2013年10月

2013年10月21日

経営における最も重要な仕事

経営において一番大切な仕事とは何でしょうか?
  
営業? 集客? 会計? 資金調達? 商品開発?
  
ビジネスを構成する要素はいろいろありますが、
  
一番大切なことは、

「自分がどうなりたいのか?」というヴィジョンと、
「顧客にどうなって欲しいのか?」というヴィジョンを掲げることです。
  
それ以外はみな枝葉です。 根っこではありません。
  
  
営業、集客、会計…、みな代行してくれる専門業者があります。

セールスが大事だ、マーケティングが大事だ、
会計が大事だと言いますが、

わざわざ自分で全部勉強してマスターする必要はありません。
 
知っておくべき事は、必要最低限で良いのです。
  
  
私みたいな教育者だと、そこそこ有名になれば、
出版社が営業代行してくれます。 

そこそこの手数料は取られるでしょうが。
  
  
大切な事は、
【ヴィジョンを明確にし、方向性を定める事】です。

それは、各々の経営者自身にしか出来ない事です。
 
【絶対にアウトソーシングできない部分】だと言う事です。
  
  
それさえ出来ればあとは、

経営者自身の【基礎的なエネルギーレベルの向上】に取り組みつつ、

自分が【取り組むべき領域】と【手を出さない領域】を明確にし、

徹底的に【無駄】を削ぎ落とし、
自分にしかできない領域に【集中】すれば良いのです。
  
  
それ以外は、仕事仲間に任せたり、外注すれば良い訳で、
 
今ある経営資源(リソース)の範囲内で出来る、
必要な手を打っていけば良いのです。
 
 
外注先も「波動の引き寄せ」ですから、
 
自分のレベルが高くなれば高くなるほど、
よりよい外注先を引き寄せる事ができます。
   
   
私流に言うと、

・ヴィジョンと方向性を決め、
・無駄の排除と集中を行い、
・基礎力向上に取り組んでさえいれば、
 
あとは、
 
「インスピレーション(直感)」と
「シンクロニシティ(出会い)」に

身を任せれば良いのです。
  
  
「ヴィジョン、方向性、選択と集中」をサポートするのは、  
コーチングの領域ですし、私が最も得意とする所です。
  
私は常に根っこ(本質)に興味があって、
枝葉(表面)には興味ありませんからね。
  
  
結局、仕事って言うのは、勉強じゃなくて人間関係なんですよ。
 
 
「お客さん」や「ビジネスパートナー」と、
どれだけ深い関係を築けるか?

というのは、人間関係でしょう?
  
  
私は巷に出回っているものより、

よほどクオリティの高いサービスを、
リーズナブルな価格で提供しているという自負はありますが、

結局の所、「言ってる事が正しい」とか、
「クオリティが高い」とかじゃなくて、

最終的には感情論で、私の事が好きじゃないと、
お客さんは仕事を依頼してくれない訳です。
  
  
どんなに内容が低レベルで間違っていても、
好きだったらそっちに行っちゃうんですね。

恋愛も同じですかね?
 
 
・高レベルな良い人を好きになるか? 
・低レベルな悪い人を好きになるか?
 
という感情的判断についても、自分の実力であって、
低レベルな人を好きになっちゃうのは自分が未熟だからなんですね。
  
  
結局、自分の事を好きでいてくれる人と、
助け合える人が多ければ成功しやすい。

本当にただそれだけです。
  
  
小難しい勉強や技術なんかは、得意な人に任せれば良いのです。
  
  
「任せられる人が周りにいません!」って言うのは、
まだまだ自分の基礎力が足りないからですよ。
  
  
基礎力があれば、
自分と組みたい!一緒に何かやりたい!と言う人が寄ってきます。
 
そういう人が寄ってくるほどの、自分には魅力が足りないのです。
  
  
自分が最高の商品を創れば、それを売りたいと言う人が寄ってきます。
 
自分が最高に売るのが得意だとすれば、
「ぜひ自分の所の商品を扱って欲しい」と言う人が寄ってきます。
  
  
そういう風にならないのは、自分に基礎力が足りず、
助け合える人間関係を構築できるだけの実力が無いからです。
  
  
経済は助け合い、仕事は人間関係です。
 
非常にアナログベースなのです。
 
 
小難しい勉強やデータをいじくり回したところで、
基礎力の無い人間が成功できる訳ではありません。
 
 
経営における根っこ(本質)の部分は、
 
・ヴィジョンと方向性の明確化
・無駄の排除と集中
・自分と助け会える人たちを惹きつける基礎力
 
 
あとはみな枝葉です。
 
 
行き先を決めて、障害をどかして、アクセル踏んで、
目の前の状況に応じて適切な対応をしていけば、

ちゃんと目的地に辿り着くのです。
 
 
地図ばっかり勉強しても進みませんし、
車が壊れれば修理業者を呼べば良いのです。
 
 
ぜんぶ自分で理解して対処しようとして、
その勉強に時間を取られて、

大切な基礎力の向上を怠るから結果が出ないのです。
 
 
どれだけレベルの高い人間と助け会えるか?

本当にただそれだけで、そう言う人を引き寄せるには、
とにかく自分の基礎力を高めることです。
  
  
誰しも、自分と同じレベルの人間を引き寄せますからね。
  
  
私はお客さんに対しては、
徹底的に基礎力向上のサポートをしています。

だから、最短最速で結果が出るのです。
  
  
基礎力向上は日々の積み重ね、鍛錬です。
 
マラソンの試合が迫っているのに、
机の上で勉強しているような人がなんと多い事か。
 
 
仕事で必要なのは、「勉強」じゃなくて「筋トレ」です。
 
 
いくら知識が豊富であっても、基礎力がなければ、
レベルの高い人と一緒に仕事をする事はできないのですから。
 
  
名プレーヤー、名コーチにあらず。

基礎力が高くて成功した人でも、
基礎力を高める方法について熟知しているとは限りません。

見た目が派手だからと言って、
自分の向上に役に立つかどうかはまた別の話です。
  
  
  
ヴィジョンがあるのであれば、あとは、

【レベルの高い人と助け合える自分になる為の基礎力向上】
 
 
精神的にも、肉体的にも、エネルギー的にも基礎力の底上げ。
 
それが、仕事での成功のキモです。


mixiチェック

haxe501 at 05:00|Permalinkclip!

2013年10月20日

アメリカのデフォルト危機について

17日が期限とされていたアメリカのデフォルト危機は、
大方の予想通り、ギリギリで回避された様ですね。
  
  
問題の期限が来年の2月上旬に先送りされた様ですが、 
根本的解決の方向性が示されるまでには至っていない様です。
  
  
これも、宇宙から危機に備える為の
【貴重な準備期間と猶予】を与えられたと捉えるべきでしょうね。
  
現代社会を構築している経済システムを、
出来る限りスムーズにシフトしていけるように為された措置でしょう。
  
  
でも、なぜ人々がそれほど危機感を感じていないのか、
ちょっと不思議に思います。
  
実際にアメリカがデフォルトしたら、
世界中の人々の生活に大きく影響する事態なのにも関わらず…です。
  
  
各金融機関が経営難、最悪倒産、預金封鎖もあり得ますし、

輸出が大幅に減少し、リストラやコストカットによって
世に失業者が溢れる可能性もありますし、
  
今まで普通に働き、お金を貯めてきた人にとっては、

自分が蓄えてきたお金が一瞬で消えたり、
急に仕事が無くなったりする事は、充分に考えられます。
  
  
国債の暴落は絶対に起こる事で、
時限爆弾みたいなものですからね。
  
そのバブル崩壊の予兆が現れたのだから、
いよいよ来たなと思って、対策を講じて普通だと思います。
  
  
地震対策もそうですね。

地震が来る可能性が高い事がわかっていながら、
充分に対策ができているとは言い難いです。
  
まぁ地震以外にも、今後起こりうる災害の可能性としては
台風、竜巻、大雪、寒波などの異常気象があり得ますが。
  
 
まぁ対策と言っても、付け焼き刃でできる事は少ないですし、
今まで長年積んできた徳と業が問われる訳で、
 
今までさんざ悪業を積んできた人にとっては、
ジタバタしても仕方ありませんけどね。
  
  
まぁ数ヶ月、時間の猶予ができたわけですから、
少しでも事の重大さに気付い人は、自分の行いを見直し、

自分の生き方や仕事、お金の扱いにおいて、
ポジティブな姿勢、態度、行動を心懸けてもらえればと思います。


mixiチェック

haxe501 at 05:01|Permalinkclip!

2013年10月19日

天下統一、世界平和と仕事と経済

いま、この世界はたくさんの問題を抱えています。

金融経済から自然環境まで様々です。

それを根本的に解決するには、【天下統一】しかありません。
  
  
こいつは身内、あいつは赤の他人…、
と言う様なネガティブな分離意識を手放し、

こいつもあいつもみんな身内…、
という風に統合していかなければなりません。
 
 
民族同士でいがみ合っているウチは、
どんなに優れた法やシステムを整備しようが、問題は絶えないのです。
  
  
昔の日本も、同じ日本国内で戦争していましたが、
信長、秀吉、家康によって、一旦は天下統一されました。
 
 
その後も、幕府のチカラが衰える頃には分裂が起こり、
薩摩と長州でいがみあったりしていましたが、
 
また天下統一されました。
  
  
天下統一が起こると、みんな身内ですから敵がいなくなります。
 
それがポジティブな世界です。
  
  
この世界を本当に平和にするには、

この世界をひとつの国のようにまとめて、
一人一人が「自分は地球人」という認識を持つ様にする事。

それしかないのです。
  
  
現代では、殺し合いの物理的な戦争は少なくなりましたが、
経済レベルでは【資源やエネルギーを奪い合う経済戦争】をしています。
  
ちょっとでも自国が有利になる様に、
政治で駆け引きしたりしていますね。
  
  
相手は身内ではなく赤の他人だから、
「自分を守る為には相手から奪っても構わない」と思っています。
  
その根本の分離意識が、
すべてのネガティブな問題を生みだしています。
   
   
競争や比較というのは、

ポジティブに行えば「切磋琢磨」ですが、
ネガティブに行えば「足の引っ張り合い」です。 
  
そして、後者の姿勢があらゆる問題を引き起こすのです。
  
  
真の世界平和を実現するにも、
世界の経済の問題を根本的に解決するにも、

その唯一の手段は天下統一。 

つまり、世界連邦を創る事ですね。
 
 
世界連邦の実現がなければ、
何度でも戦争は起きますし、金融危機も起きます。
  
 
こいつは身内で、あいつは赤の他人。
  
その分離意識が「奪い合い」の精神や
システムを創り出しているからです。
 
 
有名な言葉ですが、
奪い合えば総量は減るし、与え合えば総量は増えます。
  
  
なぜなら、

他人から何か奪う事に膨大なエネルギーを使っても
総量は増えませんよね?

エネルギーを割く分だけ、総量は減ります。
 
例えば、銀行強盗しても、お金の持ち主が変わるだけで、
全体としては増えていませんね。   
   
   
でも、全員が他人に何か与えようとして、
各々が生産的な事に膨大なエネルギーを使えば、総量は増えますよね?
 
一人が食べ物を創って、一人が発明して…って、
みんなが【無から有を生みだす事】をやっていったら、

全体の総量が増えていきます。
 
 
同じだけ膨大なエネルギーを使うのであれば、
どちらの方が全体にとってお得か? 単純な答えです。
    
   
例えば、パチンコで大勝ちした人は、
自分が目先で儲かったことしか考えないでしょうが、
  
実際には、負けて金を失った人から、
間接的に奪っているのです。
  
  
お互い同意の下であれば、
悪い事だと断罪する事はできませんがね。
  
  
でも、「奪う事に自分の労力を使っている」のは、
【生産的な活動】とは言えませんね。
  
そんな事にエネルギーを使うよりも、
  
  
一人が農業をして、一人が服を創って、一人が大工をして…、

という様に、分業して
 
それぞれが他人を助けるために生産的な活動をして、
お互い助け合えば、みんな豊かになるのです。
  
  
一斉にみんなが仕事を放り出してパチンコやりだしたら、
誰も生活できなくなりますよ(笑)
  
  
それで儲かって大量にお金を持っていたとしても、
自分の為に仕事をしてくれる人が誰もいないのだから。
  
電車も動かないし、タクシーも走らない、
コンビニに行っても誰も働いていない。
 
そんな世界でお金を大量に持っていても無意味です。
  
  
ですから、経済で大切なのは、
自分の元にやってきたお金というのは、
  
誰かから奪ったものなのか?
  
それとも、正当な、対等な、公平な【仕事の交換】なのか?
  
  
その【中身こそ】が大切なのです。
  
  
宇宙はちゃんとカウントしていますし、バランスを取りますからね。
  
  
奪った分は、また他の誰かに奪われる事でしょう。

そして、ちゃんと与えた分だけが、自分の手元に残るでしょう。
  
  
本当に残るのは、

【人々の生活を幸せにし、豊かにし、健康にする、
 商品・サービス、それを提供している人、企業】です。
  
  
自分(自国)だけ生き残ろうとして、
奪い合っている人間(人類)に明るい未来はありません。
  
  
全ての経済、生活の基礎は、
生産的な自分の仕事を全うし、与え合い、他人と助け合う事です。
  
その先に真の世界平和があるのです。
 
 
今、世界ではどんな商品・サービスが求められているでしょうか?

人類の幸せ、豊かさ、健康に
本当に必要な商品・サービスとは、どういったものでしょうか?
  
  
それを愚直に提供していく事が、与え合いの道であり、
他人を生かす道であり、人と企業が生きる道なのです。


mixiチェック

haxe501 at 11:27|Permalinkclip!

2013年10月18日

宝石選び、成長、コミュニケーション、嬉しい声

今日は朝から宝石選びツアー。
 
今日もお客さんと良い石のマッチングができて、
今回も非常に価値の高い機会となりました。
 
 
今回参加してくれた方々は、
ある程度長い付き合いになりますが、

私や国本さんの伝える情報を継続的に実践してくれた結果、
以前とは別人の様にオーラがキレイになっており、
 
仕草、態度、発言…、あらゆる振る舞いも向上していて、
 
着実に変化、成長されている姿を見て嬉しくなりました。
 
 
他にも、

・神社巡りに参加した翌日からすごく元気になった!
・中井さんが紹介してくれたヒーリング音楽ですごく泣けます!

という様な、嬉しい声も頂きました。
  
  
私は常に自分が有益と思う情報発信をしていますけど、

それが人々にどの程度浸透していて、
どれくらい実際に取り入れて喜んでもらっているのか?
 
と言う事は、直接聞かないとわかりませんからね。
 
 
でも、みんな思った以上に生活に取り入れて、
喜んでくれているみたいなので、

これも、日々やっている事の甲斐があったなぁと、  
非常に嬉しいです。
 
 
その後、帰りにエルメスでお買い物しました。
 
30代突入記念に(笑)
 
 
今まで使えるお金はほとんど宝石につぎ込んできましたが…、
というか、これからも益々つぎ込みますが、
 
今後は大人に見合った身だしなみをしていけるように
心懸けていきたいですね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 11:28|Permalinkclip!

2013年10月17日

「幸せ」と「他人の評価」

人に評価され、賞賛される不幸者と、
人に評価されず、賞賛されない幸せ者。
 
自分ならどちらを選ぶでしょうか?
  
  
おそらく、ほとんどの人は、
後者の方が良いのだろうな…と感じつつも、

実際は前者の生き方を選択しているのではないでしょうか?
  
  
何故かというと、
【 他人の評価=自分の価値 】という風に結びつけているからです。
 
ですから、自分の幸せを優先したくても、
他人からどう思われるかが怖くて、他人に合わせてしまう…。
    
そんな人がほとんどでしょう。
  
  
みんな学校教育に洗脳されきってますからね。
  
  
仕事で大きく成功している人だって、
外面(そとづら)は完璧な人生に見えていても、
 
家族や親戚と仲が悪いとか、
身内のトラブルがある…、という人が非常に多いでしょう。
 
紆余曲折を表には出しませんが、内情は大変だったりするものです。 
  
  
それを表に出すと成功者としての顔に傷が付きますから、
普通、他人には内緒にしています。
  
  
私の場合は、まず【幸せが第一】ですから、
お金や他人の評価の為に、自分の幸せを犠牲にする事はありません。
  
なので、人間関係だけは本当に良好です。
  
  
これだけ好き放題書いていても、
まったく批判、誹謗中傷などされませんので。

むしろ、有り難い事に感謝のメッセージばかり頂きます。
 
 
アンチとファンは表裏一体ですから、
私を嫌う人もいるでしょうし、
 
陰口は叩かれているでしょうが、
そう言う人は、それを直接私には言ってきません。
 
 
普通の人は、嫌われない様に無難にしていたって
嫌われたり、批判されていますからね(笑)  
  
  
あと、「変な人」が本当に寄ってきません。
  
どんな仕事でもそうだと思いますが、
人を相手にしている以上、

空気の読めない人、良識の通じない人、
難癖や言いがかり、イチャモンをつけてくる人、

というのは現れて来ます。
  
  
そう言う人も、もうほとんど寄ってきませんね。
  
昔はポツポツ現れていましたが、
自分を高めるとそういう人はもう寄ってこないものです。
  
たとえ、もし目の前に現れても、即ブロックですが(笑)
 
 
別にその人と縁が切れても、
自分は困りませんし、何の問題も無いですからね。

私の悪評を広げたければ、どうぞ広げてくださいって感じですし。

それを信じる人も、またネガティブでしょうから。
  
  
これだけ好き放題言っても人間関係で困らず、
むしろ超良好なのは結構すごい事だと思いますし、

不思議に思われる方も多いでしょうから、

自己啓発セミナーなんかのテーマにすると、

人間関係の【魔法の○○テクニック】とか【秘密の○○ステップ】

とか、そういうウケを狙ったネーミングをするのかもしれませんが、
 
別に魔法でも秘密でも何でもありません。
  
  
ただ、宇宙の法則に基づいた
「精神性の高さ」と「精神バランス」の成せる技。
   
本当にただそれだけです。
  
  
「金はあるけど、人間関係で困ってる…」

なんて言う人がいたら、一瞬で解決して見せますよ。
 
  
ただ現在の所、私の伝えるメッセージの波動はかなり高いので、
それを拾える人、共感できる人は少数です。
 
ですから、メッセージの質を落とせば、
間口は広がり、人数が増えるのもわかっていますが、

それをすると、質の低い人がやってくるでしょう。

それは幸せを犠牲にする事だからイヤなんですよね。
  
  
それに、

・毎日、自殺願望を持っている人の悩み相談をするのと、
・国本さんみたいな弟子を一人育てるのと、

どちらの方が世にポジティブな影響を与え、
大きく貢献できているか?
 
を比べたら、断然後者です。
  
  
多数の質の低い人をたくさん相手にするよりも、
少数でも質の高い人を引き上げた方が、

結果的には全体に対してより大きな貢献となります。
    
   
私はどちらが金銭的に儲かるか?ではなく、

どちらがより世の中に貢献できるか?で判断しています。
  
  
そして、目先では前者の方が
一時的には儲かるか知れませんが、

長い目で見れば、
確実に後者の方が、金銭面でも断然に儲かります。
  
  
・ずっと目先の量を追い続けるのか?
・まず質を追って、それから量を拡大していくか?
  
  
「短期視野」しか持てない人間と、
「長期視野」を持っている人間と、
 
判断と行動の分かれ目です。


mixiチェック

haxe501 at 03:06|Permalinkclip!

2013年10月16日

これからの金融と経済

今日は、金融と経済について書きます。
 
アメリカ経済もいよいよ切羽詰まってきた訳で、
 
これからは、【攻め】の資産運用ではなく、
【守り】の資産運用が必要になってくると思います。
  
  
要するに、「あなたの財産、インフレに耐えられますか?」って事です。
  
  
アメリカが国家破綻したところで、人々の生活は続いていきます。
 
淘汰される仕事は淘汰されていくでしょうが、

人々から必要とされる仕事は残るどころか、
ますます発展の一途を辿っていくでしょう。
  
  
次回に訪れる金融危機が、
  
世の中を「ブレイクスルー」と「ブレイクダウン」に
キッパリと分かれさせる、

二極化のタイミング、分水嶺となることでしょう。
   
   
おそらく、「2:8の法則」通り、
2割は生き残り、8割はダメでしょう。
  
  
それで、本当に人々を豊かにする仕事って何でしょうね?
  
  
「豊かさ=お金・商売」と考えるのは短絡的です。
  
  
私は、人々を本当に豊かにする仕事とは、【科学技術】だと思います。
 
 
・インターネットという発明
・携帯電話という発明
・スマートフォン、タブレットPCという発明
・太陽光発電システムという発明
・青色発光ダイオードという発明
・汚い水を綺麗な飲み水に浄化する発明
  
こういう発明こそが、本当に人々を豊かにしていると思います。
  
  
世の中のネットワークやコミュニティが益々発展していく中で、
商売における、営業や広告宣伝の地位は少しずつ下がっています。
  
  
今、営業活動や広告宣伝あまりしない会社が
スポットライトを浴びています。
  
  
最年少上場の村上太一社長が経営する、
アルバイト情報のリブセンスなども、

営業マンのコストがかからない事が、
自社の競争力を高めていると言っています。
  
  
信頼できる人の口コミこそ、頼れる購入判断基準です。
   
   
その傾向は、今後ますます強くなっていくでしょう。
  
そして、【外見ではなく中身】【量ではなく質】
が問われていく時代となっていくでしょう。
  
  
それで、実は日本って素晴らしい発明をたくさん生み出せる国なんです。
  
世界の役に立ち、世界を豊かにする技術を磨いています。
  
  
ITサービスではアメリカの方が目立っていますが、
地味に地道に、裏方で世の産業を支えている会社もたくさんあります。
  
「日本の町工場が世界の
 ロケット、ロボット、医療機器などを支えている」

というニュースは見たことあるでしょう。
  
  
そういう真面目な企業は絶対に残ります。
  
  
逆に、
「中身の無い商品・サービスでも、うまく営業し、宣伝すれば儲かるよ」

なんて言う様な、
中身の無いチャラチャラしたコンセプトのビジネスマンは、
 
徹底的に淘汰されていくことでしょう。
  
  
「不況」というのは、本当に必要なものだけを残し、
それ以外のモノは淘汰させる二極化の事を言います。
  
  
不況の中でこそ飛躍する人、企業が本物です。

人々が苦しい時にでもお金を払わざるを得ない…、
そんな、本当に必要とされている商品・サービスの証明です。
   
   
「自分の仕事」はどちらでしょうか?
 
そして、「自分が投資している対象」はどちらでしょうか?
  
  
「人々の生活」や「企業の活動」にとって必要不可欠な、
ライフラインとなる様な商品・サービスを提供出来ているでしょうか?
  
それとも、コストカットの名目で斬り捨てられる様なものでしょうか?
  
  
危機でも必要とされる仕事(商品・サービス)、
危機にこそ必要とされる仕事は残ります。
  
  
今まで徳を積んでいない人にとっては厳しい時代です。 
  
   
でも、それも自分が今まで積み上げて来たカルマです。
  
  
大切なのは、本当に日々の行いです。


mixiチェック

haxe501 at 09:13|Permalinkclip!

2013年10月15日

波動と法則、感性と論理

昨日は、はこぶね倶楽部のメンバーと
奈良の神社を巡ってきました。
 
 
道中、今新しく住む家を探している人に、

「物件の家賃を下げますよ」と
不動産屋さんから電話かかってきたり、
  
独立起業を目指している方に、
新規の仕事の依頼が舞い込んできたりと、

プチミラクルが続出(笑)
 
 
まぁ良くあることですよね。
 
 
だいたい自営業で、ある程度軌道に乗っている人の
波動を上げてあげると、

仕事の依頼が続出したり、お客さんが増えたりして、
売上が上がるというパターンがほとんどですね。
 
 
そうでなくとも、人間関係が良くなるとか、
職場、自宅などの生活環境の改善などが起こる事はほぼ確実です。
 
 
私は波動を見分ける感性が人よりもズバ抜けて高いらしく、

神社に関して言えば、

良い神社を見分けるチカラと、
よい御守り、御札を見分けるチカラが、

すごく高いみたいです。
 
 
神社も、御守り、御札もパワーはピンキリですから、
【エネルギーの良し悪しを見分けられる能力】というのは貴重です。
 
良い神社でも、
パワーがあまり無い御守りとかもありますからね。
 
 
はじめは波動を見分けられないと言う人も、

少しずつ自分を高めていけば、
エネルギーを見分ける能力は開花していきます。
 
 
そう言う人は、
私の「チョイスの良さ」を結構わかってくれますね。
  
  
昨日も、あるお客さんは私の選んだ御守りに感動して、
エネルギーがすごくキレイになっていました。
  
  
ポジティブな波動とネガティブな波動を見分けるには、
精神性の高さは必須です。
 
それと、エネルギーに敏感な感性の高さ、

それに加えて、私は論理的に考え、説明する能力も高いです。
   
  
普通のスピリチュアルおばちゃんとは違う所ですね(笑)
 
 
目に見えないエネルギーを感じる感性と、
それを理屈で説明する論理的思考。
 
初めはみんなもやればできるだろうと思っていましたが、
 
よくよく人の成長に関わってくると、

自分だけにしかできない、
生まれ持った希有な能力らしいです。
 
 
健康の先生に備わっている「生まれつきの霊能力」みたいなものです。
 
 
最近、お客さんにも伝えていますが、

他人よりも劣っている部分を素直に認めるのも謙虚さであれば、
他人よりも優れている部分を素直に認めるのも謙虚さです。
  
  
人間の個性は表裏一体ですから、

優れた部分が突出していると言う事は、
劣っている部分も突出しています。
 
 
その両面を素直に認め、

自分に与えられた才能、能力、個性を
使命に用い、淡々と全うしていくことが大切です。


mixiチェック

haxe501 at 23:45|Permalinkclip!

2013年10月14日

緊急警告

今、アメリカがデフォルトの危機にあるのはご存知ですか?
  
  
デフォルトというのは、債務不履行、財政破綻です。
  
借金が返せなくなり、国家破綻すると言う事です。
  
  
そうすると、米国債が価値を失います。
  
  
そうなると、どうなるでしょうか?

世界中の国々、金融機関がアメリカから
米国債を買わされているのですよ。
 
タダじゃ済みません。
 
 
代表的に起こることは、世界的なインフレです。

通貨分散しているから大丈夫という人もいますが、
世界中の「お金そのものの価値」が半減するのです。
 
 
ようするに、お金の価値が半減して、
相対的に物価が倍増すると言う事です。
  
  
今後、貯金・貯蓄が意味を成さなくなる瞬間が、必ずやってきます。
  
  
私はいろんな人のファイナンスの相談にも乗りましたが、
 
私の結論はいつも同じ(笑) 

「貯める金があったら自己投資しろ」です(笑)
  
  
私がお世話になってる健康の先生に
診てもらったら病気になる可能性はほとんどなくなります。

神さまごとを大切にしている人は、
事故に遭う可能性もほとんどなくなります。
  
  
そんな可能性が低いことに月々お金を支払うのであれば、
もっと自分の波動向上や健康状態の維持向上にお金を使いなさいと。
  
  
それで、たぶん2〜3人は、保険の契約を解約させてますね(笑)
  
  
外資系保険会社がよく売っている、
ドル建て終身保険も、中身は米国債です。
 
さてさて、信用できるかなぁ…?(笑)
  
  
日本の金融機関も、ほとんどが日本国債を買わされています。
  
  
要するに、世界中の人間が、
一般の金融商品を通して【国にお金を搾り取られている】のですよ。
   
   
それが泡となって消える時がくるとも知らずに…です。

国は税収で足りないんだから、借りるしかない。

誰から借りるの?って国民の貯金ですよ。
  
  
国がもし返せなくなったら?
 
それ、金融商品を買った個人にちゃんと返ってくるでしょうかね?
  
  
アメリカなんかは、他国からも借りまくってる訳です。
  
  
要は、これも宇宙の与える試練なんです。
  
  
金に執着しているヤツは、少しでも殖やそうと金融商品を買う。

でも、それが泡となって消えることによって、
金に対する執着を外せって。 強制的にですがね(笑)
  
  
私のお客さんには、借金してまで宝石を買って、
家族にバカにされている人もいます。

「あんたアホちゃうか?」と。
  
  
しばらくしたら、

「あんたの方がアホやったな!」と、

言い返してやれる日が来るでしょう(笑)
  
  
世界中でも、異常気象や天変地異が多発していて、
パキスタンの地震、インドのサイクロン…、いろいろあります。
 
 
いよいよ、世界の大掃除、
浄化が本格的に始まってくるでしょう。
   
   
そのための「はこぶね倶楽部」です。

私は今「はこぶねに乗っている人」、
これから「はこぶねに乗る人」は絶対に守ります。
   
   
私はノアと同じように警告しましたからね。

ほとんどの人は、信じずに大洪水に飲み込まれて行きました。
  
  
拝金主義の守銭奴たちは、死にはしないかもしれませんが、
これからキツイ修行をさせられる事でしょう(笑)
  
  
金目当てで金融商品に投資するなんて本当に愚かです。
  
本物の投資とは、「優秀な人や企業への投資と教育」です。
  
  
世の中の役に立ち、世の中を良くしようとしている、
素質や才能のある人や企業を育て、支える事なのです。
  
  
最後には人です。
 
 
ですから、まずは自分を高める自己投資(教育)。

自己投資がある程度進んだ人間は、次は他人への投資(教育)です。
  
  
私は普通の人が、目に見える「金融商品」に投資している中、
徹底的に目に見えない「人の成長」に投資してきました。
  
  
自分と支え合い、助け合える「人」です。
  
  
ここ数年以内に、今まで積んできた徳と業が問われる、
審判の時が訪れるでしょう。


mixiチェック

haxe501 at 16:19|Permalinkclip!

2013年10月13日

「お金の有り難み」と「物々交換」

心理に興味を持つ人の大半は、

【人間関係で苦労した事】がキッカケとなって、
興味を持たれるようですね。
  
  
そうでなければ、普通の人は心理に興味は持たないでしょう。
  
  
でも、その苦労のおかげで心はたくさん学んで成長する事ができ、
以前よりもずっとずっと幸せになる事ができます。
   
   
お金も同じ。
  
  
お金で苦労すると、【お金の有り難み】がわかります。
  
  
だから、その苦労を乗り越えると、
以前よりもずっとお金に満たされた生活が手に入ります。
  
  
その為には、まずお金の苦労を通して
【お金の有り難み】を身や骨に染みるほど痛感することが大切です。 
  
  
「物々交換すれば良い」というのはひとつの真実であり、理想ですが、

現実に、

・コンビニやスーパーで物々交換できるでしょうか?
・通販でモノを買う時は?
 
みんな、現時点ではお金という便利な道具に依存しています。
  
  
社会がそうですから、理想はどうあれ、
自分も社会にある程度合わせなければ生きていけないのが現実です。
  
  
「原発反対!」と言いながらも、電力会社に頼らなければ
電気を使えないのと同じようなものです。
  
  
それに、逆説的ですが、

物々交換になったほうが、
よりお金の大切さがわかると思いますね。
   
  
お金自体は「紙」と「金属」ですが、物々交換になれば、
【お互いの仕事を交換している】という真実が見えてきます。
  
  
【交換】とは、自分が相手に何か差し出すモノがなければ、
相手からは何も受け取れないと言う事です。
  
  
ですから、

【果たして自分は人様に必要とされ、
 喜ばれるような仕事をしているだろうか…?】
 
という真実が見えてくるでしょう。
  
  
他人の為に仕事をしてあげて初めて、
他人も自分の為に仕事をしてくれるのです。
 
それが【交換】です。 
  
  
・自分が社会から受け取っているものと、
・自分が社会に与えているものと、

どちらが多いでしょうか?
  
  
「与えている方が多い」という人は、
普通の人よりも金持ちであったり、自由で幸せです。
 
「受け取っている方が多い」という人は、
他人の世話になっていますから、不自由を感じる事が多いでしょう。
  
  
半人前の時点では、受け取る方が多いのは仕方ありません。
 
赤ちゃんは親の世話になるしか無く、働けないのですから。
  
  
ですから、自分が半人前であるならば、

他人の世話になる事は仕方無く、それを受け入れ、
その分、感謝を絶やすことはできませんし、
 
 
大切な事は、

他人から受け取る方が多い「半人前」から
いかに他人に与える方が多い「一人前」になるか?
 
と言う事です。
  
  
自分がもし半人前であるならば、
それを事実として謙虚に受け止めなければなりません。
   
そして、他人の世話になっている事に感謝し、

早く成長して、他人を助けられるような存在になる事です。
 
 
まぁ焦っても仕方ありませんけどね。
  
  
この世が物々交換になっても、

自分はちゃんと他人に何かを提供して、その分受け取り、
住む所と食べ物を確保して生きていけるだろうか?
   
   
ちょっと考えて見ると、
「仕事」や「お金」に対するイメージが変わるかもしれません。
   
もっと重要で有り難いものだと思えてくるでしょう。
  
  
これからの時代を迎えるにあたって、
自分に問いかけなければならない質問ですね。


mixiチェック

haxe501 at 09:09|Permalinkclip!

2013年10月12日

シンプル&洗練

人間というのは、成長すると無駄が削ぎ落とされるものです。
  
  
私は今までたくさんの書籍を読んできましたが、
今、自宅にある本の数はそう多くありませんし、

本自体、ほとんど読む事が無くなりました。
  
  
昔の自宅には、
セミナーなどでもらった書類などが山積していましたが、

自分の成長と共に、本質がわかってくると、
枝葉の情報が一切要らなくなってくるので、
 
今ではセミナーなんかもほとんど行きません。
  
  
会う人に関しても、自分に必要な人としか会いません。
 
・自分の仕事、ビジネス、長期的な人生に関係ある人か、
・自分から本気で学ぼうとしている人か、

そのどちらかです。
 
 
私の時間とエネルギーは有限ですし、
エネルギーは高い方から低い方へ流れます。
 
自分のコンディション維持の為にも、
私は余計な人と会っている場合ではないのです。
  
  
成長するには、無駄を抱えていてはダメなのです。
 
優先順位が高いものだけを残し、
他は出来る限り、バッサリと落としていくのです。
  
そして、【無駄が無い状態を集中】と言います。
 
 
砂金を取るのだって、砂をすくって「ふるい」にかけるでしょう?

すくったままだと砂金は出てこないんです。
 
ちゃんと「ふるい」にかけて選別しないと。
  
  
ですから、自分がどの程度成長過程にあるかは、

どの程度、情報や人脈をふるいにかけ、選別し、
シンプルに洗練されているかでわかります。
 
 
私は断捨離という言葉が流行る前から、
「無駄を削ぎ落とす重要性」についてずっと言ってきました。

今は断捨離という言葉が使いやすいから使っていますが(笑)
 
 
情報と人脈を選別すれば、

無駄に垂れ流している
自分の時間、お金、エネルギーが節約でき、集中力が高まります。
 
成功するには、高い集中力が不可欠です。
 
 
そして、その集中力を高めるには、
 
【自分が集中するべきポイント】を明確にし、
それ以外はバッサリ斬り落とす事が必要なのです。
  
  
もちろん、その為にはまず「砂をすくうこと」も必要です。

まずインプットしなければ、選別もアウトプットもありませんから。
 
 
でも、ほとんどの人は、砂をすくってばっかりで、
「ふるいにかける事」を躊躇しています。
  
  
物事は全てバランスですから、

・砂をすくうこと(インプットや出会い)と、
・ふるいにかけること(選別し、削ぎ落とすこと)を

バランス良く行って行く必要があります。
  
  
現在、私のメインの情報源は「国本さんのチャネリング情報」です。
  
彼女が守護霊さんなどの高次元の存在に繋がって、
情報を降ろしてくれます。

そして、その情報のクオリティは、極めて高いです。

なぜなら、高次元の存在の視野は、
人間の視野を遥かに超えているからです。
 
 
バシャールも言っていますが、

三次元で生きることは、高次元に比べ、
非常に視野を狭く絞る事であり、目隠しして生きている様なモノです。
 
それに比べ、高次の存在は人間を遥かに超えた
長期的、かつ幅広い視野からの情報を与えてくれます。
  
  
ですから、生身の人間から学ぶことなんて
今はそれほど無いのです(笑)
   
強いて言うと、健康とスピリチュアル分野に関しては、
健康の先生のお世話になっている部分が大きいですね。
 
 
もちろん、人間関係から気付きを得る事もたくさんありますし、
教える事によって学ぶ事もたくさんありますが、、
 
ここでは、「勉強する相手、先生として…」と言う意味です。
  
  
より効率よく成長したければ、
  
多くを抱える事ではなく、

ふるいにかけ、選別し、無駄を削ぎ落とし、
シンプルに洗練された生活にしていく…。
 
 
そういう目的と方向性を持つ事が大切です。


mixiチェック

haxe501 at 17:08|Permalinkclip!