2016年02月

2016年02月28日

見えないモノが見える人の苦労

昨晩から今朝にかけて、
メンタルブロックの解放が起きました。
  
  
私の人生のテーマでもあると思いますが、
  
私には、【 人の可能性 】が見えます。
  
  
「その人が、最高の人生を生きたパターン」が見えるのです。
  
「その人が叶えうる、その人に可能な、最高の人生」が見えます。
   
   
しかし、私に見えている、
   
その【 最高の人生 】を生きようとする人は、
   
あまり多くはありません。
  
  
おそらく、「自信が無い」というのが、一番大きな原因でしょう。
  
  
【 自分が叶えうる最高の人生 】を生きるには、
 
【 自分が耐えうる最大の試練 】を乗り越えなければなりません。
  
  
そんな「しんどい目」に遭ってまで、別に最高の人生など要らない。
  
  
ポジティブを追い掛けるより、ネガティブから逃げたい。
  
  
そういうタイプの人が多いのです。
  
  
私は常に、可能な限り「最高」を選択しようとする人間です。
  
だって、一番が良いじゃ無いですか?
  
  
日本人は、一番が好きでしょう?
  
  
大きな大会で優勝したとか、一番になったとか、
そういう「商品」や「人」を欲しがりますし、
  
そういう「商品」や「人」はスゴいんだ!と、
無条件に思っちゃうでしょう?
  
  
人間は、「一番」や「最高」が好き。
  
  
だって、「日本一高い富士山、世界一高いエベレスト」
  
は知っていても、「二番目に高い山」は知らない。
  
  
自分が選べる中で、
【 最高の選択、一番の選択 】をしようとするのは、
  
とても自然な事だと思います。
  
  
しかし、多くの人は、
  
自分に自信が無く、長期的視野も無いので、
   
【 自分に叶えうる最高の人生 】を追い求めようとはしません。
  
  
私は、【 最高の人生の叶え方 】を教えています。
  
  
もちろん、楽しい事ばっかりじゃなくて、
「乗り越えなければならない試練」もありますが、
  
その試練を出来る限り負担少なく乗り越える方法も教えています。
  
  
ここまでやっても、
  
【 「最高の人生」を生きようとする人 】は少ないのです。
  
  
「人の可能性」が見えてしまう私からすると、
  
みずから「自分の可能性」を潰しているように見えます。
    
  
それが、とても悲しい。
  
  
「より幸せに生きる道、より豊かに生きる道」があるのに、
  
【 それを選択しない人 】がいることが悲しい。
  
  
本人は、そんな事をわざわざ意識していないでしょうが、
  
私はとても視野が広いので、
「普通の人には見えないモノ」が見えてしまう。
  
  
例えば、霊能力者で、「オーラ」や「幽霊」が見える人がいます。
  
  
でも、「普通の人には見えないモノ」が見えてしまう人には、
  
それだけの【 苦労、苦しみ、悲しみ 】があるモノです。
  
  
私も、普通の人には見えないモノが見えてしまいます。
  
  
例えば、牛肉を食べるときに、
  
「その牛が殺されたシーン」が鮮明に見える人がいたとしたら、
  
きっとその人は、食事において普通の人より苦労するでしょう?
  
  
見えない方が、何も考えなくて済んだのに、
  
見えてしまうから、いろんな苦労が生まれます。
  
  
でも、その能力をポジティブに活かせば、
  
人の役に立つ能力になるわけですね。
  
  
私に見えるのは、「幽霊」や「オーラ」では無く、
  
「人の可能性」です。
  
  
それが見えるからこそ、人の人生を変えることが出来ます。
  
でも、それが見えるからこその「悲しみ」もあります。
  
  
私にとって、「最高の人生を生きようとする人」は、
  
仲間のように思います。
  
  
でも、まだまだ仲間が少ないのです。
  
  
自分の大好きな人が、自分の大切な人が、
  
【 最高の人生を叶える道を選択しない 】
  
  
それが、私にとってはとても悲しい。
  
  
「最高の人生を叶える道」を選んでくれたら、
  
ずっと一緒に付き合っていけるのに、
  
その人が「最高の幸せを実現している姿」が見れるのに、
   
  
そうじゃないと、
私の「成長スピード」はとても速いので、

時間と共に、
どんどん「心理的距離」が離れていってしまいます。
  
  
「なぜ悲しいのか?」というと、別れに孤独を感じるからです。
  
  
でも、私の心理メソッド通りにやっていけば、
  
いずれ「この孤独感は消える」とわかっているので、
  
私は【 積極的に別れを受け入れる覚悟 】です。
  
  
それに、他人がどれだけ「ネガティブな道」を選択しようと、
  
【 その選択、自由意志を尊重する 】のが、「無条件の愛」ですしね。
  
  
「人を深く愛すればこその試練」です。
  
  
またこれで、私は成長して、波動上がっちゃいます(笑)


mixiチェック

haxe501 at 16:22|Permalinkclip!

2016年02月27日

「感情動物」と「理性人間」

何度もお伝えしている事ですが、
  
私の伝えている心理の法則は、「数学」と似ています。
  
  
人が、何かについて悩んでいると言うのは、
  
数学で言うと、「計算問題が解けない」という状態です。
  
  
しかし、数学の世界では、
  
【 公式、方程式 】に当てはめれば、
  
どんな計算問題でも、解けてしまいます。
  
  
私が伝えている「心理の法則」は、「公式、方程式」と同じです。
  
  
自分がどんなことで悩んでいたとしても、
  
「心理の法則」に当てはめて考えれば、
  
どんな悩みでも、【 解決法 】がわかってしまいます。
  
  
例えば、「円の直径」がわかっていれば、
  
【 公式 】に当てはめることで、
「円周」も、「円の面積」もわかりますよね?
  
  
・【 円周 】 = 「直径 ×3.14(円周率・π)」  
・【 円の面積 】 = 「半径 × 半径 × 3.14(円周率・π)」
  
  
これ、「小学校3年生」で習います。
  
   
これと、私の心理もまったく同じです。
  
  
公式がわからなければ、問題を解くことは出来ませんが、
  
公式さえわかっていれば、自力で問題を解くことが出来るのです。
  
  
「心理の法則、現実化の法則を理解する」という事は、
  
【 無敵になる 】という事と同義です。
  
  
しかーーーーし!
  
  
私が生徒を教育していて気付かされる事ですが、
  
何故か、上記の様なカンタンな事がわからない人が多々いる訳です。
  
  
私にとっては、本当に「???」です。
  
  
ですが、その原因が、ようやく最近になってわかりました。
  
  
4. 理解力がない
  
(※ 論理的思考力が無い) 
  
  ↓
  
3. 頭を使う習慣がない
   
(※ 「悩むこと」と「考えること」はまったく別で、
   「 悩んでいる状態は、頭を使っていないのと同じ」)
   
  ↓
  
2. 自分の人生が「自分次第でいくらでも変えられる」と思えていない
  
(※「自己責任の姿勢」が無く、あらゆるネガティブな物事を
  「他人のせい」にしまくって、「被害者意識」にまみれている )
   
  ↓
   
1. 自分に自信がない
  
(※ 自分に自信が無いから、「自分の人生に対して全ての責任を背負う」
   という「覚悟・勇気」が持てない)
  
  
という「心理状態・精神状態」 になっているのです。
  
  
つまり、【 自分に自信が無い人間は、理解力が無い 】という事です。
  
  
みなさんも、いろいろな職場で見かけませんか?
  
「自信が無くてオドオドしている人は、頭の回転も遅いでしょう?」
  
  
【 人間、自信がなくなると、頭が働かなくなる 】のです。
  
  
そして、自分に自信が無く、理性が働かなくなっている人間は、
  
【 理性 】では無く、【 感情 】で判断・行動してしまうようになります。
  
  
人間、「自信」がなくなれば無くなるほど、
  
【(人間的) 理性 → 感情 → 衝動 (動物的)】と、
  
「判断力のレベル」が、下がってしまうのです。
  
  
私がいくら、「理性」や「論理」に訴えかけても、
  
「自分に自信が無く、感情レベルで判断・行動している相手」だったら、
  
【 まったく伝わらない 】という事です。
  
  
つまり、私の伝える「論理的な説明」を理解してもらうには、
  
まず、相手に【 自信が必要だ 】という事です。
  
  
で、
【 この世に生きている人たちの多くが、
  いかに自分に自信を持っていないか? 】
  
って事を私は、マジマジと感じます。
  
  
私の「論理的な説明」の前に、
  
【 まず、人々に自信を持ってもらう事が先だな 】
  
という事に、生徒を指導・教育していて気付きました。
  
  
「自分に自信を持っていない人間」は、
  
【 理性人間 】では無く、【 感情動物 】です。
  
  
弟子たちを見ていても、自信が高まるほどに、
  
「感情」や「衝動」では無く、
「理性」で行動できる様になっています。
    
  
自信が高まるほどに、私の伝える「法則」や「メソッド」を、
  
深く理解できるようになっています。
  
  
「自信」と「頭の良さ」に、ここまでの【 因果関係 】があるとは…、
  
というのが、私の最近の大きな発見です。
  
  
私は最近、【 いかに「感情動物」に自信を持ってもらうか? 】
  
って事を考えています。
  
  
「感情動物」は、まるで子供と同じです。
  
思慮が浅く、「中身より外見」を見て判断します。
  
  
幼稚園児に何かを理解させるには、
  
「冷静な論理的説明」よりも、
  
感情を揺さぶるような「物語」にして伝える方が有効でしょう。
  
  
イソップの童話のようなカタチで。
  
  
・読んで「自信の大切」さがわかるような、
・読んで「自分に自信」を身に付けられるような、
  
そんな「絵本」でも作る事が、世のためかなぁと思います。


mixiチェック

haxe501 at 17:02|Permalinkclip!

2016年02月26日

仕事のポリシー

自前でパワーストーンを販売しようと思ったのが、
1月の下旬でした。
  
それまでは、「2月はヒマかなぁ…」なんて思っていましたが、
ところがどっこい、超忙しかったです(笑)
  
  
自転車をこぎ始める時が、一番パワーが必要な様に、
  
新しいビジネスの立ち上げも、
軌道に乗るまでの最初の時期は、一番パワーが必要です。
  
  
でも、なんでもやっているとコツを掴んで来ますから、
  
以前よりも効率良く、
石の波動を見分ける能力が身につきましたし、
  
  
同じ作業をするのでも、経験を積む毎に、
無駄が省かれ、効率が上がり、速くなっていきます。
  
  
  
それに、【 石の「相性」や「相乗効果」の重要性 】についても、
  
改めて学ばされました。
  
  
人それぞれ、「相性の良い石」は違います。
   
【 自分に合った、相性の良い石 】を持つ必要がありますし、
   
「石同士を相性の良い組み合わせ」にすると、相乗効果を発揮します。
   
   
ただパワーが強いだけで無く、
  
【 自分に合った石 】を持つ事によって、
  
石の効果が最大限に発揮されます。
  
  
私は【「人と石」の相性、「石同士」の相性】を見抜いて、
  
石同士を組み合わせ、相手に必要な石を渡していますが、
  
  
それが非常に大事で、
  
しかもそれが出来る人間は、世界にはあまり存在していないハズです。
  
  
  
今月は、石の仕入れや、アクセサリーパーツの仕入れなどに、
お金も使いまくりました(笑)
  
みなさんに買っていただいたので、
何とか赤字にはなっていない様ですが(笑)
  
  
パワーのある石も、
それなりに安定して仕入れられそうな感じなので、
  
ゆくゆくは、「はこぶね倶楽部メンバー」以外の人たちにも、
石を販売していこうかと思っています。
  
  
ただ、石は【 日々のメンテナンス 】が最重要。
  
  
人間の身体と同じで、メンテナンスを怠ると、  
使い物にならなくなるばかりか、
  
扱い方を間違えると、
ネガティブな影響が生まれる事もあります。
  
  
石を販売すると同時に、
その【 石のメンテナンス方法 】を
  
セットでお伝えする必要があります。
  
  
それに、効果を最大限引き出すために、
  
相手に合わせて【 石と人の相性 】も見る必要がありますから、
  
  
普通の石屋の様に、
  
「既製品を不特定多数の人に販売する」
  
と言う方法は、取りません。
  
  
そっちの方が、ラクに儲かるかも知れませんが、
  
私は「自分の金銭的な利益」より、
【「お客さんに与える価値」を最重要視 】しています。
  
  
何故か?
  
それは、私が【 信頼(ブランド)】を最重要視しているからです。
  
  
「中井さんの所にお願いしたら大丈夫」と思ってほしいし、
  
その信頼の積み重ねによって、
  
「クレーム」は起きないし、
「凝ったプレゼン」や「セールス」の必要もありません。
  
  
お客さんの数は少なくなっても、
  
私の「仕事の価値の高さ」をちゃんと理解して、認めてくれる、
  
【 質の高いお客さん 】と、【 深い信頼関係 】を築きたい訳です。
  
  
そうすれば、
  
「無駄な労力」は省けるし、「ストレスフリー」で働けます。
  
  
私は、「お金の余裕」よりも、
  
「時間の余裕、精神的な余裕」を優先していますからね。
  
  
カンタンに言うと、
  
私は「世界最高レベルの仕事を格安で」提供するから、
  
・その価値の高さがわかる人だけ来てください、
・その価値の高さがわからない人は、結構です。
  
という事です。
  
  
私は、「お金をくれる」よりも、
  
「自分の仕事の価値を認めてくれる方が嬉しい」のです。
   
   
だから、【 自分の仕事の価値の高さ 】がわかる人だけと付き合いたい。
  
  
自分は「世界最高レベルの教育」を提供しているのに、
  
それを、そんじょそこらの「巷のレベルと一緒」と思われたら、
  
非常に不愉快です。
  
  
私は「幸せの専門家」ですから、
  
いくらお金が儲かっても、不愉快な仕事はしたくありません。
  
  
お金のために、自分の幸せを犠牲にすることはしたくないのです。
  
  
私は、自分の仕事に命を懸けていて、高い誇りを持っていますから、
  
自分の仕事を舐められるのが、一番嫌いなのです。
  
  
私はあまり怒りませんが、
  
自分の仕事が舐められた時だけは、本気でカチンときます。
  
  
相手が誰であってもです。
  
  
逆に言うと、私の仕事の価値を高く評価してくれる人は、
  
「一生大切にしたい仲間」のように思います。
  
  
他人の仕事を舐めるような人は、
  
「普段、自分が周りの人たちの仕事にどれだけお世話になっているか?
 普段、自分が周りの人たちの仕事にどれだけ支えられているか?」
  
がわからないような、【 精神的に子供 】のような人です。
  
  
経済についても、仕事についても、まるでわかっていないので、
  
そういう人が仕事で成功することは皆無でしょう。
  
  
仕事で成功する人は、【 仕事の価値がわかる人 】です。
  
  
「自分の仕事の価値」もわかっていて、
「他人の仕事の価値」もわかっている人です。
  
  
他人の仕事を舐めていて、
自分の仕事に誇りも持てないような人が、
  
成功する訳がない。
  
  
私は、自分の仕事に誇りを持っている分だけ、
 
他人の仕事をとても尊重して、感謝しています。
  
  
だから、私がいつも利用しているお店に行くと、
  
その気持ちが伝わって、
私のことをとても大切に扱ってくれます。
  
  
他人から大切にされないとしたら、
  
相手に対して非常に傲慢だからです。
  
  
「謙虚な気持ちも、素直な気持ちも、」持てていないからです。
  
  
私は、先回りして謙虚になる方法も、素直になる方法も伝えていますが、
  
でも、「ひねくれている人」というのは、
  
他人の話に聞く耳を持っていませんから、
  
たいがい、現実で頭を打って痛い目を見るまで、気付けない様です。
  
  
【 素直さは最大の知性 】と言いますが、
  
本当にそう思いますね。


mixiチェック

haxe501 at 16:08|Permalinkclip!

2016年02月24日

人間の意志では抗えないこと

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」とか、
スピリチュアル界の「引き寄せの法則」とか、
  
【 自分の「内面・思考・意識」が現実化する 】
  
という情報は、世の中にたくさんあります。
  
  
私自身も、【 現実は全て自分の内面の反映 】と言っています。
  
  
しかし、それを【 曲解 】して、
  
「自分の意志で、現実を自由に動かせる方法があるんだ」と、
  
【 勘違いしてしまう人 】も、たくさんいます。
  
  
現実では、
  
自分の意志で「何とかなる事」と、
「どうにもならない事」があります。
  
  
その区別を付けなければ、普通の人は混乱してしまうでしょう。
  
  
例えば、
  
「自分の意志や意識で現実を動かせる」と思っている人が、
  
家の中に引きこもって、
「私はお金に愛されている!」なんて言い続けても、
  
お金持ちになる事は出来ません。
  
  
そういうのをやって結果が出ると思っている人は、
「現実」が見えていません(笑)
  
  
よく、ビジネスで成功した人が、
投資で失敗してしまうことがあります。
  
  
お客さんに「不要なモノや、効果の出ないモノ」を売りつけて、
【 お客さんに損をさせるカルマ 】を積んだ人間が、
  
「自分だけはハズレを引きたくない」って、それは無理な相談です。
  
  
どれだけ本人が気を付けて、
損をしないように、騙されないように、ハズレを引かないように、
  
慎重に行動していたとしても、【 宇宙の法則 】には抗えません。
  
  
「ハズレを引かせるカルマ」を積んだ人間は、
「自分もハズレを引くこと」になるのです。
  
  
宇宙では、【 忠実に、与えたモノが返ってくる 】という訳です。
  
  
その法則を、「人間の意志」ごときで、ねじ曲げる事は出来ません。
  
  
つまり、巷で言われている様な、
  
・思考は現実化する
・引き寄せの法則
 
と言っても、
   
「人間の意志で、何でも可能」と言う事では無いのです。
  
  
つまり、「人間の意志」よりも、【 法則の方が上 】なのです。
  
  
  
他にも、「宇宙の采配、天の采配」というのも、
  
人間の意志で抗うことは出来ません。
  
  
【 目の前で起こる現実、やってく現実(結果) 】は、
  
「自分の意志」では、どうにも動かせないのです。
  
  
唯一、自分にできる事は、
  
【 原因と結果(因果) 】でいうと、
   
ポジティブな「原因」、  
つまりは【「徳、善業」を積み上げる事 】です。
  
  
私は、自分の身に起こることは、
  
全て「自分にとって良い事、正しい事」だと思っています。
  
  
だから、自分の予想と違っても、自分の理想と違っても、
何が起こっても、あまり動じない。
  
  
それが「宇宙の采配、天の采配」なのだから、
  
【 自分の狭い先入観よりも、そっち方がベストな道なのだろう 】と、
  
そういう風に想います。
  
  
【 現実で起こることは、動かせない 】
  
  
例えば、毎年、たくさんの企業が倒産しますが、
  
みんな、「もっとお金があれば…」と思っているでしょう。
  
  
でも、何ともならなかったから、倒産する訳です。
  
  
これも、
  
【 目の前の現実を人間の意志では動かせない、という事の証拠 】です。
  
  
潰れてしまう企業は、
潰れてしまうようなカルマを積んでいるからです。
    
  
繁栄していく企業は、
繁栄していくようなカルマを積んでいるからです。
  
  
潰れる間際になって、「潰したくない!」なんて言っても、もう遅い。
  
  
日頃から、「繁栄させるようなカルマ」を積んでこなかったからです。
  
  
自分の積んだ「原因(業)」が、「結果(得)」に繋がっていくわけです。
  
  
【 自分の蒔いた種は、自分で刈り取る 】と言うでしょう?
  
これが、自業自得です。
  
  
  
私自身は、「現実で何が起こるか?」 
  
を、コントロールしようとはしていません。
  
  
そんなことは、「宇宙任せ、天任せ」です。
  
  
ただ、「自分に可能な、最大限の徳」を積み続ければ、
  
それが時間差で返ってきて、自分は幸せに、豊かに、健康になれる。
  
  
その「仕組み」が分かっているから、実践し続けているだけです。
  
  
時間差と言っても、【 いつのタイミングで返ってくるか? 】
  
というのも、完全に「宇宙任せ、天任せ」です。
  
  
  
つまり、
  
「周囲に何を与えるか?」は、
自分の意志でコントロール出来ますが、
  
「周囲から何が返ってくるか? 何が現実化するか?」は、
自分の意志ではコントロール出来ない、
  
という事です。
  
  
【 お金の領域 】でもそうです。
   
  
お金が欲しいと思っても、お金が入ってくるとは限りません。
  
それは、コントロール出来ません。
  
  
でも、今持っている【 手持ちのお金 】の使い方については、
  
100%、自分でコントロールする事が出来ます。
  
  
・無駄遣いする
・貯金する
・投資する
  
その「お金の使い方(出す方)」については、
  
自分でコントロール出来ます。
  
  
周りから「入ってくる方、受け取る方」は、コントロール出来なくて、
  
自分から「出して行く方、与える方」は、コントロール出来るのです。
  
  
その【 線引き・区別 】が、大事です。
  
  
  
赤ちゃんにしても、
  
・男の子が良かったのに、女の子だった
・女の子が良かったのに、男の子だった
・今のタイミングでは、欲しくなかった
・赤ちゃんが欲しいのに、なかなかできない
  
  
そんな風に、「自分のイメージと違う事」は、いろいろあるでしょうが、
  
全ては、【 宇宙の采配、天の采配 】なのです。
  
  
人間として生まれる前の「魂の世界」で、
  
「このタイミングで、この親の元に生まれる」というのは、
  
【 当事者全員の同意 】の元なのです。
  
  
つまり、自分の「望み」や「イメージ」と違う事が起こった場合、
  
【 自分の「望み」や「イメージ」の方が間違っている 】のです。
  
  
絶対的に、「宇宙は正しい、天は正しい」のです。
  
絶対に、【 宇宙・天は、間違いを犯さない 】のです。
  
  
だから、「起こること」をコントロールしようとするのは、
  
無駄な足掻きです。
  
  
世界中のエライ人たちが、
  
「金融危機は起こしたくない」って、考えて努力しても、
  
【 金融危機が起こるときは、起こってしまう 】のです。
  
  
なぜなら、そういうカルマを積んできたからです。
  
  
目に見えない世界において、
「起こると決定したこと」からは、誰も逃れられないし、
   
人間の意志ごときでは、動かせません。
  
  
世界中の人がポジティブな祈りを捧げる事で、
被害を軽減する事は出来るかもしれませんが、
  
積み上げてきた「膨大なネガティブ・カルマ」を、
カンタンに帳消しにすることは出来ません。
  
  
【 ポジティブな結果 】が欲しければ、
  
【 ポジティブな原因 】を積み上げる事です。
  
  
でも、「返ってくるタイミング」は、
  
人間の意志ではコントロールできません。
  
  
タイミングについては、天に任せるしか無いのです。
  
【 何が、何時のタイミングで現実化するか? 】
  
は、天にお任せなのです。  
  
  
ただ自分はひたすら、
   
【 ポジティブな原因(徳・善業)を積み続けるだけ 】です。
  
  
あとは、宇宙が、天が、自分にとって一番良い方向に導いてくれる。
  
  
そういう「シンプルな思考と行動」をすれば、
  
人生で悩むことは何もありません。
  
  
ネガティブな人ほど、【 複雑な思考 】をしています。
  
【「ネガティブな行動」をしては、
  それをどうやって、バレないように隠すか? ごまかすか? 】
  
と言うような事を、必死に考えているのです。
  
  
自己啓発や、スピリチュアルの情報を、
  
「自分の都合の良いように解釈」し、
【 曲解、誤解している人 】は非常に多いです。
  
  
私の伝えている情報こそ、

【 地に足の付いた、現実的な、「真実」 】です。


mixiチェック

haxe501 at 17:20|Permalinkclip!

2016年02月21日

どうせ理解してもらえない? が、戦争の原因

私が伝えている「心理の法則(メカニズム)」には、
  
【 自分が「受け取りたいモノ」と「与えたいモノ」は同じである 】
  
というモノがあります。
  
  
情熱に「個人差」はあれど、
    
・美味しいモノを食べるのが好きな人は、
 美味しいモノを作るのも好きです。
    
・歌を聴くのが好きな人は、
 歌を歌うのも好きです。
  
・絵を観るのが好きな人は、
 絵を描くのも好きです。
  
・学ぶことが好きな人は、
 教えることも好きです。
  
  
私は、【 理解 】に対して、
  
非常に強いモチベーションがあります。
  
  
私は、好奇心旺盛なので、
  
【 ありとあらゆる事の本質を理解したい】し、
  
それだけ、【 他人に本質を理解させたい 】というパッションも強いです。
  
  
しかし、弟子の中には、
  
「どうせ他人には理解してもらえないだろう…」
  
と、最初から諦めて、
  
【 他人に「自分の考えや思い」を伝えようとしない子 】がいます。
  
  
私は、
  
・理解してもらえる可能性がある
・きっと理解してもらえるだろう
   
と思っているので、
相手に対して、粘り強くメッセージを伝え続ける訳ですが、
  
【 どうせ理解してもらえないから、最初から伝えない 】
  
というのは、それとは真反対です。
  
  
で、そういう弟子は、
  
【 他人には「自分の考え」を理解してもらえないだろう 】
   
と思っているようですが、
  
そもそも、
  
【 自分の方こそ、他人の意見に対して、聞く耳を持っていない 】のです。
  
  
自分が「他人の意見」を聞くつもりが無いから、
  
「他人も自分の意見を聞くつもりが無いだろう」と思っているのです。
  
  
つまり、【 自分の方こそ、「他人に歩み寄る姿勢」が無い 】のです。
  
  
それは、
  
【 自分と他人はまったく違う存在だ 】
  
という、分離感(ネガティブ観念)から来ています。
  
  
「宇宙の全ての存在は元々ひとつで、ワンネスである」
という事を理解していく事が、
    
精神性を高めていくプロセスな訳ですが、
  
それとは対極の思考であり、【 超ネガティブ 】です。
  
  
私は生まれつきかも知れませんが、
  
「自分と他人は同じ人間だ」という気持ちが強いです。
  
  
だから、
  
・他人が大成功するのを見ると、
 「自分も成功できるはずだ!」と思いますし、
    
・他人が大失敗して落ちぶれてしまうのを見ると、
 「自分も気を抜いたら、そうなってしまうぞ!」と思っています。
  
  
自分の事を大切にするように、他人も大切にしますし、
  
自分の事を真剣に考えるように、他人の事も真剣に考えます。 
  
 
  
しかし、【 自分と他人は違う存在だ 】
  
というネガティブ観念が強い子は、
  
  
・他人が大成功するのを見ても、
 「あの人は特別で、自分には関係無い」と思いますし、
  
・他人が大失敗して落ちぶれてしまうのを見ても、
 「自分は、ああはならないだろう」と、
 根拠も無く幻想を抱き、慢心しているのです。
    
  
  
弟子の中でも、
  
「大きな夢(ポジティブな未来)」を描ける子ほど、
「落ちぶれた自分(ネガティブな未来)」も感じています。
  
だから、「強い危機感」と「高い理想」の両方を持って、
成長に取り組んでいます。
   
   
一方、やる気の無い子は、「大きな夢」も描けていないし、
「自分は落ちぶれないだろう」と、根拠も無く、タカをくくっています。
  
  
それは、【 自分と他人は違う 】という分離感が原因です。
  
  
【 自分と他人は、同じ人間である 】
  
そう思えている人ほど、ポジティブだし、現実が見えています。
  
  
【 自分と他人は、違う存在だ 】
  
そう思っている人ほど、ネガティブだし、現実が見えていません。
  
  
そもそも、「人種差別」や「戦争」が起きるのも、
   
多くの人々が、【 自分と他人は、違う存在だ 】
   
と思っているから起こる訳です。
  
  
【 自分と他人は、違う存在だ 】
   
と思っている人間こそ、「戦争の原因」を作っているのです。
  
  
弟子にしても、
  
【 自分と他人は、違う存在だ 】と思い続けるという事は、
  
ある意味、「間接的に戦争に荷担している」のと同じです。
  
  
戦争も、「他人とはわかりあえない」と思っているから、
  
「話し合い」では無く、【 武力行使 】をしているわけです。
  
  
まぁ、弟子に関しては、武力行使はしないでしょうが、
  
精神的に鎖国をして、他人との関わりを自ら断ってしまっています。
  
  
でも、ネガティブなエネルギーが、
  
外に向かうか、内に向かうか?の違いで、根本は同じです。
  
  
【 自分と他人は、同じ人間である 】
  
  
そう思えないこと自体が、【 超ネガティブである 】という事です。
  
  
【 自分と他人は、同じ人間である 】
  
私は、昔からそう思ってきましたし、今でもそう思っています。
  
  
だから、
自分は厳しい環境の中、生き抜いて成長して、幸せになれたし、
  
他のみんなも、同じようにすれば、成長して幸せになれると思っています。
  
  
私は、他人に対して厳しい態度を取るときもありますが、
  
その10倍は、自分自身に対して厳しいです。
  
  
【 厳しさが人を鍛える、厳しさが人を成長させる 】
  
と理解しているからです。
  
  
私は、自分自身が厳しさに耐えられるし、
  
他人も耐えられるだろうと思っています。
  
  
でも、自分と他人、全てが同じでは無い。
  
  
違う所は、違う訳です。
  
    
他人と比較すると、
  
私の「意志の強さ、本質に対する理解力」は、尋常では無いようなので。
  
  
そういった「個々の違い」を認めていく事も大事です。
  
  
何事もバランスです。
  
自分と他人、
  
・同じ所は、同じと認める(基本的な部分)
・違う所は、違うと認める(人それぞれの個性)
  
  
そのバランスが取れている状態が、ニュートラルです。
  
  
私は、自分と他人を同じだと思いすぎてきたので、
「自分と他人の違いを認める修行」をしてきました。
    
でも、違うと思いすぎてきた人は、
「自分と他人が同じだと認める修行」が必要でしょう。
  
  
とにかく、
  
他人に対して、「どうせ理解してもらえない」
  
と思っている人間は、
 
自分の方こそ、
  
・他人の考えを理解する気も無いし、
・他人に歩み寄る気も無いのです。
  
  
だから、大切な事が何も理解できていない。
  
精神的に鎖国して、自分の狭い考えに固執し、
  
自分と同じような意見の人だけと付き合い、
  
それ以外の人は排斥しようとして、戦争の原因を作っているのです。
  
  
他人に対して、「どうせ理解してもらえない」
  
と思っている人間は、
  
【 他人を悪者にして、被害者ぶっているようですが、
  自分の方こそが、他人を理解しようとしない加害者である 】
  
という事実を、まずは素直に潔く認めることです。


mixiチェック

haxe501 at 18:41|Permalinkclip!

2016年02月20日

「邪気」と「自然治癒」

最近、右手が「手荒れ」しています。
  
で、邪気を食らうと「手荒れが悪化」して、
「邪気抜き」を徹底すると、手荒れが治り始めます。
  
  
これはどう言うことか? というと、
  
邪気は、人の生命エネルギーを吸い取りますから、
  
邪気が憑いている状態だと、細胞のエネルギーが横取りされて、
  
【 自然治癒力が大幅に下がってしまう 】という事です。
  
  
弟子会議の後は、右手が痛くて痒くて大変でした(泣)
    
  
弟子が私と会って元気になっている分だけ、
私は元気を奪われている訳です。
  
  
大量に邪気を食らった場合、
「邪気抜き」には、最低3日はかかりますから、
  
その間は本当にツライ。
    
  
でも、その分だけ、
「邪気対策についての知識」を深めることが出来ましたし、
  
邪気に悩まされる分だけ、邪気対策が上手になっています。
  
  
邪気を抜くと、手の痛みが抜けて、
邪気を食らうと、手が痛み出すので、
  
本当にわかりやすいくらいに、邪気の影響が顕著に表れます。
  
  
邪気などの霊障があると、
病気や怪我などに対する自然治癒が、大幅に阻害されてしまいます。
  
  
もちろん、「ばい菌」や「ウイルス」などの影響もありますから、  
殺菌なども大事ですけど、
  
  
早く治したければ、西洋医学的な物理的な方法に加えて、
スピリチュアル的なアプローチも必要ですね。
  
  
今回は、だいぶ石のお世話になりました。
  
あと、はこぶね倶楽部でシェアしている邪気対策アイテムも。
  
  
「石」と「邪気対策アイテム」が無ければ、
延々治らない事態になっていたと思います。
  
  
・目に見える世界の治療法も、
・目に見えない世界の治療法も、
  
両方が大事です。
  
  
どちらか片方で全て治せると思っている人は、偏見と思い込みですね。


mixiチェック

haxe501 at 18:41|Permalinkclip!

2016年02月16日

自信喪失社会

私は、以前も書きましたが、
   
私の伝えている心理のメカニズムやメソッドは、
「小中学校の理科、数学レベル」です。
  
  
「因数分解」や「二次方程式の解の公式」の方が、
絶対に難しいと思います(笑)
    
  
それなのに、なんで理解できる人が少ないのかな?
  
って思っていました。
  
  
最近では、「かいじゅん」ですら、
私の伝えるメソッドを理解し始めているのです。
   
でも、かいじゅんより賢そうな人が、理解できない。
  
  
??? どういうことだ?
  
  
と思っていましたが、その理由が判明しました。
  
  
私のメソッドを理解するには、
   
【 自分の創り出している現実は、
  全て自分の内面(波動・意識)の反映である 】
  
という事を、完全に認める必要があります。
   
  
「自分の内面が現実を創り出しているんだから、
 
 自分の内面を変えることで、
 現実なんかいくらでも変えていけるよね?」
  
っていう話です。
  
  
言い換えると、
  
【 自分の創り出している現実に、責任を持つ 】
  
という事です。
  
  
しかし、多くの人は、
  
自分の現実に責任を背負いたがりません。
  
  
「他人のせいだ! 環境のせいだ! 状況のせいだ!」  
と、責任転嫁のオンパレードで、
  
【 自分以外の何かのせい 】にし続けたいのです。
   
   
だから、私は「責任を背負う事が大事だ!」
  
って事を言い続けたわけですが、
  
  
「責任を背負う」には、「勇気」が必要だし、
  
その「勇気の源」となるのが、【 自信 】なのです。
  
  
結局、「無責任な人間」も、自分に自信が無いのです。
  
逆に、「責任感の強い人間」は、自分に自信があるのです。
  
  
つまり、自信が無いから、
  
私の語る
【 心理のメカニズム、宇宙の法則、実践メソッド 】
 
が、理解できないんだなという事です。
  
  
かいじゅんは、最近「責任感」が強くなってきています。
  
だから、かいじゅんは、今までは理解できなかった、
私のメソッドを理解できるようになりました。
  
  
責任感が強くなればなるほど、
私のメッセージが伝わりやすくなっています。
  
逆に、「自分に自信が無く、無責任な人」ほど、
私のメッセージが伝わらないのです。
  
  
国本さんは、
  
「中井さんが言ってきた事を、
 まったく理解できてませんでした。 自分はバカです。」
  
と言いますが、
  
私は国本さんを頭が悪いとは思いません。
  
賢い方だと思いますし、  
論理的な理解力もかなり高いです。
  
  
ただ、【 自信が無く、無責任な状態 】だと、
  
どんなに地頭が良くても、バカになってしまうのです。
  
  
どういうことか?というと、
  
  
例えば、道端でいきなり他人に殴られたとします。
  
  
普通だったら、
「あの野郎! 俺は何も悪い事をしてないのに、何しやがる!?」
    
と思うかもしれません。
  
   
【 自分は悪く無い、相手が悪い 】
  
と思っていたら、一切、頭を使って考える事はありません。
  
  
一方、それを「自分の創り出した現実」で、
【 殴られたのも自分の責任 】だと思ったら、
  
・なぜ、自分は殴られたのだろう?
・何か自分にネガティブな原因があったのかな?
  
と、自分で原因を考える事になります。
  
  
他にも、
「人生は自分で変えていける!」
  
と思っていると、自分の人生をどうしていこうかな?
  
と、考える事になりますが、
  
  
「人生なんて変えられない…」
   
と思っていると、まったく考える事など無く、
   
ただ、流されるままの人生になってしまいます。
  
  
  
何事も、
  
「他人のせい」にしていたら、一切頭を使いませんが、
  
「自分の責任」だと思ったら、頭を使い始めるのです。
  
  
だから、責任転嫁している人は頭が悪いし、
   
責任感の強い人は、
いつも考える事になるので、頭が良くなるのです。
  
  
そして、強い責任感を持つにも、結局は自信が必要なのです。
  
  
で、私の語る、
非常にシンプルでカンタンな心理が理解できないという事は、
  
  
・自分の人生が自己責任
・自分の創り出した現実は自己責任
  
という風に思っておらず、
  
・国のせい、社会のせい、時代のせい
・運のせい、才能のせい、環境のせい、
・親のせい、家族のせい、他人のせい
・状況のせい、
  
という風に、
  
自分以外のせいにしまくって、責任転嫁しまくっているのです。
  
  
そして、無責任なのは【 自分に自信が無い 】からで、
  
  
【 いかに、現代人が自分に自信を持っていないか? 】
  
という事ですよ。
  
  
「自分に自信が無い、無責任な人々」が集まって社会を創っても、
  
【 主体性が無く、互いに依存しあうような社会 】にしかなりません。
  
  
まさに、それを現代社会が現していると思います。
  
  
まず、社会の人々が自分の事を褒めだして、
  
一人一人が自信を身に付けない限り、
  
  
「ポジティブな社会はやってこない」という事です。
  
  
【 自分を認めない、自分を褒めない 】という事が、
  
ネガティブな社会にエネルギーを注ぎ、
  
ポジティブな社会の足を引っ張っているという事です。
  
  
そんなことをしたくなければ、しのごの言わず、
  
自分の良いところを見つけて、ひたすらに自分を褒め続けることです。


mixiチェック

haxe501 at 18:26|Permalinkclip!

2016年02月15日

「自信」と「親の人格」の関係

どんな分野、業界でも言えることだと思うんですけど、
  
「成長が速い人、成功する人」は、
もれなく【 素直な気持ち 】を持っています。
  
  
自分の「狭い先入観」や「偏見」で
他人の言う事を疑って、躊躇するよりは、
  
「信じて飛び込もうとする心」を持っています。
  
  
それは、やっている仕事が
ポジティブだとか、ネガティブだとかは関係ありません。  
  
きっと、詐欺師だとしても、
他人を上手く騙せる人間は、素直だろうと思います。  
  
  
【 素直 】の反対は、【 ひねくれ 】です。
  
  
「事実や真実を確かめよう」とするのでは無く、
自分の【 先入観、偏見、思い込み 】ばかりで判断して、
  
・自分の「先入観、偏見、思い込み」が正しいんだ!
・自分の意見が絶対に正しいんだ!
  
と、頑なに「思い込みたい人」です。
  
  
自分の考えにそぐわない人の話は、
「斜に構えた態度」を取り、
  
自分の考えと「反対の意見」をされると、
キレ出す人たちです(笑)
  
  
極端に表現すると、
  
根拠も無く、自分が正しいと信じ込むような、
「宗教の盲信者」の様な感じです。
  
  
私の弟子でも、
  
素直な子ほど、成長が速く、  
ひねくれてる子は、あまり成長していません。
  
  
で、素直な人と、ひねくれてる人って何が違うのか?
  
って事なんですけど、
  
  
【 素直な人は、自分に自信がある 】んです。  
  
だから、心に余裕を持って、他人の話を聞けます。
  
  
ひねくれている人は、自分に自信が無いんです。
  
  
無意識的に、
  
もし自分が間違いやミスを犯したら、
「自分の存在価値が失われてしまう」と思っていて、
    
だから、何としても
「自分の正しさを肯定し続けなければならない」と思っていて、
  
自分の考え(偏見、先入観)に、頑なに固執するのです。
  
  
他人の話を聞いて「自分の考えを変える」と言うことは、
【 過去の自分の「過ち」を認める 】という事になるので、
  
どうしてもやりたくないのです。
  
  
「ミスをすること」に対して、常に怯えていて、
だからこそ、その怖れが現実化して、ミスをしてしまうわけです。
  
  
一方、【 自分に自信がある人、素直な人 】は、
  
「自分が少しくらいミスをしたって、
 自分の価値が失われるわけでは無い」
 
と思っているので、心に余裕があります。
  
  
だから、自分のミス、過ちも素直に認められるし、
  
自分の反対意見も、素直に耳を傾ける事が出来るのです。
  
  
  
で、自分に自信がある人は、自分を褒める人です。
  
  
で、世の中には、
  
自分を褒める人と、自分を褒めない人がいます。
  
  
自分を褒める人は、素直で、
自分を褒めない人は、ひねくれています。
  
  
・自分を褒める人は、親も、自分を褒める人なのです。
  
・自分を褒めない人は、親も、自分を褒めない人なのです。
   
  
子供は、【 親の人格 】にめちゃくちゃ影響を受けています。
  
  
自分を褒める親に育てられた子は、自分を褒める事が習慣になります。
  
自分を裁く親に育てられた子は、自分を裁く事が習慣になります。
  
  
「自信を身に付けよう」と思ったら、
  
他人から褒められるのを待っていても無意味です。
  
  
例えば、自分を裁いている人を、周りが褒めようとしても、
  
本人がその褒め言葉を素直に受け取りません。
  
  
大人になってからの周りの人のいうことよりも、
  
幼少の頃に【 親から受けた洗脳の方が強力 】なので、
先に「親とのトラウマ」を解決する必要があります。
  
  
逆に、他人から褒められる為に頑張っている、
「承認欲求のカタマリ」みたいな人を褒めても、
  
「もっと他人から褒められる為に頑張るだけ」で、
その人は、本当の意味で幸せにはなれません。
  
  
なぜなら、何処まで行っても【 他人軸 】で生きる事になるからです。
  
  
幸せになるには、【 自分軸 】で生きる必要がありますし、
  
その為には、他人から認められ、褒められるのでは無く、
  
自分で自分を認め、褒めなければなりません。
   
   
「弟子たちには自信が無いから、  
 中井さんが褒めてあげて下さい」って言われても、
 
私が弟子を褒めても無意味です。
  
  
弟子たちが、「私から褒められる為」に努力しても、
その子が成功する訳ありません。
  
  
私が弟子を褒めるときは、
  
【 あなたは正しい方向に進んでいますよ 】
  
という事を知らせるためであって、
  
「自信を付けさせるため」ではありません。
  
  
「自信」は、他人からもたらされるのではなく、
  
【 自分自身の手で、身に付けていくモノ 】です。
    
   
もし私が、他人に自信を身に付けさせることが出来ていたら、
  
既にやりまくっています。
  
  
でも、そんな方法はありません。
  
  
私に出来るのは、「方法を教える事だけ」で、
   
それを実践するのは、生徒の役目です。
  
  
【 自信を他人からもらえるモノだ 】と思っている人は、
  
大きな勘違いをしています。
  
  
強いて言うなら、子育てをする時に、
  
「自分で自分を褒める親」に育てられた子は、
  
【 自信と素直さを持った、良い子に育つ 】
  
という事です。
  
  
だから、自分の子供のために出来る、一番の事は、
  
【 親が、自分で自分を褒める事 】です。
  
  
そして、それがスムーズに出来ない人は、
  
きっと、自分の親とのトラウマがあるのでしょう。
  
  
自分の【 親とのトラウマ 】が解決しない限り、
  
自分の子育ても上手く行くわけが無いという事です。
  
  
自分の親との関係が良好であればこそ、
  
自分が子育てをする時も、良い子に育てる事が出来るのです。
  
  
ただ、この現代社会では、
  
・自分で自分を褒める親と、
・自分で自分を裁く親だったら、
 
自分で自分を褒める親の方が少数でしょう。
  
  
私の父親は、私と同じく「自画自賛する人」です(笑)
  
【 どうや、父ちゃんすごいやろ!? 】とか言う人です(笑)
  
  
私は、それを受け継いでいるわけですね(笑)
  
  
だから、私は自分を褒める習慣があり、自分に自信がある。
  
  
自信があるから、
  
素直だし、勇気もあるし、自立心も強いし、責任感も強い、
自分で何でもやろうとするし、考える、だから、賢くなるし、
  
「人間としての器」も大きくなるわけです。
  
  
「自信」は、【 自画自賛の習慣 】から生まれます。
  
  
他人からいくら認められ、褒められたところで、
自信なんて他人が与える事は出来ません。
  
  
自分の手で、身に付けていくモノです。
  
  
【 まず親が、自分で自分を褒める 】
  
  
それが、【 子供たちに対する、最高の教育 】なのです。


mixiチェック

haxe501 at 17:39|Permalinkclip!

2016年02月14日

夢と現実、4つのタイプ

昨日、石を仕入れ回っている途中に、
変な感覚になってきて、
  
「通りすがりの他人」は目に見えるんだけど、
あまりハッキリと存在が認識できない状態になっていて、
  
「現実で生きてる」って感じがしなくて、
  
まるで「夢の中」にいるかのような、
地に足の付かない、フワフワした感覚がしてきました。
  
  
感覚としては、すっごく気持ちの悪い状態です。 
  
  
この感覚になるのは、
アメジスト(紫水晶)の影響だろうなと思っていたら、
  
仕入れたアメジストを
自分のポケットの中に突っ込んでしまっていました(笑)
   
だからかぁと(笑)
  
  
アメジストをポケットから出したら、
徐々に正常な感覚に戻ってきました。
  
   
石を誤った使い方をした場合の危険さを思い知りました(笑)
   
   
「夢」と「現実」があったとき、
両方のバランスが大切です。
  
  
夢を思い描けない、「現実的過ぎる考えの人」にとって、
アメジストは良い効果を発揮しますが、
  
  
私の様にスピリチュアルな生き方をしている人間が、
アメジストを使うと、地に足が付かなくなっていきます(笑)
  
  
「夢」と「現実」のバランスが崩れると、
  
【 正しい判断 】が出来なくなります。
  
  
夢ばっかり見て、現実を見ないと、
【 非現実的な考え 】になり、上手く行かないので、頭を打ちます。
  
  
現実ばっかり見て、夢を見ないと、
【 自分の可能性にフタ 】をする事になってしまいます。
  
  
しかし、この世には、
  
【 夢も現実も、両方見ない 】という人がいます。
  
  
夢も描けず、目の前の現実に対しても現実逃避をして、
  
精神の休まる所が無いので、精神疾患一歩手前という所でしょう。
  
  
「未来の自分」に対しても、「今の自分」に対しても、
極度に自信を喪失すると、そうなります。
  
  
  
A「夢も現実も両方見れる人」は、大きな夢を現実化させます。
    
  
B「現実だけを見て、夢を見ない人」は、平凡な人生です。
 ( 弟子では無い、私のお客さんに元々多いタイプ )
  
  
C「夢だけを見て、現実を見ない人」は、現実逃避して、
 平凡な人生すら遅れず、貧しく不幸になります。
 ( 弟子の多くは、元々このタイプ 笑 )
  
  
D「夢も現実も両方見ない人」は、どこにも心の拠り所が無く、
 毎日、絶望的な気分で生きています。
 ( 私が学生時代に挫折していた時は、この精神状態でしたね )
  
  
ですから、本当に【 「夢」と「現実」のバランス 】って大事です。
  
  
私は、割とバランスが取れている方です。
  
どちらかというと、若干「夢寄り」かなぁって感じですね。 
  
  
だから、アメジストは不要です(笑)
  
  
みなさんは、4種のウチ、自分はどのタイプだと思いますか?


mixiチェック

haxe501 at 14:26|Permalinkclip!

2016年02月13日

石の世界は奥深い

最近手に入れた石の中で、
特に強いエネルギーを感じる石(ルチルクォーツ)があって、
  
それがどういったモノなのか?
  
昨日、国本さんにチャネリングで聞いてもらいました。
  
  
すると、
  
【このルチルクォーツのパワーが強いのでは無く、 
 中井さんと、相性が非常にピッタリの石で、
 
 本来の自分を引き出してくれる石です。
 
 
 中井さんは、いつも他人に過剰に
 エネルギーを割きすぎているので、それを止めて、
 
 自分にエネルギーを戻してくれる役割があります。
 
 
 他の人に渡しても、ただのルチルクォーツです。
 中井さんだからこそ、意味のある石です。】
 
 
という風に出ました。
 
  
「確かに、この石を持つと他人の事を考えなくなって、
 意識の中がシーンとして、とても静かになるし、
 
 なるほど、この石を持つと自分が
 めちゃくちゃエネルギッシュになる感覚がするのは、
   
 石そのもののエネルギーでは無く、
 自分が他人に注いでいたエネルギーだったのか!」
  
  
と、気付かされました。
  
  
じゃあ、自分はいつも
「どれだけ他人にエネルギーを割いていたんだろう?」と、
  
自分の奉仕精神に、自分で驚きます(笑)  
  
  
国本さんはさらに、
   
【 「青系の石」と一緒にすると、さらに相乗効果があるでしょう 】  
  
という風に言っていました。
  
  
青系と言っても、いろいろあるので、
  
家に帰って、良さそうな石を探してみる事にしました。
  
  
アクアマリン、ラリマー、ターコイズ、
ブルートパーズ、ラピスラズリ、サファイア…、
  
どれと一緒にしても反応がありません。
  
  
最後に、ずっと昔に購入した小さなアクアマリンを思い出して、
 
それと一緒にしてみると、めちゃくちゃ反応が起きました。
  
  
【 すげぇー! 本当に相乗効果で強くなった! 】
  
と、感じました。
  
  
国本さんのチャネリング情報も当たってましたし、
  
二重の意味で驚きました(笑)
  
  
ルチルクォーツは、
基本的に「過保護を止める効果のある石」です。
  
  
他人に優しすぎる人には、「依存的な人」が寄ってきますが、
  
そういう「依存的な人」に対して過保護にせず、
適度な距離感を保つための石です。
  
  
なので、私の「過保護なエネルギーの割き方」も止めてくれて、
  
自分にエネルギーを戻してくれた訳です。
  
  
しかし、同じパワーのあるルチルクォーツでも、
  
石によっても、人によっても、
  
【 相性が全然違う 】という訳ですね。
    
  
例えば、パワーストーンについて書かれた本に、
  
【 タイガーアイには、○○の効果がある! 】
   
と書いてあっても、
  
  
【 パワーのある石自体が少ない 】わけですし、
  
もしパワーがあっても、【 自分と相性が良いかどうか? 】
  
という事まで絡んでくるので、
  
  
本の情報をアテにして石を買っても、
  
「自分にとって有益な石」は、まず手に入れる事が出来ないでしょう。
  
  
しかし、私は、
  
目利きで【 パワーのある石 】だけを選んで仕入れてきて、
  
しかも、【 その人と相性がピッタリの石 】を選ぶことが出来ます。
  
  
つまり、最強です!(笑)
  
  
こういう事ができる人は、
  
日本広し、世界広しと言えども、稀なハズです。
  
  
なぜなら、私は本やネットで、
自分と同じような事をしている人を見たことがありませんし、
  
そもそも、「石のパワーや相性」について、
真実が描かれている本とも出会ったことがありません。
  
  
・パワーのある石は少なく、
  
・石にパワーがあっても、自分と相性がピッタリかどうかわからない
  
  
そんな中で、私は
  
【 強いパワーがあって、その人と相性がピッタリの石 】
  
を選ぶことが出来ます。
  
  
どう考えても最強です(笑)
  
  
さらに、石同士の組み合わせで相乗効果なんかもある訳ですから、
  
石について、これからも学ぶ事は色々ありそうですし、
  
まだまだ私もパワーアップしていきます。
  
  
でも、本当の事が広まったら、
パワーの強い石が手に入りにくくなるかもしれないので、
  
しばらくはコソコソやっていきたいですね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 02:31|Permalinkclip!