2015年10月

2015年10月04日

感情に対する欲求

32歳になりました。
  
と言っても、特に感想はありません(笑)
  
  
私は、【 大筋、大枠、大局 】で物事を視るので、
  
20代から30代に突入するときには、
いよいよかぁ…と思いましたが。
  
31が32になる事に対しては、特に何も感じません(笑)
  
  
でもまぁ、この一年を振り返ると、
ものすごく経済的に豊かにならせてもらったなぁと思います。
  
  
私は、収入もまだまだ低いし、支出は多いし、
全然「金持ち」じゃ無いんですけど、
  
でも、「金持ちに近しい生活」はしているなと思います。
  
  
何故かというと、
  
無駄な仕事はしないし、無駄な事にお金は使わないので、
ものすごく燃費(効率)が良い訳です。
  
  
私から見ると、ほとんどの人は、
  
・お金を稼ぐために、無駄な「労力と時間」を割いていて、
・お金を使うときも、無駄な事に「お金」を使っています。
  
  
だから、見栄え的には、
「大きな数字」を動かしている様に見えても、
  
実際のライフスタイルで言うと、
「そんなにラクをしていない」という人が多いと思います。
  
  
で、金持ちに近しい生活をさせてもらって、
ある程度、欲しいものは何でもすぐに手に入る様になりました。
  
  
貧しい頃は、
欲しいモノがあっても、お金が無いから我慢する…、
   
という事をしていましたが、それから比べると、
欲しいと思った瞬時にモノが手に入るので、非常に快適です。
  
  
それに、私には高い目標がありますし、
まだまだ豊かさのレベルを上げていきたいと思っていますから、
  
これからも、自分の豊かさは加速度的に高まっていくと思います。
  
  
ただ、欲しいモノはすぐに手に入って快適なんですけど、
  
次は、【 感情を満たしたい 】という欲求が出てきました。
  
  
でも、今まで「自己投資」ばかりしてきて、
あまり遊び慣れていないので、
  
「どういう事をすれば自分の感情が満たせるのか?」
   
というテーマについては、まだまだ自己分析不足です。
  
  
で、いろいろ考えて見たのですが、
  
やっぱり、アート、エンターテイメント、旅行、趣味、遊びなどが、
  
自分の感情を満たしてくれるモノだと思います。
    
  
素晴らしい「アート」や「エンターテイメント」は、
自分の感情を揺り動かして、満たしてくれます。
  
「旅行」や「遊び」などの体験は、
マンネリ化する日常に対して、良い気分転換になります。
   
自分の「趣味」を持ち、「表現」をする事によって、
表現する喜びを感じる事が出来ます。
  
  
自分がそういう身分になって初めて、
お金持ちが「アート」にお金を掛ける理由がよく分かりました。
  
  
優れたアートは、「感情」や「感覚」を揺さぶるからです。
  
  
お金持ちなどの豊かな人にとっては、
生活に必要なモノはすぐ手に入るので、
     
「体験」や「感情」など、
特に【 目に見えない領域 】にお金を掛ける訳ですね。
  
  
私もこれから「新しい体験」をして、
「ポジティブな感情」をたくさん感じていきたいと思います。
  
  
これから数十年後、
ポジティブな世界に生き残った人は、
    
人々が「生活の為の労働」から解放され、
【 純粋に楽しい事だけをやっている世界 】になるらしいです。
   
  
もちろん、そういった世界にシフトするには、
今から自分を成長させ、試練を乗り越えていく必要あります。
  
  
私は今から一足先に、その世界を体験させてもらいます。
  
  
私の周りに居る弟子やお客さんも、速く成長して、
  
私と一緒に「楽しい体験や感情」を共有できる様に
なっていってもらいたいと願っています。


mixiチェック

haxe501 at 02:37|Permalinkclip!

2015年10月03日

「欲」と「真剣さ」

近頃は、他人に「お金や経済の話」をする機会が増えてきました。
  
  
私のメソッドを理解して、忠実に実行していれば、
  
それまでストレスまみれで苦しんでいた人も、
早い人なら数ヶ月くらいで人間関係のストレスが大幅に減って、
   
その後は、何か問題が起こっても、
自力である程度解決できるような実力が身につきます。
  
  
私は、「心理→経済→健康」と言っていますが、
  
人間関係の悩み、心理ストレスがなくなったら、
次は、「経済のステージ」に進むわけです。
  
  
しかし、私がいくらお金や経済の話をしても、
  
本人の「強い学習意欲」が無ければ、
私の伝えたい事がまったく伝わらないのです。
  
  
国本さんに対しても、
お金と経済の話はいままで腐るほどしてきましたが、
  
数日前にようやく「やる気のスイッチ」が入ったようで、
  
本人のやる気が出たら、
私の伝えたい事をようやく理解できるようになりました。
  
  
結局は、【 本人のやる気、学習意欲 】が一番大切です。
  
  
私が教える事は、誰に対しても常に同じです。一定です。
  
しかも、万人に共通して結果が出せる方法です。
  
  
でも、出る結果に差があるのは、
【 本人の姿勢(やる気、素直さ、真剣さ)の差 】です。
  
  
私は、常々、「浴びるエネルギーが一番大切だ」
  
という風に言っていますが、
  
結果が出ていない人は、
  
・ネガティブなエネルギーを断つことにも、
・ポジティブなエネルギーを積極的に浴びる事にも、
  
それほど真剣では無いハズです。
  
  
私や国本さんの元にやってくる人は、
何らかの悩みを抱えている人が多いです。
  
何かに困っていないと、
わざわざセッションを受けようという動機にならないですから。
  
  
でも、私のメソッドを忠実に実行する人は、
すぐに悩みが消えてしまいます。
  
  
人間、「苦しい事から逃れたい」という気持ちは
誰でも強いですが、
  
困ったことが無くなった状態で、
さらに上を目指していこうと思える人は少ないかもしれません。
  
  
だから、「お金と経済の話」を真剣に聞くためには、
  
【 自分の欲望を素直に肯定できている事 】が大切です。
  
  
成功者は、自分の欲に素直です。
  
自分が欲深いことに対して、罪悪感がありません。
  
  
そもそも、欲は悪いモノではありませんし、
  
ネガティブな人は、ネガティブな欲の満たし方をして、
ポジティブな人は、ポジティブな欲の満たし方をするだけです。
  
  
例えば、「自分の気分を良くする方法」だって、
  
他人をいじめて、自分の気分を良くしようとする人もいれば、
他人に親切にして、自分の気分を良くしようとする人もいます。
  
  
「自分の気分を良くしたい」という欲が悪い訳ではありません。
  
【 欲を満たす方法 】に、ポジティブ、ネガティブがあるのです。
  
  
大金を得る方法だって、
  
「お客さんに高い価値を提供し、
 喜ばれながら商売で成功する」という方法もあれば、
  
「銀行強盗をする、泥棒をする」という方法もあります。
   
   
欲自体に問題は無く、
問題があるとしたら、【 欲の満たし方 】に問題があるのです。
  
  
で、ポジティブな正攻法で収入を高めていこうと思ったら、
   
やはり、【 他人に高い価値を与える 】という事が必要です。
  
  
その為には、自分に厳しくあらねばなりません。
  
  
1.自分に厳しくして、欲を満たしていくか
 
2.自分を甘やかして、欲を諦め、我慢を続けるか
  
  
もう、このどちらかしか無い訳です。 
  
  
しかし、【 言い訳、責任転嫁、現実逃避の達人 】は、
   
「なんとか、自分を甘やかしながら欲を満たす方法は無いか?」
  
っていう、「無駄過ぎる質問」に頭を使ってしまうのです。
   
   
それが出来るとしたら、
【 一方的に他人に依存し、甘える 】という方法しかありません。
  
  
しかし、それは持続可能ではありませんし、
いつまでも他者に依存して、甘えられる訳ではありません。
  
  
いずれは、必ず破綻してしまうのです。
   
   
そして、破綻した暁に、窮地に立たされるのです。
  
自分を甘やかすという事は、結局は「一時しのぎ」でしか無いのです。
  
  
私は、いずれ破綻するような事は教えません。
  
長期持続可能なことだけを教えますから、
  
やっぱり正攻法で、
「自分に厳しくして、他人に高い価値を提供出来るようになろう!」
  
という事を伝えるのです。
  
  
私の伝えている内容は、誰に対しても常に同じです。
  
しかし、「学ぶ側の吸収率」には、大きな違いがあります。
  
  
めちゃくちゃ吸収できている人もいれば、
まったくと言って良いほど、ほとんど吸収できていない人もいます。  
  
  
それは、
  
・「自業自得、自己責任、自立」で生きているか?
・「責任転嫁、言い訳、保身、現実逃避、依存」で生きているか?
  
  
どこまで行っても、その違いでしかありません。
  
  
相手が「責任転嫁、言い訳、保身、現実逃避、依存」をやめた時こそ、
  
私の伝えたい内容が、ストレートに伝わる瞬間なのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:08|Permalinkclip!

2015年10月02日

一流の人間から学べること

最近、YouTubeで、
様々な業界の「トップレベルの人物の特集」を見ています。
  
  
教育者、スポーツ選手、高IQの天才、棋士、などなど。
  
  
第一線で活躍している人たちの
「仕事ぶり、考え方」をリサーチしています。
  
  
そこで、羽生善治さんが、
「30歳を越えると、記憶力が落ちてきた」と言っていたり、
  
予備校の講師が、
「数学者は20代ぐらいしか良い仕事ができない」と言っていて、
   
結構、頭脳労働者もスポーツ選手と同じで、
身体能力の影響が大きく、【 20代が旬 】なんだなと思いました。
  
  
30歳以降は、身体能力が衰えていくので、
  
それ以外の「経験、人脈、人間力などの総合力」で
勝負していかなければならないのでしょう。
  
  
やっぱり、10代、20代って、
がむしゃらに目の前の事に集中できますし、
  
【 10代、20代の時期にしかできない事がある 】
  
という事です。
  
  
私は、それがなんとなく分かっていたので、
【 20代が勝負だ! 】と思って、
  
全力で20代を生きてきました。
  
  
15歳〜20代は本当にしんどかったですが、後悔は無いですね。
  
自分でもよく頑張ったと思います。
  
  
確かに、今、20代の頃と同じように、集中して研究できるか?
って言うと、難しいかも知れません。
  
そこまでの集中力は持てないかもしれません。
   
  
これからも何かしらの研究は続けていきますが、
   
もし、これからも良い研究が出来るとすれば、
20代の頃に土台を作ってきたからこそだと思います。
    
  
最近、弟子たちに対して、
  
「どうやったら飛び抜けた自信が持てるか?」
  
って言う話をしていますけど、
  
自信って、【 勇気、努力、結果 】によって身につくと思います。
  
  
・誰もが逃げたくなるところで勇気を出せば、自信が付く
・誰もが真似できないような努力をすれば、自信が付く、
・誰もが真似できないような結果を出せば、自信が付く、
  
  
普通の人が真似の出来ない様な
【 勇気、努力、結果 】を出す事よって、
  
飛び抜けた自信が身につきます。
  
  
怖いことから逃げてばっかり、
しんどい事から怠けてばっかりの人間に、
  
自信など付くわけがありません。
  
  
イチローも、高校3年間、
一日も休まず素振りをしたと言っていますが、
  
【 自分は他の人には真似の出来ない事をした! 】
  
っていう経験が、強い自信に繋がると思います。
  
  
あと、高IQの天才を見ていて、
「天才の孤独」っていうのにも共感しました。
  
  
どんなジャンルであろうとも、トップに立つという事は、
【 同じ目線で語れる相手があまり居ない 】という訳です。
  
  
私も、人とコミュニケーションを取るときに、
  
・相手に教えたい
・自分が学びたい
・相手に共感したい
・自分に共感してもらいたい
・相手を笑わせたい
・自分が笑いたい
  
と、いろんなニーズがありますが、
すべてが満たせているわけではありません。
  
  
私は、相手に教えること、共感すること、笑わせること
は、出来ていると思いますが、
  
・自分に何かを教えてもらう
・自分に共感してもらう
・自分を笑わせてくれる
 
ということが、比較すると非常に少ないわけで、
   
コミュニケーションにおいても、
与えることばかりで、受け取っていないわけですから、
  
そういう自分に何かを与えてくれる相手が欲しいですね。
  
  
そういう相手は、
だいぶと知的である必要があると思いますが(笑)
  
  
やっぱり私は「知的な話」がしたいわけで、
  
弟子に対しても、
 
雇われの弟子に「基礎力上げろ」っていうよりも、
自営業の弟子に対して「ビジネスの話」をする方が楽しいです。    
  
  
将来は、日本中、世界中の賢い人たちと、
「知的な会話」がしてみたいです。
  
  
自分とは違う業界の天才たちと喋って、
いろんな事を教えてもらいたい。
  
  
やっぱり私は、
「学ぶ事、考える事、教える事」が、何よりも好きな様です。


mixiチェック

haxe501 at 17:23|Permalinkclip!

2015年10月01日

地上の天国

今日は、ヨドバシで髪の毛が真っ黒の
「いしぐろさん」を発見しました(笑)
  
真剣な表情を見て、
改めて、「働く」って尊い事だなぁと思いました。
  
  
そして、私としては、
  
「一日でも早く、次のステージに進んで欲しい」
という気持ちを新たにし、
  
自分に出来る事をもっと追求しようと思いました。
  
  
自分がいくらラクを出来る様になったとしても、
やはり【 現場を見る 】って事は大切です。
  
自分が現場で働いてばっかりいても、
「教育」や「頭脳労働」は出来ませんが、
  
「現場をまったく見ない」というのも問題ですね。
  
  
私は、いくら自分が幸せになろうとも、
   
他人の苦しみが明確にイメージ出来るので、
人を助けたいというモチベーションが落ちることはありません。
  
  
他人の苦しみに共感できない人は、
そもそも、他人を助けようとは思わないでしょう。
  
  
私にとって、「雇われて働く」という事は、
苦痛でしかありませんでした。
  
それに比べれば、今は本当にストレスがありません。
  
  
・理不尽な上司もいない
・好きなときに寝て、好きなときに起きられる
・やり甲斐のある自分の好きな仕事だけやっている
  
【 ライフワーク&自営業 】は、最高です。
  
  
国本さんや吉田さんに対しても、
「やりたくない仕事はやらなくていい」と言っていますし、
  
本人がやりたくない事を強制した事は一度もありません。
  
  
ただし、面倒くさく感じても、
【 結果を出すためにどうしても必要不可欠 】
   
という事もあります。
  
  
例えば、「運動」なんかもその一つでしょう。
  
  
その場合は、なぜ必要不可欠なのか?
  
という事を理解してもらいます。
  
  
そうすると、「結果を出す為ならやろう!」って気になりますし、
  
意義を理解すれば、
「やりたくない事」も「やりたい事」に変わるのです。
 
   
  
しかも、私の心理メソッドを用いれば、 
人間関係においても、質がどんどん高まっていくので、
  
私の心理メソッドを忠実に実践している人は、
 
仕事上でも、
【 変な客、わがままな客が減って、客層が上がっている 】
  
と言ってくれます。
  
  
だから、人間関係のストレスも大幅に減るわけです。
   
   
私が企業を支援するとしたら、
   
「社員に長く働いてもらおう」という会社より、
「社員を鍛えて、どんどん独立させてやろう!」という会社の方が、
   
根本の価値観が合致しているので良いですね。 
  
  
なぜなら、今後は会社組織自体が衰退していくと思うからです。
  
個人の自立を支援していく方が、時代の流れに合っています。
  
  
  
私の役割は、人生における【 超高性能カーナビ 】です。
  
目的地を入力してもらったら、
障害の出来る限り少ない「最短ルート」を示す事が出来ます。
  
  
しかも、目的地を決める為のアドバイスまで出来ちゃう(笑)
  
  
ただし、私が代わりに運転してあげる事は出来ません。
  
運転するのは、あくまでも本人です。
  
  
だから、いくらカーナビが最短ルートを示しても、
  
運転手が
 
・「寄り道したい」とか、
・「遠回りしたい」とか、
・「アクセルを踏みたくない」とか言ったら、
 
その意志を尊重するしかありません。
  
  
私は、あくまでも「ナビ」としての役割と品質を、
極限まで追求するしかありませんけどね。
  
  
弟子たちの中にも、私のナビ(指導・助言)に従わず、
  
まったく逆方向に逆進している様な子もいましたが、
そういう子は必ず現実で頭を打ち、痛い目を見ます(笑)
  
  
そういう子は、
私のナビを全面的に信頼していないという事ですし、
  
「他人を信じられない」という事の根本原因は、
【自分自身を信じていない】という事なのです。
  
  
私は、自分を信じているから、他人も信じられるのです。
  
  
過去の国本さんは、
自分も信じていなかったし、他人も信じていませんでした。
   
  
でも、成長を続けていく上で、
自分を信じられる様になり、他人を信じられる様になってきました。
  
  
厳密に言うと、
  
私は他人を信じるばかりで、他人を疑う事が欠けてしましたし、
国本さんは、疑うばかりで、信じる事が欠けていましたから、
   
両方のバランスが大切です。
  
  
私が信じられると思う人は、
  
【 奉仕精神がある人 】です。
   
   
「自分が苦しい状況でも、他人への思いやりを絶やさない」
  
つまり、
【 目先の損得勘定より、美学や信念、正義感を優先する 】
  
そういう人が、信じるに足る人です。
  
  
私の周りに集まってくる人は、
大なり小なり、そういう部分を必ず持っています。
    
  
だから、私はそういう人たちの可能性を信じることが出来ます。
   
    
たまに、奉仕精神が無い人も目の前に現れたりしますが、
  
そういう人は、すぐに居なくなってしまいますね。
  
  
私も、そういう人を応援しようとは思えないですから。
  
  
「奉仕精神がある」って事は、本当に素晴らしい事です。
  
それだけ、【 魂のレベルが高い、成熟度が高い 】という事です。  
  
  
そういう人は、
  
自分の才能を活かして、大勢の人々に貢献していく方が、
自分も人生が楽しいし、全体の為でもあるのです。
  
  
ただ、奉仕精神があっても、恐怖が強ければ、
   
「保身に走りたくなるようなチキン根性」が
表に顔を出すこともあります。
    
  
でも、恐怖を消していけば、
純粋な奉仕精神だけが残るようになります。
  
  
ですから、
「奉仕精神」と「恐怖心」のせめぎ合いが起こったときに、
  
恐怖心をひとつひとつ乗り越えていく事が大切です。
  
  
利己的な人たちが集まれば、奪い合いが起こってモメますが、
 
奉仕精神溢れる人たちが集まれば、
与え合いの天国の様な社会になります。
  
  
良い人に囲まれるって事が、地上の天国ですね。


mixiチェック

haxe501 at 16:34|Permalinkclip!