2015年12月

2015年12月23日

吉田美緒さんのボイスチェンジ

弟子の吉田美緒さん( http://ameblo.jp/angelic-jewelry/ )が、
他の弟子たちに「活!」を入れてくれました。
  
  
ボイスチェンジって大事ですね(笑)
  
  
私がニコニコ動画にアップされる動画だとしたら、
  
「もっと評価されるべき」のタグを付けて頂きたい(笑)
  
  
↓ ↓ ↓
  
  
【中井さんの優しさ、愛】
 
突然ですが、皆さんは中井さんがどれほど優しくて、
愛が深くて、ずば抜けて素晴らしい指導者であることを
 
どの程度理解していますか?
 
 
私は○○○という自己啓発団体に過去所属していました。
 
そこの指導者である○○さんという方は、
みんなの成長、人生を真剣に考えて指導する、
と謳っていました。
 
○○さんは確かに過去優秀な営業マンで、
経営者としても成功していて、
お金もめっちゃ持っている人でした。
でも、
 
「俺の教えてることに背く奴、
 異議を唱える奴は即出て行け」
 
そういうことを言う人でした。
 
自分の教えていることを実践して
結果が出せない奴は俺の団体にいらない。
 
輪を乱す奴、士気を乱す奴はいらない。
 
やらない奴は勿論、出来ない、
実力がない奴も容赦なく排除するところでした。
 
 
猶予期間はあまり与えてくれず、
何がいけないのか、根本的なところは教えてくれず、
変わらなければ辞めさせられる。
 
自分でどうすればいいか気付けなければ、
結局追い出されるような環境でした。
 
 
一見優しいように見える
生ぬるい甘いだけの指導者もいるでしょうが、
 
そういう人の下にいたって嫌な思いは表面的には
あまりしないかもしれませんけど、
 
成長はほぼ見込めませんよ。
 
 
私はそういう指導者のもとにいた経験があるから、
中井さんの凄さがわかります。
 
最短最速、そしてシンプル。
そんな方法を教えてくれるのは、
この世で中井さんただ一人でしょう。
 
 
本当にひとりひとりの人生を
真剣に考えてくれてる人なんて、
そうそういません。
 
 
皆さんは、何がしたくて、
中井弟子でいますか?
 
『成長』『成功』
 
これは最低限成し遂げたいからじゃないんですか?
 
 
やる気がない、素直さもない、信頼もしていない。
 
そんな弟子でも見捨てることなく、どうしたらやる気を出させれるか?
見落としてる点はどこだ?と
中井さんはトコトン考えてくれてます。
 
そんな人、他探したっていませんよ。
 
いるとでも思っているんですか?
 
それとも自分は今の時点で本当は
中井さんの指導なしでも成功できる、
なんてことを思っているんですか?
 
 
自分のことを信じてくれていないと分かっていても、
それでも愛を注いでくれる中井さんに
 
皆甘えすぎてますし、
 
どれだけありがたいことをしてもらっているか
わかっていなさすぎです。
 
 
そこらのメンタルコーチやカウンセラーがやってるのは、
誰にでも結果が出せるものじゃないですし、
 
ここまで面倒見てくれる人って、いませんよ?
 
どれだけ甘えれば気が済みますか?
 
 
それに、本来ならもっと指導料として
お金を要求されてたっておかしくないですよ。
 
でも、中井さんは私達の将来性を買って、投資だと思って、
目先のお金は出せる金額で良い、出世払いで良いって
言ってくれてるんですよ。
 
なのに、言われたことはやらない、
素直になろうとしない、
 
逃げてばかり。
 
 
一体何考えてるんですか?
中井さんが私達ひとりひとりにかけてくれるエネルギーを
なんだと思ってるんですか?
 
地獄へは行きたくないし…でもしんどいし…なんて足踏みしてるのは
エネルギーと時間の無駄です。
 
潔く諦めるか、負荷を背負ってでも先に進むかさっさと決めてください。
 
中井さんに必要以上に負担かけないでほしいです。
 
 
もう現段階で既に見捨てられてても
仕方ないような状況の弟子、いますよね?
 
 
他の指導者は中井さんが言っていることよりも
難しいことを要求してきたり、対症療法でしかなかったり
大して結果が出ない方法しか提案してきませんよ。
 
ロクな結果が永遠出せないままお金だけ払い続け
時間もお金も無駄にし続けるか、
 
そうそうに見限られて切り捨てられますよ。
 
 
世間はそんなに優しくないです。
 
 
世間で成功に向けて頑張ってる人は、
何回も試行錯誤して自分で必死に考えて答えを出して、
ダメなら見直して、またトライして、を繰り返してるんです。
 
全部自分一人でやってるんです。
それが成功を目指すなら普通のことです。
 
それがわかってないから、頭を使ってない、甘えてるって
中井さんに言われるんです。
 
 
それでも、私たちへの愛があるからこそ
根気よく指導してくださっているんです。
 
こんなにも愛を向けてくれているのに、
それをどんだけ無駄にする気ですか?
 
 
私は正直腹が立ちます。
 
姿勢を一向に正そうとせず、
中井弟子でいることに多大に甘えている弟子に。
 
 
真剣になれないなら真剣になれない自分、
出来ないのなら出来ない自分を素直に認めて
ちゃんと直視してください。
 
自分をいくら良く見せようったって無駄ですよ。
 
中井さんに限らず、無意識レベルでそういうのは
人に伝わるものですから、
 
その時はよくてもいずれはボロが出ます。
 
誤魔化して逃げ続けるのは、
そろそろ終わりにしませんか?
 
 
中井さんは、そんな難しいことを要求していないんですよ。
無理難題を突き付けているわけじゃないんですよ。
 
それぞれのレベル、状況にあった的確な指導は
そうそうしてもらえるものではありません。
 
 
中井さんがやってくれていることの価値、
中井さんの優しさをもっと想像力を働かせて、
 
そして感覚を研ぎ澄ませて
中井さんが向けてくれている『愛』を感じてみてください。
 
中井さんのそばにいる皆さんなら、
エネルギーに大してあまり敏感じゃなかったとしても
絶対に感じることが出来るはずです。
 
 
全員にあてはまることではありませんが、
少しでも中井さんの優しさや愛を
 
より理解するきっかけになればと思い
今回投稿しました。
 
 
私は正直、中井さんから弟子の現状を聴いて
かなり驚きましたし、ガッカリもしました。
 
皆もっと真剣だと思ってたんです。
 
一緒に成長していければ、と思うのは山々ですが
あまりに感じているものが違い過ぎると
いずれはどんどんすれ違っていくと思います。
 
そうならないことを願うばかりです。
 
 
もっと、中井さんがしてくれていることの
偉大さを知って、感じてほしいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 02:49|Permalinkclip!

2015年12月22日

「問題を解く力」と「カンニング」

私は、「心理のメカニズム」を伝えていますが、
   
私の伝えるメカニズムを理解するには、
  
おそらく、「中学1年生の数学で習う、代数と方程式」
ぐらいのレベルの理解力が必要だと思います。
  
  
「X + Y = Z」ですね(笑)
  
  
しかし最近、
みんながどれくらい心理のメカニズムを理解しているのかな?
  
という事をチェックしてみたところ、
  
国本さんも、吉田さんも、完全には理解していませんでした。
  
  
本人は、【 理解しているつもり 】だったのです。
   
   
国本さんと吉田さんで、このレベルですから、
他の人たちはもっと理解してないんだろうな〜と思います。
  
  
中一の数学レベルですから、
本気で理解しようと思ったら、誰でも理解できるレベルだと思います。
  
  
でも、二人とも「結果オーライ」でいいや!という感じで、
  
「メカニズムを完全に理解しよう」としていなかった訳です。
  
  
しかし、「方程式を理解していない」という事は、
    
【 自力で問題が解けない 】という事です。
  
  
方程式を理解すれば、どんな問題も自力で解けますが、
 
方程式を理解していない場合、問題を自力で解くことが出来ず、
常に「答えを教えてくれる誰か」が必要になります。
  
  
自営業者は、自力で問題を解いていくのが仕事です。
  
  
自力で問題が解けないなら、
常に答えを教えてくれる上司が必要ですから、
  
自力で問題が解けないなら、
サラリーマンをするしかありません。 
  
  
私は、自力で問題を解けるようになって欲しくて、
  
「心理のメカニズム(方程式)」を教えているのです。
  
  
しかし、学ぶ側の人間が、
  
【 方程式を理解する 】のでは無く、単に「答えさえわかれば良いや!」
 
と、最終的な答え(正解答)ばかりを求めていては、
  
自分で問題を解くチカラは身につきません。
  
  
それは、問題の答えをカンニングしようとしているのと同じです。
  
  
カンニングばかりしようとしている人間が、
学力向上すると思いますか?
  
  
絶対にしないです。
  
  
方程式を理解して、
何度も何度も、自分で問題を解いていく事によって、
  
【 自力で問題を解いていく実力 】が身につくのです。
  
  
その為に、小学校で算数の計算ドリルをやらされるのでしょう?
  
最後のページの「正解集」を写しているだけでは、何の意味もありません。
  
  
まず、メカニズムを理解すれば、
どんな問題も自力で解けるようになるんだ、
    
だから、【 メカニズムを理解する事が、最も重要なんだ 】と、
  
  
その【 理解 】に焦点を当てていない時点で、ズレています。
  
  
例えば、自分の持っているカメラが壊れたとします。
  
  
カメラの構造や仕組みを知っていると、自分で修理できますが、
  
構造や仕組みを知らない場合は、自分で修理できないのです。
  
  
ですから、【 構造や仕組みを理解する 】という事が、
  
その対象を自分の思い通りにできるという事です。
  
  
私は、【 現実化の構造や仕組み 】を教えています。
  
それを理解すれば、
「思い通りの現実」に近づいていく事が出来るのです。
  
  
めっちゃ価値があるくないですか?
  
  
でも、
 
・方程式を理解しようとして、
・問題を自力で解こうとして、
  
頭を使っていくのでは無く、
  
安易にカンニングばかりしていては、頭はちっとも良くなりません。
  
  
そして、学校教育に洗脳されている人の多くは、
  
テストで高得点を取るためなら、カンニングをしようとしているのです。
  
  
本来、「テストで高得点を取る事」は、目的ではありません。
  
「自分の学力を向上させること」こそが、本来の目的でしょう。
  
  
カンニングする人間は、自分の実力を高めようとしておらず、 
  
ただ、【 「その場しのぎ」の「他人の評価」 】を求めているのです。
  
  
でも、カンニングで高得点を取っても、明らかにそいつは「バカ」です。
  
自分で問題を解くチカラが無いからです。
  
  
弟子の中でも、姿勢が悪く、頭の悪い子たちは、
  
みな、【 カンニング野郎 】なのです。
  
  
自分の頭で考えず、安易に答えを求めているからです。
  
  
しかも、まずメカニズムを理解しようとしていないのだから、
  
自力で問題が解ける訳が無い。
  
  
答えさえわかれば、問題が解けると思っているのです。
  
  
しかし、社会で仕事をする事は、スポーツと同じです。
  
  
「答え」を知って、足が速くなりますか?
  
「ルールブック」を読んだだけで、野球が上手くなりますか?
  
  
野球の始球式で、アイドルや女優がボールを投げますが、
 
だいたい、キャッチャーまでボールが届きません。
  
  
それは、【 筋力(基礎力)が無いから 】です。
  
  
そもそもキャッチャーまでボールを届ける筋力が無いのに、
  
「フォークボール」や「カーブ」の投げ方を研究しているとしたら、
そいつはかなり頭の悪い、イタイ人間です。
  
  
成功を目指す、多くの人間が成功できない理由は、
  
「基礎力」が足りないからです。
  
  
成功ノウハウをどれだけ勉強しようが、
筋力(基礎力)が無いから、ボール(結果)が届かないのです。
  
  
だから私は、【 基礎力を身につけることが最優先 】と言っています。
  
それ以外の事をやろうとしている人間は、かなり頭が弱い様です。
  
  
そして、私が基礎力最優先と言っているのに、
 
それ以外の事をやろうとしている弟子は、
 
私の指導を信じていない訳です。
  
  
知識も経験も豊富な私の指導よりも、
  
「何の経験も、知識も無い、浅はかな自分の思いつき」
  
の方が正しいと思っている訳です。
  
  
自惚れるのも大概にしろ! って感じです。
   
「身の程を弁えろよ」と言いたい。
  
  
「プロの私の根拠ある意見」と「自分の思いつき」を比べて、
  
「自分の思いつき」を優先するなんて、
  
どれだけ自信過剰なんだよ!と(笑)
  
  
だから、私の指導よりも、自分の思いつきを優先するヤツは、
  
まったく結果が出ないのです。
  
  
「中井さんが言うんだから、自分が理解できてないだけで、
 ちゃんとした理由があるんだろうな、
  
 よし、ちゃんと考えて、わかるまで質問して、
 中井さんの意図をちゃんと理解しよう!」
  
  
という風に考える子は、結果が出るのです。
  
これが、謙虚さです。
  
  
私の助言には、明確な根拠と意図があります。
  
「それがわからないからやらない」と言うのは、
  
ただ、私の意図を理解しようとする事に頭を使っていないだけで、
  
考えていないから、バカなままなのです。
  
  
わからない事をわからないままにして、
 
安易に答えのカンニングを続ける人間が、賢くなるでしょうか?
  
  
な る わ け が な い!
  
  
そういうヤツは、一生バカなままです。
  
  
「答えを知る(暗記)」ではなく、
  
【 仕組みを「理解」する 】が、重要なのです。
  
  
それが、自分の実力を高めることになるのです。
  
  
あまりにも【 カンニング野郎 】が多くて、ちょっと辟易します。
  
  
でも、自分は頭が良いと思っているから、始末が悪い。
  
  
自分のバカさ加減をわからせるために、
  
私は最近、厳しい事を言い続けています。
  
  
私は、基本的に厳しい事を言うのは嫌いなのです。 
  
エネルギーを使うし、疲れるから。
  
  
でも、相手の為を思って、言い続けている訳です。
  
  
安易にカンニングを続け、
自分のバカさを理解しようとしない人間は、
  
いつまで経っても、バカなままだし、
ボールがキャッチャーまで届く事も無いのです。


mixiチェック

haxe501 at 23:12|Permalinkclip!

2015年12月21日

危機感が無い理由

昨日は、国本さんと吉田さんとで、
弟子会議をしました(笑)
  
  
私は、教える事に命を懸けています。
  
強い「危機感」と「緊張感」を持って、教えています。
  
  
何の危機感かって?
  
私は、既に自分の人生は安泰なんです。
  
  
でも、私が教えている人たちの多くは、まったく安泰じゃ無い。
  
いつでも、転げ落ちていく可能性がある。
  
  
だから、私には危機感があるのです。
  
  
私が持っているのは、
  
「自分の人生に対する危機感」じゃ無いんです。
  
【 他人の人生に対する危機感 】なんです。
  
  
【 自分の指導に、他人の人生が掛かっている 】
  
そう思うから、危機感があるのです。
  
  
しかし、指導される側の生徒達の一部には、
  
まったく「危機感」がありません。
  
  
自分の人生が掛かっているのに、危機感が無いのです(笑)
  
  
他人の人生を考えている私には危機感があって、
  
当の本人には、自分の人生に対する危機感が全く無いのです。
  
  
自分の人生を、深く考えていないのです。
  
  
おかしくない!?って話です(笑)
  
  
私の方が、【 本人以上に 】その人の人生を、
  
危機感を持って考えている訳ですよ。
  
  
なんか温度差あるなぁと思いますし、
  
その温度差を埋める為には…?って話でした。
  
  
私の指導を実践しないって事は、
私の事を全面的に信じていないという事です。
  
  
弟子の一部は、私の指導には従わないくせに、
  
いざとなったら私に何とかしてもらおうと思っています。
  
  
それって、おかしくない!?
  
  
【 信じてない相手に、困ったら何とかしてもらおう 】って、
  
明らかに矛盾してるでしょ?
  
  
そういう考えが、子供じみていて、ガキんちょだって言うんです。
  
自分はワガママに好き放題やって、尻ぬぐいは他人任せなのです。
  
  
正直、私の弟子たちは、レベルが低いです。
  
平均的な一般人にも劣るレベルです。
  
  
そして、私に課せられた修行とは、
  
【 どこまでレベルの低い人間を指導できるのか? 】
   
って言う事の追求なのです。
  
  
医者で言うと、【 難病患者 】を相手にしている様なモノです(笑)  
  
だから、私は実力が鍛えられます。
  
  
難しい相手を切り捨てるのはカンタンです。
  
でも、それだと自分の実力は上がらない。
  
  
私は、難しい相手でも、何とかしてやろうと思います。
  
その過程で、たくさんの学びがあるからです。
  
  
私の指導に従わない弟子に必要なのは、
  
いかに自分が愚かで、バカで、頭が悪くて、幼稚で、舐めていて、
頭を使っていなくて、依存的で、他力本願で、勇気も覚悟も無くて、
 
現時点では何の実力も無い、本当にどうしようもない人間なのだ
っていう「揺るがぬ事実」を認めることです。
  
  
それを認める事に抵抗しているから、良くならないのです。
  
  
それを素直に、潔く認めなければ、
現実を良くすることは絶対に出来ません。
    
  
たぶん、客観的に世間と自分の事がちゃんとわかったら、
  
自分がどれだけ愚かでバカで、現実や人を舐めていて、
何も考えていなくて、幼稚だったか?って事に、
   
驚愕すると思います(笑)
  
  
それが、正常な感覚なのですが、
  
現実逃避して、地に足が付いていない人間というのは、
自分の感覚が狂っていることに気付いていません。
  
  
どうにかして、そいつの感覚をまず正常にしてあげることが、
  
私に課せられている役割なのです。


mixiチェック

haxe501 at 23:11|Permalinkclip!

2015年12月20日

人生相談の危険性

昨日は、健康の先生の施術でした。
  
私は、20代前半の頃に、
【 成功を目指す上で、健康が非常に重要だ 】
  
という情報を得てから、
健康に気を遣った生活をしてきたので、
  
自分はそこまで不健康では無いと思います。 
  
  
しかし、今私を悩ませているのは、
「邪悪霊」の存在です。
  
  
邪悪霊は、目に見えませんが確実に存在していて、
しかも、一度取り憑かれると、なかなか取る事が出来ません。
  
本当に鬱陶しい存在ですが、
健康の先生は、それを取る能力があります。
  
  
ですから、私は健康の先生の事を、
「除霊師」として、本当にすごいなと思っています。
  
  
私はたくさん本を読んできましたが、
  
本などではまったく見たことも無い様な技術を使って、
除霊をされていて、
  
それが、先生独自の【 経験と研究の賜物 】であろうことは、
想像にたやすいですし、
  
本当に、日本最強の除霊師なんじゃないかと思います。
  
  
ただ、除霊の能力が高くても、
身体に掛かる負担がめちゃくちゃ大きく、
 
あまりやりたくない事らしいので、 
そういう依頼は受け付けていないそうです。
  
  
で、私がどういう時に邪悪霊に取り憑かれるか?
  
  
と言うと、
  
【 他人と会って話している時 】です。
  
  
相手の「人生相談、悩み相談」に乗ると、
  
相手に取り憑いている邪悪霊が、
こちらに乗り移ってくるのです。
  
  
今までは、取り憑かれても、取ればいいやと、
安易に考えていましたが、
  
これが、本当に取れないのです。
  
  
今朝も、2時間かけて、自分で除霊を試みましたが、
本当に取れません。
   
それが取れてしまう先生は、マジすごいです。
  
  
そんな、なかなか取れない邪悪霊が、
  
他人と会う度に取り憑かれてしまうので、
本当にキリがありません。 
  
  
根本解決は、【 人と会わないこと 】
  
結局はこれしかないという事が、ようやく受け入れられました。
  
  
私は、今まで自分では気付かずにいましたが、
  
他人と会う度、相手の相当な量の
「ネガティブエネルギー」を背負ってきていると思います。
  
  
相手がそれによって、成長してくれるなら良いですが、
  
せっかく私が相手のネガティブエネルギーを背負い、
ポジティブなエネルギーを注入しても、
  
成長に真剣でない人は、
  
ポジティブエネルギーを活かせず、
またネガティブエネルギーを溜め込んでしまうのです。
  
  
親が子供の幸せを願って、「お金」を仕送りしても、
  
全部、パチンコや風俗なんかの、
一瞬の快楽のために無駄遣いされている様なモノです。
    
  
こりゃ自分が相手の負担を背負っている意味が無いなと思いました。
  
  
・ポジティブな人と会えること
・他人が自分の悩みについて、真剣に考えてくれること
  
  
これは、普通の人が気がついていないだけで、
  
スピリチュアル的には、
相手に【 相当な負担 】がかかっていますし、
 
とてもとても、有り難い事なのです。
  
  
その有り難みがわからない人は、
  
きっと相手に自分のネガティブエネルギーを背負ってもらっても、
相手からポジティブエネルギーを受け取っても、
   
きっと、全てを無駄にしてしまう事でしょう。
  
    
私が背負っている負担は、
思っていた以上に大きかったようです。
  
  
だから、人の心理的な相談に乗る、
カウンセラーとかコーチっていう仕事は本当に危険だし、
  
安い値段なんかでやるモンじゃ無いと思います。
  
  
私には、守らなければならないモノがあります。
  
他人の為にも自分がコケる訳にはいきません。
  
  
だからこそ、これからは、
  
人と極力会わずに、
仕事をしていく方向性を考えなければなりません。
  
  
セミナーなどの1:多であれば、まだ大丈夫ですが、
1:1で、深い話をすると、特に危険なのです。
  
  
周りの人を見ていても、
  
【 私のサポートに対して、深く深く感謝している人 】が、
人生好調で、上手く行っています。
  
  
私は、別に感謝されたい訳ではありません。
  
他人への感謝は、自分の為にするモノです。
  
  
私は、非常に高い価値を提供しています。
  
  
その価値がわからない人、有り難みがわからない人は、
  
私が提供しているサービスを軽んじ、
あまり真面目に、真剣には、私の助言に取り組みません。
  
ですから、人生を良くしていくことは出来ないでしょう。
  
  
昨日の一件があって、
 
自分は、思っていた以上に高い価値を提供していたんだなと、
思い直しました。
  
  
本来であれば、本人が自力で這い上がらなければならない所を、
私が、だいぶ相手の荷物を背負ってあげていた訳です。
  
  
私の提供している価値は、【 人生を良くする方法 】です。
  
  
その価値がわからないという事は、
  
【 あまり、自分の人生を良くしたいとは思っていない 】
  
という事でしょうか?
  
  
人生を良くしたい人にとっては、
 
とても有り難い情報やサポートだと思います。
  
  
本当であれば、全部自分で何とかしなければならないところを、
  
私が相手の負担を大量に背負い、道筋まで立ててあげているのです。
  
  
それだけのサポートを受けておきながら、
  
それでダメなら、成長・成功する素質は一切ありません。
  
  
弟子の中にも、私の助言に対して、
  
真剣に取り組まない子もいますが、
  
そういう子は、もうダメかなと思います。


mixiチェック

haxe501 at 13:49|Permalinkclip!

2015年12月19日

光と影、陽と陰

私は、波動が高い人間です。
  
近くに居る人の波動を強制的に高めてしまいます。
  
  
しかし、「光」が強力な分だけ、
  
相手の抱えている「闇の部分」を良く照らし出して、
浮き彫りにしてしまいます。
  
  
何事も表裏一体ですから、
  
私の近くに居ると言うことは、
  
「成長(現実好転)」も速いが、
「試練が訪れるスピード」も速くなります。
  
  
ですから、私という人間が、
 
他人に「心地の良い感情」だけ与える事は、きっと不可能です。
  
  
必ず、【 不快感 】を与えてしまうでしょう。
  
  
その不快感とは、別に私が与えたい訳では無く、
  
相手の潜在意識に溜まっているネガティブエネルギーが、
私の高い波動の影響で、強制的に排出されようとするからです。
  
  
私の近くに居る人は、幸せになるスピードも速ければ、
  
「乗り越えなければならない苦しみ」もたくさん訪れます。
  
  
ですから、私の近くに居れる人は、
  
その【光と影の「影」 陰と陽の「陰」】を背負ってでも、
  
「速く成長し、速く成功し、速く幸せになりたい人」
  
だと思います。
  
  
しかし、多くの人は、
  
「幸せを求めようとする気持ち」よりも、
「苦しみを避けたい気持ち」の方が強いのです。
  
  
苦しみを乗り越えてでも、最高の幸せを求めようとする人は、
  
きっと、とても【 強い人 】です。
  
  
ですから、私の周りには、強い人しか居られません。
  
  
私は、誰にでも幸せになって欲しいと思っています。
  
だから、誰にでも読める形で、無料で情報を公開しているのです。
  
  
そして、自分の仲間がたくさん欲しいと思っています。
  
  
しかし、【 強い人 】しか周りに居られないから、
  
結果的に、私が付き合える人は少なくなってしまいます。
  
  
私はそのせいで、ずっと孤独でした。
  
  
向上心がそれほど無い、普通の感覚の人は、
私からどんどん離れていくからです。
  
  
ですから、私は自分と同じく【 強い人 】を求めています。
  
  
私の近くに居たければ、強くなるしかありません。
  
  
私が、どれだけその人と一緒にいたいと思っても、
 
相手が強くなければ、離れるしか無いのです。
  
  
この苦しみは、
きっとあまり理解してもらえないでしょうけども。
    
  
でも、それは私が背負うべき【 宿命 】です。
  
  
自分という人間は非常に少数派ですから、
同じく少数派の人でないと、近くには居れないのです。
  
  
【 強い 】って言うのも、良いことばっかりではありません。
  
その分だけの【 乗り越えるべき孤独 】が、セットとして付いてきます。
  
  
もちろん、試練を乗り越えきったら、
  
自分と同類の人たちをたくさん引き寄せ、
孤独感は無くなっていきます。
  
  
でも、それまでに乗り越えなければならない孤独感は、非常に強烈です。
  
  
しかし、私は自分を偽ってまで、他人と仲良くはしたくありませんし、
  
自分の使命に生きる事が、最優先です。
  
  
どんな他人も、
私の【 使命に生きる覚悟 】を止める事は出来ません。
    
  
でも、内心は孤独で孤独で、その気持ちにフタをして生きてきました。
  
  
自分と同じ道を歩める、強い精神を持った相手が欲しい。
  
  
それは、昔っからの私の切なる願いです。


mixiチェック

haxe501 at 14:41|Permalinkclip!

2015年12月18日

吉田美緒さんのリーディング

現在、国本さんの健康状態が不安定なので、
身体に負担のかかるチャネリングがあまり出来ない状態です。
  
なので、吉田さんに依頼をしました。
  
  
私は、基本的に自分で考えて結論を出しますが、
   
非常に重要な決断の場面では、
第三者の意見を聞きたくなる事もあります。
  
  
もちろん、それを鵜呑みにする訳ではありませんが、
  
大事な場面という事で、ミスは許されない訳で、
  
【 自分の感覚が正しいかどうかチェックしたい 】
   
という理由です。
  
  
で、何を聞いたのか?と言うと、
  
最近、はこぶね倶楽部のメンバーが減少していて、
新メンバーも増えていないので、
  
・仕事の方向性として、何か修正が必要でないかどうか?
・自分がズレていないかどうか?
   
という事を聞きました。
  
  
メンバーが減るのは、やる気が無い人が成長を諦めているだけで、
私のサービスのクオリティが低いからという訳ではありません。
  
なので、それは仕方の無いことだと思っていますが、
  
やる気のある人が増えて欲しいと思っても、
増えていないのは何かあるのかな?と気になりました。
  
  
で、以下が吉田さんが降ろしてくれたメッセージです。
  
みなさんにとっても、【 重要な参考 】にもなると思います。
  
  
----------------------------------------------------------------------
  
  
まず、あなたが思っているよりも早いスピードで
この世界の波動の変化が加速しています。
  
  
「ポジティブな勢力」が少しずつ押し始めているため、
  
奥底では不満に思いながらも、
「自分を誤魔化し、満足しているフリをしていた人々」が、
  
この波についていけなくなっています。
  
  
よりポジティブな世界への移行を望む一人一人の力が
私達が思っていたよりもはるかに大きく、加速が早まりました。
  
  
そのため、「自らの本来の望み」を閉ざし、
「多くを望まない適度(我慢だらけ)な生き方」を選んだ方たちは、
  
どんどんあなたから離れて行っています。
  
  
元々は、より魂に磨きを掛けることが出来る道へと
進める可能性があった方たちが、
   
途中で磨くことへの意味、興味を失ってしまい、
  
『死ぬわけじゃないし、もうどうでも良いや』
という方向へ流され始めています。
  
(※ その後、自殺したくなる程の苦しみは味わうかもしれませんが…。)
  
  
これは他人がどうこう出来る問題ではありません。
  
【 日頃の行い 】を怠ったが故に、その方たちが招いた事態です。
  
  
これから、もっと同じ波動の世界で生きていける人々は、
あなたの周りから減っていくことでしょう。
  
  
けれど、恐れることはありません。
  
ある一定の時期を超えた時、
あなたは飛躍的に「財」を手にすることになるでしょう。
  
  
その時期は明確にはお伝えできませんが、
そう遠くないとだけ言っておきます。
  
  
あなたが今やるべきことは、
少し他人へのエネルギー配分を見直していくことでしょう。
  
  
今調子の良い人に、
よりエネルギーや時間を使うように心がけてください。
  
  
そうすると、一人一人から受け取れる量が増え、
  
結果的に、人数が多かった時よりも、
多くを得られるようになるでしょう。
  
  
奉仕精神の強いあなたには少々辛いことかもしれませんが、
  
今のこの時期に調子が良くない方々は、
大きな転換期を迎えています。
  
  
よりポジティブな世界を目指すのか、
リタイアするのか。
  
今この時は、なるべく各々が物理的には一人で乗り越えるべき時です。
  
  
物理的に、というのは、
私たち高次元の存在は除くから、という意味です。
  
  
各々が私たちの存在をどれだけ信頼し、
メッセージを自らキャッチしていく意志があるかどうかが問われます。
  
  
どれだけ孤独を感じても、私たちは誰一人孤独にさせることはありません。
  
私達の愛を、どれだけ受け取る意志があるかどうかなのです。
  
  
私達との絆が深くなれば、
自然とポジティブな道への扉は開かれます。
  
理屈よりも、感覚を研ぎ澄ますよう伝える時です。
  
  
----------------------------------------------------------------------
  
  
という事でした。
  
私の感覚は、どうやら正しかったようです。
  
  
私は、人を助けたいと思って生きてきましたが、
 
やる気の無い人まで救うことは出来ません。
  
  
自分の周りの人が成長を諦めていく度に、
  
【 自分はその人を「やる気」にさせてあげられなかった 】と、
  
悔しい思いをししてきました。
  
  
でも、どんなに優れた医者でも、救えない患者はいるものです。
  
助かりたいと思っていない患者は、助けられないのです。
  
  
私は視野が広いので、
成長を諦めた先にある苦しい人生が見えます。
  
人が苦しむ姿など見たくありませんが、
   
  
しかし、私には耐えられない苦しさでも、
  
人が変われば、「これも仕方が無い」と、
耐えて生きていけるのでしょうか?
  
  
ひとつ言えることは、
  
【 高次元の存在に対する信仰心を持っている人ほど、安心である 】
  
という事だと思います。
  
  
自分が、目に見えない存在たちから、
  
【 サポートされている、導かれている 】
 
それを積極的に感じようとして、
実際に感じられている人は、安心でしょう。
  
  
「目に見えない存在たち」に導かれるのでは無く、
「目に見える他人たち(の評価)」に振り回されている人は、
  
まったく高次元のメッセージや導きを受け取れていません。
  
  
そういう人が、ポジティブな道に進むことは困難でしょう。
  
  
いずれにしても、ポジティブな道に進めるかどうかは、
  
本人の【 日頃の姿勢、態度、行動次第 】です。
  
  
一日、一日を、
  
自分の成長に充てられる貴重な時間として、
過ごしているかどうかです。


mixiチェック

haxe501 at 16:44|Permalinkclip!

2015年12月17日

好きな人の為に成長

「好きな人」と言いますが、
今回は、異性のパートナーという意味で書きます。
  
  
私は、好きな人(異性)がいると、
その人の為に、どこまでも頑張ろう、成長しようと思います。
  
  
私は、愛情が天然でめちゃくちゃ強いので、
愛情不足は心配ないと思いますが(笑)
   
  
とにかく、愛する女性のためには、
お金がたくさん欲しいと思います。
  
  
・いざという時の助けになりたい
・ラクをさせてあげたい
・贅沢をさせてあげたい
・素晴らしい体験をさせてあげたい
・広くて高級な家に住まわせてあげたい
  
  
どれも、愛情だけでは叶いませんし、
お金が必要です。
  
  
私本人は、「贅沢が好き」と言っても、
無駄に豪遊したり散財するのは嫌いですし、
  
使うときには思い切って使いますが、
基本的に絞るところは絞っています。
  
  
だから、自分の為に使うお金ってそんなに無いのですが、
女性のためならたくさん使おうと思います(笑)
  
  
世界一の幸せのプロのお嫁さんになってもらうのであれば、
世界トップレベルに幸せになってもらわないと(笑)
    
と思います。
  
  
なので、愛する女性のためであれば、
自分が精神的にも経済的にも成長していこうと思えます。
  
  
弟子に対しては、
仕事や経済面で成功してもらいたいという気持ちが強いですが、
 
   
女性に対しては、仕事や経済面で成功してもらいたいとも思いますが、
それ以上に、幸せになってほしいと思います。  
  
  
弟子は仕事重視で、女性はプライベート重視、
  
そこら辺の優先順位が少し違いますね。
     
  
   
で、私の事が「異性として好き」と言ってくれる女性も、
  
過去には何人かいましたが、
  
そういう人の大半は、そこまで成長意欲がありませんでした。
  
  
【 自分は変わりたく無い、相手に養って欲しい 】
  
そんな、「依存心満点」の女性たちでした。
  
  
私は、いくら自分の事を好きと言ってくれても、
   
そういう姿勢で来られると、
相手から愛されているとは感じられません。
  
  
【 依存対象として、都合よく利用されようとしている 】
  
と、感じます。
  
  
私の思うに、本当の好きとは、
  
【 相手の為に、自分がもっと頑張ろう! 】と思う事だと思います。
  
  
そう思えないのであれば、
  
「本当の好き」でも無いし、「本当の愛」でもありません。
  
  
  
はこぶね倶楽部のメンバーで主婦の方もいらっしゃいますが、
  
【 旦那さんの助けになりたいから、自分が成長しないと! 】
 
と思って、成長に励んでいる方もいます。
  
  
それこそが、【 本物の愛 】だと思います。
  
  
【 人のチカラになる、人の助けになる 】
 
その為には、「想い」だけでは無く、【 実力 】が必要です。
  
  
「親孝行がしたい!」と、子供が口では言っていても、
  
本人がいつまで経っても貧乏だったら、結果的には親不孝者です。
  
  
私は、両親に深く感謝しているし、
 
両親のためにも、
【 自分は絶対に、経済的に成功しなければならない! 】
  
と思って生きてきました。
  
  
自分が成功できなきゃ、
「ただの親不孝で終わる」と分かっていたからです。
    
  
しかし、私の弟子たちの一部は、
  
口では親孝行がしたいと言っているのに、
自分が成功する気は薄いんです。
  
それ、「親孝行したい」って気持ちが
【 本物じゃ無い 】って事ですよ。
  
  
本気で親孝行したいんだったら、
私みたいに、「自分の成功」に対して貪欲になるはずです。
  
  
そうならないって事は、
親に対しても、その程度の「薄い気持ち」しか持てていない
 
という事です。
  
  
つまり、【 親に対する愛が無い 】のです。
  
  
本気で何かを愛せば、
それを大切にし、守る為の【 実力が必要 】だと気付きます。
  
  
自分の実力を高めずして、
  
何かを大切にしたい、何かを守りたいなど、ただの妄言です。
  
  
正義のヒーローも、弱かったら務まりません。
  
ただの「村人A」です。
  
  
アンパンマンだったら、カバオくんです。 ただの脇役です。
  
  
自分の実力を高めていこうと思う事が、
 
【 本物の愛 】です。
  
  
そう思えないのであれば、それは【 偽物の愛 】です。
  
  
ただ、自分の保身、自分の都合しか考えず、
  
他人から「受け取る事、奪う事だけ」を考え、
  
他人に対して、自分の持てるモノを本気で与えるつもりは無い。
  
  
そんな、【 寄生虫(パラサイト)根性 】の人間です。
  
  
私は、寄生虫根性の人間に対して、一切魅力を感じません。
  
  
私が好きになる女性のタイプは、
  
男性にあまり依存しようとせず、自立心が旺盛で、
  
誇りを持って我が道を行く様な人です。
  
  
他人の助けを借りず、
一人で何もかも背負おうとしようとしている人を見ると、
  
私は、その人の助けになりたいと思うのです。
  
  
初めっから、
自分の荷物を他人に背負わせるような気でいる人間など、
  
誰が助けたいと思うでしょう?
  
  
【 本物の愛 】を持てば、
 
他人を助けるため、他人を救うため、他人のチカラとなる為の、
  
【 実力が必要 】だと気付きます。
  
  
そして、自分の実力を高めようとする動機こそが、愛なのです。
  
  
人を好きになっても、そうは思えないと言う人は、
  
【 他者に対する本物の愛 】が無いのです。
  
  
自分の保身が第一の、ただの【 ワガママな自己愛 】なのです。


mixiチェック

haxe501 at 04:35|Permalinkclip!

2015年12月16日

自信の根拠

私は、【 心理や幸福に関する研究、教育 】において、
自分の事を「世界一の実力者」だと思っています。
  
(※ 知名度は全然ありませんけどね 笑)
  
  
なぜそう言えるのか?って話なんですけど、
  
まずひとつに、同業者の中で、
  
【 自分以上に「限界」と「完璧」を追求している人間が、
  他に存在しているとは考え難い 】
  
という事です。
  
  
それぐらい、自分は「限界」と「完璧」にこだわっていて、
  
自分の研究、教育に対して、【 一切の妥協無き姿勢 】を貫いています。
  
  
自分以上の人間がいるなら、会ってみたいです。
  
たぶん、そんなヤツはいないだろうなと思えるぐらいに、
私は徹底的にやっていると言う事です。
  
  
もうひとつは、同業者の中で、
「世界的権威」と呼ばれるような人を見ても、
   
自分から見れば、
【 レベルが低すぎて呆れてしまうから… 】です。
  
  
きっと、素人から見れば、
  
「天才数学者」と「一般的な数学者」の【 レベルの差 】って
わかんないと思うんですね。
  
  
素人から見れば、
   
「日本で最強のプロの将棋指し」の人と、
「アマチュアでめちゃくちゃ将棋が強い人」
  
のレベルの差って、わかりにくいと思います。
  
  
だって、その分野の専門家じゃ無いから、
  
何がすごいのか? 基準がわからないでしょう?
  
  
でも、私はその道のプロですから、
  
同業者を見れば、相手のレベルがわかっちゃうんです。
  
  
で、いろいろ同業者を見て回っても、
  
私の研究成果や実力は、
他と比べて、「ズバ抜けてレベルが高い」と感じます。
  
  
だから、私は自分の実力に自信があるのです。
  
  
  
それと、もう一つ私のパーソナリティとして、
  
【「カッコ良さ」をめちゃくちゃ大事にする】
  
という事があります。
   
  
「外見のカッコ良さ」ではなく、「生き様のカッコ良さ」です。
  
  
生き様がダサイ、カッコ悪いなら、
死んだ方がマシだと思えるくらいです(笑)
   
  
「生き恥を晒すくらいなら、腹を切って死ぬ」という、
  
【 武士の精神 】です(笑)
    
  
つまり、自分にとっては、
  
【 命より美学の方が大事 】なのです。
  
  
だから、私は自分がいくら苦しい状況に追い込まれようと、
  
自分の【 正義感、信念、美学 】を折らないのです。
  
  
それを折るくらいなら、死んだ方がマシだと思うからです。
  
  
マザー・テレサの有名な詩(メッセージ)で、
   
【 あなたの中の最良のものを 】というモノがあります。
  
  
「人は不合理、非論理、利己的です
 気にすることなく、人を愛しなさい
 
 あなたが善を行なうと、
 利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
 気にすることなく、善を行ないなさい
 
 目的を達しようとするとき
 邪魔立てする人に出会うでしょう
 気にすることなく、やり遂げなさい
 
 善い行ないをしても、
 おそらく次の日には忘れられるでしょう
 気にすることなく、し続けなさい
 
 あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
 気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい
 
 あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
 気にすることなく、作り続けなさい
 
 助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
 気にすることなく、助け続けなさい
 
 あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
 けり返されるかもしれません
 でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい」
  
  
というモノです。
  
  
私は、これを本当に実践し続ける事ができれば、
  
間違いなく【 偉人になれる 】と思います。
  
  
それぐらい、この詩をただの「人としての理想」と捉えるのでは無く、
     
リアルに実践していくのは、難しい事だと思います。
  
  
でも、私は胸を張って言えますが、
  
【 私は、この詩の通りに生きています。 】
  
  
別に私は、この詩を知って、感銘を受けてそうしている訳では無く、
  
幼い頃から私は正義感が強かったですし、
自分の信念を折って、自分を嫌いになりたくなかった。
  
  
自分の信念を折ってしまえば、自分を嫌いになります。
  
「自分の事が嫌いな状態で、人生を生きること」が、
もっとも苦しく、辛い事だと思います。
  
  
私は、お金が無くても、他人に誤解されて、嫌われても、
  
自分だけは、「自分の事を好きでいたい」のです。
  
  
だから、自分の事を好きでいられるような行動をしているだけです。
  
  
  
「根拠の無い自信」という言葉がありますが、
  
   
それは最初の一歩踏み出すには良いかもしれませんが、
  
【 根拠の有る自信 】を持たない限り、
  
やがて「根拠の無い自信」は、
【 現実の厳しさ 】に打ち砕かれることになります。
  
  
根拠のある自信を持つには、
   
普通の人が逃げ出して、出来ないくらいの、
  
【 勇気を出す、努力する、苦しみに耐え抜く 】
  
  
そういったプロセスを経て、身につきます。
  
  
ラクな方に流されていては、
自信など、いともカンタンに失われてしまいます。
  
  
上記のマザー・テレサの詩も、
 
要は、【 ラクな方に流されるな 】という事でしょう。
  
  
【 ラクな方に流されてこなかったからこそ 】
  
私は、自分に自信があるのです。
  
  
むしろ、普通の人には到底マネの出来ないくらいの、
  
「勇気」と「努力」と「忍耐」を貫き続けて来ました。
  
  
服装をオシャレにしたら、
ダサイ格好をしているよりかは、少しは自分に自信が持てるでしょう。
  
  
しかし、【 揺るぎない自信 】を持つためには、
  
愚直に、ひとつずつ積み重ねていくしか無いのです。


mixiチェック

haxe501 at 19:23|Permalinkclip!

2015年12月15日

不条理な世界で生きること

私は、中学生の時から、
  
他人や周りの事を考えて、
自分の【 正義感、信念、美学 】に沿って行動しているのに…、
  
善い行いをしようとしているのに…、【 酷い目に遭う 】
  
  
というパターンを繰り返して来ました。
  
  
中学生の時に自殺願望を持ったのも、
  
・良い人間がバカを見る
・良い人間が損をする
  
そんな世の中なら、
どうせ自分が生きていても良い事なんて無いと、
    
【 ネガティブな世の中に絶望したから 】です。
  
  
そして、今日も同じような事を感じました。
  
  
【 善い行いをしようとしているのに、酷い目に遭う自分 】です。
  
  
普通の人なら、きっと「善い行い」なんて諦めて、
  
無難に、「自分の保身だけ」を考えると思います。
  
  
しかし、私はやっぱり自分の【 正義感、信念、美学 】を曲げたくない。
  
  
私にとっては、「目先の損得」よりも、
  
【 正義感、信念、美学 】の方が大事なのです。
  
  
そう言った意味で、
自分と同類の大阪市長の橋下さんも、すごいと思います。
  
  
橋下さんも、善い行いをしようとして、
たくさん酷い目に遭っていると思います。
  
  
それでも、
  
自分の【 正義感、信念、美学 】を曲げないわけですから、 
本当にカッコ良いと思います。  
  
  
私も、よくあの時、自殺しなかったなと思います。
  
  
【 善い事をしようとすればするほど、酷い目に遭う 】
  
  
そんな社会の中で、一体どんな希望を持てると言うのでしょうか?
  
  
でも、今の私は、今までの苦しみが、
きっといつか報われると信じています。
  
  
きっと、目先の損得だけを考え、保身に走るチキン野郎には、
  
私や橋下さんみたいな、信念に準ずる人間の気持ちなど、
一生わからないと思いますが。
  
  
私は、【 正義感、信念、美学 】を大切にしている人が大好きです。
  
一方、「保身に走るチキン野郎」は嫌いです。
  
  
これから、パラレルワールドの分化が加速し、
  
自分と同じような価値観の人間とだけ、付き合うようになります。
  
  
自分の事が好きですか? 嫌いですか?
  
  
自分の事が嫌いだったら、
嫌いな人に囲まれて生きていく事になります。
  
  
自分の事が好きだったら、
好きな人に囲まれて生きていく事になります。
  
  
だから、自分の事を好きになれる様な「努力」をする事が、
  
自分の事を好きになれる様な「行動」をする事が、
  
この先、【 幸せに生きていくため 】に、必要な事なのです。


mixiチェック

haxe501 at 09:12|Permalinkclip!

2015年12月14日

与える事はリトマス試験紙

私流の「人の見抜き方」ですが、
  
とにかく、相手に全力で与えてみる事です。
  
  
それで、【 自分が与えるモノを喜んでくれるかどうか? 】
  
がわかりますし、【 自分との相性 】もわかります。
  
  
例えば、私はブログ記事をいつも全力で書いています。
  
  
もちろん、私の投稿する内容に、
  
・「喜んでくれる人」もいるでしょうし、
・逆に、「不快感を持つ人」もいるでしょう。
  
  
その中で、「私の記事に共感し、喜んでくれる人」は、
お客さんになってくれる可能性がある訳ですね。
  
  
私は、お客さんとは長い付き合いがしたいので、
   
自分を偽って、感情を煽って、
衝動買いしてもらっても、意味が無いのです。
  
  
私は、【 自然体で長く自分と付き合える相手 】が欲しいのです。
  
  
「教育」っていう仕事は、「モノを売る」のとは違います。
  
先生と生徒という関係は、
相互に【 パートナーシップ 】を築く必要があります。
  
  
先生と生徒は、
「二人三脚」で前に進んでいかなければなりません。
  
そうでなければ、真に大きな成果は出せません。
  
  
ですから、私がいくら価値の高い教育を提供しようとも、
  
「生徒側のポテンシャル」が充分に高く無ければ、
  
大きな成果は出ないのです。
  
  
だから、私はモノを売るのと違って、
  
お客さんを選ぶ必要があります。
  
  
モノを売るのに、お客さんを選ぶ必要はそれほどありません。
  
「クレームを言ってこなければ良い」というぐらいのレベルでしょう。
  
  
しかし、パートナーシップを組むなら、相手を選ぶ必要があります。
  
  
で、たくさんの人がいるなかで、
   
どうやって自分と相性の良い人を見極めるか?
  
  
それが、【 全力で相手に与える事 】です。
  
  
自分の与えたいモノに対して、相手が感謝して喜んでくれたら、
   
それは、自分とは相性がかなり良いという事になります。
  
  
逆に、自分の与えたいモノに対して、
相手があまり喜んでくれない、感謝してくれない場合、
  
それは、自分との相性が悪いのかもしれません。
   
   
みんながみんな、自分に正直では無く、
  
自分を偽って、自分を過度に良く見せようとしている人もいます。
  
  
そういう【 フェイクの人 】も、見抜いていかなければなりません。
  
  
私の最近のテーマは女性なので、女性についても考えてみますが、
  
私が女性に与えたいモノは、
カンタンに言うと、「愛情(高い波動)」と「贅沢」です(笑)
  
  
それは、「自分が与えたいモノ」でもあるし、
逆に、「自分が受け取りたいモノ」でもあります。
  
   
私は、家族にも、女性にも、贅沢をさせてあげたいと思っています。
  
  
きっと、自分も贅沢が好きだからだと思います。
  
  
でも、この世には贅沢が好きで無い女性もいますし、
   
男性がお金を出しても、まったく感謝しないような女性もいます。
  
  
そう言った意味で、
「金銭感覚が近い」という事も大切だなと思うのですが、
  
  
私は、お金で苦労してきたせいもあって、
  
【 お金の有り難み 】が身に染みて分かっています。
  
  
だから、「お金」をとても大切だと思っています。
  
  
私は、仕事としてでは無く、
プライベートとして女性と会うと、ほぼ自分がお金を出します。
  
  
私は、キレイな女性と一緒にいると幸せですし、
  
女性は、自分をキレイにするために、
たくさんの「時間、お金、エネルギー」を割いています。
  
そしてその分は、どこかで報われるべきだと思います。
  
  
なので、私は女性に対しては感謝の気持ちで、大切なお金を出します。
  
  
でも、「お金を有り難い」と思っていない女性は、
  
男性側がお金を出しても、あんまり喜んでくれないんですよね。
  
  
そういう女性は、かなりのイメージダウンです(笑)
  
  
例えば、結婚を前提とするのであれば、
  
女性が家庭の財布を握ることになる事もあるでしょう。
  
  
そんな時、「お金の扱いにルーズな女性」には、
金銭のやりくりなど、絶対に任せていられないでしょう。
  
  
別に、与える事に対して、目先の見返りなど求めていなくても、
  
【 自分が与えたいモノに対して、
 感謝して喜んでくれる様な人 】でなければ、
  
どのみち、長い付き合いは出来ないと思います。
  
  
相手に与えてみる事によって、
  
相手の「価値観」や「性格」が浮き彫りになります。
  
  
【 義理堅い人なのか? 恩知らずな人なのか? 】
  
という事も、「一発」でわかります。
  
  
お互いに「自分の持てるモノ」を出し合って、 
  
「相手の差し出してくれたモノ」を
お互いに感謝して、喜んで受け取り合える様な間柄が、
   
【 相性が良い 】と言えると思います。


mixiチェック

haxe501 at 17:43|Permalinkclip!