2014年05月

2014年05月17日

「人生の河」と「分岐点」

人生は、時間という名の河に絶えず流されていく様なモノ。
  
  
苦しいからといって、
  
その流れに逆らおうとしたり、もがこうとしたところで、
  
その流れに抗うことは決して出来ず、
無理をすれば、さらに苦しくなるばかり。
  
  
唯一自分に出来る事は、
 
支流に分かれる【分岐点】において、
自分にとって良い方を選択する事。
  
  
・タイミングを逃さない
・チャンスを逃さない
 
本当に、ただそれだけ。
  
  
その分岐点以外では、
ただ大きな流れに沿って、流されていくしかない。
  
  
個人の意志なんか、流れの前では無力に等しく、
  
【分岐点】においてのみ、個人の意志が活かされる。
  
  
ただ、分岐点はいつ来るかわからない。
  
チャンスを逃したとしても、すぐにそうとは解らない。
  
  
数年経ってから初めて、
あのときチャンスを掴んだな、逃したなと気づく。
  
  
分岐点で良い選択をするには、
  
日頃から、
   
・変化を恐れない

・リスクを恐れない

・他人の言いなりになるのではなく、
 何でも自分で決めて、その選択に責任を取る
 
・損得勘定を捨てる
  
 
そういう習慣、決断力を身につけておく必要がある。
  
  
大きな流れの中で、抗うのではなく、
  
分岐点でチャンスを掴むために、
抜かりなく準備していた者のみが、
   
分岐点で良い方を選べる。


mixiチェック

haxe501 at 15:04|Permalinkclip!

2014年05月15日

「質重視」と「ハリボテ」の淘汰

現在、体調最悪の絶不調状態が続いています。
  
もうかれこれ2〜3週間ほどになります。
  
  
起きれない日もしょっちゅうあり、
最低限の仕事は何とかこなしていますが、
  
クリエイティビティが必要とされる仕事は一切出来てません。
  
  
コンディションが悪いときに新しいことに手を出すと、
たいてい良くない結果が出ますから、
  
身動きを取らず、おとなしくしている状態で、
  
「自分の無力さ」と、
「仕事ができる事の有り難さ」を噛み締めています。
  
  
これも、3月、4月と、自分の成長に大きく投資し、
自分のレベルが引き上げられた事に対する反動です。
  
自分のエネルギーレベルが引き上げられると、
必ず「次の試練」がやってくるものですから。
   
   
まぁ悪い事ばかりでは無いのですが、
  
最近、ブログに関して、
  
・検索エンジン(Google)からのアクセスと、
  
・他の人が自分のブログを紹介してくれて、
 そこからのアクセスが
  
徐々に増えています。
   
   
結局のところGoogleは、
  
【ユーザーの求める「質の高い情報」にアクセスさせる事】
http://notnil-creative.com/blog/archives/3039
  
を目指している訳なので、
  
今後、絶対に「質重視」の傾向が強まるしかありません。
   
   
そして、小細工、小手先で外側だけ見繕っている、
中身の伴わないハリボテは、淘汰されていく事になるでしょう。
   
   
何度も言っていますが、
  
私は「今の社会の枠組みの中」で、
要領良くやっていこうとは思っていません。
  
  
むしろ、このネガティブな社会の枠組みを壊し、
新しい社会を創造し、
  
その新しい社会でこそ評価される「真の価値」を
提供したいと思っています。
   
   
ですから、「外側」よりも「中身重視」で、
本質に基づき、愚直にやっているのです。
   
   
まだまだハリボテを、
「外側だけ見てスゴイ」と思っている、
  
単純で見る目の無い人の方が圧倒的多数ですが、
  
これから、ハリボテは崩壊していくしかありません。
  
  
全体の調和を考えず、他人を出し抜き、
自分だけ得しようなんて思っている人は、
  
ますます上手くいかなくなります。
  
  
世間の常識、評価軸というのは、大きく変わります。
  
「何がすごくて、何がすごくないのか?」
 
と言う評価基準が、変わるのです。
  
  
成長して「未来の評価軸」にシフトしていけない人は、
  
今は良くても、いずれ人が離れていきます。
  
  
なぜなら、人々(消費者)の成長は速いからです。
  
  
その人々(消費者)の成長に合わせて、
 
自分の提供するサービス、コンテンツの質が上がらない事には、
いずれ選ばれなくなります。
   
   
あるカフェが、毎日同じ味のコーヒーを出していて、
今まではある程度儲かっていたとしても、
  
隣にもっと美味しいコーヒーを出す店が出来れば、
みんなそっちで買うようになるからです。
  
  
人々(消費者)がそれに気付きさえすれば、変化は一瞬です。
  
  
「一番」と「二番」が二つ並んでいたら、
みんな一番を欲しがります。 当たり前ですね。
  
  
日本で一番高い山は富士山ですが、
二番目に高い山はみんな知りません。
  
  
山の高さは目で見えてわかりやすいですが、
 
中身の一番は、今まで人の見る目がなかったので、
わからなかった訳です。
  
  
「量(売れている)で一番」と「質で一番」は違います。
  
  
「量で一番」と「質で一番」どちらが欲しいですか?
 
って聞いたら、
賢い人はみんな「質で一番」と答えるでしょう。
   
   
「量で一番」のハンバーガーはマクドナルド。
 
「質で一番」の一流シェフが超こだわって作ったハンバーガー。
  
  
自分はどちらを食べたいでしょうか?
  
  
賢くない人は、量で一番を選ぶでしょう。
  
賢い人は、質で一番を選ぶでしょう。
  
  
そして、人々(消費者)というのは、
インターネットの影響もあって、どんどん賢くなっています。
  
  
人々(消費者)が賢くなって、
  
・得をするのは、良いモノを提供している人たちです。
  
・損をするのは、人々を騙し、欺いている人たちです。
  
  
これからの時代、人々(消費者)が賢くなって、
  
自分に追い風が吹く様な仕事をした方が良いですね。


mixiチェック

haxe501 at 21:40|Permalinkclip!

2014年05月07日

理想の社会

最近、私の目指している社会の理想像というのを、
喋る機会が増えてきました。
  
  
現代の社会というのは、
  
1.「お金」の為に「イヤな仕事」をする
   ↓
2.「ストレス」で「身体に悪い食べ物」を食べて、「病気」になる
   ↓
3.「病院」と「製薬会社」に金を貢いで、死んでいく
  
という、不毛な3ステップが大勢です。
  
  
それを、
  
1.自分の「好きな仕事」で生きる
  ↓
2.「身体に良い食べ物」を食べて、「健康」になる
  ↓
3.身体に害ある商品・サービスを提供している企業が淘汰される 
  ↓
4.人々が「添加物入り食品・病院・薬品」に使っていた「お金」を、
  「健康(病気の予防)」「芸術・遊び」「精神的成長」に使い始める
  ↓
5.人々の生活が、「好きな仕事」「芸術・遊び」「精神的成長」を
  中心としたものになる
  
私はこの社会を、上記の様にしたいと言うことです。
  
  
何故かというと、私はこの社会に不便さを感じているからです。
  
  
・吸いたくもない車の排気ガスで満たされている
・コンビニに行っても買う物がない
・レストランに行っても食べるものがない
・自然が少ない
・人混みで他人の邪気を受けてしまう…、 
  
もう不便で不便で仕方がない。
  
  
この不便な社会を、自分の住みやすい社会に変えたい。
 
ポジティブな人こそが、
過ごしやすく、快適で、住みやすい社会にしたい。
  
  
もし、この社会の人々の多くが、もっと経済的に自由になったら、
 
みんな「芸術・遊び」にお金を使うし、
「芸術・遊び」がもっと発展します。
  
  
人々が驚いたり、喜んだり、楽しんだり、感動するような
「芸術・遊び」を創り出したクリエイティブな人間が、脚光を浴びるのです。
  
  
でも、「芸術・遊び」だけでは飽きてきますから、
やはり、自分の「精神的成長」とういうのも求め始めます。
  
ですから、【精神的指導者、霊的指導者】とういのも脚光を浴びます。
   
   
今まで、ストレス発散や、
身体に悪い食べ物、病院、薬品に使っていたお金が、
 
より健康の良い食べ物の方に流れていきます。
  
  
人々は、「健康に良いのが前提」で、
【その中でいかに美味しい食べ物を食べられるか?】
  
ということを追求し始めるでしょう。
  
  
「健康」と「美味しさ」を兼ね備えた食べ物、
「健康に良い商品・サービス」というのも、必要とされます。
  
  
みんな、
 
・自分の「好きな仕事」をして、
・「健康」に良い生活をして、
 
仕事をしていない時は
 
・「芸術や遊び」を楽しんだり、
・「精神的な成長」を求める
  
そんな、楽しいことだらけの、充実した生活が中心の社会にしたい。
  
  
まぁ、私は今もだいたいそんな感じの生活をしてますが、
 
このライフスタイルを世界中に広げたい。
  
  
たぶん、20年、30年かかると思いますけどね。
  
  
弟子にも、そういうライフスタイルを送る、
モデルケースになって欲しいと思っています。
  
  
【この社会を良くするために、
 どういうルールや法律を作ったら良いんだろう?】
 
って事を考えている人もいると思いますが、
 
 
どんなルールや法律を作ったところで、
 
悪いヤツはルールを破って悪い事しますし、
良いヤツはルールがなくても、良識があるので悪い事しません。
  
  
ルールや法律って言うのは、【性悪説】に基づいています。
  
要するに、悪いヤツがいるから、ルールが必要だって事です。
  
  
確かにその通りです。
 
悪いヤツがいるのに、罰もルールもない無法地帯になれば、
悪行が横行しますからね。
  
  
でも、良いヤツばっかりになれば、ルールは必要ありません。
  
みんな、各々の良識で行動し、
問題が起きても、お互いが納得する様な話し合いで解決できるからです。
  
  
犯罪者がいなくなれば、刑務所も必要なくなります。
 
    
世の中の人間にネガティブな人が多ければルールは必要ですが、
  
世の中の人間がどんどんポジティブになれば、
   
【良識】というものが行動や人との関係性においての基盤となり、
ルールは徐々に必要なくなっていきます。
  
  
要するに、
   
「ルール」というものは、ネガティブな人間がいる場合には必要で、
   
ポジティブな人間ばっかりになったら徐々に不要になるということです。
  
  
この社会が、このままネガティブなままだったら、
ルールは必要であり続けるでしょう。

むしろ、ルールの数を増やさなければならないかもしれません。
 
 
でも、社会がポジティブになれば、
ルールの数はだんだんと減っていきます。
  
  
それが、可能不可能とか、出来る出来ないの議論ではなく、
  
  
・自分はどちらの社会に暮らしたいのか?
  
・それを実現に向かわせる為に、自分は何をするべきなのか?
 
・それとも、諦めて何もしないのか?
  
  
大切なのは、自分自身の選択なのです。
   
  
政治や社会(世の中)に興味がない人は、

「自分は無力で、自分ごときが社会に影響出来るはずがない」
と思っているから、興味がないのです。
   
   
もし、宝くじで一億円当たったら、
本気でそのお金の使い道を考えるでしょう。
 
もし、自分がどこかの国の王様とか、スーパーマンになったら、
そのチカラをどう使うか、真剣に考えるでしょう。
   
  
要するに、実際にパワーを手に入れたら、自分に何ができるか?
 
を人は考えるのです。
    
   
【自分に何ができるか?】を考えない人は、
 
自分は無力だと思っているし、
向上心も無く、パワーも求めていないのです。
   
要するに、セルフイメージが低い訳です。
  
 
別に、それが悪いわけではありません。
  
  
でも、実際に世の中に影響を与えていく人間は、
 
パワーを得ようと向上心を持って進歩してきた人間です。
  
  
・他者から影響を受け取るだけの、受け身で受動的な人生を歩むのか、
 
・他者へ影響を与え続ける、積極的で能動的な人生を歩むのか?
  
  
その人生の選択が、凡人と偉人との差なのです。


mixiチェック

haxe501 at 18:42|Permalinkclip!

2014年05月02日

「特殊能力」と「表裏一体」

動体視力、絶対音感、霊視能力…、
  
「人間の持つ能力」の中には、
  
普通の人たちが持ち得ない、
少数の人間だけが持つ【特殊能力】があります。
  
  
【絶対音感】を持つ人は、
 
もちろん、音楽をするのには有利な能力ですが、
 
普段の生活では、雑音が気になって気になって、
気が休まらないと言います。
  
  
私の健康の先生は、
生まれつき高い【霊視能力】を持っていて、
 
人間と同じようにハッキリと幽霊が見えてしまうため、
  
「幽霊」と「人間」の区別が付かず、
日常生活に大きな支障があったらしいです。
  
  
私にも特殊能力があります。
 
それは、【感受性の高さ】です。
 
健康の先生曰く、今まで見てきた人の中でも、
3本の指に入るやら…、
 
今まで世界中の霊能力者を見てきた人が言うのですから、
相当なのでしょう。
  
 
とにかく、目に見えない「エネルギー」や「感情」に対して
【超敏感】なのです。
   
   
この能力に一般的な名前が付いていないので少し悔しいのですが、
   
名前が付いてないと、
自分って普通の人に比べておかしいのかな?
 
って思ってしまいますね。
  
  
自分の持っている能力や症状に名前が付いていると、
 
他にも自分と同じような人がいるんだと思って、
安心してしまいますね。
  
  
近い表現をすると、
【霊感が強い】という事になるのかもしれません。
    
    
何が言いたいのかというと、
 
「特殊能力」というのは、便利な反面、
当然ながら「不便さ」も必ず発生するということです。
  
  
私の【霊感の強さ】も、
 
ポジティブな側面が出れば、仕事に大きく役立ちますが、
ネガティブな側面が出れば、日常生活に支障が出ます。
  
  
普通の人の何倍も、ネガティブな感情やエネルギーの影響を
大きく受けてしまいますから、よく体調を崩します。
  
  
この自分に備わった感受性を、
無理矢理閉じる事はできませんし、
 
むしろ自分の成長と共に、どんどん高まる一方で、
 
もし閉じれたとしても、自分の仕事に支障が出ます。
  
  
ですから、私が気持ちよく生きていくには、
ネガティブな感情やエネルギーの【根本を絶つ】しかありません。
  
  
ですから、私は【根本的解決法】というのに集中して、
 
それに詳しくなったのだと思います。
  
  
改めて思いましたが、私に普通のサラリーマンは無理です。
 
普通に働いているだけで、
周りからネガティブエネルギーを食らいまくりますから(笑)
 
まず、毎日の満員電車で既にもう無理です。
  
  
鈍感な人は気づきにくいと思いますが、
 
私はダイレクトにもらってしまい、 
すぐに体調を崩して、仕事が出来なくなり、辞めざるをえなくなります。
  
  
ある意味、自分は仙人の様な生活しかできないのかもしれません(笑)
   
   
要は、ネガティブに対する【耐性】や【免疫】が無いのです。
  
  
ですから、私はネガティブを否定しませんが、
 
好きか嫌いかで言うと、大嫌いなんです。
  
  
自分の内面にあるネガティブな観念や感情も、
できる限り素早く、根こそぎ解放したいと思っています。
  
  
私の人生前半戦、それは主にネガティブとの闘いでした。
  
  
人一倍、いや、2倍、3倍、5倍、10倍、
ネガティブと闘い、乗り越え、統合してきました。
  
   
おかげで、ネガティブの対処法については、かなり詳しくなりました。
  
  
でも、根本的には「感じてしまう能力」が強く、
耐性や免疫が無いので、思いっきり食らいます。
  
そうすると、自分自身のエネルギーが枯渇し、
文字通り何も出来なくなります。
  
  
悔しいですが、それが自分に備わっている素養です。
  
メリットもデメリットも表裏一体です。
  
  
ただ、努力すればそのデメリットの悪影響を、
徐々に減らしたり、無くすことは出来ます。
 
 
私も、昔よりはネガティブエネルギーを
受ける機会や量が減ってきました。
  
それでも、ゼロではありませんが、
自分自身の努力によって、徐々に減らせています。
  
  
どこまでこの修行・試練が続くのかはわかりませんが、
 
私は成長に関しては徹底的な人間です。
  
  
ネガティブをとことん根絶するために、今後も努力していきます。


mixiチェック

haxe501 at 22:42|Permalinkclip!