませんでした。
  
別に一気飲みをする必要も無く(笑)
舐めるようにチビチビ飲めます。
  
  
ただ、ブランデーとは風味が違うっていう感じですね。
  
  
  
一口に「波動が高い」と言っても、
  
【 エネルギーの性質、タイプ 】は違います。
  
  
それぞれを細かく感じてみると、
  
・赤ワインは、「元気」なエネルギ−
・テキーラは、「強気」なエネルギー
・白ワインは、「優雅」なエネルギー
   
と、それぞれの違いがわかりました。
  
  
こういうエネルギーに違いが出るのは、
宝石(パワーストーン)と同じですね(笑)
  
  
でも、宝石と同じような効果が、
「波動の高い酒」にも備わっているので、
  
これも【 立派な自己投資になるな 】と思いました。
  
  
  
私が最近、飲み屋に通っているのも、自己投資です。
  
  
「酒場には情報が集まる」と言いますが、
  
飲み屋でマスターと喋っていると、
「自分の知らなかった様々な情報」と触れる事が出来ますし、
  
さらに、常連同士の会話もあって、
  
久々に「心理のプロ」という仕事の立場以外での
交流を楽しんでいます。
  
  
それに、今後の仕事のために、
    
「一般の人々と触れあう機会」に慣れていく目的があり、
高次元存在にセッティングされているのだと思います(笑)
  
  
しばらく、一般の人々との交流は断たれていましたが、
  
また社交性を
積極的に人と交流していた頃に戻す必要があるのでしょう。
  
  
私にとって自己投資とは、
  
【「楽しみ」と「成長」を兼ねているモノ 】です。
  
  
ただのストレス発散には、成長はありませんが、
  
楽しい事からもたくさん学べるのだとしたら、
それは、自己投資になります。
  
  
私はお金を使う時に、
  
「楽しいだけ」の事には、ほとんど使いません。
  
  
「楽しい事」に「プラスアルファ」で、
  
【「学び」や「成長」に繋がる事 】にお金を使います。
   
    
そして、「費用対効果」を計測し、
  
費用対効果が高いモノであれば、
額面の高い安いに関係無く、気前よくガンガンお金を使います。
  
  
「元が取れる以上に得をする」とわかっているなら、
ケチる必要がありません。
  
  
長い目で見れば、【 絶対に得 】だからです。
  
  
ビデオゲームに関しても、
遊ぶ事によって、そこからたくさんの学びを得ているので、  
  
私にとっては自己投資です。
  
  
「楽しいだけ」の行為にお金を使うとすれば、
   
それは、お金の使い方が上手いとは言えません。
  
  
「ただ楽しいだけ」じゃなく、
  
【 成長や学びに繋がる様なお金の使い方 】ができれば、
  
酒を飲むのも、ゲームで遊ぶのも、全て自己投資なのです。
  
  
多くの人は、自己投資というと、
  
【 知識や情報(本・教材)を買うこと 】だと思っています。
  
  
もしくは、【 資格取得 】などですかね。
  
  
でも、本当に自分の能力を高めてくれる自己投資は、
  
【 新たな体験・経験を積んでいく事 】です。
  
  
これも、学校教育の弊害でしょうが、
  
多くの人は、アタマにたくさんの知識を詰め込む事が、
成功方法だと勘違いしているのです。
  
  
その分、【 理解・習得・体得 】に意識が向かっていない。
  
  
「理解・習得・体得」は、
  
自らの【 体験・経験 】を通すことによってのみ、身に付きます。
  
  
ピアノの弾き方の本を読んでいても、
  
実際にピアノに触れなければ、
ピアノの演奏は上達しないのです。
  
  
それと同じ事です。
  
  
「知識や情報を持っていること」と、
「能力・技能が備わっていること」は別なのです。
   
   
「社交性の高め方」の本を読むだけで、
  
誰でも会話がめちゃくちゃ上手くなるんか?って話ですからね。
  
  
私は、新たな体験・経験には惜しみなく投資します。
  
  
ですから今回、
  
波動の高い酒と、そのエネルギーの性質を見抜く、
【 波動の高い酒ソムリエ 】という、
  
今までに無かった、新たなスキルも身に付ける事ができました(笑)
    
  
ただのストレス解消にお金を使うのは、
  
自己投資では無く、無駄銭の浪費です。
  
  
その場限りで、将来や未来に何も残らないからです。
  
  
楽しいだけでは無い、
新たな経験・体験を積んでいく事が、
  
【 費用対効果の高い自己投資 】なのです。


mixiチェック

haxe501 at 13:49|Permalinkclip!

2017年06月15日

個人的なシンクロの連続

昨日、バーに行って、
驚いたことがいくつもありました。
  
  
1つ目は、偶然弟子の田中くんがやってきたこと。
  
  
  
2つ目は、以前良く通っていた別のバーの店員さんが
転職されたようで、また偶然にもバッタリ会いました。
    
「中井さん、お久しぶりです!」と、
声を掛けられました。
    
  
たくさんのお客さんが来店される中、
私の事も覚えていてくださっていて、
  
私も当然相手の方を覚えていましたが、
予期せぬ再会にお互いに喜び合えて、嬉しかったです。
  
  
  
3つ目は、
  
「グレンリヴェット25年」と、
「ドン・ペリニヨン」を飲んだ後に、
  
波動の高いお酒ってあるんやなぁ…って事で、
  
このお店で一番波動の高いお酒を見つけてみよう!
  
って事で、
  
メニューを見ながらチャネリングしてみると、
とある「赤ワイン」が反応しました。
  
別に、「リシャール」や「ルイ13世」みたいに
バカ高く無かったので、
    
これ頼んでみようって事で、
オーダーして持って来てもらいましたが、
  
これが、【 凄まじいほどの波動の高さ 】で、衝撃でした。
  
  
ここ最近で、一番びっくりした事です。
  
  
パワーの強い宝石を身に付けた時と同じく、
   
全身にエネルギーが響き渡る感覚がしました。
  
  
田中くんにも飲んでもらいましたが、
  
明らかに波動が変わってしまいます。
  
  
自分の中で、「赤ワインが!?」
っていう意外性がすごかったです。
  
  
値段の高いお酒には、波動の高いモノもありますが、
  
【 必ずしも、金額とは比例しない 】って事ですね。
  
  
このワインの銘柄は、
  
後ほど「はこぶね倶楽部」に投稿します。
  
  
ぜひ、はこぶねメンバーには飲んでもらいたいですね。
  
   
  
あと、俺の「チャネリング能力」スゴく無い!?
  
って話ですね(笑)
   
   
ちゃんと波動の高い酒を、
  
実物を触ったり、見比べること無く、
「メニューを見ただけ」でわかっちゃうんだから。
  
  
すげぇ超能力だな(笑)
  
  
  
「科学者でもありながら、超能力者でもある」
  
ってヤバイですね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 17:48|Permalinkclip!

2017年06月14日

自信が無いなりに

私は、人生や生活をスムーズに好転させる為に、
  
ありとあらゆる方法論を研究し尽くしてきました。
  
  
その結果、仕事では、
  
・情熱
・お金
・時間 
・人間関係  
  
を、全て両立できる様になり、
  
プライベートでも、
好きな事を好きな時にやっていて、
  
好きなときに美味しいモノを食べて、
  
性格的に相性の良い美人の奥さんと
カワイイ赤ちゃんと、仲良く暮らしています。
  
  
で、私の研究してきた方法論は、
万人に当てはまります。
    
人それぞれ個性は違いますが、私は初めから、
「万人に当てはまる方法論」を研究してきました。
  
  
で、その方法論(メソッド)を
「はこぶね倶楽部」に、全て書き記しています。
  
  
しかも、私は研究を続けているので、その方法論も、
時を経る毎に、加速度的にブラッシュアップされています。
   
  
それでも、

・スムーズに成長できていない
・スムーズに現実が良くなっていかない
  
という人はいます。
  
  
方法論の側に問題はありませんから、
  
そういう人の問題は、
   
・やる気が無い
・自分の現在地がわかっていない
・自分の置かれている立場がわかっていない
・世間や現実の厳しさがわかっていない
・他人の言っている事が理解できていない  
  
という所にあります。
  
  
私が方法論を無料で語らないのは、
  
方法論を無料で語っても、意味が無いからです。
  
  
【 どれだけ方法論が素晴らしくても、
  本気じゃ無い人は、どうせやらない 】
  
という事です。
  
  
私が、心血を注いで研究してきた成果を、
  
もし無料で公開しても、どうせみんな真剣にやりません。
  
  
生物というのは、基本的に面倒くさがり屋ですからね。
  
  
「やる気がある人」に伝えないと意味が無いから、
  
お金を払ってでも!という真剣な人にだけ伝えるのです。 
   
  
もし、誰もが実践してくれるなら、
いくらでも無料で公開しますけどね。
  
    
結果が出まくって、私の研究のスゴさも伝わりますから、
   
私としても出来るなら公開したいですよ。
  
  
でも、どうせ「やる人がいない」という事がわかっているから、
  
公開しないのです。
  
  
   
で、はこぶね倶楽部のメンバーはお金を払っていますから、
  
「人生を良くしたい」という気持ちは強いと思いますが、
  
それでも、方法論を実践できていない人がいます。
  
  
多くの場合それは、
  
【 自分の現在地がわかってない 】
   
という所に原因があります。
  
  
【 実際は出来ていないのに、
 「自分は出来ている」と思い込んでいる 】
  
  
そういう精神状態の時、人は自分を改善しようとはしません。
  
  
ですから、方法論を語り尽くした私が次にやるべき事は、
  
「本気・やる気」を持って真剣に取り組んでもらう為に、
  
【 相手の現在地を伝え、それを理解してもらう事 】です。
  
  
「自分は出来ていないんだ」とわかれば、
  
それを改善する為に、人は努力しようとします。
  
  
ですから、今は、
  
「自分が出来ていない部分」を正確に分かってもらう為に、
エネルギーを割いています。
  
  
具体的に言うと、精神状態を数値化して、
「自分はどの部分がネガティブなのか?」
 
という項目を、正確に把握してもらっています。
  
  
健康診断して、
データで健康状態を示されると同じですね。
  
  
国本さんや吉田さんは、自分が精神的に成長してきて、
  
「中井さんは随分前から、
 問題解決法を全て書いてくれているのに、
  
 それを真剣に読んでいなかった自分がアホだったな」
  
  
と言っています(笑)
  
  
私がどれだけ優れた問題解決法を書いていても、
  
・自分は出来ていると思い込んでいたり、
・優等生病によって理解力が落ちていたり、
   
そういう精神状態である限り、
問題解決法すらも理解できないのです。
  
  
私は昔、問題解決法さえあれば、
「他人の問題も解決してあげられる」と思っていましたが、
  
実際はそうではありませんでした。
  
  
そもそも、
  
・やる気があるかどうか?
・自分の現在地がわかっているかどうか?
・現実や世間の厳しさがわかっているかどうか?
・論理的思考力、理解力、読解力が正常かどうか?
  
という、
  
非常に根本的な部分で躓いている人が多いのです。
  
  
で、私が
  
「ここが出来てないから改善が必要ですよ!」
  
と伝えようとしても、それから逃げようとする人もいます。
  
  
私が理解させようとしても、理解したくないのです。
  
  
「出来ない事」を裁いているので、
  
「出来てない自分」を見たくないのです。
  
  
これが、優等生病です(笑)
  
  
「出来ない事」は決して悪い事じゃ無いのに、
  
「悪い事」だと勝手に勘違いして、逃げ出すのです。
  
  
結局、【 自分の自信が無い部分 】に取り組みたく無いのです。
  
  
で、ここから重要な話ですが、
  
多くの人は、自信が無いことから逃げ出しますが、
  
【 自信が無いなりに、チャレンジを続ける 】から、
  
成長して、能力が高まり、自信が身に付くのです。
  
  
例えば、「人前で話す」という事。
  
これも、初めから自信のある人なんていません。  
  
  
でも、自信が無いなりにチャレンジし続けた人は、
  
スピーチが上手くなります。
  
  
誰でも、初めから自信がある訳ではありません。
  
  
自信があるからやるんだ!ではなく、
初めは自信が無いのは当たり前で、
  
・自信が無いなりに、チャレンジするのか?
  
・自信が無いから、逃げ出すのか?
  
  
その判断の違いが、人生に大きな差を生み出すのです。
  
  
私は、自信が無いなりにチャレンジし続けてきたからこそ、
  
成長し、能力が高まり、自信が身についたのです。
  
  
成長・成功する人は、
  
【 自信が無いなりに、チャレンジしてきた人 】です。
  
  
誰しも、初めから自信があった訳ではありません。
  
  
商売を始める前から自信があったって人もいますけど、
  
そういう人は、幼少の頃から、
自信が無いなりにチャレンジをし続けて来て、
  
それで、大人になる頃には、
既に自信が備わっていただけの事です。
  
  
結局、【 自信が無い事に対するリアクション 】で、
  
人生は決まってしまうという話です。
  
  
自信が無い事に対して、
  
チャレンジするのか? 逃げるのか?
  
  
人によって、それぞれ
  
「自信がある領域」「自信が無い領域」は違います。
  
  
でも、自分を試されるのは、
  
【 自信が無い領域に、踏み込んでいけるかどうか? 】
  
です。
  
  
「お金を稼ぐのは得意でも、家庭には自信が持てない」
  
そういう人もいます。
  
  
そういう人は、
  
自信が無い「家庭の問題」に取り組む事なく、
仕事に逃げるのです。
  
  
でも、自信が無いことから逃げている限り、
  
状況が改善されることはありません。
  
  
人によってそれぞれ領域や分野が違えど、
  
それぞれ、「なかなか自信が持て無いこと」はあるでしょう。
  
  
それが、
   
「外見(容姿・ファッション)」かもしれないし、
「お金」かもしれないし
「人間関係」かもしれません。
  
  
でも、自信が持てない事に対し、
 
自信が無いなりにチャレンジを続け、
積極的に踏み込んでいくから、状況は改善していくのです。
  
  
自信が持てない事があるのは、みんな一緒です。
  
  
どんな人にも、自信を持ちたいと思っていても、
自信が持てない領域のひとつやふたつはあるでしょう。
  
(※ ちなみに、私は全て克服しましたが 笑)  
  
  
その自信が持てない領域に対し、
  
・チャレンジを続けるのか?
・逃げ続けるのか?
  
  
その選択で、人生の差は決まるのです。
  
  
私は、どんな事であれ、自信が無いなりにも、
積極的にチャレンジを続けて来たからこそ、 
  
全てを克服する事ができたのです。
  
  
チャレンジするかどうかにおいて、
自信が無い事は、決して言い訳にはなりません。
  
  
自信が無いなりに、
「チャレンジする人」と「逃げる人」がいるだけです。
  
  
そこは、
  
【「精神力を鍛えていく意志」があるかどうか? 】
    
の差なのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:45|Permalinkclip!

2017年06月13日

石の話

最近は「石関連の仕事」ばかりしていますが、 
   
ビックリしたのが、私から石を買っている人でも、
「石の価値がまったくわかっていない」という事です。
  
  
そもそも、
  
【 価値が明確に解らないモノを買う 】
  
という事自体が、私にとっては意味不明です。
  
  
私がスゴイと言っているから、
  
「きっとそうなんだろうな…」ぐらいのレベルで、
お金を払っているのです。
  
  
もちろん、
手に入れる前は価値がわからないでしょうから、
   
「価値が解らないけど、試しに買ってみる」
  
と言うのお買い物も、一度は良いと思いますが、
  
一度買ったら、
  
「払った金額に対して、
 どれくらいの費用対効果があったのか?」
  
それを検証しなければ、
  
その買い物が「良い買い物」だったのかどうかすら、
解らないという事です。
  
  
そんなお金の使い方が甘くて、
自営業で継続的に成功できる訳がありません。
  
  
多少小銭は稼いでも、お金の使い方で失敗して、
  
価値のないものに大枚はたいて、
スッカラカンになるタイプです。
  
  
バブルの時に土地を買った人もそうですし、
  
仕事をバリバリしてお金を稼いだビジネスの成功者でも、
「投資で失敗しちゃう」っていうのは、 
   
【 お金の使い方が下手 】なのです。
  
  
仕事でお金を稼げても、
お金を払うときに脇が甘い人、慎重で無い人は、 
  
必ずお金で失敗します。
  
  
自分は、ビジネスが好きで、
仕事をバリバリしてるから、成功者になれる!って
  
思うかもしれませんが、
  
お金の使い方(守り)が下手だったら、
必ず、お金で失敗する事になるのです。
  
  
それは、トータルで経済的な成功者とは言えません。 
  
  
石を最大限に活用すれば、
人生が大きく変わってしまうほどの影響力を持っています。
  
  
先日の弟子会議では、
  
田中くんが滅茶苦茶男らしくなって、
カッコ良くなっていました。
  
その場にいた全員が、
その変化っぷりに驚いていました。
    
  
今まで、私の話をどれだけの聞いても、変わらなかったのに、
  
石を身に付けた途端に、急激な変化です。
  
  
それぐらい、人間には出来なくて、
「石にしか出来ないぐらいの事」をやってくれるのです。
  
  
でも、私から石を買った人たちの多くは、 
その価値がわかっていないので、石を大切に扱いません。
  
大切に扱わないから、石の効果を最大限に引き出せず、
「宝の持ち腐れ」にしているのです。
  
  
天然石の話をしますが、お店にもよりますが、
  
天然石のお店に売っている中で、
パワーがある石は、その中で1割程度です。
  
  
しかも、パワーが強い石となれば、
さらにその中で「5%」くらいになるでしょう。
  
つまり、総数の「0.5%程度」です。
  
  
ほとんどの人は、
パワーストーンだと思っていながらも、
  
パワーの無い石を身に付けているのです。
  
  
パワーの無い石ですから、
特にメンテナンスも必要ありません。
    
  
しかし、パワーのある石は、「邪気にとってはご馳走」です。
  
その分だけ邪気が憑きやすく、浄化が必要です。
  
  
ですから、パワーの強い石ほど、
メンテナンスが必要なのです。
  
  
で、何事にも言えますが、
利益を得たければ、それなりの対価が必要です。
  
  
例えば、ペットを飼う人っていますけど、
  
ペットを飼うという事は、
「エサやり、排泄物の処理、環境の整備、お散歩」など、
  
さまざまなケアが必要となります。
  
  
その面倒くさい行為を乗り越えてでも、
ペットを飼いたいという人が、ペットを飼います。
  
  
【 ペットを飼いたいけど、面倒な世話はしたくない 】
  
と言う人は、ペットを飼う資格はありません。
  
  
もうひとつ言うと、
  
なぜ「自分の家のペット」と
「他人の家のペット」を比べたときに、
    
自分の家のペットの方がカワイイと思うのでしょう?
  
  
それは、【 責任を背負っているから 】です。
  
  
動物園の動物は、カワイイですけど、
  
飼育員さんなど、責任を背負っている人の方が、
ただの来場者よりも、より可愛く感じるでしょう。
  
  
【 責任を背負う = 可愛くなる 】
  
という事です。
  
  
じゃあ、逆に言うと、
  
「可愛く無い」ってことは、
  
【 責任を背負っていない 】のです。
  
  
それは、人間の子供にも言える事で、
  
たとえ血が繋がっていなくても、
自分が子供の世話や教育に責任を持った途端に、
  
その子が可愛くなるのです。
  
  
「可愛さ」とは、「血の繋がり」ではなく、
【 責任感 】からもたらされるのです。
  
  
これ、ほとんどの人が気付いていないポイントです。
  
  
私は、石がカワイイですが、
  
石を可愛く思えない人は、
石の状態に責任を背負っていないのです。
  
  
それは、
  
「ペットを飼いたいけど、世話はしたくない」という、
  
【 無責任、極まり無い態度 】と、まったく同じです。
  
  
そして、ペットの世話をろくにせず、
  
ペットに快適な環境も与えず、
劣悪な環境の中、悲惨な状態で放置し続けるのです。
  
  
・石の価値のスゴさもわかってない
・石の状態にも無責任
  
  
そういう精神状態にいる人は、
パワーストーンを持つ資格がありません。
  
  
無責任な人が、ペットを飼う資格が無いのと同じです。 
  
  
石は、目に見えない領域で、たくさん働いてくれているのに、
  
その石に対して、感謝もしない、ケアをちゃんとしない、
  
というのは、【「恩知らず」の極み 】です。
  
  
私は、波動最優先と常々言っているのに、
  
「邪気の怖さ」も、
「石のエネルギーの価値」もわかっていないとすれば、
  
私が「波動最優先」と言っている理由を、
【 理屈で理解できていない 】という事です。
  
  
学校のテストの穴埋め問題だったら、
  
単語を知っているだけで、点を取れるでしょう。
  
  
(  )→ 心理 → 行動
  
(  )に入る言葉は何ですか?
  
  
っていう穴埋め問題を答えられても、
  
【 波動最優先で生活できているかどうか? 】
  
は、まったく別次元の話です。
  
  
・知っている事
・理解できていること
・習得、体得できていること
  
  
これらは、まったく別次元です。
  
  
野球の知識をたくさん知っていても、
ヒットを打てないんだったら、
  
そりゃ野球選手じゃ無くて、
ただの野球ファンのオタクです。
  
  
ただのオタクは、野球場で野球はできないんですよ。  
  
ただのプロレスオタクは、リングに上がって闘えないのです。
  
  
知識や情報だけを大量に暗記できていても、
生活は何も変わりません。 
  
  
インターネットで調べれば何でもわかりますから。
  
  
知っているだけでは意味が無く、
  
「理解」と「習得・体得」にこそ、意味があります。
  
    
そういう意味で、
みんな「理解・習得・体得」にフォーカスせず、
  
情報を知っているレベルで、満足しているのです。 
  
   
これも、知っているだけで点が取れる、
学校教育の弊害ですが。
    
  
知っているだけでは無意味だって事が、わかっていない。
  
  
別に、私は石を誰かれ売って儲けたいわけではありません。
  
  
それよりも、石の仕事を通して、
   
どれだけ他人が「基礎的な部分」が欠落しているのか?
   
という事を、改めて思い知らされています。
  
  
問題は、目に見えないエネルギーがわからないとか、
どうのこうのじゃなくて、
    
もっと根本的な、【 精神的な態度 】にあるのです。
  
  
  
私が最近になって思う事は、
「他人はいつも想定外」という事です。
  
  
私にとって、多くの場合、
教える相手は「想定以上に出来てない」のです。
  
それを、自分の視野を広げる度に痛感します。
  
  
逆に、私から教わる相手からすれば、
  
視野が広がれば広がるほど、
私は「想定以上にスゴイ人」なんでしょうけどね(笑)
  
 
ひとつ言える事は、 
  
「無責任」とか「依存的」とか、「精神力の弱さ」とか、
  
そういう基礎的な部分から鍛え直さない限り、
良い人生は待ってないですよ。


mixiチェック

haxe501 at 20:21|Permalinkclip!

2017年06月05日

「価格の基準」と「意識共有」

私の作成する「非対称ブレス」の価値は、
どれくらい高いでしょうか?
  
  
もし、お金に困っておらず、
「エネルギーの価値」も理解している金持ちから、
  
【 あなたの言い値で良いから、ぜひ売って欲しい 】
  
と言われたら、
  
私は「500万円で良いですか?」と、
サラッと言えるでしょうね。
  
  
それぐらいの価値はあると信じているからです。
  
  
もし、数千万円の金額を掛けるなら、
  
・家を買った方が良いんじゃないか?とか
・スポーツカーを買った方が良いんじゃないか?
  
とか、もっと良い投資対象があると思いますが、
  
500万円くらいの値段がする投資対象とは、
【「価値の高さ」で勝負できる自信 】があります。
  
  
フランクミューラーの時計とか、
カッシーナの家具セットくらいですかね(笑)
  
  
でも、はこぶね倶楽部メンバーに対しては、
もちろん500万円で売っているわけではなく、
  
相手に払える金額で売っています。
  
  
この違いは何なのか?と言われたら、
  
その答えは、【 意識共有 】です。
  
  
はこぶね倶楽部のメンバーと私は、
意識を共有しています。
  
  
言い方を換えると、
「エネルギー的な繋がりが強い」という事です。
  
  
それはつまり、
  
【 はこぶね倶楽部メンバーの調子が
  良かったり、悪かったりすると、
  
  私もその影響を、多分に受けてしまう 】
  
という事です。
  
  
ですから、

はこぶね倶楽部メンバーの調子が高まることは、  
自分の為でもある事なので、
  
「親戚価格」で提供している訳です。
  
  
逆に、「私が意識共有をしている相手」でなければ、
そこまでの低価格で提供する理由はありませんので、
  
適正価格で販売したいなと思う訳です。
  
  
はこぶね倶楽部メンバーに対して提示している価格は、
全てが親戚価格です。
  
  
「金額が安いから」と言って、「価値も低い」と思われたら、
それは大間違いです。
  
  
私としては、意識共有をしている相手でなければ、
  
「10倍〜100倍の金額が適正価格」だと思っていますから。
  
  
世間に多いのが、
【 価格の高さ =価値の高さ 】と勘違いしている人です。
  
  
そういう人は、私が安く仕事をしてあげても、
価値が低い仕事をしていると、舐めて勘違いするのでしょう。
  
  
結局、表面的にしか見れず、
  
「中身」や「本質」を見れていないのです。
  
  
もちろん、高い金額を払っているモノに対しては、
その分、大切にしようとする心理がありますから、
  
「高い金額を提示すること」にも、意味はありますけどね。
  
  
ただ、大事なのは金額よりも、
  
【 価値を正確に理解すること 】です。
  
  
たとえタダでもらったモノでも、
  
それがパテックフィリップの時計で、
その価値の高さがわかれば、きっと大事にするでしょう。
  
  
依存的でアタマを使っていない人間ほど、
  
中身を見極める事ができず、
表面的に目に見える要素で、価値を計ろうとします。
  
「お金、知名度、有名、立場、権威、学歴」などです。
  
  
それらの要素が伴っていない高い価値は、
まったく見抜けないのです。
  
  
例えば、会社で言うと、
部長に昇進したからスゴイ人じゃ無いんです。
  
部長でも、ピンキリですからね。
  
  
社長という立場に立つ人が、全員スゴイ訳じゃ無い。
  
その中でも、ピンキリです。
  
  
視野の狭い人は、「社長=スゴイ」と思い込みますが、
  
この世には、
優秀な社長もいれば、無能な社長も存在しているのです。
  
そして、どちらかというと無能な社長の方が多いのです(笑)  
  
「価格が安いから、価値が低い」
  
なんていう勘違いをしている人は、 
  
私の仕事の価値の高さなど、一生わからないでしょうね。
  
  
私は、意識共有している人が相手なら、
500万円の価値を、5万円で売っているのです。
  
  
【 恐ろしく費用対効果の高い買い物 】
  
ができるチャンスを提供しているのです。
  
  
お金に困っているなら
買えないのも仕方がありませんが、
    
お金を持っているのに価値を見抜けず、
買うかどうか迷ってますというのは、
  
自分のアタマが悪いと、宣言しているようなモノです。


mixiチェック

haxe501 at 15:16|Permalinkclip!

2017年06月03日

非対称ブレスは「復元不可能」な一点物

私の作成する「非対称ブレスレット」は、
  
【 復元不可能な一点物 】です。
  
  
どういう事か?というと、
  
人それぞれ、指紋が違うように、
石の波動も、それぞれによって異なります。
  
  
「同じような見た目」でも、
石の波動はそれぞれ固有であって、唯一無二です。
  
  
人間に例えると、
    
同じ人種で、顔が似ていたとしても、
「DNA」や「性格」は、人それぞれ全然違うのです。
  
  
ですから、非対称ブレスに使用している
二十数個の石のウチ、
  
一つでも紛失したり、破損した場合は、
もう復元することは不可能です。
  
  
見た目は同じに思えるかもしれませんが、
波動的には、【 同じ部品が存在しないから 】です。
  
  
「この世にたった一つしか無い部品」を使用して、
絶妙なエネルギーバランスを実現しているので、
  
ブレスレットに使用している石を、
一つでも紛失したり、破損した場合は、
  
ただ交換すれば良いという訳では無く、
  
【 全てがゼロからやり直し・組み直し 】です。  
  
  
この世に一つしか無い部品を使って作成した
「精密機械」のような物で、
  
一度壊れると、復元が不可能で修理もできず、
ゼロから作り直すしかないのです。
  
  
労力的には、【 新規作成と同じ 】という事です。
  
  
つまり、私の作成する非対称ブレスレットは、
  
【 極めて希少性が高い商品 】なのです。
   
  
例えるなら、 
  
「この世にたった一つしか無い、複製不可能な部品」
を使って作られた、
  
修理不可能のスイスの高級腕時計みたいな感じですかね。
  
  
パワーストーンについて書かれた本を見ると、
  
・タイガーアイはこういう効果
・ローズクォーツはこういう効果
  
などと書いてありますが、
実際はそんなに単純ではありません。
  
  
「日本人とは、こういう人たちだ!」ぐらいに、
ザックリとし過ぎた説明です。 
  
  
日本人にも、いろんな人がいるでしょう?
  
  
もし自分が社長だとして、人を雇うときに、
  
「日本人はこういう性格だから、
 日本人なら誰でもいいや!」
  
「この大学を卒業しているなら、
 誰でもいいや!」
  
ってなりますか?
  
  
なりませんよね?
  
  
日本人でも「ピンキリ」ですから。
  
  
非対称ブレスの価値は、
  
石同士の「組み合わせ」や「相乗効果」によって実現される
絶妙なバランスです。
  
  
自分用にカスタマイズされた、
「組み合わせ」こそ、価値です。
    
  
そして、石はそれぞれ唯一無二で、代えが効きませんから、
  
石がひとつでも欠けると、
その「組み合わせ」はもう復元不可能です。
  
  
【 この世で一回限りしか作れない組み合わせ 】なのです。
  
  
なぜ、こういう話をするか?というと、
  
石を慎重に扱って欲しいからです。
  
  
例えば、電子機器は水に弱いですよね?
  
水に弱いとわかっているから、水に近づけません。 
  
  
数万円するバカラのグラスを、赤ちゃんに触らせますか?
  
  
「貴重で修理・復元不可能」とわかっている物は、
  
慎重に扱います。
  
  
  
でも、私がやっている仕事は、大体目に見えない事なので、
  
総じて「価値がわかりにくい」のです。
  
  
「へー、東大出身なんだ! すごいね?」
  
とか、そういうわかりやすい話では無いのです。
  
  
ものすごく価値が高いことをやっているにも関わらず、
  
その価値がわかりにくいからこそ、私は価値を解説し続けます。
  
  
ほとんどの人は、「目に見えるモノ」に囚われていて、
  
【 目に見えないモノの価値 】を軽視しています。 
  
  
しかし、私の仕事はほとんど、
  
【 目に見えない価値 】を提供する事です。
  
  
ですから、視野の狭い人は、
  
私の仕事の価値がわかりません。 
  
  
目に見えないモノの価値がわかるようになるには、
  
【「優等生病」という、
  論理的思考力・読解力・理解力を失ってしまう精神病 】
  
を治療しなければなりません(笑)
  
  
それが治療できない人は、
  
永久に、目に見えないモノの価値がわからないままです。
  
  
そして、その価値をぞんざいに扱い、
  
仕舞いには、その価値を手元から失ってしまうのです。
  
  
私は最近しみじみ思いますが、
   
よく、「失敗をたくさんしろ」とか、
「失敗は後で取り返せる」なんて話もありますが、
  
一方で、【 人生での取り返しのつかない失敗 】もあります。
  
  
それは、事実として存在しているのです。
  
  
人生には、
  
「取り返せる失敗」もあれば、
「取り返せない失敗」もあるのです。
  
  
先ほどの石の話と同じく、
一度壊れたら復元不可能というモノなどです。
  
人の生命もそうですね。
  
  
芸能人なら、飲酒運転などで事故を起こせば、
  
事務所から解雇されたり、
テレビの仕事が無くなったり、
    
一発の致命的なミスで、
人生を棒に振ってしまう事もあるでしょう。  
    
  
リスクの少ない「取り返せる失敗」はたくさん経験して、
人生経験を積めば良いと思いますが、
  
【 取り返せない失敗 】は、
細心の注意を払い、避ける必要があります。
  
  
経営であれば、
新事業や新サービスが外れる事もあるでしょうが、
  
失敗すれば倒産するぐらいの高いリスクは、
極力、避ける方が賢明です。
  
  
私も、失敗しても傷が浅いチャレンジは、
どんどんやって経験を積んでいきますが、
  
もし失敗したら致命的な傷を追ってしまう様な、
リスクの高いチャレンジは極力避けます。
  
  
これが、【 リスク計算 】です。
  
  
リスク計算をわかりやすく表現すると、
  
  
100分の1の確率で、
自分が死んでしまうルーレットと、
  
2分の1の確率で、
手が切れて出血してしまうルーレットと、
  
どちらを回しますか? という事です。
  
  
私なら、もちろん後者です。
  
  
許容できるリスクと、許容できないリスクの
分別が付いています。
  
  
この世には、
「自分の命」と同じく、復元不可能な価値があります。
  
それは、大切に死守する必要があります。 
  
   
「貴重なチャンス」なども、そのひとつでしょう。
  
  
人生では、「チャレンジ」は何度でもしても良いです。
  
無制限にチャレンジし続ければ良い。
  
  
でも、チャンス自体はそんなに多くないのです。
  
  
そのチャンスの価値を見抜けず、
ぞんざいに扱い、失ってしまえば、
    
もう取り返せないという事です。
    
  
人生では、自分次第で
天国の様な生活にも、地獄の様な生活にも辿り着きます。
  
  
だから、私は緊張感を持って生きている訳ですが、
  
優等生病とか、世間知らずという人は、
  
【 人生が一体どういうゲームなのか? 】
  
という事すら理解していません。 
  
  
人生というゲームの概要を教える事は、
親や学校が教育を行うべき責務だと思いますが、
  
世の中に溢れる世間知らずの人々を見ると、
  
ただ、何も考えず、
【 他人の敷くレール 】に乗って生きてきたんだなぁ
  
と思いますね。
  
  
天国生活、地獄生活、どちらに転ぶかは、自分次第です。 
  
  
「他人の敷くレール」に乗っている限り、
自分に主導権はありませんし、
  
どこに辿り着いても文句は言えない状態という事です。


mixiチェック

haxe501 at 13:48|Permalinkclip!

2017年06月01日

史上最強・非対称ブレスの意味

私のFacebookを見ている人は知っていると思いますが、
 
私は最近、 
現在のその人にピッタリの波動へと調整された、
 
特注品(オーダーメイド)の  
「非対称のパワーストーン・ブレスレット」  
  
を作成しています。
  

完全に「エネルギーの質」と「パワーの強さ」だけを重視し、
その為に「デザイン性」や「見た目の統一感」を一切無視して、
  
ひとつひとつ、「石選び」から、
「配列順」にまでこだわった一品ですが、
  
なぜ、そんな事が可能なのか?
  
  
不思議に思われるでしょう。
  
  
でも、おそらく、他人の仕事のことだし、
深く考える事は無いと思いますので、
  
説明させて頂きます。
  
  
例えば、私の家には
  
「3000個の、ブレスレットに使用可能な石たち」
があるとしましょう。
  
で、ブレスレット作成に必要な石の数は、
「二十数個」です。
  
  
3000個の中から、
20数個の石の「組み合わせ」と「配列」を決めるには、
  
何通りのパターンがあるでしょう?
  
  
これは、数学の計算式です(笑)
  
3000個の中からたった一つを選ぶには、  
当然ながら、「3000分の1」ですね?
  
  
では、「組み合わせ」と「配列」のパターンは、
どうやって計算するでしょう?  
  
  
ブレスレットの石の数を21個とすれば、  
  
3000 × 2999 × 2998 × 2997 〜 × 2980まで、
  
掛け算を【 20回繰り返す 】という事です。
  
  
例えば、10 × 10 =100(10の2乗)ですが、
  
10 × 10 × 10 … を、


10回繰り返すと、「100億(10 × 10乗)」
12回繰り返すと、「1兆(10 × 12乗)」
20回繰り返すと、「1垓(10 × 20乗)」
24回繰り返すと、「1𥝱(10 × 24乗)」になります。  
  
  
10 × 10を、20回掛けると「1垓」です。
10 × 10を、24回掛けると「1𥝱」です。
  
じゃあ、3000近い数字同士を、
20〜24回も掛けたら、一体いくらになるでしょう?
  
  
言葉では言い表せないくらい、途方も無い数字になります。
  
  
10の68乗である、
「無量大数という単位」も軽々と超えていくので、
  
人間にはその途方も無い数の多さを
イメージする事は難しいでしょう。
  
  
私の作成する「非対称ブレスレット」は、
  
その途方も無い数字の
「組み合わせ、通り、パターン数」から選び抜かれた、
  
【 たった1つのベストな組み合わせ 】という事です。
  
  
天文学の話になりますが、
  
観測可能な宇宙に存在する原子の総数は、
「10の80乗」くらいらしいです。
  
  
将棋の対局で有り得るパターンは、10 × 220乗
囲碁の対局で有り得るパターンは、10 × 360乗  
   
  
【 囲碁の対局であり得るパターンの総数は、
 「全宇宙の原子の数」よりも多い 】
  
などと言われますが、
  
私の「石選び」と「配列順」の組み合わせの方が、
通り数としてはよほど多いでしょうね。
  
  
じゃあ、なぜ私はそんな途方も無い
【 組み合わせの「通り数」】の中から、
  
他人の波動状態にピッタリと噛み合う、
「一つのベストな組み合わせ(一通り)」を、
  
導き出せるのでしょう?
  
  
確実に言える事は、
  
【 人智を遥かに超えている 】という事です。 
  
  
私は、「人智を越えた存在」から情報をダウンロードして、
石を仕入れ、ブレスレットを作成しているという事です。
  
  
その存在を、
仮に「クリスタルマスター」と呼びましょう。
  
  
そのクリスタルマスターさんは、
   
私が訪れることが可能な天然石ショップの、
全ての石のエネルギーを把握し、
  
私の所有している全ての石のエネルギ−を把握し、
  
その膨大な石の数の中(数億個の中)から、
【 ベストな一つの組み合わせを導き出している 】
  
という事です。
  
  
既に、私が所有している石だけで無く、
「これから私が仕入れる石」も計算に入っているでしょうから、
  
実は、石の数は3000個どころじゃ無いんですよね(笑)  
  
  
実際のパターン数は、
「数億を、20〜24回繰り返し掛けた数」なのです。
  
  
もう、意味不明ですね(笑)
  
無限にも思えるような、
まさに「無数」と呼ぶに相応しい値です。
  
  
クリスタルマスターさんは、
確実に「肉体を持たない非物質存在」でしょうね。
  
肉体を持ちながら、
それだけのパターン数を把握する事は不可能でしょうから。
  
高次元存在と言っても、5次元どころじゃなく、
10次元以上の存在かもしれません。
  
  
  
例えば、暗証番号4桁の組み合わせは、
0000〜9999までで、1万通りですよね?
  
人間の手入力で暗証番号を見つけるには、
最大で1万回試さなければなりません。
  
  
1時間は、3600秒なので、
何時間もかかる作業でしょう。
  
  
でも、コンピュータや人工知能なら、
  
「1万通りのシミュレーション」など、
一瞬で出来てしまうでしょう。
  
  
それと同じように、
  
クリスタルマスターさんは、
  
膨大なパターンのシミュレーションを、
一瞬でやってしまう存在だと推測できます。
  
  
小さいマイクロチップに、
膨大な量の「写真」や「音楽」を収められるように、
  
人間には到底出来ない事を、
コンピュータや高次元存在はやってのけるのです。
  
  
でも、クリスタルマスターさんは、非物質存在なので、
私の様に、石を触って手に持つことは出来ません(笑)
  
ですから、そこに私の役割があるという事です。
  
  
私は、高次元存在を「ヒカルの碁の藤原佐為」に例えますが、
佐為は、碁石を手に持つ事は出来ませんからね(笑)
  
  
私の役割は、
  
・クリスタルマスターさんの情報をダウンロードすること
  
・石のエネルギーと人のエネルギ−を敏感に感じること
  
・ネガティブなエネルギーと
 バランスの取れたエネルギーの違いがわかること
  
などです。
  
  
でも、それが出来る人間は、この地球上で滅多にいない訳で、
  
この【 史上最強かつ、究極の非対称ブレスレット 】は、
  
私ぐらいしか作れないと思います。
  
  
おそらく、
他人が見て真似しようと思っても出来ません(笑)
  
  
という事で、
  
クリスタルマスターさんが「無数の組み合わせ」の中から、
自分の為にわざわざ選定してくれた、
  
【 めちゃくちゃ貴重で、
  あり得ないくらいに有り難い、奇跡の一品 】
  
という事なのです。
  
  
長々と説明しましたが、
   
私はそういう背景をすぐに理解出来るので、
石を見る度に、謙虚な気持ちになります。
  
  
自分のチカラだけでは
到底為し得ない産物だからです。
  
  
クリスタルマスターさんの視野の広さについても、
  
自分が到底理解できないくらいに、広いのだろうなと、
推測するしかありません。
  
  
私の非対称ブレスを見て、
そういう背景を読み取れる人は、視野が広いですが、
  
「どれくらいすごいのか、サッパリわからない」
という人は、【 背景を読み取る能力 】が低いので、
  
説明されないと、価値がわかりません。
  
  
どれほど「奇跡的な価値」が目の前に存在していても、
  
その価値がわからなければ、
その価値を手に入れようとすら思いません。
    
  
もし、その価値を享受していても、
  
「有り難み」もわからないし、
感謝もせずにぞんざいに扱って、
  
いずれ、その価値が、
自分の元から去って行く事になるのです。
  
  
何事も、価値を理解するには、
  
表面的に目に見えるモノだけでは無く、
  
目には見えてこない
【「舞台裏」や「背景」を理解する事 】が肝要です。
  
  
「舞台裏」や「背景」がわからない人は、
モノの価値もわからないし、
  
価値が解らない、見抜けないから、
  
・価値を手に入れようとしない
・価値を手に入れていても、ぞんざいに扱う
  
という事で、
  
結局、高い価値を手に入れたり、
価値を充分に活かす事ができずに、
  
【 人生も台無しになってしまう 】という事なのです。
  
  
逆に、価値が解る人は、
  
高い価値を手に入れ、高い価値を活かし、
自分の人生を充実させていきます。 
  
  
モノの価値を正確に知るには、
視野を広げ続ける必要があります。
    
視野が狭いままでは、
何の価値の理解できない、子供のままなのです。


mixiチェック

haxe501 at 10:01|Permalinkclip!