2014年06月

2014年06月04日

最大の貢献者

徐々に体調が戻ってきています。
 
ですが、まだまだクリエイティブな活動に
エネルギーを割けるほどではありません。
  
  
なので、瞑想して、
 
・自分を取り巻く全てへ感謝を捧げ、
・自分を取り巻く全てが良くなるように祈りを捧げ、
 
という事をしています。
 
こういう地道な実践が大切だと思います。
  
  
ブログを書く事は、読者の方々からエネルギーをもらえるので、
むしろエネルギー補充になるのですが、
  
個別の質問に答えたりする事は、
かなりのエネルギーを使ってしまいます。
  
  
私はルーチンワークが嫌いで、
クリエイティブな活動が好きですが、
   
「クリエイティブな活動に、
 どれほど大きなエネルギーが必要か?」
  
と言う事がよくわかりました。
  
  
無から有を生み出す、創造性が必要な仕事、
起業家やアーティストには、【生みの苦しみ】があります。
  
莫大なエネルギーを使うからこそ、
「やりがい」があるわけですが、
 
他人に無理矢理やらされたり、
義務感でやるとしたら、拷問でしかありませんね(笑)
  
  
自分の好きな事、やりたい事だからこそ、できると思います。
  
  
私は、中学生の時、やりたくない勉強をやりすぎて挫折し、
 
自殺願望を持つまでに至りました。
 
  
おそらく、その時に
 
「やりたくない事をやる」=「命の危険、生命の危機」
 
という風に、身体にインプットされたのかもしれません。
  
  
やりたくない事を無理矢理やっていると、
 
心身の調子がどんどん悪くなって、動けなくなります。
  
  
限界に達する前に、身体がストップを掛けている様です。
  
  
もちろん、生活のために働かなきゃなりませんが、
 
どれも長くは続きませんでした。
  
  
なので、私にとっては、
 
「やりたい事だけやって生きて行くにはどうすれば良いか?」
 
という事が、最大のテーマでした。
 
 
私にとっては、 
 
【やりたくない仕事で生きる】=【死も同然】
 
だったのです。
 
 
ライフワークか? 死か?
 
本当に中途半端が無くて、極端な選択です。
  
  
「やりたい事でしか生きられない」っていうのは、
  
表面的には羨ましく思われるかもしれませんが、
  
実際には、【精神的苦痛の連続】です。
  
  
みんな、イヤイヤながらも働いて、
経済的には自立しています。
 
そんな中、自分だけは働けない。
 
 
そんな自分が、惨めで情けなく思えてきます。
  
・自分がだらしないのではないか?とか、
・周りの人間に比べて劣っているのでは無いか?とか、
 
いろいろ思い悩むモノなのです。
  
  
よく、成功者のサクセスストーリーで、
  
「成功する前は、失敗して莫大な借金をこさえた」とか、
  
そういう派手な波瀾万丈劇がありますが、
 
 
私はそういうのでは無く、非常に地味なのです(笑)
 
しかし、その「精神的苦痛の強さ」たるや半端ないです。
  
  
他にも、日頃から良い行いをしているのに、
他人から認められず、逆に村八分の様に責められるとか、
   
そんな経験ばっかりしてきました。
  
たぶん、それらのトラウマもまだ残っています。 
  
  
なので、私は過去の苦労とか、
あんまり言いたくないんですよね。
  
目に見えて分かりやすいモノでは無く、
内面で起こっている事ですし、
 
他人には理解されにくいですから。
  
  
普通の人と感覚が違うからこその苦労というのは、
語っても共感されませんからね。
  
私は花粉症ではありませんから、
花粉症の人のツラさがわからないのと同じです。
  
  
陰陽表裏一体ですから、
 
おそらく、「苦労した分」と「成長の度合い」って比例すると思います。
  
  
健康を害した人ほど、健康に詳しかったりしますからね。
  
  
もちろん、苦労した事を、他人のせいにして、
責任転嫁していると成長はありませんから、
   
ネガティブな経験を自己責任・自業自得と捉えているかどうか?
  
と言う事が大切で、
  
他人のせいにして、責任転嫁して、
恐怖から逃げて、現実から目をそらしている人は、
 
成長せず、いつまでも苦しみ続けていると思います。
  
  
私は、精神性を高める事によって幸せになりましたが、
 
その糧となった【精神的苦痛の量】はとても大きなものでした。
  
  
まさに、【精神地獄】と呼ぶに相応しい経験でした。
  
  
「身体の苦労」や、「お金の苦労」は目に見えてわかりやすいですが、
 
「精神の苦労」って目に見えないので、
どれほどのものか伝わらないのが残念です。
  
  
人生で苦労するって事は、
その人は苦労に耐えうる、【強い魂】なのだと思います。
  
  
私は自殺願望を持っていたので、
 
そういう人の気持ちもわかるし、
助けられるものなら助けたいと思っています。
  
  
しかし、波動が離れすぎると、直接助ける事はできません。
  
私が直接、自殺願望を持っている人を相手にする事は出来ないのです。
   
   
全体に大きく貢献していく道は、目の前の個人に執着するのでは無く、
   
自分自身を高める事によって、間接的に広く影響を与えていく道です。
   
   
私がネガティブな人を一人一人相手にするよりも、
  
私自身がもっとポジティブになり、ポジティブな人を増やしていく事で、
  
間接的に、多くのネガティブな人たちに対して、
ポジティブな影響をもたらす事ができます。
   
   
そちらの方が、長い目で見て、
結果的に大きな影響を与える事ができるのです。
  

自分が幸せで無いのに、他人を幸せにはできません。

自分がまず幸せにならないといけません。
 
 
豊かさも同じ、まず自分がとことん豊かにならないと、
 
多くの他人を豊かにする事は出来ないのです。
   
  
【自分の成長こそ、全体に対する一番の貢献】
 
 
この原則は、どんな分野でも変わりません。
  
  
厳しさを受け入れてでも、本気で成長したいと願う、
  
向上心ある人こそ、世の【最大の貢献者】なのです。


mixiチェック

haxe501 at 10:25|Permalinkclip!

2014年06月03日

才能はいつ開花するか分からない

私は、最近ファッションのアドバイスをしていると書きましたが、
  
レディースのアパレルのお店を見て回ったりもしています。
  
  
でも、私は専門学校時代、一番服装がダサくて、
 
友達や先生から、
「お前はもっとオシャレしろ!」
 
と言われまくっていました。
  
  
ミュージシャン(特にヴォーカリスト)は、
【見た目が大事だ】って事で、その通りですよね(笑)
  
  
でも私は、母親が買ってきた服を、
そのまま着ているような子だったのです(笑) 
   
   
しかし、今や他人の服装のアドバイスをしています。
  
  
他にも、私の父は大の「オカルト嫌い」で、
テレビで「UFO」や「幽霊」などの特番をやっていると、
 
テレビに向かってキレていました(笑)
 
理系だったので、現代科学至上主義だったのでしょう。
  
  
その影響で、私も子供の頃はオカルトを否定していました。
 
それが今や、「スピリチュアル」について教えていますからね(笑)
  
  
国本さんも、以前は料理を面倒に感じていて、
 
お金持ちになったら家政婦を雇って、
料理を全部やってもらうとか言っていたのが、
  
最近料理に目覚めて、自分なりに研究しているようです。
  
  
いつ、「嫌い」が「好き」になるかわかりませんし、
  
「不得意」が「得意」になるかわかりません。
  
  
自分で自分の才能を制限しない事が大切だと思います。
  
  
【波動(セルフイメージ)を高めながら、やりたい事をやる事】
が大事です。
 
そうすると、経験から才能が開花していきます。
  
  
波動を高める事に取り組まずして、やりたい事をやるのは、
まぁやらないよりはマシですが、スピード遅いですね。


mixiチェック

haxe501 at 19:08|Permalinkclip!

2014年06月02日

結果が欲しくない人たち

私は、たくさんの人の成長に貢献して来ましたし、
これからもしていくつもりですが、
 
自分が成長し、実力が上がる度に、
助けられない人も増えていき、常に自分の無力さを感じています。
  
  
優秀なお医者さんの元には、
たくさんの患者さんがやってくると思いますが、
 
いくら優秀なお医者さんといえども、
全ての患者さんを救えるわけではありませんから、
 
そういう、「人を助けたい」と本気で考え、
自己研鑽に励んでいるお医者さんも、
 
同じように助けられない患者さんと出会う度、
「自分の無力さ」を感じていると思います。
  
  
これは、【貢献に生きる人間の宿命】だと思います。
  
  
でも、最近思ったのですが、
 
そもそも、「本気で助かりたい!」と思っている人自体が
少ないと思うんですね。
  
  
例えば、ガンになって、
優秀なお医者さんと出会ったとしても、
  
そのお医者さんの指導を素直に聞けず、
死んでいく人も、結構いると思います。
  
  
これって、医者の実力じゃなくて、
患者の「意識や価値観の問題」ですよね。
  
  
生活習慣を改善して病気を治すより、
「死んだ方がマシだ」と思っている訳です。
 
なので、仕方ない事ですよね。
 
 
ただ、患者の側に分かっておいて欲しいのは、
 
優秀な医者は本気で治そうとしてやっているわけです。
  
  
本当は結果なんか欲しくないくせに、
【結果が欲しい素振り】を見せて、惑わせないで欲しいです。
  
  
優秀な人は、一流の人間は、
誰しも【結果に執着している】と思います。
  
  
でも、二流以下の人間は、
【結果に執着していません。】
   
  
目に見える結果よりも、その場限りの楽しさを求め、
 
「ラクして結果が出せれば良いなぁ」と、
常に【妄想、幻想】を抱いています。
  
  
しかし、ラクして結果が出せる方法なんてありません。
  
もし、目先でラクして結果が出ているように
見えるモノがあっても、後で必ずしっぺ返しがあります。
  
  
結果を出すという事には、それなりの「厳しさ」が伴って当然です。
 
 
「厳しい基準」をクリアした食べ物と、
「甘い基準」をクリアした食べ物。
 
どちらが食べたいですか? って聞いたら、
 
みんな「厳しい基準をクリアした方」を選ぶと思います。
  
  
「厳しい基準」=「高い結果」なのです。
  
  
結果が欲しければ、「厳しさ」を受け入れる必要があります。
  
  
【厳しさはイヤだ、でも結果が欲しい】
 
なんて言っているのが、子供じみた「妄想・幻想」なのです。
  
  
そこを分かってない人が結構多いなぁと思います。
  
  
私は、結果を出すために仕事をしていますから、
 
「結果のために、ある程度の厳しさは受け入れる」と言う人だけ、
  
来てもらえればと思います。
  
  
そうで無い人は、一生「目先や、その場限りの為」に生き、
 
妄想・幻想を抱えたまま、
夢を抱きつつも、結果の出ない人生をお楽しみ下さい。


mixiチェック

haxe501 at 18:51|Permalinkclip!

2014年06月01日

心理の価値がわかる人間

「心理の価値」がわかる人間と、そうでない人間の違いは何か?
  
ってことなんですが、
  
やっぱり、【人間関係の苦労】をした事があるかどうか?
  
だと思うんですね。
  
  
私の弟子たちも、まだまだ若いですが、
相当な苦労を乗り越えて、生きてきています。
  
だから、多少の試練があっても、
へこたれずに、粘り強く乗り越えていく事ができます。
  
  
【もうあんなに辛い過去はこりごりだ、
 あの状態に戻らない為ならなんだってする!】
  
という覚悟があります。
  
  
修羅場をくぐって、
メンタルが鍛えられているというか、
  
まだまだ表面的には未熟に見えますが、
根本部分では精神が強靭で、まったく軟弱ではありません。
  
  
人間関係で苦労してきた分、友達も少ないと思いますし、
  
(人間関係で困る人は、それだけ常人と感覚が違うので)
  
友達が少ないからこそ、足を引っ張られることなく、
自分の成長を優先させることができます。
   
   
マズローの5段階欲求というのがありますが、
 
「1.健康」で苦労すると、「2.お金」の価値が分かり、
「2.お金」で苦労すると、「3.人間関係」の価値が分かり、
「3.人間関係」で苦労すると、「4.心理・精神」の価値がわかり
「4.心理・精神」で苦労すると、「5.自己実現」の価値がわかり、
「5.自己実現」で苦労すると、「6.貢献」の価値がわかります。
  
  
健康を害すると、【健康維持にはお金がかかる(仕事にも大きく影響する)】
って事がわかり、
  
経済的に困窮すると、【助けてくれる他人の有り難み】がわかり、
 
他人に責任転嫁しても解決できないくらいに、人間関係で困ると、
【自分自身の何を変えるべきか?】という自己の内面に意識が向き、
 
今まで信奉していた常識的な価値観が崩れ、
自分の自信を喪失したとき、本当に【自分らしく生きよう】と思い、
  
  
「本当に自分は何がしたいのか?」という事に迷った時、
  
または、自分の個人的な夢・理想・欲が満たされても、
「一人きりでは幸せになれず、虚しい気持ちになる」と分かった時、
 
【他人に貢献したい】と思うのです。
   
   
私の弟子やお客さんを見ていても、
 
非常に【貢献意識】が高く、
他人を思いやったりする優しさを持っている人が多いです。
  
その分だけ、【精神性が高い】訳です。
  
  
たぶん、「自分さえ良ければそれで良い」というタイプの人は、
 
現状に満足しだして、
途中で成長に飽きてしまって、去って行きますね(笑)
  
  
「若い頃の苦労は買ってでもしろ」と言いますが、
 
やっぱり苦労している人は【覚悟】が出来ていますし、
【粘り強い】です。
   
   
と言う事で、【苦労】とか、【挫折】って言うのも、
悪いモノでは無いですね。
  
  
私も【地獄の様な精神的試練】乗り越え続けた結果、
 
自分の精神を高める事ができたと思っています。
  
  
中学生の時には、正義の味方ぶって、
自分の価値観を他人に押しつけ、人間関係で苦労しましたし、
  
学歴を失った時には、それまで信奉していた学歴主義が崩壊し、
  
「勉強ができる → 他人に評価されて、幸せな人生」
と言う図式が崩れ、
  
「本当は自分が何をやりたいのか?」を考えるようになりました。
  
  
私は、10代(ティーンエイジャー)の頃から、 
内面と向き合い続けてきたのです。
  
  
おそらく、私が学歴主義の時に価値観の崩壊を経験したように、
 
これから多くの人が、
【資本主義における価値観崩壊】を経験するでしょう。
   
   
「お金を稼げる → 他人に評価されて、幸せな人生」
という図式が、世界単位で崩れていきます。
  
  
その時、ようやく人々は、
  
【金の切れ目が縁の切れ目となり、
 人間関係で苦労する事によって、心理・精神の重要性に目覚め】
  
【助け合える人間関係の有り難み】に気付き、
  
【本当に自分がやりたい仕事は何なのか?】と言う事を考え始めます。
  
  
現代の中心となっている価値観は、マズローの5段階欲求で言うと、
 
「2.お金」〜「3.人間関係」ぐらいのレベルなのです。
  
要するに、まだまだ精神性が低いんですね。
  
  
戦後の時代の試練を通して、
  
生きていける事への有り難み、健康の有り難み、
豊かさの有り難みはわかったってところです。
  
  
現在は、全体的に言うと、
【人間関係の試練】に向き合っている人が多いでしょう。
  
  
それで、少し意識が先に進んでいる人は、
心理などの勉強を始めています。
  
  
「経済」や「時代の流れ」というのは、
人の【意識の変化の過程】を反映しています。
    
   
人間は、苦労した時に、大切な事に気づき、一番成長します。
   
   
これから、世界は様々な試練と出会う事になるでしょう。
 
それは、次のステージにレベルアップ、シフトアップする為の
踏み台なのです。
  
  
私は【試練の乗り越え方の専門家】です。
  
  
「平時は用無し」でも、困った時に、一番役に立つ存在です。
   
    
【ピンチを救う、正義のヒーロー】
  
幼少の頃、自分が憧れていた存在に、近づけているようです。
 
 
《 追記 》
 
「6.貢献」で苦労すると、
「7.宇宙の法則(バランス)」の価値が分かります。
  
  
いくら「人の役に立ちたい」と思っても、
 
絶対に逆らえない、抗えない
「宇宙の偉大なパワーや法則」がありますから、
   
「自分には何を変える事が出来て、何を変える事が出来ないのか?」
  
その【境目】が知りたくなります。


mixiチェック

haxe501 at 08:26|Permalinkclip!