2015年11月

2015年11月29日

頼る以外に道は無し

ここ最近、徹底して
男女関係のメンタルブロックと向き合っています。
     
  
きっと周りから見れば、私には、
  
「女性がいなくても生きていける人」
  
という印象があるかもしれません。
  
  
私自身、そのような
「女性に依存しない人間」でありたいと思っていました。
  
  
しかし、実際はその逆です。
  
  
「女性に頼りたい気持ち」を、
普段は、自分の強烈な自制心で、抑え込んでいるのです。
  
  
でも、定期的に、そのパンドラの箱が開きます(笑)
  
  
そんな時は、のたうち回るくらい苦しくなります。
  
誰かにすがりたくなるくらい、どうしようもなく苦しいです。
  
  
「自分ってこんなに弱かったんだ…」と自分で驚きます(笑)
  
  
  
私は過去、成功を目指していたとき、
「誰にも頼りたくない」と思っていました。
  
なぜなら、「他人を頼る事」は、
「他人に縛られる事だ」というイメージがあったからです。
  
  
しかし実際には、
  
成功というのは、たくさんの人に助けられる事です。
  
たくさんの人のお世話になるという事です。
  
  
「自分一人では何も出来ない」と認める事なのです。
  
  
例えば、弟子たちは、私がいないと絶対に成功できないです。
  
私の指導に加えて、本人の努力があって、「成功」という結果が出ます。
  
  
いくら私の指導が優れていても、本人の努力が無ければダメです。
  
いくら本人が努力しても、私の指導が無ければダメです。
  
  
弟子の佐々木さんは、自他共に認める努力家ですが、
  
しかし、努力の方向性が間違ってしまう事が多いので、
  
そのままでは、いくら頑張っても成功は出来ません。
  
  
その都度、私や国本さんの軌道修正が必要なのです。
  
  
弟子たちからすると、
  
「私に見捨てられたら終わりだ」
  
という気持ちを持っていると思います。
  
  
まぁ、私から見捨てることは決してありませんが、
  
そういう恐怖を抱えている子もいるでしょう。
  
  
しかし、そういう恐怖を、私は女性に対して感じています。
  
  
全ての女性ではありませんよ(笑)
     
【 女性エネルギー(女性性・美意識)が高い女性 】にほど、
魅力と同時に、そういう恐怖を感じます。
  
  
実際、私には、「高い女性エネルギー」が必要なのです。
  
  
というより、
  
男の人には、女の人が必要で、
女の人にも、男の人が必要なのです。
  
  
【 自分では一人で何も出来ない(他人のチカラが必要) 】
  
と気付いて、自分の「成功に対する概念」が変わった様に、
  
   
自分一人ではどうしようもなくて、
  
【 女性のチカラが絶対に必要なのだ 】と悟りました。
   
    
【 自分は、女性に頭を下げて生きていくしかない 】のだと。
  
  
   
女性エネルギーがなくても、生活していくことはできます。
   
でも、女性エネルギーが足りなかったら、もがくほど苦しい(笑)
  
  
逆に、女性エネルギーで満たされると、これ以上無いほどに幸せです。
  
  
しかし、私には
 
【 女性に、自分という存在が拒絶される恐怖 】があります。
  
  
以前に比べて、だいぶと減ってきましたが、まだあります。
  
  
弟子たちが、「私に見捨てられたら終わりだ」と感じる様に、
  
私も、「女性に拒絶されたら終わりだ」と感じています。
  
  
それが怖いから、
  
私は女性を食事やデートに誘うという事すら、  
抵抗があります(笑)
 
  
本当はしたくても、
    
「拒絶される恐怖」があり、
「女性に頼る弱い自分」を否定しているので、
  
ガマンしてきたのです(笑)
  
  
それに、私は今までの経験から、
  
「弱い人間、厳しい人間」は嫌われると思っています。
  
  
「弱い自分、厳しい自分」を他人に見せた瞬間、
  
人が自分から去って行った経験が多いからです。
  
  
だから、「弱い自分、厳しい自分」を見られたら、
嫌われて当然だと思っています。
  
  
なので、女性に対してそういう自分を見せることにも、
非常に抵抗があります(笑)
  
  
いつも、人前では【 強く、明るく、優しい自分 】でいたいのです(笑)
  
  
「苦しんでいる弱い自分」を見ると、きっと人は離れていく…と、
そう思っていたからです。 
  
  
少し前に、お客さんに対して、
  
【 私は絶対に拒絶しませんから、どうぞ頼ってきて下さい 】
 
と言いましたが、
  
実は、「自分が言われたかった言葉」なのだと気付きました。
  
  
でも、少しずつですが、
   
もがきながら、泣きながら、ブロックを外し続け、
  
拒絶への恐怖が少しずつ和らぎ、
  
「自分ってそんなに拒絶されないんだ…」
  
という事を感じられる様な現実を引き寄せています。
  
  
私は今までの人生、出来る限り「善意」を持って生きてきました。
  
  
他人に厳しい事を言うのも、相手に良くなって欲しいからです。
  
でも、多くの人は、私を嫌って去って行きました。
  
その度に、私は深い怒りと悲しみを感じてきました。
  
  
女性に対しても、
自分なりにすごく思いやりを持って、接してきました。
   
でも、自分の善意が伝わらなくて、拒絶された時には、
絶望的な気分になりました。
  
  
私は、今までの人生、
  
ずっと【 自分の善意が理解されず、拒絶される経験 】
  
を積まされてきました。
  
  
善意ですら拒絶されるのに、
  
不快感なんか与えた日には、
嫌われて去って行かれるのが当然です。
  
  
だから、私は好きな女性に対して不快感を与える事に対しても、
  
強い恐怖心を持っていました。
  
  
女性に対しては、何をしてもダメだったので、
  
だから、無意識的には半ば諦めモードだったかもしれません(笑)
  
  
しかし、現実は内面の反映ですから、
 
【 自分の認めたく無い事を認める事 】によって、
  
メンタルブロックが外れて、現実は好転します。
   
  
今まで、女性に頼る事に対して、
  
・弱い、カッコ悪い、強くないと嫌われる
・拒絶への恐怖
 
と、いろいろなイメージを持っていましたが、
  
【 自分自身の、女性に頼りたい気持ちは、
  弱い事では無く、とても自然な事なんだ 】
  
と、理解する事が出来ました。
  
  
  
今まで私は、女性に出来るだけ頼りたくないと思っていました。
  
一番は、「拒絶される事への恐怖」があったからです。
  
  
でも、
 
男には女が必要。
女には男が必要。
 
その前提を理解したら、
   
【 (拒絶されようが、)頼らなきゃ仕方ねーじゃん! 】
  
という気持ちになりました(笑)
  
  
自分の「頼るという姿勢、行動」を、正当化できたわけです(笑)
  
  
【 頼る以外に道は無し! 】と理解したら、
   
強がるのを止めて、素直に他人を頼ろうと思えるモノです。
  
  
自分一人で何とかしようと思ってしまうのは、
  
【 頼る以外に道は無し! 】という事が、
  
理解出来ていないからでしょうね。 
  
  
でも、多くの事は、【 頼る以外に道は無い 】のです。
  
  
弟子だって、成長と成功の為には、私を頼る以外に選択肢は無いし、
  
私だって、幸せと成長の為には、女性を頼る以外に選択肢は無いのです。
  
  
そうじゃないと、本当に苦しいし、その苦しみは消えないのです。
  
  
これからは、【 女性エネルギー(女性性・美意識)】が高い人に、
  
頭を下げて、自分を助けてもらって、生きていこうと思いました。


mixiチェック

haxe501 at 01:42|Permalinkclip!

2015年11月28日

「波動向上」と「ネガティブ感情」

今の時代ほど、波動を高めやすい時期は無いし、  
非常にハイスピードで、人々の波動は高まっています。
  
  
しかし、ポジティブな流れは同時に、
今まで抱えてきた【 毒出し、膿出し 】を起こします。
  
  
それが、世界中で起こっている「天変地異」や、
「新たな病気、テロ、紛争」などとして現れていますが、
  
個人レベルでも、
ネガティブな現実にブチ当たる事が増えてくる訳です。
  
  
「波動が高まる」という事は、同時に、
【 ネガティブ感情の解放が促される 】という事です。
   
  
しかし、「今まで溜め込んできた毒」が多い人ほど、
それをデトックスしていくのは大変です。
  
  
体内に「大量の毒」を抱えている人が、
急激なデトックスを行うと、
 
血中に毒が回りすぎて、
体内の浄化作用が付いていけなくなり、
 
最悪、死んでしまう事もあります。
  
  
「ネガティブ感情」も同じで、
  
潜在意識に溜まっている膨大なネガティブ感情が、
強制的に解放される様な事が起こると、
  
自分の心身が耐えられなくなって、
  
うつ病になったり、
自殺願望を持つようになる事もあるでしょう。
  
  
そうならない為には、
毎日、少しずつ【 毒出し、膿出し 】を行うこと。
  
  
「毎日、ネガティブ感情を解放する習慣」を持つことです。
  
  
それをしない場合、地球と自分の波動上昇に伴って、
   
【 強制的にネガティブ感情が噴出する様な事 】が起きます。
  
  
それに耐えられないと、「精神を病むこと」は十二分にあり得ます。
  
  
毎日、少しずつ【 毒出し、膿出し 】をやっておかないと、
  
限界まで溜め込んでいた毒が、
ある時期を越えて、一気に回り出す事になりますし、
  
それに心身が耐えられない場合、
  
自分自身の「ネガティブ感情」に押し潰されて、
最悪、死んでしまう事もあるでしょう。
  
  
「身体」も「心」も、メカニズムは大体一緒です。
  
  
私は、「波動向上の方法」と同時に、
    
「ネガティブ感情の対処法」をお伝えしていますが、
 
  
「波動向上はやるけど、ネガティブ感情の対処はやらない…」
  
と言う人は、
   
要するに、自分のネガティブ感情から逃げ続けている訳で、
  
でも、自分の中にあるものですから、逃げれる訳がありません。
  
  
デトックスをせずに、
「毒を溜め続ける」という選択をしている訳ですから、
  
そりゃ、「良い結果にはならないですね」って話です。
  
  
今までジャンクフード(有害な添加物)ばかり食べてきた人が、
「一日で健康になれる方法」など、ありません。
  
健康になりたければ、
毎日、少しずつデトックスしていくしか無いのです。
  
  
それが出来なきゃ、病気になって当然です。
  
  
心理もまったく一緒です。
  
  
自分が不健康であれば、毎日デトックスするしかありません。
  
そうでなきゃ、いずれ病気なるのは目に見えています。
  
  
自分の精神がネガティブであれば、毎日感情解放するしかありません。
  
それが出来なきゃ、
いずれ心を病む様な事態になるのは、当然の結果でしょう。
    
   
不健康な人が、一瞬で健康になれる方法も無ければ、
   
ネガティブな人が、一瞬でポジティブ思考になれる方法もありません。
  
  
【 毎日の地道な積み重ね 】です。
  
  
要は、毒があると認めて、毒を少しずつ出して行く意志があるか?
 
自分のネガティブ感情を認めて、少しずつ出して行く意志があるか?
  
  
デトックスは、
  
溜め込んだ毒が一時的に血中に流れる訳ですから、
身体に負担を伴います。
   
  
ネガティブ感情解放も一緒。
 
精神的負担を伴います。
  
   
それを頑なに嫌がって、避けている様な人は、
  
いずれ、自分の抱えている毒に押し潰される事になるのです。


mixiチェック

haxe501 at 21:32|Permalinkclip!

2015年11月27日

「何とかなる」というファンタジー

昨日は、一部の弟子たちにお灸を据えました。
  
私は、「人生は厳しいモノだ」という事を、
再三伝えているにも関わらず、
  
「何とかなるだろう…」という【 甘え切った考え 】を、
捨てられていないからです。
  
  
「何とかなるだろう」と言えるのは、
  
毎日、徳を積み、努力している人だけです。
  
  
【 人事を尽くしているから、天命を待てる 】のです。
  
  
毎日、徳も積んでない、努力もしていない。
  
  
そういう人事を尽くしていない人間は、
何ともならないのです。
  
  
・なぜ毎日の様に、企業が倒産していくのでしょうか?
  
・なぜ日本で毎日300人以上の人が、自殺するのでしょう?
  
(日本の自殺者は年間3万人と発表されていますが、
 実際には、10万人以上いると言われています。)
  
  
そういうのは、【 何ともならなかった人たち 】です。
  
  
何ともならなかった人たちがたくさん居るのに、
  
何故、「自分だけはそうならない」と言えるのでしょうか?
  
  
そういうのが、【 脳みそん中、お花畑 】なのです。
  
  
で、私がいくら説明しても、真剣に話を聞かないので、
 
ある「たとえ話」をしました。
  
  
今、この場に、
【 もうすぐ隕石が降ってくるぞ! 地下に逃げろ! 】
  
と叫ぶヤツが入ってきて、そいつの言う事を信じる?
  
信じないよね? 
  
だから、悠長にイスに座り続けるよね?
  
  
それと同じ事だよ。 
 
俺の言うことを信じていないから、危機感を持てないんだよ。
  
  
でも、俺の言ってることはリアルな真実だし、
  
ずっと真実を語り続けてきて、
  
俺が「将来こうなる」って言ったことは、どんどん実現してるでしょ?
  
  
なのに、俺の言うことを信じられてないって事は、
    
「俺の言ってることはウソだ!」って思ってるんだよ。
  
  
「中井さんは、将来がヤバイ、ヤバイって言ってるけど、
 どうせ弟子の尻を叩くためにオーバーに脅してるんだろう…」
  
って、そんな風に思ってるんだろ?って。
  
  
俺の言う現実を信じられないって言うことは、
  
「きっと自分だけは助かる教」の信者だよ。
  
  
【この宗教にさえ入っていれば、
 
 自分が努力しなくても、
 天使さまが迎えに来て、助けてくれるの!】
  
そんな風な、ユメマボロシを見てるんだよ。
  
  
毎日、たばこプカプカ吸ってるのに、
「自分だけは肺がんにならない」とか、
 
毎日、ケーキを大量に食べてるのに、
「自分だけは糖尿病にならない」とか、
 
毎日、アイスクリームを大量に食べてるのに、
「自分だけはがんにならない」とか、
 
そういう事を言ってるのと同じなんだよね。
  
  
どっから来るの? その自信は?
  
  
今まで、困ったら全部他人に何とかしてもらってきて、
それが普通になっちゃって、
  
自分でなんとかしようと思う気さえ無いんでしょ?
  
  
全部、他人に助けてもらってきたくせに、
自分の実力だと勘違いしてるんだろ?って。
  
そんなヤツが、自分の人生を変えられる訳が無い。
  
  
で、毎日、毎日、
   
A.努力するか?     
B.それとも、怠けるか?
 
A.美学、信念を貫くか? 
B.それとも、保身に走るか?
  
  
っていう選択があって、
 
毎日、「ラクな方に流される選択」を積み重ねた人間が、
ネガティブな方向に堕ちていって、 
  
毎日、「自分に負荷が掛かる選択」を積み重ねた人間が、
ポジティブな方向に昇っていくんだよ。
  
  
で、君たちは今、ラクな方に流される毎日を送ってるでしょ?
  
  
じゃあ、確実に今、堕ちるコースに向かってるんだよ。
  
  
弟子でも、毎日ラクな方向に流され続けて、
 
ポジティブな方向に戻れなくなったヤツがいるだろ?
  
  
君たちは、そのうち、その二の舞になるんだよ。
  
  
まだ、「自分だけはそうならない」と思うのか?
   
って事は、俺の話を真剣に聞いてないんだよ。
  
  
人の話を素直に聞けるヤツが成長するんであって、
  
我が強くて、「他人の話」より「自分の思い込み」を信じていて、
他人の話を斜に構えて聞いてる様なヤツは、
  
成長なんかしないんだよ。
  
  
「きっと自分だけは助かる教」のファンタジーを信じていたいのは、
  
自分が努力したく無いからでしょ?
   
  
自分は努力しなくても良いと思える、甘いファンタジーを、
  
「俺の言っている真実」よりも信じていたいんでしょ?
  
  
・俺の語る「真実」を信じるのか?
  
・自分が今まで信じてきた「生温いファンタジー」を信じ続けるのか?
  
  
今、この場でどっちか決断しろよ。
  
  
だいぶ割愛しましたが、このような事を伝えました。
  
  
  
【「何とかなる」というファンタジー 】
  
が、この豊かな時代の日本に生まれた連中の代表的な病気です。
  
  
国がやってくれてるサービスは、借金で成り立っている訳で、
   
国民が毎日快適に生活できているのは、
自分たちの実力じゃなくて、借金の上に成り立ってる「勘違い」です。
  
  
「他人の金で暮らしておいて、お金は大事じゃ無い」って、
  
自力でお金を稼いで、経済的に自立してから言って下さいって感じです。
  
  
お金が大事に思えないのは、
借金で自分の実力以上に豊かに暮らしているからです。
  
本来の自分の実力まで、生活水準のレベルが下がったら、
お金の有り難みがわかる事でしょう。
  
  
多くの人が、【 分不相応な生活 】をしているのです。
  
  
自分では努力をせず、他人の金で贅沢に暮らしておいて、
それを自分の実力だと勘違いし、
    
「今の自分」で何とかなっているんだから、
この先も何とかなるだろうと思い込んでいるんです。
  
その他人のサポートが無くなる事は想定外なのでしょうか?
  
  
今、他人の金で暮らしているウチに、
  
自分の実力で生きていけるように、
自分を鍛えておかなければ、ヤバイのです。
  
   
もし、自分が経済的に自立できないまま、
他人の金が尽きたら、どうするんでしょうか?
  
  
要は、動物園で飼われていたライオンを、
いきなりサバンナに放り出しても、
 
エサを取れずに死んでしまうという事です。
  
  
今までは、何もしなくてもエサがもらえたから、
これからもエサがもらえるだろうと思い込んでいるのです。
  
  
でも、他人からもらえるエサは、いつか尽きて終わるのです。
  
いずれ、自分のエサは自分で確保しなければならなくなります。
  
  
それが出来なきゃ、野垂れ死ぬだけです。
  
  
そういうリアルを、豊かな時代に生まれた、
  
肉体的には成人しても、
精神的には全く成長していない脳内ガキんちょ共に、
  
伝えていかなければなりません。


mixiチェック

haxe501 at 23:50|Permalinkclip!

2015年11月26日

フリーターの行く末は「天国」か「地獄」

私は、正社員の経験はあまり無く、
フリーターを続けながら、独立を目指して今に至ります。
  
  
で、私は夢を追いかけるのにフリーターって良いと思います。
  
  
私は派遣社員をやりながら、独立を目指し続けて来ました。
  
  
派遣社員の良い所は、
  
・時給はそこそこもらえる
・残業代はちゃんと付く
  
という感じですかね。
  
  
たとえ正社員でも、
  
「残業代が付かなかくて、時給換算するとアルバイト以下、
 ボーナスも出ない」
  
という人もいると思います。
  
  
私も、そういうブラックな会社で正社員をしていた経験から、
正社員では、自分の夢を追うのに適してないなと思いました。
  
  
正社員で働き続けても、ちゃんと成長できて、
自分の夢に繋がっている様な所にいるなら、
  
それはそれは、素晴らしい事だと思います。
  
  
しかし、その様な「成長の機会」を提供してくれる会社は、
あまり無いでしょうね。
  
  
それに、私の才能は、
  
【 心理学者、研究者、教育者 】です。
  
  
そんな修行が積める正社員の仕事など、
ほとんど皆無でしょう(笑)
  
  
だから、私はフリーターをして、
  
正社員の人が長時間残業している中、
仕事を早く終わらせて、
  
プライベートタイムで夢を追うことに集中していたのです。
  
  
しかし、フリーターで居る事にはリスクがあります。
  
  
例えば、「お笑い芸人」の人も、
  
アルバイトをしながら、
舞台に立って、活動している人もいると思います。
  
  
つまり、「フリーター」と「芸人」を兼業して、
夢を追っている訳です。
  
  
それで、もし夢が叶えば、スターですが、
  
もし夢が叶わなかった場合、30歳でも40歳でもフリーターです。
  
  
派遣社員(フリーター)って女性が多いんですが、
  
それは、最終的に【 結婚 】という手段があるからです。
  
  
私も、一緒に居て「幸せを感じさせてくれる女性」なら、
養ってでも、一緒に居て欲しいと思いますからね。
  
  
まぁ、良い男を見つけて結婚できなきゃ、女性でもヤバイですけど(笑)
  
  
でも、男性でフリーターって本当に、
  
・【 夢を追いかけて、成り上がっていく人間 】か、
 
・【 人生について何も考えて無い、ろくでなし 】か、
  
どちらかでしょう。
  
  
フリーターでも、
  
【 仕事が終わってから、
  夢を追うことに真剣で、必死に努力している人間 】には、
   
将来性があると思います。
  
  
でも、
  
【 仕事が終わってから、何の努力もしていない人間 】には、
 
なんの将来性もありません。
  
  
ただの「ろくでなし」です。
  
  
つまり、フリーターという立場を選んでいる時点で、
   
天国が地獄か、そのどちらかしか無いのです。
  
  
弟子の佐々木さんを見ていると、昔の自分を見ているようです。
  
  
働くときも、自分の独立に繋げるため、
「経営者目線で働こう!」と意識したり、
  
でも、人生の本番は、【 仕事が終わってから 】です。
  
  
「仕事が終わってから、
 どれだけ自分の夢の為に、時間とエネルギーを費やせるか?」
  
それが、【 勝負所 】なのです。
  
  
私の弟子たちも、ほとんどフリーターです。
 
過去の私と同じように、派遣社員です。
  
  
でも、仕事が終わってから、
  
自分の夢を真剣に追っていない子が多いわけだから、
  
どっちかって言うと、【 ろくでなしコース 】なのです。
  
  
だから、「そのままじゃ地獄行きだよ」って言うのです。
  
  
正社員で、コツコツ毎日真面目に働いている男性には、
安定感があります。
  
ボーナスもちゃんと出て、長く勤めれば出世できるような、
堅実な企業で働けていると、安定的です。
  
  
でも、フリーターは不安定なんです。
  
  
成功できなきゃ、夢を叶えなきゃ、何にも手に入らないんです。
  
  
だから、私は【 何としてでも成功する必要 】があったのです。
  
  
もし、私が成功しなかったら、
   
【 30歳、40歳になっても、
  アルバイトを続ける、売れないお笑い芸人 】と、
  
まったく変わらないライフスタイルを送っていた事でしょう。
  
  
それは、絶対にイヤでした。
  
  
正社員という立場で長期的に働く…と言うことも、
  
私には向いていない生き方です。
  
  
だから、私は【 自営業で成功する 】しか、道が無かったんです。
  
それ以外の生き方は、全て自分にとって「地獄の様な生き方」でした。
  
  
夢を追うには、リスクがあります。
  
もし、夢が叶えられなかったら、悲惨な目に遭います。
  
  
だからこそ、「背水の陣」で、必死に頑張るのです。
  
  
「成功できなかったら終わりだ!」という【 危機感 】を持って、
  
成功を目指し続けるのです。
   
  
フリーターで、夢を追っている風で、
何の努力もしていない男性には、
  
まったくもって将来性はありません。
  
  
一生結婚も出来ず、親に迷惑を掛けながら、
惨めに貧しく暮らしていくしかありません。
   
  
そういう自分の立場が分からないと、
 
人間って「やる気」が出ないもんです。
  
  
やる気が出ない人って言うのは、
  
要するに、【 自分の立場が分かっていない人 】です。
  
  
自分の立場がわかって、現実を見たら、
 
ほとんどの人は「やる気」が出ますよ。
  
  
弟子はフリーターなのだから、
 
【 自分には天国か、地獄しか無いんだ 】と、
  
  
もし自分が、成長に真剣で無い、何の努力もしてない、夢を追ってない、
  
そういう姿勢だったら、「間違いなく地獄コース」なんだと。
  
  
それを理解して頂きたいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 20:01|Permalinkclip!

2015年11月25日

「独占欲の克服」という大きな試練

先日、森本さんと喋っていたときに、
「男女関係の話」になりました。
  
同世代の同性でないと喋れない話ってありますね(笑)
  
  
私のライフスタイルの中で、
唯一まだ満たされていないのは、女性関係だと思います。
  
  
私は昔、「恋愛に夢中になっている人」を
ちょっとバカにしていましたが、
  
今ではその考えも改め、
  
「男女関係って大事だね」って思えるようになりました。
  
  
同時に、「みんな素敵な異性のパートナーと幸せになれたらいいね」
  
って、女子の様な発想が出来るようになりました(笑)
  
  
男女関係が上手く行かないと、
子供も産まれないし、育たないし、
  
結局、社会がうまく回らなくなりますからね。
  
  
私の価値観の中で、恋愛の優先順位は低いので、
結構後回しにしてきましたから、
  
他の領域に比べ、
  
「男女関係のメンタルブロック」はたくさん残っていて、
「男女関係のセルフイメージ」が低いのです。
  
  
それも、この一年でだいぶ変わってきましたが、
まだまだですね。
  
  
私は基本的に、「みんなハッピーになれば良い」と思っています。
  
  
でも、「みんながハッピーになれるヴィジョン」が見えないとしたら、
 
それは「奪い合いの観念」があって、【 独占欲 】があるからです。
  
   
「お金は奪い合うモノだ」と思っている人は、
  
「自分よりお金を持っている人」に嫉妬し、
  
【 お金を失ってしまう恐怖 】を常に抱えながら生きる事になります。
  
  
しかし、実際の所、
  
「お金、豊かさ」は、奪い合うモノではありません。
  
  
【 助け合う事によって、全体的に増えていくモノ 】なのです。
  
  
きっと、男女関係もそうなのでしょうが、
 
おそらく、【 お金以上に「独占欲」のキツイ領域 】だと思います。
   
  
お金以上に、【 奪い合いの観念 】を持ってる人が多いでしょう。
  
  
「奪い合いの観念」を持つという事は、
  
・自分が受け取る事に「罪悪感」を持つか
  
・自分以外の他人が受け取る事に「被害者意識」を持つか
  
  
両方のネガティブ感情が生まれます。
  
  
要するに「お金を奪い合うモノだ」と思っている人は、
  
・自分がお金を受け取るときに、「申し訳ない」と思っていて、
  
・他人がお金を受け取っているのを見ると、「嫉妬」するのです。
  
  
でも、お金は奪い合うモノでは無く、
  
他人と助け合った結果、増えていくモノです。
  
  
無限に増えていく訳ですから、例え「自分の取り分」を確保しても、
  
周りの人に罪悪感を持つ必要もありません。
  
  
他人が豊かになっているからといって、
  
「自分の取り分が減るような気持ち」にならなくても良いのです。
  
  
自分は自分、他人は他人で、
各自、自分に必要なお金を、努力して稼げば良い訳です。
   
  
それと、恋愛事も同じ事なのでしょうが、
  
やっぱり、まだまだ「一夫一婦制の洗脳」はキツイです。
  
  
自分を好きになってくれる女性が複数いるという状況になると、
  
自分が女性を苦しめているような気になります。
  
  
不要な罪悪感がまだ沸いてきます。
  
  
自分にとっての「最高のパートーナー」が一人だけ居て、
その人と結婚するという流れになれば、
  
何も悩むことは無いのですが、
現実はそのように流れてくれません(笑)
  
  
【 男女関係においても、
  奪い合うのでは無く、みんなが各々ハッピーになる 】
  
  
そのポジティブなヴィジョンや方向性は、合っていると思います。
  
  
私は、自分と関わる人には、
  
【 あらゆる領域で最高の幸せ 】
を手に入れてもらいたいと思っていますし、
   
その様に行動しています。
  
  
「世界最高をお届けしたい」という、
USJのフレーズと同じです(笑)
  
  
その為には、私を含め、
各々が「独占欲」を減らしていく必要があります。
  
  
そして、【 「特定の個人」に執着しなくなる事 】が必要です。
  
  
その為に、
  
【 奪い合わずとも、各々が成長していけば、
  その人に必要なモノは、必要なタイミングで手に入るんだ 】
  
という、宇宙の法則の理解です。
   
   
誰とどうなるかは、人間にはわかりません。
   
宇宙(天)だけが知っています(笑)
  
  
私が満たされていないと言う事は、
  
誰のせいでもなく、
私自身が「その領域において精神的に未熟だから」です。
  
  
メンタルブロックがあって、セルフイメージが低いのです。
  
    
「プロしての能力・技術」に関するセルフイメージは、
めちゃくちゃ高いのですが(笑)
  
  
私はお客さんに対して、
【 もっと自分に自信を持って下さい! 】と言う側ですが、
   
男女関係に関しては、逆に「言われる側」です(笑)
  
  
自分にとっては「最終試練」の様な感じですね。
  
  
私が先に進まないと、後に続く人が進みにくいわけですから、
 
先陣を切って取り組んで行きたいと思います。
  
  
かなり大きなテーマ、試練ですし、「悲しみの量」も膨大ですが、
  
一歩ずつ着実に減らしていきたいです。


mixiチェック

haxe501 at 16:53|Permalinkclip!

人生に対する三つの姿勢

人生には、大きく分けて、
「三つの姿勢・態度」があります。
  
  
《 レベル1.依存、他力本願 》
  
自分の人生を、他人に何とかしてもらおうと思っている。
  
  
《 レベル2.自立 》
  
自分の人生は、最低限自分で何とかしようと思っている。
  
  
《 レベル3.リーダー 》
  
自分の人生を何とかした上で、他人の人生も何とかしようと思っている。
  
  
  
このように、三つの意識の違いがあり、
  
この「意識レベル」が高い人ほど、成長スピードも速いです。
  
  
しかし、私は、
「レベル1」の人がいかに多いか?って事を感じます。
  
  
要するに、この世には、この社会には、
   
自分の人生を他人に何とかしてもらおうと思っている人間ばかりです。
  
  
親に何とか、パートナーになんとか、
会社になんとか、国になんとか…、です。
  
  
ゆとり世代という言葉がありますけど、
  
別に「ゆとり教育」を受けていた人間だけで無く、
  
今時の若い人たちの多くは、「人生観が生温い」です。
  
  
私は、なぜこんなにも自立心が強いのかな?
 
って思うと、
 
私は学生時代から、
  
【 誰にも頼れない、誰も助けてくれない 】
  
という経験ばっかりしてきたので、
  
   
「ああ、そうか、
 
 自分がどれだけ苦しくても、他人は助けてくれないモノなんだ、
 他人に期待しても無駄で、自分で何とかしていくしかないんだ…」
  
という【 人生観 】が出来上がったのです。
  
  
しかし、今時の若い子の多くは、本当に甘やかされて育っています。
  
  
弟子の佐々木さんも、非常に自立心が強いですが、
  
私と同じく、過去に学校や職場などで、
  
【 誰にも頼れない、誰も助けてくれない 】という経験をしたので、 
  
【 自分がやるしかないんだ! 】という人生観を持つに至ったのでしょう。
  
  
ただ、「仕事」や「人間関係」に関してはそうですが、
  
「お金の面」では甘やかされてきていますから、
  
その部分では「他力本願」がまだ抜け切れていない様です。
  
  
私は、精神的にも、経済的にも、誰にも頼れなかった。
 
苦しいときに、誰も助けてくれませんでした。
  
  
だから、【 自分で何とかするのが当たり前 】という基準なのです。
  
  
自分の事は自分で何とかしないと、生きて来れなかった訳です。
  
そういう、「厳しい環境」を生き抜いてきました。
  
  
ところが、今の若い子達の多くは、
   
「助けて〜!!」と言ったら、助けてくれる人がたくさんいます。
  
  
だから、人の助けの有り難みがわからないし、
  
【 困ったら他人に何とかしてもらえばいいや! 】
  
という感じで、
  
【 自分を鍛える事、成長する事 】に、本腰が入らないのです。
   
  
私の言う、「自業自得・自己責任」とは、
  
この3つの意識レベルの段階を高めていく事です。
  
  
「自分の人生を他人に何とかしてもらおう」と思っている時点で、
 
それは、【 自業自得・自己責任の姿勢 】ではありません。
   
  
自分の人生は、自分で切り拓いていくしか無いのです。
  
  
今までは、依存的な人でも他人を頼れたかも知れませんが、
  
これからの時代、
依存的な人ほど、どんどん他人に頼れなくなっていきます。
  
  
自立している人同士は、助け合えますが、
  
依存している人同士は、助け合える状況では無くなります。
  
  
それぐらい、依存している人には苦しい状況がやってきます。
  
  
そこで、【 自分の人生は自分で何とかしていくんだ! 】と思えないと、
  
死ぬまで苦しい生活が続くことになります。
  
  
こういう状況を見てみて、
 
私は厳しい環境を生き抜いてきて本当に良かったなと思います。
  
  
昔は、周りに比べて、
自分一人だけ苦しんでいる様な気がしていました。
    
  
でも、今では逆に、
  
【 甘やかされて育ってきた人こそが可哀想 】に思います。
  
  
甘やかされてきた人は、
「自分の人生を自分で切り拓いていこう!」とは思えないからです。
  
  
だから、私は「人生に甘えている弟子」に対しては、厳しく指導します。
  
  
私の「厳しさ」に耐えられたら、
自分の人生を自分で切り拓けるようになるからです。
  
自分自身を変革し、人生を変えていく事が出来る様になります。
  
  
その為には、甘やかすのでは無く、厳しさが必要です。
  
  
私の様に、現実で苦しんで「厳しさ」を知るより、
  
私の言葉で「厳しさ」を知った方が、よほどラクな道です。
  
  
で、私の言葉で「厳しさ」がわからない人は、
 
これまた、現実で苦しんで「厳しさ」を知る事になります。
  
  
しかし、そうなってからでは、
  
今世では、もうポジティブな人生には戻れません。
  
  
そういう人は、来世以降、
  
また頑張ってもらうしかありません。
  
  
次の人生で「良い教育者」に出会える保証はありませんけどね。
  
  
平凡な生活 〜 プチ成功ぐらいするには、
最低限、「レベル2」の意識が必要です。
  
大成功しようと思ったら、「レベル3」の意識が必須です。
  
  
「レベル1」の意識では、平凡以下の苦しい人生しか送れません。
  
  
みなさんの【 人生に対する姿勢・態度 】は、
  
下記のウチ、どれに当てはまるでしょうか?
  
  
《 レベル1.依存、他力本願 》
  
自分の人生を、他人に何とかしてもらおうと思っている。
  
  
《 レベル2.自立 》
  
自分の人生は、最低限自分で何とかしようと思っている。
  
  
《 レベル3.リーダー 》
  
自分の人生を何とかした上で、他人の人生も何とかしようと思っている。
  
  
この意識レベルを上げたければ、
  
【 他人から厳しくされる事 】【 その厳しさに耐えること 】が必要です。
  
  
「甘えた状況」から抜け出さなくてはいけません。
  
  
他人に甘え続けるという選択の" 代償 "は、
  
【 いつまでも苦しい人生 】です。
  
  
長期的に苦しみたい人は、他人に依存し続けて下さい。
   
長期的に幸せになりたい人は、「厳しさ」を肯定し、受け入れる事です。
  
  
みなさんは、自分の人生をどうしていきたいと考えていますか?


mixiチェック

haxe501 at 08:19|Permalinkclip!

2015年11月24日

「教育」は、人生を救う!

私の周りの人たちの中で、
 
特に成長が速く、人生がどんどん好転している人は、
   
【「教育の価値や重要性」を理解している人】だと思います。
  
  
要するに、
 
【 教えてもらえる事は、とてもとても有り難い 】と思える人です。
  
  
逆に、「教育」を軽んじている様な人は、成長が遅いと思います。
  
教えてもらえる事の価値がわかっておらず、感謝も出来ていません。
  
  
  
私は「読み書き」が出来ますけど、
それは小さい頃に教育されたからです。
  
  
貧しい国では、お金が無いから教育を受けられず、
「読み書きすらできない人」もいます。
  
で、「読み書き」が出来ないから、まともな職に就けず、
「重労働かつ貧しい生活」を余儀なくされているのです。
  
  
【 教育 】があるかどうかで、人生はまったく違うモノになります。
  
  
たとえば、
 
「元々不良だった人が、
 ある熱血教師に出会って更正して、今では立派にやっている…」
  
というストーリーは良くあると思います。
  
  
その不良の人は、その先生に出会った事で、
人生が良い方向に変わったわけです。
  
  
医者が、【 人の「命」を救う聖職者 】だとしたら、
  
教育者は、【 人の「人生」を救う聖職者 】です。
  
  
もちろん、どれだけ優秀な医者でも、助けられない患者もいるし、
  
どれだけ高度な教育を受けても、
まったくもって、どうしようもない生徒もいます。
  
  
でも、教育は【 ひとつの人生を変えられるチャンス、キッカケ 】です。
  
  
貧しい国で暮らす人は、
その「チャンス、キッカケ」すら無いのです。
  
  
私自身、「教育でどれだけ人生に大きな違いが出るか?」
  
という事を理解しているので、
  
私が一番、教育の価値を理解し、教育を重んじていると思います。
  
  
「価値のある情報を教えてもらえる事」に対しては、
  
一番くらいに、死ぬほど感謝しています。
  
  
だって、【 知ってるか知らないかだけで、人生大違い 】だからです。
  
  
今、日本は豊かになったので、
日本の識字率は非常に高いと思います。
  
でも、一昔前では、
日本でもお金が無くて、読み書きが出来ない人もいたと思います。
  
  
そういう人もいる中で、「読み書き」ができる事は、
  
とても有り難い事なのです。
  
  
「読み書き」が出来ないだけで、まともな仕事に就けずに、
  
貧しく苦しい生活をするしか無いからです。
  
  
本当に、
   
【 教育を受けているかどうかで、人生、大違い 】なのです。
  
  
その【 人生に大きな違いをもたらす「教育」 】に対して、
  
価値の低いモノの様な扱いをする人が、人生を変えられる訳がありません。
  
  
人生を本当に変えたければ、
今一度、【 教育の価値 】をキチンと理解することです。
  
  
なぜなら、【 人生を変えらるのは「教育」 】だからです。
  
  
昨今、巷には様々な情報が溢れています。
  
  
だから、「情報」を価値の無いものとして、
  
勘違いしてしまう人も増えているかも知れません。
  
  
しかし、「素人の適当な意見」と、
  
「プロが何年も研究し続けて、辿り着いた結論」には、
  
  
同じ情報でも、価値に雲泥の差があります。
  
  
それは、【「道端の石ころ」と「宝石」の差 】です。
  
  
素人の適当な意見に、人生を変えるチカラはありませんが、
  
私が徹底的に研究してきた研究成果には、
人の人生を変えるチカラがあります。
    
  
教育を舐めている人は、
「素人とプロの意見を同じ土俵」に上げて、ごっちゃにします。
  
  
コンビニの安物ワインと、超高級ワインを混ぜて飲むのです。
  
  
それは、超高級ワインを創り上げるために、
【 心血を注いだ職人の「労力」や「技術」】を舐めている訳です。
  
  
同じワインでも、価値が全然違うのです。
  
ワインに詳しい人ほど、それをよく分かっていると思います。
  
  
どんな分野でも、超一流の人は、自分の仕事に命を懸けています。
  
  
それを、素人などと一緒にされるのであれば、
  
「価値がわかる人だけ来れば良い」という話になります。
  
    
教育も同じです。
  
  
よく、「私の教え」と「他の人の教え」を比べたり、
ごちゃ混ぜにしている人もいますけど、
   
それは、【 教育の価値が分かっていない 】
  
としか言いようがありません。
  
  
教育の価値や重要性を深く理解している人ほど、
  
私の教えの「レベルの高さ」や「真骨頂、神髄」
を理解していると思います。
   
  
「安物ワイン」と「超高級ワイン」を区別できるように、
  
【 格の違い 】がわかってもらえていると思います。
    
  
人生を変えるには、質の高い教育が必要です。
  
  
政治家が、経済を良くするためにいろいろやってますが、
  
私から言わせると、まず【 経済についての教育 】が必要です。
  
  
みんな、経済について知らないから、経済的に困窮するのです。
  
  
一般の人々に対して、
  
・心理教育が為されない限り、ストレス社会は無くなりません。
  
・経済教育が為されない限り、長期的な経済の発展はありません。
  
・健康教育が為されない限り、病気になる人の数は減りません。
  
  
非常にシンプルな結論です。
  
  
  
まず、人が変わらなければなりません。
  
  
そして、人を変えるのは【 教育 】なのです。
  
人の人生を変えるのは、【 教育 】なのです。
  
  
人生を本気で変えたい人は、きっと「教育の価値」をわかっています。
  
「教育の価値」が分からない人は、
そこまで人生を変えたいと思っていないのだと思います。
  
  
弟子の吉田さんや佐々木さんは、
 
私から教えてもらえる事に、とても深く感謝しています。
  
  
なぜなら、
二人とも【真剣に、自分の人生を変えたい】と思っているからです。
    
  
そして、私の教えが、
「人生を変えるために非常に有効だ」と理解しているからです。
  
  
他の弟子は、「感謝しているフリ、言葉だけ」で、
  
まだまだ【 教育の価値 】がわかっていないのです。
  
  
なぜなら、良い事を教えてもらってもすぐにやらないのです。
  
  
「教えてもらっている情報の価値の高さ」を理解していないから、
  
私が良い事を教えても、すぐにやらず、後回しにするのです。
  
  
教えてもらえる事自体が、とても有り難い事だと思えていないのです。
  
舐めているとしか言いようがありません。
  
  
  
「人生を変えること」と、「教育」はセットです。
  
  
人生を変えたければ、教育しかありません。
  
  
質の高い教育を受け、それを吸収し、
  
自分の意識を成長させ、変えていくしか無いのです。
  
  
「教育の価値」がわからない人は、
  
きっと「自分の人生を、他人に何とかしてもらおう」
と思っていて、【 他力本願(他人に依存的) 】なのです。
  
  
健康の価値がわからない人は、将来病気で苦しむ事になります。
  
お金の価値がわからない人は、将来お金で苦しむ事になります。
  
教育の価値がわからない人は、人生を変えることが出来ません。
  
  
  
【 「教育の価値」がわかっている人ほど、人生が早く好転していく 】
  
  
これは、因果関係のある共通点ですね。


mixiチェック

haxe501 at 19:21|Permalinkclip!

2015年11月23日

ラクして成功したいヤツは、詐欺師のカモ

一昨日、かいじゅんと電話で喋りましたが、
  
【 かいじゅんは「成功願望」があるにも関わらず、
  なぜ目の前の成長に対して貪欲になれないのか? 】
  
という課題を抱えていたので、
  
それについて、相談に乗っていました。
  
  
成功する人は、例外なく、【 真面目で真剣な人 】です。
   
   
「お笑い芸人」で成功する人は、「お笑い」に対して真面目で真剣です。
  
  
おチャラけで、ふざけて成功する人はいないのです。
  
  
自分が目指している目的・目標に対して、
真面目に取り組む、真剣に取り組む、
   
そういう人間で無いと、成功はあり得ません。
  
  
しかし、この世には、
  
成功したいと言いながら、
真剣で無い、真面目で無い人は、ゴマンといます。
  
  
かいじゅんだけでなく、そういう人はたくさんいます。
  
  
いろいろ喋っていると、
   
「がむしゃらに頑張っている人に対して、気持ち悪いと感じる」
   
という発言が出てきて、
   
その「がむしゃらさ」に抵抗感がある限り、
絶対に成長に対して真剣にも真面目にもなれません。
  
  
では、なぜ「がむしゃらに頑張っている人」に対して、
  
素直に素晴らしい!と思えず、気持ち悪いと感じるのか?
  
  
その観念の特定をしようとしました。
  
  
でも、同時に、
  
「これ以上やったら邪悪霊をもらってしまうなぁ」とも思いました。
  
  
でも、ここでかいじゅんの観念が変わらなければ、
  
ずっと変わらないままです。
  
  
私と喋っているときに観念が変わらないのに、
  
一人で自分の観念を変えられるハズがありませんから。
  
  
私は、邪悪霊を食らう覚悟で、
かいじゅんの観念の特定を続けました。
  
  
いつからそう思うようになったのか?
  
小学生? 中学生? いつから?
  
と、時期を特定していくと、
  
「過去に関わっていたネットワークビジネスに出会ってから」
   
という事がわかってきました。
  
  
そのネットワークビジネスの人は、
  
【 ラクをして成功できる、苦労して働いてるヤツはバカだ 】
 
と言うような発言をしていたらしく、
  
それを鵜呑みにしてしまったわけです。
  
  
しかし、「ラクをして成功できる」なんて言うヤツは、
  
詐欺師と変わりません。
  
  
そういう「甘い話」をして、成功を夢見させて、
会員にして、製品を買い込ませて、使い捨てにする訳です。
  
  
私は、「ラクして成功できる方法は無い」と言い続けています。
  
  
でも、かいじゅんは、
 
「ラクして成功できる方法がある」
 
という【 幻想 】を信じていたかったのです。
  
  
なぜなら、
  
【 自分が努力しなくても良い「言い訳」 】になるからです。
  
  
【他のみんなは、成功する為に真剣に努力してるかもしれないけど、
 俺は、「努力しなくても成功できる方法が、きっとある」と思うし、
 俺だけは、真剣に努力しなくてもいいんだよ。】
  
という様な感じです。
  
  
そういう深層心理があったので、
成長に真剣に取り組めなかった訳です。
    
  
しかし、私が言いたいのは、
  
【 詐欺師も、努力している 】という事です。
  
  
人を騙すことに対して、真剣に努力しているのです。
  
  
「努力しなくても成功できるよ!」
とウソを付いている人も、
  
人を騙すために努力しているのです。
  
  
例えば、「何もしなくてもお金が儲かる方法を教えます!」
 
と言うような、迷惑メール、スパムメールがあると思います。
  
  
でも、本当に「何もしなくてもお金が儲かる方法」を知ってるんだったら、
  
わざわざ、迷惑メール、スパムメールを送る事も無いのです。
  
  
人を騙すために、文面を工夫したり、
迷惑メール、スパムメールを送るという努力をしているのです。
  
  
だから、詐欺師の言っている事は矛盾しているのです。
  
  
振り込め詐欺をやってる人だって、
「騙されやすい人のリスト」を集めたり、
  
「どうやったら効率良く騙せるか?」
という事を研究しているのです。
  
  
詐欺師ですら努力しているのに、
  
努力せずして成功できる方法など、ある訳が無いのです。
  
  
努力しなくても成功できる方法がある!という事を信じたいのは、
  
自分自身が努力したくないからです。
  
  
「自分だけは努力しなくても良い」という言い訳の為に、
  
ラクして成功できる方法があると信じたい訳です。
  
  
しかし、私は「そんな方法は無い!」と言い続けています。
  
  
  
という事は、私の教えより、
   
過去のネットワークビジネスの人の言うことを信じているのです。
  
  
それ、「師匠に弟子入りした人間」としてどうなの?って話です(笑)
  
  
努力をせずして成功したいヤツは、【 詐欺師の良いカモ 】です。
  
  
甘い話には罠があるのです。
  
  
という事で、私はかいじゅんの
  
「ラクして成功したいと思っている心理」を解き明かし、
   
彼の持っていた「甘い幻想」を潰しました。
  
  
  
その対価として、「邪悪霊」を食らってしまいましたが…。
   
   
自分の身を切ってでも、他人に奉仕・貢献する…。
   
【 俺、どんだけ優しいねん! 】とツッコミを入れておきます(笑)
  
  
  
だいたい、成功したいと思っているのに、努力しない人間は、
   
「ラクして成功できる方法がある」と思っているか、
  
「実際には成功からすごく遠い所にいるにも関わらず、
 自分は既に優秀で、結構イケていると勘違いしている」か、
  
  
そのどちらかでしょう。
  
  
現実が見えていないか、自分の立場がわかっていないのです。
  
  
弟子たちは高給を得ているサラリーマンでも、
堅実な企業の出世コースに乗っているサラリーマンでもありません。
  
  
もし、今のまま成長しなかったら、
  
一生結婚も出来ず、親孝行も出来ない人生です。
  
  
40歳、50歳でフリーターをやっている様な男性と、
結婚したい女性はいませんから(笑)
  
  
いくら性格が良くても、男性に経済力が無ければ、
女性は異性としては見れないと思います。
  
「人としてはいい人なんだけどね…」って感じでしょう(笑)
  
  
逆に、いくら性格が良くても、
外見や美貌にまったく気を遣わない様な女性だったら、
  
男性から見ても、異性としては見れません。
  
「人としてはいい人なんだけどね…」って感じです(笑)
  
  
物理的に、結婚するには経済力が必要です。
  
  
そして、経済力を高めるには、努力が必要なのです。
  
  
現時点で、経済力を高める努力が出来ていないという事は、
  
「男性として将来性が無い」という事と同義です。
  
  
そういう人生設計を真剣に考えられていない事自体が、
  
女性から見て魅力が無いと思います。
  
  
今のまま、成長しなかったら、
  
どれだけ面白くない、ストレスまみれの人生が待っているか?
  
  
それがわかっている子は、努力します。
 
自分の立場がわかっている子は、努力できるのです。
  
  
自分の立場がわかっていて、成功に努力が必要だと理解している子は、
  
真剣に成長に取り組めます。
  
  
真剣に努力しない子は、
  
「真剣に努力しなくても成功できる」と思っているか、
  
「成長しなかったバージョンのネガティブな人生」が
どういう感じが分かっていないか、
  
どちらかです。
  
  
陰陽表裏一体は宇宙の法則です。
  
  
何かを得るには、それ相応の「対価」が必要なのです。
  
もし「価値が高いモノ」を手に入れたければ、
「自分が支払うべき対価」も増えるのです。
  
  
【正当な対価を支払わず、何かを得たい】という事は、
 
「スーパーで万引きしたい」と言っているのと同じです。
  
  
自分が泥棒根性を持っているから、
  
同類の詐欺師を引き寄せ、騙されるのです。
  
  
  
【 ラクして成功したいヤツは、詐欺師のカモ 】
  
  
これがわかっていると、
  
人生で大きな過ちを犯す可能性は少なくなります。
  
  
本来は、親や学校で教える事でしょうけどね。
  
  
私は「本来、親や学校が教えるべきだろう」
  
という事ばかり言っています。


mixiチェック

haxe501 at 18:02|Permalinkclip!

2015年11月22日

過去の聖人(有名人)に固執する人たち

私が前々から、言いたかった事なのですが、
   
よく、【 般若心経の解釈は、ああだこうだ 】と言っている人、
  
居るでしょう?
  
  
別に、その解釈が分かったところで、
それで、「その瞬間にめっちゃ幸せになれるか? 悟れるか?」
  
って言うと、違いますよね。
  
  
幸せになる為には、【 地道な積み重ね 】です。
  
「般若心経の解釈」が分かったところで、
奇跡が起こる訳でもありません。
  
  
じゃあ、「なぜ人は般若心経に固執するのか?」っ言うと、
  
結局は、「釈迦」とか「キリスト」とか、
  
そういうビッグネームにすがりたい、【 虎の威を借る狐 】なのです。
  
  
「般若心経の解釈」が知りたいという人は、
  
【 真理を理解したい 】というモチベーションを持っている人でしょう。
  
  
しかし、真理を理解するために、
  
釈迦やキリストなどに固執する事自体、ズレています。
  
  
たしかに、釈迦やキリストは真理に到達した人でしょう。
  
しかし、釈迦やキリスト以外にも、真理に到達した人はいます。
  
  
ただ、「釈迦やキリストの教え」は、
【 結果的に、大きな宗教になった 】と言うだけです。
  
それだけの理由です。
  
  
釈迦やキリストは、
 
【 自分を特別な存在として崇めたまえ! 】
 
という様な教えを残したでしょうか?
  
  
そんな事は言っていません。
  
  
釈迦やキリストの教えは、
  
「全ての存在が等しく一つであるという事に気付きなさい」
  
という教えでしょう。
  
  
釈迦やキリストを特別視する事自体、
  
釈迦やキリストの教えに背いています。
  
  
バシャールも言っていますが、
  
「メッセージの内容」を各々が吟味するのでは無く、
「メッセンジャー自体」に依存する様になったのが、
  
宗教だと言っています。
  
  
釈迦やキリストに固執する人は、
  
結局、「地位、肩書き、名誉、名声、権威」など、
  
【 目に見える要素に囚われている 】のです。
  
  
「地位、肩書き、名誉、名声、権威」などの
【 ビッグネーム 】や【 物質世界 】に囚われておきながら、
    
目に見えない精神世界、スピリチュアルを語るな!って事です。
  
  
「スピリチュアル的に成熟した人」というのは、
   
「有名人が言っているから信じよう」という様な、
   
【 短絡的、盲信的な発想 】をしておらず、
   
  
有名無名、誰が言ったかに関わらず、 
    
【 メッセージの内容を吟味し、正しく識別できる人 】です。
  
  
キリストが言ったからどう、釈迦がいったからどう、
  
と言う人は、
  
自分の頭で考えてないし、検証もしていないし、【 盲信的 】なのです。
   
  
  
「盲信的な姿勢」では、真理に到達する事など、到底出来ません。
  
  
釈迦やキリストなどの「有名人が言ったから…」
といって盲信して、
  
メッセージの内容を自分で考えない、検証しない…、と言う人は、
   
スピリチュアルに見せかけて、【 物質世界に囚われている 】のです。
  
  
エセスピリチュアルです。
  
  
それに、2000年以上も「伝言ゲーム」を続けているのです。
  
釈迦やキリストの教えも、
長い年月を経て、そうとう歪められています。
  
  
それに、2000年前の人たち向けに伝えたことですから、
  
昔と今では、状況も全然違います。
  
  
釈迦とキリストは、有名人と言うだけで、
  
二人以外にも、
真理に到達した人、真理を語る人は、腐るほどいます。
     
  
なのに、その二人だけを崇めるというのは、
  
結局は、「有名人だから…」という、
  
【 非常に短絡的な理由 】なのです。
  
  
そんな短絡的な発想をしている人が、
 
スピリチュアル的に成熟している訳が無い。
  
  
「釈迦の発言、キリストの発言に固執する人」は、
 
ハッキリ言って、レベルが低いです。
  
  
釈迦も、キリストも、
それはそれは偉大な人物だったでしょう。
  
  
しかし、SMAPがとても魅力的なアイドルだとして、
   
SMAPのポスターを部屋中に張りまくっている、
熱狂的信者の様な人が、
   
魅力的な人物かどうかは、また別の話です。
  
  
やたらと「キリストや釈迦の発言」に固執する人は、
 
結局は、【 虎の威を借る狐 】です。
  
  
自分自身が【 虎 】になっていく事が、真理に向かっていくことです。
  
【 狐 】のままでは、到底、真理は理解できないのです。


mixiチェック

haxe501 at 19:34|Permalinkclip!

2015年11月21日

浮気・不倫は悪く無い

愛について深く追求していくと、
このテーマはどうしても避けられません。
  
  
【 「一夫一婦制」はネガティブなシステムである 】という事です。
  
  
しかし、子供の頃から、ドラマや映画などで、
  
男女関係は「一対一が正しく、美しい」という、
  
【 ネガティブな洗脳 】を徹底的に浴びせられます。
  
  
それは、「悪者を叩きのめすことが正義である」
  
という【 正義と悪との戦い 】ぐらい、自然な洗脳です。
  
  
実際は、「悪者を叩きのめすこと」では無く、
  
「本来、宇宙に善悪は存在しない」という気付きこそ、
  
二極の統合であり、ポジティブなのです。
  
  
そして、人々が正しいと思い込んでいるネガティブ観念こそ、
  
もっとも覆しにくいメンタルブロックです。
  
  
しかし、宇宙の視点から見れば、
  
「男女関係は一対一で無ければならない」
というルールは存在しません。
  
  
人間が、自分たちの都合の良いように、
勝手に作ったルールなのです。
  
  
実際、
  
好きな人は何人いても良いし、
逆に、何人から好かれても良い訳です。
  
それに制限を加えることは、
【「愛」に制限を加えること 】です。
  
  
自分の「好き」に制限を加える事など、そもそも出来ませんし、
  
それを無理矢理にやろうと思うことは、不自然でネガティブです。
  
  
私はたくさんの人と出会ってきましたが、
【浮気・不倫をしたことのある人】の割合は、非常に多かったです。
  
  
という事は、実際にやっていなくても、
「そういう願望」を持っている人はもっと多いでしょうね。
  
  
そういう人は性格の悪い人か?って言うとそうじゃなくて、
  
別に普通の人だったり、良い人だったりします。
  
  
宇宙の視点から見れば、
むしろ、浮気や不倫を経験する事によって、
  
宇宙から
  
「愛について学びなさい、視野を広げなさい、
 メンタルブロックを外しなさい」
  
という修行を課せられている様にも思えます。
  
  
  
私も過去には「一夫一婦の洗脳」をすっかり信じ込んで、
  
【 男女関係は一対一でなければならない 】
  
という、強固な思い込みを持っていました。
  
  
その思い込みのせいで、
非常に強い恐怖と独占欲、依存心が生まれ、苦しむ事になりました(笑)
  
  
「自分の好きな女性が、他の男性を選んだらお終いだ!」
  
という、強迫観念を持っていました(笑)
  
  
で、その恐怖が現実化して、
女性を好きになる度、失恋していました(笑)
  
  
でも、メンタルブロックを外し続けて来て、
  
自分自身の「女性エネルギー」を高め、
「女性に対する依存心」を減らし続けて来た結果、
  
女性に対してあまり期待をしなくなってきました。
  
  
自分が好きな女性にのめり込んでしまうのは、
「自分に足りない女性エネルギー」を求めていた訳で、
  
それを自分で補充できるようになると、
別に、そこまで追い求める気持ちも無くなって来ます。
  
  
昔は、男女関係に対して、
 
めちゃくちゃ「ヘヴィな考え」を持っていましたが、
今では、かなり「ライトな考え」に変わってきました。
  
  
例えば、自分の好きな人に別の相手がいたって、
  
あんまり動揺も無く、不快感も無いという感じです。
  
  
ここまで「無条件の愛」に近づくには、相当な修行が必要でしたが(笑)
  
  
それに、そもそも、もう女性に対して、
「のめり込む様な気持ち」も、あまりありませんから、
  
無理矢理追いかけるよりは、
「自分の事を良いと言ってくれる人を大切にしよう」という気持ちです。
  
  
もちろん、自分にも好みはありますけどね(笑)
  
でも、依存心が無くなって来ましたから、
たとえフラれても、あんまりダメージは無いです(笑)
  
 
昔は、発狂しそうなくらいのダメージを受けていましたが(笑)
 
  
「一対一でなければならない」と思っていたときは、
  
ずっと「運命の人」を探していました。
  
  
私の両親は、運命的な出会いをして、結婚したので、
  
自分もそういうのが憧れだったのですが(笑)
  
  
  
ただ、「浮気や不倫は悪い事では無い」と言っても、
  
【 責任 】という問題は常に発生します。
  
  
人間関係では、「相手に対する責任」というモノが、
  
常に発生します。
  
  
何事も陰陽表裏一体ですから、
  
幸せになろうと思ったら、その裏側の「責任」を背負う必要があります。
   
【 オイシイ部分だけ取って、責任からは逃れたい 】
  
というのは、無責任だし、上手く行きません。
  
  
【 自分も相手も、責任を背負う覚悟があるのか? 】
  
という事については、どちらか決断を下さなければなりません。
  
   
  
例えば、「私と弟子の関係」では、
  
・私は、「弟子の成長、人生を背負う覚悟」ですし、
  
・弟子自身は、「私の厳しい指導に食らいついて来る覚悟」が必要です。
  
  
結婚もそうだと思いますが、「深い関係になる」という事は、
  
「片一方の覚悟」ではダメで、【 お互いの覚悟 】が必要です。
  
  
私の覚悟が出来ていても、相手に覚悟が出来ていない場合は、
   
悲しいかな、関係は成立しない訳です。
  
  
師弟関係も、商売の関係も、男女関係も、
  
「深い関係」になるのであれば、互いに【 責任 】が発生し、
  
それを背負っていく【 覚悟 】が必要になります。
  
  
【 責任を背負う覚悟 】が無いと、「深い関係」は成り立ちません。
  
  
男女関係において、責任を背負いたくない人も多いでしょうが、
  
それだと、「浮気、不倫は悪く無い」と言ったところで、
  
もっと根本的な、「人として…」という部分で問題は発生します。
  
  
私自身は、【 覚悟を背負う 】という事には慣れていますから、
   
どんな責任でも、
出来る限り大きな責任を背負って生きていきたいと思っています。
  
  
という事は、私の近くに居れる人は、
  
同じく【「責任を背負う覚悟」を決めれる人】だと思います。
  
  
そういう「強い人」を、私は常に求めています。
  
  
そういう人が増えれば増えるほど、私の人生は楽しくなりますね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 16:21|Permalinkclip!