2014年03月

2014年03月17日

「知識」と「理解」の差

昨日、既存のお客さんを招いて、
健康セミナーを行いました。
 
 
健康に関しては、
人によって予備知識に差があるので、
 
「専門用語」や「化学」の話になった時、

ある人には初めて聞く単語ばかりで
難しかったかもしれませんし、
 
ある人にとっては、
既知の情報も多かったかも知れません。
  
  
「一対多」で情報を伝達し、
各々に対して正確に伝える事は難しいものです。
  
  
やはり、教育で重要なのは、
 
【時間をかけて理解を深めていく事】だなと、
改めて思いました。

 
ワンデーセミナーとか、数泊の合宿セミナーと言っても、

短期間で情報を詰め込み、
一気に理解させるには無理があります。
   
普段とは隔離された環境で、
一時的にエネルギーは高まるかも知れませんが、

いつもの環境に戻れば、また引き下げられるだけです。
  
  
成長において大切なのは、

【 知識の量を増やす事 】ではなく、

【 本質への理解を深める事 】です。

   
大事なのでもう一度言いますが、
  
【 知識の量を増やす事 】ではなく、

【 本質への理解を深める事 】が必要なのです。
 
 
「知る」と「理解する」には、雲泥の差があります。
 
 
しかし、学校教育で優等生だった人間ほど、
【知る事】ばかりに重きを置きます。
 
 
知らない事がバカにされることで、
知っている事が褒められる事だとでも思っているのでしょう。
  
  
しかし、【記憶】はコンピュータにも出来る事です。

ネットで検索すればわかることに、高い価値などありません。
  
  
人間にしか出来ない事は、体験を通して、
「何が重要で、何が重要でないか」を判別し、理解する事です。
  
  
私の今回のセミナーの内容も、

ネットで調べたり、本で調べれば、
誰にでもわかる様な内容でした。
  
  
しかし、私の伝える情報の「価値」と「目的」は、
 
何が重要で、何が必要かという、
【 重要性や必要性を理解させる 】と言う事です。
  
  
私の「シンプルな表現方法」や「例え話」を通して、

【何がキモなのか?】と言う事を、理解させる事で、

私の話を聞いた人は、【実生活で実践、応用し始める】のです。
  
  
例えば、「健康には運動が大事だよ」って言っても、

本人が「なぜ運動が大切なのか?」理解できなければ、
やる気も起きませんし、やりません。
 
 
しかし、私が「重要性」や「必要性」を伝え、相手が納得すれば、

モチベーションが高まり、
自ずと「やろう!」という気が沸いてくるのです。
    
   
モチベーションは、理解から生まれます。
 
それは、【自分に高いメリットがあるのだ】という理解です。
  
  
私の強みは、【理解させるチカラ】が誰よりも高い事です。
   
   
私は、幸せについて、

自分が知らない事を【理解する事】に、
20代を捧げてきました。
   
   
自分が理解できない事は、理解できるまで、
何日でも、何十日でも、何年でも考え続けました。
  
  
そこまで、細かいひとつひとつの事について、
考え続けられる人間はそういないと思います。
  
  
アルバート・アインシュタインも、

「私は天才ではありません。
 ただ、人より長くひとつの事と付き合っていただけです。」

と言っていますが、
 
私も、ひとつの事について、徹底的に考え抜いてきました。
  
  
私は徹底的に【理解】をしてきたので、
他人に何か質問をされても、即答でアドバイスできるのです。
 
 
これも、「知っているだけの人間」には出来ません。
 
【理解している人間】だからこそ出来る事です。
  
  
国本さんは、元々、テレビもニュースも見ない方ですから、
本当に知識がありません。
  
昔に流行ったテレビ番組の話なんかしても、
まったく知らなくて、伝わらないぐらいです(笑)
  
  
国本さんに知識はありませんが、私以外で、
「何が大切か?(本質)を誰よりも深く理解している人間」です。
 
ですから、お客さんに対して、
いつも適切なアドバイスを伝える事が出来るのです。
  
  
むしろ、重要でない本質以外の無駄知識を
身に付ければ身に付けるほど、
 
「何が重要で、何が重要で無いか?」の判別が付かず、混乱し、
【知っているだけで、まったく結果を出せない】という事になります。
  
  
【結果】を出すには、【知識】ではなく、【理解】が必要です。
  
  
私はお客さんに重要な事を理解させるから、結果が出るのです。
  
私は弟子に重要な事を理解させるから、成長するのです。
   
   
知識は、理解に必要な必要最低限で構いません。
  
  
無駄知識は溜め込むだけ、
何よりも大切な【集中力】を奪い、成長を遅らせます。
    
  
知る事にフォーカスしている人間は、
マメ知識を溜め込むだけで、

無知な人間、初心者相手に、
【ちょっと先輩面(せんぱいづら)出来る】というだけです。
  

国本さんは、無駄知識がまったく無いので、成長が速いのです。

  
【知る事ではなく、理解する事を重視している人間】が、
成長し、成功します。


mixiチェック

haxe501 at 17:01|Permalinkclip!

2014年03月15日

教育の価値

【教育】という仕事は、
本当に大変(高度)な仕事だと思います。
 
教育というのは、
人の一生を左右する、とても「重要」な要素ですから。
  
  
どのような教育を受けるかによって、
人の人生は本当に大きく変わってしまうと思います。
 
【重要】かつ【大変(高度)】
 
 
だからこそ、

優秀な指導者・教育者は数が少なく、貴重であり、
偉大なのだと思います。
  
  
昨日も弟子の宝石選びに行っていて、
終わった後にお茶をしていたのですが、
 
ここ数ヶ月間の間に弟子になった5名は、
 
私に弟子入りして数ヶ月で、
人生に大きな変化が訪れています。
  
  
仕事、お金、人間関係、精神状態、健康状態…、

人生のあらゆる面が、良い方向に向かい、
底上げされ、改善されています。
  
  
私は基準が高いので、私にとって
それは当たり前の結果です。
 
   
私は人の人生を好転させる事に命を懸けているので、
高い結果を出すことが当たり前。
 
 
万人に共通して結果が出せる方法を伝えていますし、
高いエネルギーを注ぎまくっているので、

結果がでない方がおかしい
というぐらいの教育を施しています。
  
  
ただ、教育の難しい所は、
 
モノを売る仕事と違って、
 
相手のレベルに合わせた内容を
提供しなければならないと言う事です。
  
  
携帯電話を売るとすれば、

相手が小学生でも、大学生でも、
どちらも普通に使いこなせるでしょう。
   
   
しかし、教育に限っては、
 
小学生に対して、大学生に教える高度な内容を伝えても、
まったく通じませんし、活かせないと言う事です。
  
  
ですから、質の高い教育を行おうと思えば思うほど、

「1:多」の画一的な方法ではなく、
「1:1」の相手個人に合わせなければならないという事です。
  
  
私は質を何よりも大切にしていますから、
  
1:1の教育を施せる、優秀な指導者・教育者を生み出す為に、
弟子を育てているのです。
  
  
私のブログ記事は1:多で書いていますから、
おそらく、内容の理解度は受取手によってバラバラだと思います。
  
  
出来る限り、専門用語を使わず、論理的にわかりやすく、
理解しやすい様に書いていますが、
 
たぶん、ほとんどの人に私の真意は伝わっていないと思います。
 
  
「精神性の向上や、法則・本質の理解」という分野に関しては、
本人のやる気、向上心が何よりも必要です。
 
  
弟子に対しては、

「俺の発明した心理体系は、ノーベル賞レベルだよ」

って言っています。
  
  
でも、ノーベル賞を取った人の研究成果の凄さって、
専門的すぎて一般人には理解できませんよね?  

私も自分の専門外の事はわかりません。
 
 
それと同じで、心理はまだまだマイナーだし、
大学生の勉強が小学生に理解できないのと同じで、
 
なかなかその凄さが伝わらないんです。
  
  
心理って言っても、
普通の人の脳みその中は恋愛でいっぱいですから(笑)
  
モテる心理の方がみんな興味あるだろうし、
そっちの方が母体数が大きいので、商業的にもウケます。
  
  
今後、【心理・精神の時代】が来なければ、
私はただの無名の人間で一生を終えるかも知れません(笑)
 
  
でも、これからは確実に【心理・精神の時代】です。
  
  
IT分野において、ADSLや光ファイバーが
爆発的に広がっていった様に、

必ず、心理が人々に求められ、ブレイクする時期が来ます。
  
  
それまでは、片田舎のオタク扱いでも、じっと忍耐です。
  
  
15年前にインターネットやパソコンに詳しいヤツはオタクでした。
 
でも、その中から「世界一の大金持ち」が生まれました。

それと同じ事です。
  
  
その時代が出来るまで、
その時代に求められる、徹底的に優秀な人材を増やしておく。
 
 
準備と忍耐です。


mixiチェック

haxe501 at 20:56|Permalinkclip!

2014年03月13日

ポジティブな価値観とは?

限りなく「精神性」を高めていくと、
「宇宙の法則に沿った生き方」にはなりますが、
 
常人の感覚とは、かなりズレが生じてきます。
  
  
例えば、一見「とても不憫で可哀想な人(被害者)」がいたとしても、
 
私は【全て自業自得・自己責任・自分の引き寄せ】だから、
本人がメンタルブロックを外し、試練を乗り越えるしかない
 
という風に、思います。
  
  
私は例えでよく使いますが、
もし、自分が通り魔に殺されたって、

【自業自得・自己責任・自分の引き寄せ】だ。

という風に言っています。
  
  
自分が引き寄せたネガティブな現実を、
  
自分以外の何かに【責任転嫁】し、
【被害者意識】になったところで、

何も解決しませんからね。
  
  
でも、「世間の目から見て可哀想な人」を
自分は一切「可哀想だと思わない」と言う事は、

かなりクールでドライな反応だと思うでしょう。
  
  
でも、それが宇宙的にはポジティブなのです。
  
  
むしろ、「他人に同情すること」が、
その相手を【弱い存在(被害者)】だという風に見る事であって、

相手にネガティブな念を送り、
自分もネガティブな念をもらう事になるのです。
  
  
【宇宙においてのポジティブ】と、
【世間においての常識(正しい事)】には、

非常に「大きな差」があります。
  
 
ですから、自分がポジティブであろうとすればするほど、
 
世間の常識の枠に当てはめて言うと、
【非常識な人間】になってしまうのです。
  
  
ですから、私は常識的な人とは感覚の差が激しいので、
あまり共感し合えないのです(笑)
 
    
宇宙的にポジティブであろうとする人でなければ、
まったく話が噛み合わない(笑)
  
  
それがわかっているので、
 
自分のブログを読んでもらって、
自分が「普通とは違う価値観を持っている」とわかった上で、
 
それでも好意的に感じてくれる人と、付き合いたいと思っています。
  
  
ブログ記事が、自分と他人の相性を計る、
リトマス試験紙みたいなモノですね。
  
  
逆に、クール&ドライではなく、
すごく【情に厚く】なってしまう場合もあります。
    
  
それが、お金にめちゃくちゃ困っているのにも関わらず、
自己投資を惜しまない人たちに対してです。
  
  
私は「お金」という価値基準だけで物事を見ませんが、
 
「お金」を払うかどうかは、
本人の「やる気」を計る重要な指標でもあります。
   
   
【 自分の生活費を削ってまで、自己投資をする 】

「はこぶね倶楽部」にもそういう人がいますけど、
 
やっぱり、そう言う人からは、
強い【本気度】や【心意気】を感じるので、
   
私も何とかして上げたいとも思いますし、
お金とか関係無しで、かなり優遇してしまいます。
  
  
これに関しても、普通のビジネスの感覚からすると、
 
「金のないヤツに売るモノは無い!」って感じだと思います。
  
  
お金の事だけ考えれば、

お金を持っておらず、お金に困っている人たちを
一切相手にはしないでしょう。
  
  
でも、私は「お金が無い中で頑張っている人」にこそ、
早く良くなって欲しいと思うのです。
  
  
もちろん、宇宙では「等価交換」が原則ですから、
私が与えた分だけ、相手からも何かを受け取る必要がありますが、

お金がなくても、

そう言う人たちは非常に「義理堅い」ですし、
「深い感謝」を返してくれます。
  
「目に見えないエネルギー」を返してくれます。
  
「将来の恩返し」で返してくれます。
  
  
私も、相手が【義理堅い人】でなければ、

過剰に与える事は「自己犠牲・過保護」になり、
お互いの為にならないので特別扱いしませんけどね。
   
   
私は、「お金だけ」を持っている人を見ても、

凄いとも、羨ましいとも思いませんし、
嫉妬もしなければ、逆に見下したりもしません。
 
 
いつも例えで言いますが、
 
【与えたモノが返ってくる】のです。
 
粗悪品を売って稼いだお金のように、
 
相手に価値を与えずに、お金を受け取った場合、
次は、自分も価値の無いモノにお金を払わされるのす。
  
  
ですから、いかに「お金だけ」を持っていても、

他人を不幸にしたら、自分も不幸になるし、
他人を不健康にしたら、自分も不健康になるし、
他人から何か奪ったら、自分も奪われるのです。
  
  
「お金だけ」を持っているからと言って、
健康にもなれませんし、幸せにもなれません。
  
  
例えば、粗悪品を売ってお金を稼いだ詐欺師は、

次に、自分が病気になったとき、悪徳病院にひっかかって、
無駄な治療を受けて、むしろ症状を悪化させてしまう…。

そういう事が起こり得ると言う事です。
  
  
多くの場合、そういう人たちは
投資で負けるパターンが多いんですけど(笑)
  
  
「お金だけ」を持っていても、
それ以外をあまり持っていない場合、

それって本当に幸せな人生だろうか?って事です。
  
   
ひがみとか負け惜しみや批判で言うのではありませんが、
 
「お金だけ」にしか価値を置かない人は、
本当に「お金だけ」しか持っていないのです。
 
 
お金だけの価値を認め、それ以外を認めない場合、

お金以外の、幸せ、健康、人間関係…、 
これらで満たされる事はありません。
   
  
本人がそれで満足なのであれば、問題ありませんけどね。
   
   
「お金だけ」を持っている人は、

「お金」というカタチで持つ事に、
固執しているのであって、
 
お金だけの価値を認め、
それ以外の価値を低く見ているのです。
  
  
そういう人が世の中には多いので、

現代の資本主義社会というのは、
お金が唯一の価値基準であり、

健康よりも、幸せよりも、お金を求め、
お金の為に、健康を犠牲にし、幸せを犠牲にしているのです。
  
  
「お金だけ」の為に、

個人レベルで言うと、

・無理して働いて身体を壊したり、
・やりたくない仕事をしたり、
・自分の気にくわない人間と付き合ったり、
・自分の信念と違う行動を取ってしまったり、
・大切な人たちとの時間を犠牲にしたり、
 
 
企業・国レベルで言うと、
 
・自然環境を破壊したり、
・身体に悪い食品・薬品を売ったり、
・石油産業を守る為に科学技術の発展を遅らせたり、
・無駄な発電所をつくったり、
・病院、医者が患者に無駄な治療を施したり、
 
 
お金の為だけに、その他全てを犠牲にする…。
 
非常に滑稽です。
  
 
「お金」だけを認めて、それ以外を認めないから、
それ以外のモノが発展していかないのです。
  
  
「お金というカタチ」だけに固執しているからです。
  
  
私は、「目に見えない幸せ・豊かさ」を
めちゃくちゃたくさん与えているので、

「目に見えない幸せ・豊かさ」ばかりに囲まれて生きています。

これが、一番の節税法なんじゃないかと思います(笑)
  
  
もちろん、お金は大切です。
  
  
でも、「お金だけ」持っていて、
それ以外を持っていない言う事は、
  
めちゃくちゃ健康だけど、お金の面では貧乏だとか、
友達はたくさんいるけど、お金の面では貧乏だとか、
  
  
そういうパターンと同じように、

【人生のバランスが偏っている】と言う事です。
  
  
バランスが偏っていても、
本人が満足なのであれば、別に構いませんが、
  
  
「目に見えるモノ」や「世間の常識」「周りの人々の評価」に流されず、
自分が本当に大切にしたい事は何なのか?
  
  
それを把握する事、自分を知る事が、まずは第一歩です。


mixiチェック

haxe501 at 08:28|Permalinkclip!

2014年03月12日

目的の為の手段

既存のお客さんに対する、
 
「健康情報」のウケが思った以上に良かったので、
少し意外でした。
  
  
やっぱり、人体の話をする時には、
「専門用語」や「複雑な話」が出てきますからね。
 
抵抗のある人もいるかと思っていましたが、 
以外にも、すごく好反応。
  
  
私は、「なるほど!」と、
仕組みを理解する瞬間が好きですし、
 
他人に対しても、なるほど!と思うような、
「深い気づきや理解を与える話」がしたいと思っています。
  
  
ちょっと学んだ事をアウトプットする為に、

弟子向けにお茶飲みながら、
勉強会でもやろうかと思っていたら、
 
参加者が予想以上に膨れてしまって、
セミナー形式にしないと対応できない状態になってしまいました。
  
  
少人数だったら紙媒体やタブレットPCで見せられる画像も、
大人数になるとそれでは見せられませんから、
 
たぶんスライドも要るし、
中身や順序も考えなきいけないし、

プロジェクターも用意しないと…、

とか、考える事が増えすぎて、
頭フル回転で、ちょっと落ち着かないです。
  
久々に頭をよく使っているので、楽しくもあります。
  
  
今学び、考えている事も、

全ては弟子とお客さん"全員"に

【ライフワーク(自分の好きな仕事)で、幸せに、豊かに】
生きてもらう為。
  
  
「その目的を果たす為」に、
「最短最速の道を発見し、それを指し示す為」に、

必要性のあることは、それが何であれ、学ぶし、やります。
   
   
人が幸せになっていく過程、成長していく過程に貢献し、
それを見れることは、非常にやりがいがあって、楽しい事です。


mixiチェック

haxe501 at 20:37|Permalinkclip!

2014年03月11日

結果を出すための勉強法

今日も、書店で「生化学」と「分子生物学」の棚を漁り、
三冊の書籍を購入してきました。
  
  
「人体」という分野は非常に幅広いですが、

私は【本質のみ】にフォーカスしているので、
無駄な勉強に労力を割かずに、
 
最短最速で【最も根本的かつ重要な部分】だけを、
学び取り、理解する事が出来ます。
   
   
心理も、ビジネスも、健康も、スピリチュアルも、
どの分野にも共通している事ですが、
 
【本質・基礎・根本】を押さえずして、
表面的な部分の学習や理解にいくら労力を割いても、
 
高い効果、成果は出すことは出来ません。
  
  
いつもスポーツに例えますが、

筋トレもしないで、バスケのスリーポイントシュート、
サッカーのフェイントの練習ばっかりしている様なモノです。
  
  
それらは、見た目でカッコイイかもしれませんが、
プロの技は圧倒的な基礎力の上に成り立つモノで、
 
素人が基礎力も無しに、
すんなりと真似できるモノではありません。
   
  
セールスやマーケティングのノウハウなんかもそうですが、
いくら表面的な知識やノウハウを勉強したところで、
 
【それ、勉強して本当に役に立ちましたか?】って事を、

振り返って検証してみると良いと思います。
  
  
法律の事で困ったら、弁護士を雇うように、
ウェブの事で困ったら、ウェブの業者を雇うように、

セールスやマーケティングも、
外注できる部分は外注すれば良いのです。
  
    
例えば、チラシを作るのであれば、
上手いプロを雇って、一緒に作ってもらった方が良いです。
  
自分でゼロからやっていくよりは。
  
  
自分(自社)で極めるつもりがあるならやれば良いですが、

自分で極める気の無いモノは、全て外注です。
    
  
自分で勉強するのは、基礎の部分だけで良いのです。
 
ですから、「表面的な細かいノウハウ」なんて、
自分で学ぶ必要はありません。
  
  
もちろん、何でも自前で出来ればラクですが、
人間が極められる事には限りがあります。
  
だからこそ、他人の助けを借りなければなりません。
  
  
先ほども、
今話題のマーケティング書(ノウハウ本)を
興味本位でパラパラとめくりましたが、
 
自分には必要無いなと、一瞬で判断し、本を閉じました(笑)
   
  
なぜなら、私はお客さんを選んでいるからです。
 
私の仕事は、「モノを売って終わり」では無いので、
客を選ばないと、大変な事になります。
  
  
顧客一人一人にかけるエネルギーがもの凄く高いので、

広告なんかでたくさん集まって来てもらっても、
逆に困る訳です。
  
  
先日もある人が、「はこぶね倶楽部」に人を紹介しましょうか?

と言ってくれた人がいましたが、断りました(笑)
  
  
ブログ記事を読んで、高い価値を感じ、自ら行動を起こすぐらい、
素質とやる気のある人でないと、相手にしたくないからです。
  
  
自分で極める気が無いモノは、
一人で勉強するんじゃなくて、外注した方が良いです。
  
  
私は、【「元気になる為の健康」を極める】と決断したので、
自分で勉強、研究を開始しました。
  
  
そして、その為に、最も基礎的な部分である、

人体を構成する最小単位、
【「細胞」と「栄養」】にフォーカスしたのです。
  
  
もちろん、人体には「オーラ」や「チャクラ」もありますが、

それは、今までの「精神性を高めるための健康」で学んで来ました。
  
  
「元気になる為の健康」では、

物理的な、目に見える部分にフォーカスし、
アプローチする必要があるのです。
  
  
「(オーラ、経絡、チャクラを除く)人体の物理的な部分」は、
【細胞】と【栄養素】によって出来ています。
   
血液、血管、臓器、骨、爪、髪、皮膚、神経、
酵素、抗体、赤血球、白血球…、
   
   
【身体の材料である栄養】と【細胞の働き】によって、
構成されているのです。
  
  
ですから、その根本部分が一番重要で、
それを無視して、他の表面的な事に手を出しても、
 
本質は掴めず、高い効果を出すことはできないでしょう。
  
  
先ほど、「身体を温めすぎると逆に冷え性になる」

なぜなら、ホメオスタシスによって、
身体を温めると、身体を冷やす身体になるから。
 
逆に、身体を冷やす様にすると、
身体が身体を温める様に変化して、順応する。
 
 
という主張をしている、
テレビなどにも出ている有名な医師の本を読んできましたが、
  
  
まぁ、そんなめちゃくちゃな事を言っている人もいます。
  
  
以前、業界の有名人が発信している情報の正確性は、
「1割〜3割」と書きましたが、そのまま、その通りでしたね。
  
  
人体の根本は、「細胞と栄養」です。
  
・身体の【設計図】である「DNA」(設計士)
・身体の【材料】になる「栄養素」(資材)
・身体の【代謝】の根本部分を司る「ミトコンドリア」(大工)
 
 
その、「設計、資材、大工」それぞれの質が、
「細胞の質」を決め、

その「細胞の質」が、
「人体の質(身体の強さ、免疫など)」を決めるのです。
  
  
「身体の質」は「細胞の質」が決める。
  
  
その根本である【細胞】を、様々な害から守り、
「強くする、丈夫にする、活発にする、質を高める」
   
そこにフォーカスする事が、万人に共通する本質です。


mixiチェック

haxe501 at 13:55|Permalinkclip!

2014年03月10日

生化学は面白い

先日買ってきた「生化学」の本を、2日で大体読み切りました。
 
もともと今までの基礎知識もあったおかげで、
細胞と栄養について、全体像が把握できたと思います。
 
 
細胞の構成要素と働きを、栄養素よりも、さらに小さい、
元素・分子レベルの話から学ぶ事によって、
 
かなり理解が深まりました。
 
 
それで、「細胞と栄養のメカニズム」を理解した上で、
 
細胞を元気にする為に、特に大切なのは、
 
1.DNA(遺伝子)を守ること
2.高品質かつ充分な栄養素を摂ること
3.ミトコンドリアを増加、活性化させること
 
これらが特に重要である、という仮説を立てました。
 
 
まだ検証が充分でないので、
仮説という表現に留めておきますが、

多くのお医者さんも言っている事ですからね。

当たっていると思います。
  
  
多くの人は、学校教育によって、

【「教科書(本)」と「先生(権威)」が正しい】と言う風に、
洗脳されています。
 
盲信というか、宗教ですね。 テレビもそうですけど。
 
 
日本はアメリカみたいな多民族国家ではないので、
「お互いの違いを認める」という部分に弱く、
 
多数決で、数が多い方が正しくて、
少数派の異分子を疎外しようというする所があると思います。
 
 
私は、中学3年生で精神を病み、
そこで学校の勉強はほとんどドロップアウトしたので、

その洗脳から脱することができました(笑)
  
  
ですから、私はどんな権威が言ったことであれ、
自分で検証しない限りは、信じません。
 
勉強する時の私は、超疑り深いですよ(笑)
 
懐疑的と言うよりは、とても慎重なのですが。
 
 
今は全面的に信頼しているバシャールだって、
初めの頃は、どこか騙している様な部分があるんじゃないか?

って言う風に、疑いながら、あら探しをしながら、
本を読んでいました。
 
 
でも、私の研究してきた事と共通の部分もたくさんあり、
検証して確かだと思う事ばかりですし、

未だにハズレの部分が無いので、信頼するに至りました。
 
 
で、細胞の話に戻りますが、
 
細胞や人体をひとつの建築物に例えると、
 
・「DNAの質」は【設計図(建築士)の質】
・「栄養素の質」は【建築資材の質】
・「ミトコンドリアの質」は【施工業者(大工)の質】

みたいなものですね。 だいぶ簡略化してますけど。
  
  
自分がマイホームをいちから設計して
建ててもらおうと思ったら、
 
どれも気合い入れてもらわないと困りますよね?
  
  
「設計」が悪くて、思ったより部屋が狭い!ドアが開かない!とか、
「建築資材」が悪くて、質の悪い塗料でシックハウスになった!とか、
「施工業者」が悪くて、納期が遅れた上に、家が傾いている!とか、
 
そんなマイホーム嫌ですよね?(笑)
  
  
ですから、どれもが重要なのです。
  
  
DNAを守るには、
まず身体に負担をかける生活環境を改善し、
 
(身体に害のある食べ物、飲み物、空気の汚染、有害電磁波など)

抗酸化物質を摂り、
活性酸素を抑える事が必要だと言われています。
  
 
DNAの損傷が
「老化」や「ガン細胞化」を早めると言われていますから、
  
  
基本は全て同じですが、

【悪いモノを断って、良いモノを入れる】と言う事です。
  
   
いくら健康な食事をしていても、
毒を飲んだら一発で死にますから、
  
良いモノ入れるより、悪いモノを断つ事の方が優先です。
  
  
身体に害のある物質を断ち、デトックス(排毒)した上で、
人体を構成する、「質の良い空気、水、栄養」を摂る。
  
  
糖質、脂質、たんぱく質、
ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質 etc…。
  
  
ここまでは基本中の基本ですが、

さらに一歩踏み込むと、ミトコンドリアの話になります。
 
 
ミトコンドリアは、
ATPというエネルギー物質を生成する動力源ですから、
 
車でいうと「エンジン」
社会でいうと「電力会社」に相当します。
 
 
もし、いくら高級なボディでも、
車にエンジンがなければ、動きませんよね。
 
電力会社が止まれば、仕事や生活ができませんよね。
  
  
ですから、いかに代謝を高めて、
活発に元気に活動していこうかと思うと、
 
ミトコンドリアに頑張ってもわらわなければなりません。
   
  
そして、ミトコンドリアが生みだしたエネルギーを、
もっと効率良く使って行かなければなりません。
  
  
その為のお話は、またの機会に。


mixiチェック

haxe501 at 11:53|Permalinkclip!

2014年03月09日

「責める、裁く」と「厳しさ」の違い

昨日、弟子たちと喋っている時に、
「他人の悪口は言っちゃいけないよ」って、

小学校の先生みたいな事を言ってしまいました(笑)
  
  
ネガティブ発言は、
時に感情解放にとって有効な手段にもなったりもしますし、

「絶対ダメ」って事は無いんですけど、

度が過ぎると、やっぱり自分にとって良くありません。
  
  
他人に飛ばしたネガティブな念は自分に返ってくるし、

何よりも、私自身、

「責めたり、裁いたりする、ネガティブな波動」が嫌いなので、
聞いていると気分が悪くなります(笑)
  
  
でも、私も悪口みたいな事を言っているのでは?

と思うかも知れませんが、
 
 
私は、ネガティブな存在や事象を、
それはネガティブなのだと、

「真実」を表現しているのであって、
 
ネガティブを悪として、断罪しようという意思がないんですね。
  
  
ネガティブは嫌いですし、
その本音を表現する事にも躊躇もありませんが、

私はネガティブを許し、受け入れているし、
責めたり、裁いたりしていません。
    
    
この、【「好き嫌い」と「良い悪い」の区別】をキッチリ付ける事が、
 
本質を理解し、
それを実生活で実践・応用して行く上で、極めて重要な事です。
  
  
「好き嫌い(好み)」と「良い悪い(善悪)」は、

まったく似て非なるモノ、【天と地の差】があります。
  
  
「好き嫌い」は個性です。 
 
ロックとクラシックのジャンルの違いみたいなもので、

良いも悪いも、ポジティブもネガティブもありません。
  
  
しかし、「良い悪い」は間違い無くネガティブです。
  
  
その「良い悪い(善悪)」という判断、思想自体が、
自分と他人を分けて、対立させる分離意識だからです。
  
  
善悪の判断は「自分の方が正しい」と言う傲慢さを生みだします。
  
それが、夫婦喧嘩から戦争まで、あらゆる争いを生みだします。
  
  
私は、

【ネガティブはネガティブである、という真実】と、
【私の個人的な価値観で、ネガティブは大嫌いだ、という本音】と、

その両方を表現しているに過ぎません。
 
 
ポジティブが絶対的に正しいのだと、
他人に自分の価値観を押しつけようとはしていませんし、
  
ネガティブをやっつけようとも、叩きつぶそうともしていません。
 
 
ネガティブが好きな人は、どうぞそちらを選択して下さい。
  
  
ロックとクラシック、どちらが好きか?

ぐらいのレベルの、「好みの問題」です。
 
 
ネガティブが好きな人は、ネガティブな現実にシフトする。

ポジティブが好きな人は、ポジティブな現実にシフトする。
  
  
ただ、それだけです。
  
  
もちろん私は今後、超ポジティブな現実にシフトしますから、
  
現段階ではまだ、
ネガティブな勢力の方が多く、強そうに見えますが、
 
私の進む世界、現実では、
いずれネガティブな勢力は徹底的に淘汰される運命にあります。
    
私はネガティブが大嫌いなので、
私にとっては、とても居心地の良い世界になるでしょう。
  
   
もし、ポジティブな現実に進みたいのであれば、

【好き嫌い(好み)】と【良い悪い(善悪)】の区別を付け、
 
【良い悪い(善悪)】を手放し、

純粋に、シンプルに、
自分の【好き嫌い(好み)】で選択、判断、決断する。
  
  
その「訓練、鍛錬」を、習慣として、淡々と積み上げ続ける事です。


mixiチェック

haxe501 at 21:34|Permalinkclip!

2014年03月08日

「成功」と「元気」

昨日、健康について研究すると書きましたが、
早速「生化学」と「生理学」の書籍を購入してきました。
 
研究において、
最も肝心な事は【目的】と【着眼点】です。
  
  
それがズレていると、どんなに時間と労力をかけても、
良い成果など生み出せません。
  
  
たとえば、「人間の思考や感情」と、
【眼球の動き】の関連性を研究した人もいるでしょう。
    
眼球がこっちに動いている時は、
「過去の事を考えてるな?」とか、そういうのです。
  
  
【でも、それ何時使うの?】って話です。
 
いちいちそんな事気にしながら人と喋れるって、
よほどの器用かバカかどっちかです(笑)
  
しかも、それを知ってどうするのか?
 
使い道もよくわかりません。
  
  
他にも、向精神薬(抗精神病薬)について、
日夜研究している人もいるでしょうが、

精神薬の研究をいくらしたところで、
私の方がよっぽど多くの人の幸せに貢献できる自信があります。
  
  
つまり、【目的】【着眼点】という、
一番初めの時点で、既に勝負はついているのです。
  
  
「投資」や「賭け事」も同じですよね。
 
だいたい、「買った時点、張った時点、乗った時点」で、
【勝つか負けるか決まっている】のです。
 
  
研究も同じく、初めの時点で、既に勝負は決まっています。

高い結果が出せるのか? 出せないのか?です。
  
  
私が、初めに追求すると決めた分野は、【幸せ】です。
 
自分と他人を幸せにする為に、幸せについて研究し始めました。
  
  
そして、幸せに必要なあらゆるジャンル、
心理・経済・健康・スピリチュアル分野を研究してきて、

今に至ります。
  
  
今までも健康について研究してきましたが、

それは、【幸せになる、精神性を高める】という目的においてです。
 
 
今から行う研究の目的は、

【元気(パワフル・エネルギッシュ)になる】

という事です。
  
  
健康について研究している人にもいろいろいると思います。

・病気にならない為
・長生きする為
  
  
でも、私は現時点でそういうのには興味がありません。

私の価値観では、
 
単に長生きしても、幸せでなければイヤだし、
人生、何を成すか?が大切だと思っているからです。
  
短い人生でも、大きな仕事を成し遂げた人の方が、尊敬できます。
  
  
それで、【なぜ元気なのか?】と言うと、
 
「元気でない人は、大儀を果たすことができないから」です。
  
 
世の中で、大きい事をしようと思ったら、「元気」が欠かせません。
  
  
ビジネスを拡大していくにも、「元気」は必要不可欠です。
  
  
ギャンブル、投機(ネットビジネス、FX、デイトレーダー)など、

金儲けを「数字のゲーム」として行っている人間の中には、
元気でない人もいます。
  
ヒョロヒョロ&ナヨナヨしていて、
健康でもなければ、自信もなさそうな人が。
 
 
でも、そう言う人は【キカイを相手にゲーム】をしている訳で、
【人を相手に仕事】をしている訳ではありません。

「人を相手にするビジネス」を行うのであれば、
【元気さ】は必須です。
  
  
世の仕事で成功している人も、

だいたい、両親の健康状態が良かったとか、
幼少の頃から生活習慣(食べ物、運動)が良かったとか、

そういう要因が大きいはずです。
  
  
と言う事で、これからは、

「精神性を高める健康」から、
「元気さを高める健康」にシフトしていきます。
  
  
近頃、身体を鍛え始めていて、
今朝もトレーニングに行ってきました。
  
私は極度の面倒くさがり屋なので、
出来る限り無駄な事に労力を割きたくないと思っているのですが、

研究していく上で、

結果を出す為に「どうしてもやらなきゃダメ」だと
本当にに理解したら、徹底的にやり抜きます。
  
  
始めに言いましたが、研究で大切なのは、
【目的】に加えて、【着眼点】です。
  
  
【私の着眼点】はいつも、
「万人に共通するメカニズム(本質)に焦点を当てる」と言う事です。
  
  
肉体を極限まで元気にする為に、
【細胞に、人体に、いったい何が必要なのか?】
  
それを理解する為に、
まずは細胞と人体のメカニズムから理解を深めます。


mixiチェック

haxe501 at 10:15|Permalinkclip!

2014年03月07日

「スピリチュアル」と「健康」

最近、新しい銀行口座を作ったり、
外国為替レートやらを気にしたり、
お金の使い道を検討したり、
  
お金の事ばかり調べたり、考えたりしていました。
  
しかし、それも今日で一段落です。
  
  
いろいろとお金を動かす手続きをしていましたが、
まぁ損をせずに、結果的にプラスで落ち着いて良かったです。
  
  
私は、心理を軸にしつつ、

【心理、経済、健康、スピリチュアル】の、
4つの分野を探求していますが、
  
  
お金や仕事についての研究も一段落したので、
 
次は、また【健康】について、
学習・研究していこうと思います。
  
  
はこぶね倶楽部のメンバーの多くも、
今年は【健康の年】と位置付けて、がんばっています。
  
  
それをもっとサポートできるよう、
「健康についての学び」を深めていきたいと思っています。
  
  
手始めに、今一番関心が高い
【細胞のメカニズム】と【栄養の役割】について。
  
  
もちろん、私は現代の栄養学も少しはかじっていますが、
それは他の人もたくさんやっている事ですからね。
  
  
「勉強」とは、既存の知識体系を学習することですが、
  
【他の人が手を付けていない部分を開拓する事こそが研究】ですから、
  
私は、先人が確立した知識体系に加えて、
本質である【スピリチュアルの視点(波動の観点)】から、

【細胞】と【栄養】についての、
考察を深めていきたいと思っています。
  
  
私は研究が何よりも好きなので、
新たな研究対象が見つかると、非常にワクワクしてきます。
  
  
しばらくは、研究に没頭したいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 14:28|Permalinkclip!

2014年03月06日

コミュニティ、集団、組織の質

昨日、「はこぶね倶楽部」に新メンバーが加入しました!
 
と、アイドルグループみたいな表現をしてみました(笑)
  
  
「はこぶね倶楽部」は、
一方的に情報を発信するだけのサービスではなく、
  
私が一人一人の事を真剣に考え、
双方向のコミュニケーションを行い、

メンバー同士でも交流をして、
お互いに助け合っているコミュニティです。
  
  
ですから、一気に人数が増えると、
私のキャパシティがパンクしてしまうので、

人数は少しずつ増やしています。
  
  
弟子が成長して、仕事をたくさん振れるようになると、
 
またカバー出来る人数も飛躍的に増えて行くでしょう。 
  
  
単に、複製した情報を売るだけだったら、
どれだけ人数が増えても自分の負担は変わりませんが、
 
それだと、「教育の中身の質」が落ちてしまいます。
  
  
私のポリシーは「量より質」です。
  
  
それに、毎月課金型のサービスなので、
無料で所属できるコミュニティとは違って、
  
お客さんの中でも
特にやる気のある人だけが入ってきますし、
 
やる気を失った人は去っていきますし、

メンバーの質も高い状態で維持ができます。
  
  
「コミュニティ、集団、組織」を運営していく上で、
【人の質】は何よりも大切です。
  
  
例えば、「変な人」を入れてしまえば、
既存メンバーの満足度も落ち、

結果的に、帰属意識(ロイヤリティ)が下がります。
  
  
量を追っていくと、「変な人」が入ってくる代わりに、

「良い人」が逃げていきますし、
いずれ質が下がる所まで下がり、

どこを見ても「新しい人」だらけで、
【チームの結束力】なんて無いも同然になり、崩壊します。
  
  
「社員の離職」と「補充の採用」を
常に繰り返している企業もそうですよね。
  
  
「人の集まり」は、
【能力】よりも【信頼関係】と【結束】が何よりも大切。 
  
 
そして、それを築くには時間が掛かります。
  
  
その「目に見えない資産」をないがしろにして、

「目に見える量」ばかり追うから、足下をすくわれます。
  
  
私は、量よりも質を優先するために、
厳しいメッセージを発信しています。
 
それは、変な人が寄ってこない様にする為のハードルです。
  
  
私は、誰にでも好かれようと迎合などしていまんから。
  
  
このハードルを乗り越えてくる人は少数ですが、
  
このハードルを乗り越えてやってきた人は、
絶対に「素直でやる気があって、良い人」なんです。
   
   
そう言う人ばかり集まってくるので、
【信頼関係】や【結束力】も築きやすい訳ですね。
  
  
後々ラクをするには、「目に見える目先の結果」に囚われず、
忍耐を続け、「目に見えない価値」を積み上げていくことです。
  
  
【信頼関係】と【結束力】

これこそ、「長期効率の要(かなめ)」です。


mixiチェック

haxe501 at 17:34|Permalinkclip!