2015年04月

2015年04月11日

優しすぎる男

私の弟子になる子は、
  
「優秀な人間でありたい」という、
とても強い想いを持っている子が多いです。
  
  
それ自体は良い素質ですし、とても素晴らしい事ですが、
  
ただ、その反面
  
・現在の自分の未熟さを認めたく無い
・現在の自分を優秀な人間だと思って欲しい
  
と言うような気持ちも、自然と強くなるわけです。
  
  
しかし、
  
【 現在の自分を優秀な人間だと思って欲しい 】なんて気持ちは、
  
成長にとって害悪、邪魔にしかなりません。
  
  
それは言い換えると【見栄、強がり、虚栄心】です。
  
中身が無いのに、「外側だけ良い格好をしたいだけ」です。
  
  
そんな気持ちを持ち続けている限り、
  
中身が良くなっていく事は絶対にありません。
  
  
ですから、私はまず、
  
「現在の自分を優秀な人間だと思って欲しい」
「他人から優秀な人間だと見られたい」
  
という気持ちを捨てさせます。
  
  
どうするか?
   
   
「現在の自分がいかに未熟でしょぼい人間か?」
 
を理解させます。
  
  
当然、相手はイヤな気持ちがするでしょう。
  
  
でも、その「イヤな気持ち」を乗り越えられなければ、
  
成長・幸せ・成功などあり得ない訳です。
  
  
だから、私の最初の仕事は、
  
【 相手にイヤな気持ちをさせること 】です(笑)
  
  
本当に優秀な子は、自ら「ネガティブ感情」と向き合いますが、
  
「イヤな気持ち」から逃げ続ける子に対しては、
【イヤな気持ちを感じろ!】と、尻を叩かざるを得ません。
  
  
【借金取り】も同じですね。
  
毎月、ちゃんと返済している人の所には、「借金取り」は来ないのです。
   
返済の責任から逃げようとする「甘えた人間」の所に、
「返済を迫る、厳しい借金取り」はやってくるのです。  
  
  
【現在の自分は本当に大した事が無いのに、
 他人には大した人間だと見られたい】
  
なんて言う、くだらない幻想を見ているから、
目を醒まさせなきゃならないのです。
  
  
私は常々、「自分って優しすぎる人間だな」と思いますが、
 
本当に他人の事などどうでも良ければ、
自分に負担となるややこしい相手とは、関わろうとしません。
  
  
他人に厳しくするのって、疲れるし、しんどい事なのです。
  
相当にエネルギーが必要な事です。
 
  
でも、私は相手の人生を想うからこそ、
自分にいくら負担・負荷をかけられても、
 
エネルギーを割き続けるわけです。 
   
  
【本当に自信がある人】と言うのは、
  
「自分の無能さ、無力さも理解している人」です。
  
  
他人の世話にならなきゃ、
自分一人では何も出来ないと解っている人です。
  
「他人が毎日働いてくれなきゃ、
 自分はまともに生活できないんだ」と解っている人です。
  
  
・パソコンも、携帯電話も、自分で作った訳でも無い 
・お米も、野菜も、自分で育てた訳でも無い
・肉も、魚も、自分で獲ってきた訳でも無い
  
自分が毎日生活できているのは、
自分以外の誰かがやってくれた仕事の結果なのです。
  
 
自分一人では、本当に何も出来ない。
  
 
それを忘れて、他人に対して、
見栄を張ったり、強がったり、偉そうにしたりするのは、
  
「自信の無い人」がやる事です。
   
  
自分に自信が無いから、見栄を張って、強がって、偉そうにして、
【他人の評価】を欲しがるのです。
  
  
精神的に成長していくという事は、
 
・自分の素晴らしさに気付いていくこと
・自分の無力さに気付いていくこと
 
その両輪です。
  
  
「自分の素晴らしさ」は認めたいけど、
「自分の無力さ」は認めたく無いという人は、
  
現実で痛い目を見て、
宇宙が「自分の無力さ」を思い知らせてくれる事になるでしょう。
  
  
過去のホリエモンみたいに、
 
他人に対してめちゃくちゃ偉そうに振る舞っていたら、
刑務所に入れられてしまうのです。
    
  
・本当に自信があって強気の主張をする事と、
・自信が無いから強がって見栄を張ることは、
  
【見た目は同じ】ように見えても、【中身が真逆】なのです。
  
 
それをきちんと識別、判別し、区別する事が大切です。  
 
 
 
どんなに優秀な人間でも、宇宙の力学には勝てません。
  
宇宙の法則の前では無力なのです。
  
  
人間はみんな、高い所から落ちたら死ぬのです。
  
それは、「重力(という力学・法則)には逆らえないから」です。
  
  
私は現実で痛い目を見るのはスマートでは無いし、
できれば避けて欲しいと思うので、
  
先回りして、自分の無力さを解らせようとするのです。
   
  
それも、私の優しさです。
  
  
その私の優しさが解らないって言うのは、
  
相当、視野が狭いと言わざるを得ません(笑)
  
  
国本さんも、精神的に成長して、視野が広がれば広がるほど、
  
私の「底なしの愛の深さ、優しさ」に驚いています。
  
  
他人の愛に気付いていくのも、成長の証、成長のプロセスです。
  
  
それも、「自分の未熟さ、無力さ、無能さ」を受け入れたその先に、
  
理解できる様になるのです。


mixiチェック

haxe501 at 02:00|Permalinkclip!

2015年04月09日

「お金の使い道」を知っていること

昨日、弟子の佐々木さんから、
「仕事に対するモチベーションが下がって困っている」
  
という相談を受け、話をしてきました。
  
  
5分、10分話したら、やる気が復活してきたみたいなので、
思ったより単純な話だったみたいです(笑)
  
  
で、せっかく時間も取ったことだし、
しかも歌が上手くなりたいと言っているので、
  
良い経験になるだろうと思って、
プロの演奏を聴きに、ジャズライブに行くことに。
  
  
そして、開演まで時間があるので、
近くのバーで飲みながら待つことに。
  
  
私の弟子は若い子で22〜23歳くらいですが、 
  
私は、平凡な22、3歳なら、
まず経験しないであろう事に、弟子を連れ回しています。
  
  
これも、メンターとしての大切な役割ですね。
  
つまり、【 (自分一人では積めない)経験を与える 】という事です。
  
  
ただお金を持っていても、「お金の有効な使い道」を知っていなければ、
  
それは「お金を有効に使いこなしている事」にはなりません。
  
  
私は、無駄が嫌いの「効率の鬼」ですから、
  
費用対効果の高いお金の使い道というのも、
徹底的に研究してきました。
  
  
「まだ独立・成功していない人が、独立・成功する為に、
 何にお金を使っていけば良いか?」
  
という質問をされたら、
私はその人にとって【最善の方法】を提案できる自信があります。
  
  
私は、弟子に対して、
  
「心理と波動のメカニズム」や、
「自分の才能を発見する方法」だけでなく、
  
・生き方について
・仕事について
・上品な立ち振る舞い
・場の空気を読むこと
・収入の高め方
・お金の使い方
・健康に関する知識
  
ありとあらゆる事を教えています。
  
  
こんな事は、普通
「自分の親から教えてもらう事だろ」って事も教えているので、  
   
ホント、父親代わりだと思いますね(笑)
  
  
もし私がもっと若い頃に、
今の自分の様なメンターがいれば、
 
そりゃスムーズに成長出来たでしょうけどね。
 
 
まぁ、私は研究者であり、教育者ですので、
  
「失敗を経験をしたり、自分で新しい事を発見する事」が、
自分の役割を全うする上で大切な事ですから、
  
私の今まで辿ってきた道のりは、それで良かったのですが。
  
  
でも、弟子は研究者ではないので、
  
自分で発見する必要は無くて、
私が発見したことを教えれば済む話です。
  
  
さっさと成長して、私の研究成果や指導がどれだけ優れているか?
目に見える形で証明してもらえれば、それが私の得る報酬です。
  
  
私は過去の記事でも毎度毎度書いていますが、
  
【優れたメンターの影響力】というのは、何よりも強いです。
  
  
「元から優秀」という街道を通ってきた人にとっては、
別にメンターの助力がそれほど無くても、ある程度の結果を出せますが、
  
「元から優秀」という部類で無い人間は、
  
メンターに師事して、ピッタリと張り付いていくのが、
最も速く成長・成功していけるルートです。
  
  
私の現在の弟子たちの中には、
私に弟子入りしなかったら、路頭に迷っていたんじゃないか?
  
っていう様な子もいます(笑)
  
  
でも、私に弟子入りしたから人生大逆転ですよ(笑)
   
  
陰陽表裏一体ですから、
「今まで苦労してきた人ほど、将来有望だな」と思いますし。
  
  
「闇」が大きければ大きいほど、
ひっくり返した時の「光」は大きくなります。
  
  
ただ、その【ひっくり返し方】を知らなければ、
大きな「闇」に押し潰されて、それで終わってしまいます。
  
  
私はオセロみたいに、
その人が抱えてきた「闇」を、「光」にひっくり返しまくっています。
  
  
2015年は、これからアセンションしていけるかどうか?
【ラストチャンス】と言っても良いような年だと思います。
  
  
最近は、「駆け込み寺」の様に、新しい人が次々やってきます(笑)
  
  
私は、成長して、幸せになったり豊かになったりする為の、
「やる気」と「勇気」以外のモノは提供しています。
  
  
今現在のレベルの高低は問いません。
  
「やる気」と「勇気」だけ持って、来て下さい。


mixiチェック

haxe501 at 07:41|Permalinkclip!

2015年04月07日

本音・本心をさらけ出して生きる

昨日、弟子やお客さんと共に、京都を巡ってきて、
途中に立ち寄ったカフェで、ちょっと話をしました。
  
   
それは、「本音で生きた方が良い人間になれる」
  
という事です。
  
  
私は小さい頃からウソが苦手で、
ウソを付くとめちゃくちゃ動揺してしまって、
  
すぐにバレてしまうのです。
  
  
そして、兄にウソを付いてバレると、
ボコボコにされて、酷い目に遭のです(笑)
  
  
「あぁ、ウソを付くって大変だな…」と思いました。
  
  
もしウソを付いたら、
  
バレないかどうか? ずっとヒヤヒヤしなきゃいけないし、
もしバレたら、酷い目に遭います。
  
  
だから、私は【ウソを出来る限り付きたくない】と、
子供ながらに思ったモノです。
  
  
じゃあ、「ウソを付かずに生きて行くにはどうしたら良いか?」って、
  
【元から、他人にバレたら困る様な、やましいことはしない】
  
という生き方を、出来る限りしていくしか無いんです。
  
  
ですから、【嘘禁止】にしたら、
みんな良いヤツになるしか無くなるのです。
  
  
【 全人類、嘘禁止、本音しか言っちゃいけない 】
 
という風になったら、みんな良いヤツになって、
世の中良くなるしかありません(笑)
  
  
もし、他人を騙そうと思っているヤツがいても、
嘘禁止だったら、騙せないですからね(笑)
  
「今からあなたを騙そうと思ってます!」
  
なんて、本音を宣言したら、相手を騙せません(笑) 
  
  
例えば、自分が、
 
「醜いこと、卑しいこと、やましいこと」を考えていて、
それがすぐ他人にバレてしまうとしたら、
  
周りから白い目で見られますし、
「そんな自分を変えよう!」って思いますよね。
  
  
でも、何時でもウソを付いてやり過ごせるとしたら、
  
いつまで経っても「自分を変えよう!」とは思いません。
  
  
自分の中身を変える事なく、表面的に言うことをコロコロ変えて、
環境に合わせて色を変えるカメレオンの様に生きていく事になります。
  
  
ですから、「本音で生きる!」と決断すると、
  
自分の中身を変えたくて変えたくて仕方無くなります。
  
  
自分の中身を変えずに、ウソばっかり付いて生きていくとしたら、
  
そんな生き方は、しんどいですよね?
  
  
ウソはどうせバレますし、他人から信頼もされないし、
ずっとヒヤヒヤ、モヤモヤしながら生きていかなきゃいけません。
  
  
「本音で生きる」と決めると、
 
自分の中に、
醜い部分、卑しい部分、やましい部分があって、
 
でも、それを他人に隠せないとしたら、
自分の「腹の内」をキレイにするしかありません。
  
  
本当は腹黒くても、ウソを付いて他人を騙せるから、
いつまで経っても、腹黒さは変わらないのです。
  
  
しかし、私は心理のプロなので、
たいていの場合、私にウソは通用しません(笑)
  
  
だから、私とコミュニケーションを取る人は、
本音で語らざるを得ないし、
 
本音を隠したがる人は、私の事が怖くなると思います。
  
  
自分が隠したい本音を見抜かれてしまうからです(笑)
  
  
逆に言うと、私と付き合っていると、
  
本音で生きるしかなくなるので、どんどん良い人間になっていきます(笑)
  
  
まず、本音で生きようと思うと、
  
【 自分がどれだけ醜く、卑しく、やましい事を考えている、
  未熟で、情けない人間か? 】
  
という事を思い知ると思います。
  
  
でも、本音で生きていくには、そんな自分を変えていかなければなりません。
  
  
・自分の本心をキレイにして、真っ直ぐに気持ち良く生きていくか?
・自分の本心は汚いままで、表面的にキレイに取り繕って生きていくか?
   
   
このどちらかしかありません。
  
  
本音で生きようとすると、
他人から批判され、叩かれる事もあるでしょう。
  
  
でも、本音を言って、もし自分が痛い目を見たら、
  
「あぁ、自分のこういう所が悪かったんだな…」と思って、
自分の考えを修正しようと思います。
  
  
でも、ウソをついて生きている人は、
その【修正の機会】すら無いのです。
  
  
という事は、
  
【いつまで経っても、自分を変えるチャンスがやってこない】
  
という事です。
  
  
・ウソを付くと、その場はラクかも知れませんが、後々ずっとしんどい。
  
・本音で生きると、初めはしんどいかもしれませんが、後々ずっとラク。
  
  
どっちを選択するか? です。
  
  
ウソが付けない社会になったら、
一瞬で世の中は良くなるしかありません。
    
  
【表面的】に偽って、ウソで塗り固めて、何とかやり過ごしているから、
 
いつまで経っても【中身】が変わらないのです。
  
  
【表面】を偽れなくなったら、【中身】を変えるしかありません。
  
  
ウソを付き続けるのって、窮屈でしんどい生き方ですよ。
   
本音で生きたら、めちゃくちゃスッキリしてラクです。
  
  
良い人間になりたい? 幸せに生きたい?
  
のであれば、まず【本音を語る習慣を持つこと】です。


mixiチェック

haxe501 at 04:46|Permalinkclip!

2015年04月06日

クリエイター or 農家

これから、ますます画期的なテクノロジーが生まれてくる訳ですが、
  
そうなると、当然ながら、
  
今まで人間がやっていた仕事を、
テクノロジーが奪っていくことになります。
  
  
それは、「産業革命」の時も、「IT革命」の時も同じです。
  
  
イノベーションと言うのは、旧い物事を破壊してくのです。
  
ですから、今まで存在していた多くの仕事が
失われていくことになるでしょう。
   
 
技術革新は、大量の失業者を生むのです。
 
   
ですから、
  
【 「機械、ロボット、コンピュータ」には、絶対に出来ない 】
  
という仕事をしていかないと、職を失う可能性が非常に高いわけです。
  
  
で、テクノロジーに仕事を奪われ、
職を失った人はどうなるのか?って言うと、
   
「農業に携わる可能性が非常に高い」と思われます。
  
  
これは、チャネリングの情報でもそうですし、
理屈で考えてもそうなる可能性は高いと感じます。
  
  
ですから今後は、
  
・頭脳労働者、クリエイター、ライフワーカーとして生きるか?
・田舎で農業をしながら暮らすか?
   
という、ざっくり大きく分けて「2方向の生き方」を迫られると思います。
  
  
別に、農業をバカにしている訳では無く、農業は重要です。
  
重要だからこそ、そこに人が流れていく訳です。
  
  
・自分の才能を開花させて生きていくのか?
・テクノロジーに仕事を奪われて、田舎に引っ越して暮らすか?
  
  
現在の時期というのは、
  
【どちらの生き方を選択するのか、迫られている時期】
と言っても、過言では無いと思います。
  
  
正直、田舎暮らしも悪くないと思いますよ。
  
都会でストレスにまみれて生活するより、
幸せだと思います。
  
  
「農業が大好き、農業が天命」と言って、自ら田舎に引っ越す人もいれば、
 
「仕事が無いから仕方無く…」という理由で引っ越す人もいるでしょう。
  
  
どちらにしても、
  
「自らのクリエイティブな才能」を開花させない限り、
  
テクノロジーに仕事を奪われる可能性大です。
  
  
自分の才能を磨くこと無く、
目の前のルーチンワークをただこなしているだけでは、
  
【 ワクワクした未来 】には辿り着けないのです。
  
  
今ここで、
  
【自らの才能を自覚し、開花させ、磨いて行く選択】をしないと、
  
10年後、20年後、本当にどうなるかわかりません。
  
  
目先の日銭を追っているだけでは、
【長期的な豊かさ】は手に入らないのです。
  
  
私は、【人が持つ固有の才能を開花させる仕事】をしていますので、
  
長い目で見て、「ワクワクしながら豊かに暮らしたい人」は、
  
覚悟を決めて、やってきて下さい。


mixiチェック

haxe501 at 09:46|Permalinkclip!

2015年04月05日

「戦争」と「軍事」

・集団的自衛権
・憲法九条
・自衛隊
・戦争
  
今の総理大臣になってからですかね?
  
そういう話題が頻繁に出てくるようになったのは。
  
  
で、巷では様々な議論が繰り広げられている訳ですが、
  
現実的な話をすれば、
今のところ、「自衛のための軍事力」は必要です。
  
  
敵が殴り込んできているのに、抵抗出来ないというのは、
  
「怪獣がやってきても、ウルトラマンが戦わない」
  
という事と同じです。 
 
 
そうなれば、壊滅します。
  
  
ただ、「誰が怪獣なのか?」と言う話です。
  
【 どこが攻め込んでくる事を想定しているのか? 】
  
という事です。
  
  
将来に対して、何らかの「リスクや危険、危機」を想定しているから、
対処したいと思う訳で。
    
そのリスクって何でしょうね?
  
  
もしかしたら、敵を想定しているのでは無く、
ただ米軍に帰って欲しいだけなのかもしれません。
 
まぁ、憲法をいじったぐらいでは帰らないと思いますが。
  
  
でも、根本的な問題にフォーカスしてみると、
   
軍事的な戦争が起こる理由は、【経済】か【宗教(思想)】なのです。
  
  
アメリカの南北戦争も、「人種差別」と「経済問題」が発端です。
  
  
「経済」と「宗教(思想)」の問題が無くなれば、戦争自体が無くなります。
  
  
戦争が起こったときにどうしよう?というのは、目先の議論で、
  
【根本解決】を目指すのであれば、経済と宗教の問題を解決する事です。
  
  
戦国時代は、日本国内でも戦争していたわけです。
  
でも、現代になって、
「北海道が大阪に攻め込もう」とか、そういう事は無いわけですね(笑)
 
北海道軍も、大阪軍も無い訳です(笑) 
 
暴力団の抗争は知りませんが(笑)
  
  
戦争を無くしたければ、
世界全体が統一されて、そういう風になれば良いのです。
  
  
そういう【「世界統一」と言うヴィジョン】を持ったリーダーは、
現代の政治家の中にはなかなか居ないでしょう。
  
  
みな、世界全体の中で、
【自分の国が少しでも有利になる様に…】
 
という事しか考えていません。
  
  
自国の利益しか考えない人間ばっかりなので、戦争が起きる訳です。
  
  
戦争とか、軍事というのは、至って「表面的な話題」です。
  
  
根本の問題は、【ポジティブなヴィジョンが欠けている事】です。
  
  
「世界の中で、日本を勝たせよう」とか、
 
そういう発想が、戦争を生む訳です。
  
  
昔から賢い人が、「戦争を無くすにはどうすれば良いか?」
 
と、いろいろ考えてきました。
 
 
そして、みな辿り着く結論は同じです。
  
  
【世界統一。 世界連邦の樹立。】
  
以上です。
  
  
日本という国も、精神的に統一されたから内戦が起きないのです。
  
  
その【世界統一】という目的、ヴィジョンに向かって活動していくことが、
 
【戦争を無くす唯一の方法】なのです。
  
  
でも、【世界統一】を実現するには、
   
その前に、人間を良くしなければならない。
   
人々の人間性、精神性を高めなければならない。
  
  
良いルールを作っても、
それを守り、運用する人間が良い人間で無ければ、
   
ルールは形骸化してしまう。
  
  
だから、まずは人間(人類)を変えなければならない。
   
ただ、その方法がわからない…。 
  
  
と言うことで、昔の賢い人たちは悩んでしたのです。
  
  
私は知っています。
  
【戦争を無くす方法も、人間を良くする方法も。】
 
だから、自分に出来る範囲で、淡々とそれをやるだけです。
  
  
まぁ、私が有名になって、私の思想が広まれば、
  
みんな納得すると思いますが。
 
  
その前に、
  
【人間は痛い目を見ないと大切な事に気付かない生き物】なので、
  
ポジティブな世界に移行(シフト)していく前段階として、
 
それなりに大きな試練が必要ですね。


mixiチェック

haxe501 at 03:30|Permalinkclip!

2015年04月04日

自由な時間を生み出す方法

私は、
  
発明家、研究者、教育者、投資家…、
  
そういう属性の人間です。
  
  
共通するのは、
  
初めの期間に、徹底的に頭脳労働をして、
じっくり時間をかけて【価値を生み出し続ける資産】を創り上げ、
   
その「増え続ける資産」で、のんびり暮らす。
  
  
そういう生き方、仕事のやり方が好きです。
   
   
・私が創り上げたメソッド
・私が育てている弟子たち
  
も、みな将来的に「価値を生み出し続ける資産」です。
  
  
私は、その資産でのんびり生活しています。
  
  
忙しいとか、時間に追い立てられるのはイヤですね。
  
  
他人から「お忙しいところ…」と言われたりしますが、
  
全然忙しく無いんです。
  
  
昼間、ずっと寝ている事も多いです(笑)
  
  
ただ、ずっと考え事をしていますし、
冗談抜きで、眠っている間も、夢の中で仕事していますので、
  
身体は動かしていませんが、
  
「考え事」を仕事と定義するのであれば、 
誰よりもたくさん働いている気がします。
    
  
で、その考え事には、
 
膨大な「集中力」や「エネルギー」が必要です。
  
  
過度に「集中力」や「エネルギー」を奪われたり、枯渇すると、
私は仕事が出来なくなるので、
  
その部分においては、自分を守らなければなりません。
  
  
だから、私には「時間」のゆとりがあっても、
くだらないお喋りの為に他人に割く「エネルギー」は無いのです。
  
  
営業マンみたいに、
毎日人と会いまくって、忙しく仕事をしている様な人とは、
  
根本的に「仕事のやり方」も「ライフスタイル」も違うので、
  
そういう人種しか知らない人からしたら、
奇異に見られるかも知れません。
  
  
私みたいな人は、少ないと思いますので。
  
  
【 頭脳労働者と肉体労働者と、どっちの割合が多いか? 】
  
って言ったら、そりゃ「肉体労働者」の方が多いですね。
  
  
国本さんは、忙しいのが好きみたいなので、
上手く噛み合って、全体が調和する訳です。
  
  
ただ、忙しいと行っても、
 
・自分でスケジュールを自由に決められるのか?
・他人のスケジュールに縛られるのか?
 
によって、ストレスが全然違いますけどね。
  
  
「自由で忙しい人」と、
「他人に縛られて忙しい人」では、
 
見た目は似たように見えても、根本的な部分が違います。
  
  
忙しいのが好きな人、嫌いな人はいるでしょうが、
  
【 自分でスケジュールを決められる自由があるかどうか? 】
  
  
これは、「幸せに働いているかどうか?」という点で、
  
非常に大きな要素だと思います。
  
  
自営業者や社長と言っても、
  
自分で自由にスケジュールを決められず、
他人のスケジュールに縛られている人は多いと思いますが。
  
  
じゃあ、どうやったら自由になれるの?って。
  
  
【 無駄を徹底的に排除して、効率を高める 】
 
【 信頼できる人間を育てて、仕事を任せる 】
  
  
それだけ。 
 
 
これを追求すればするほど、時間にゆとりが生まれます。
  
  
「惰性的な習慣」によって、
無駄な事に時間やエネルギーを割いている人は多いですからね。
  
  
「これって本当に必要なこと?」 と、現状を疑うこと。
  
  
結局、これも頭脳労働ですな。
  
自分でわからない人は、【わかる人に聞く】っていうのが早いです。
  
  
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。」
  
と言いますが、
  
他人に「教えて下さい」って素直に言えない人は、
  
一生、大した結果を生み出す事はできませんね。


mixiチェック

haxe501 at 10:58|Permalinkclip!

2015年04月03日

信頼関係の作り方

私が、幼少の頃に憧れていたのは、
  
「正義のヒーロー」と「発明家」
  
【発明】の好きなところは、
自分が創り上げたたったひとつの発明が、世界を塗り替えていく…
  
と言うところ。
  
  
【正義のヒーロー】の好きなところは、
本当に困っている人、大ピンチの人を助ける…
  
と言うところ。
  
  
どっちにしても、
  
他人に対して、【大きな影響、強い影響を与えたい】
  
という事が、根底にあるようです。
  
  
で、私は大ピンチの人を見ると、
「俺の出番だ!」と思って、助けたくなるのですが、
  
逆に、大ピンチの人を見ると、
「自分に害が及ばない様に、逃げ出す」と言う人も多いです。
  
  
でも、「大ピンチの人を助ける」って言うのは、
とても価値のあることです。
  
  
私は、弟子たちのピンチを救ってきましたから、
弟子たちは、私を信頼しています。
  
  
そして、その「信頼関係」があるから、
私は安心して仕事を任せられるのです。
  
  
一緒に仕事をする人間に信頼がなければ、
いちいち監視をしなきゃいけません。
  
  
その監視のコストは、ものすごく高く付きます。
  
私は、監視の必要が無いので、ラクなのです(笑)
  
  
【信頼関係というのは、苦しいときにこそ育まれる】と思います。
  
  
私は、国本さんが苦しいときに支えてきましたし、
  
私が苦しいときに、国本さんだけが私を支えてくれました。
  
  
だから、私と国本さんの信頼関係は非常に強固です。
   
   
相手を信頼していないときには、
相手がもし裏切った時はどうしよう?とか、
  
余計な事を考えなければなりません。
  
  
でも、強固な信頼があれば、そんな心配は無用です。
  
  
私は、【信頼】を何よりも大切にしていますが、
  
「信頼があればこそ、ラクが出来る」という訳です。
  
  
人間関係に信頼が無いから、
余計な「摩擦」と「コスト」が生まれるのです。
    
  
チームワークというのは、
「能力」よりも、「信頼」によって発揮されると思います。
  
  
そして、信頼関係を育むには、
  
【他人が苦しいときにどうするか?】 という事なのです。
  
  
自分の事だけしか考えず、目先の利害関係ばかり気にして、
相手が落ち目と思ったら、一目散に逃げ出すような人に、
 
信頼関係が作れる訳がありません。
  
  
【義理人情】を大切にして、
  
他人が苦しいとき、辛いときに、
下心抜きで、本当に相手の事を想って、
  
相手の為に何かしようと思う人に、信頼が寄せられるのです。


mixiチェック

haxe501 at 17:55|Permalinkclip!

2015年04月02日

不思議なこと

最近、不思議な事がよく起きます。
  
だいぶご無沙汰だった人から、
「もう一度教えて下さい!」という申し出を受ける事がちらほら。
  
  
しかも、過去に私に対して失礼な振る舞いをしてきた人が…、です(笑)
  
  
過去に、私の言っている事が理解できなかった人も、
時間を経て、それが理解できる所まで成熟してきたという事でしょう。
  
  
まぁ、私は「筋(スジ)」を大切にしているので、
「筋」を通せば、別に構いませんけどね。
  
私は非常に寛大、寛容なので(笑)
  
いつも、自分ほど優しい人間もなかなかいないなぁと思います。
  
  
ただし、
 
【 な? だから、俺が言った通りだったろ!? 】
  
【 過去の己の未熟さを認めて悔いろ! 】
  
と、大声で言ってやりたいです(笑)
  
  
私の人生、
  
【善い行いをしているのに、酷い目に遭う】
  
という事の連続でした。
  
  
私は、その点に関しては、
かなりの「憂さ」が溜まっているので、
  
もし、中途半端な覚悟で甘えて来たヤツは、返り討ちにしたいと思います。
  
  
ただ、私に何を言われても食らいついて来るぐらいに、
覚悟を決めた人間には、私は優しいですよ(笑)


mixiチェック

haxe501 at 00:46|Permalinkclip!