2011年11月

2011年11月30日

精神向上をしている人たちの見分け方

こういう事書くとまた否定的に捉えられるかもしれないですけど、
大切な事だと思うので書きます。

「人の精神を向上させる」という仕事をしている人は、
この世にたくさんいると思いますが、

「人を救おう、導こう」という姿勢の人は、

ちょっとセルフイメージが低くて、
ちょっとネガティブで、
ちょっと波動(精神性・エネルギー)が低くて、
ちょっと依存的…

なんですね。
 
 
要するに、自分に自信が無いから、
「人を救おう、導こう」という姿勢になるのです。
 
  
自分に思っていることと他人に思っている事は
常に連動していますから、

「人を救おう、導こう」と思っている人は、

自分が救われたい、導かれたい、
救われるべきだ、導かれるべきだ…、

と思っているのです。
 
 
要するに、自分の自信の無さを穴埋めするために、
人を救い、導く事で、その心の穴を埋めようとしているのです。
 
 
そうすると、
同じレベルの波動の人たちが引き寄せられますから、

その人の周りに集まってくる人も、
セルフイメージが低い人たちばかりになってきます。
 
 
「悟り」というのは、全てを受け入れ
全てに愛を見いだし、全てに感謝できる

と言う事だと思うのですが、

人に「何かしてあげなくてはならない」と言うのは、
「正しい間違っている」で判断している事になります。 
 
 
そして、精神を向上させる仕事をしている人でも、

本質を理解できている事と、
実践できている事と、
波動(精神性)が高い事は

全く別の軸なのです。
 
 
例えば、宗教というシステムの中で、
めちゃくちゃ波動(精神性)が高い人がいたとしても、

宗教をやっている限りは、
「理解できている」とは言い難いです。
 
 
他にも、本質を理解して、
「愛と感謝だ」という事を理解していても、

まだ人を救おうと思っている人は、
まだ「実践できている」とは言い難いのです。
 
 
私は、「人を救おう、導こう」という人ではなく、

「自分のやっている事が楽しくて仕方が無い!」
という人が、一番レベルが高い人だと思います。

そういう人が、一番周りの人たちを幸せにします。
 
 
眉間にシワを寄せても大して人は集まりません。

愛と感謝とワクワクとユーモアが最高の指針だと思います。


mixiチェック

haxe501 at 02:44|Permalinkclip!

2011年11月24日

本質と全体像

あらゆる物事、問題には必ず「本質の部分」が存在します。 

そして、「本質を掴む事」と「全体像を把握する事」はイコールです。 

なので、本質を掴めば、
同時に全体を動かす為のキーポイントを知る事になるのです。 

そこに情熱(モチベーション)というエネルギーが加われば、
全体を動かすことが可能となります。


本質を知る人は、全体像を知る人です。

ですから、本質を知る人はあらゆる事を学んでいます。


この世で一番高い視点というのは、
おそらく宇宙(万物を司る法則)という視点だと思います。

私は宇宙(の法則)という視点からあらゆる物事を観察しています。


そして、心理・経済・健康・人間関係…、

さまざまな分野を学び、
全体像を把握し、本質を掴んできました。


それを伝えて行くのが自分の仕事だと思っています。

本質を伝える事は簡単です。
しかし、「本質を掴む能力」は並大抵の努力では手に入りません。

「本質を掴む能力」は、
「あらゆる問題を解決する能力」に繋がります。


「本質を掴む能力」があれば、

人材のマネジメントから世界経済まで、
あらゆる問題の原因(キーポイント)が明確にわかります。


例えば、

ある集団を変えるには、トップが変われば簡単ですが、

「選挙」というシステムが採用されていたり、
「利権」が絡んでいるなどで、トップが簡単に変わらない場合は、

末端の人間の意識を地道に向上させ、
世論によってトップを交代させるしかありません。


これが、「集団を変化させる為の本質」です。

これを理解していれば、
本質から離れている無駄な行動や空振りを防ぐ事ができます。


ここでまた例ですが、
人類という集団を向上させたいけど、
トップがなかなか変わらないという状況だとしたら、

末端の人間に影響力のある人間や企業、
斎藤一人さんの言う「ヘッドピン」に影響することです。


アメリカでマクロビオティックを広める為に、
久司道夫先生が行ったように、

マドンナ、トム・クルーズなどのハリウッドスター、
ジョン・レノンなどのトップミュージシャン、セレブ、政治家、
リッツ・カールトンホテルなど、

影響力がある存在に影響することが最短最速の道です。


久司先生は国会議員の議員宿舎の食堂に
マクロビオティック食を採用させました。

これこそ、最高の「ヘッドピン」です。


最短最速の道を明らかにするのが本質であり、
本質は常にスマート&シンプルです。


本質を知れば、人生の貴重な時間を
無駄な「悩み」や「討論・議論」に使わずに済みます。

その分、自分の本当にやりたい事、やるべき事に集中できます。


ぜひ、人生における、あらゆる物事の本質を学んで下さい。


私が伝えられることはたくさんありますが、

まずは「精神ストレスを消滅させる方法」を
できるだけ高い層の「ヘッドピン」に伝えて行こうと思います。


mixiチェック

haxe501 at 18:34|Permalinkclip!

2011年11月21日

価値と普及

現在、「伝記小説 桜沢如一。100年の夢。」
という本を読んでいます。

内容が濃いのでまだ半分くらいしか読めていませんが、
涙無くしては読めない本です。

桜沢先生、そして久司先生の偉業、理念、思想、情熱、行動…、
生き様を通して心に響いてきます。

ところどころのふとした文章が心の琴線に触れます。


私も人を幸せにする為の実践的な体系を創り上げました。

しかし、どんなに素晴らしいものでも、
存在するだけで勝手に広がるというものはありません。

いえ、革新的なものであればあるほど、
普及させるのに多大なエネルギーが必要となります。


本質は常にシンプルです。

シンプルだからこそ、言葉では簡単に表現できしまいますが、
それを使いこなせる様になるには、長期間の実践が必要となります。

「問題を解決するには執着を外せばいいんだよ」と、
口では軽く言えますが、「言うは易く行うは難し」ですね。


私は「人の幸せ」と「最短最速・効率的な学習」をテーマに、
「心理・経済・健康」の本質を追究してきましたが、

この資本主義経済の中で、それを多くの人に広めるというのは、
結構ハードなゲームだなぁと思います。


本物の価値があることほど、
この資本主義では普及させるのが難しいのです。

その理由はたくさんありすぎるので割愛しますが…。

でも、自分が登るに相応しい山かなとも思います。


私は15歳の時に死と直面したおかげで、

一度捨てた命だし、
やりたい事をやろうと思えているのかも知れません。


この世の全ては表裏一体。

価値あること、意義あることをしようとすればするほど、
ハードルも高くなっていきますね。


今、自分の心に刻み続けていることは、

自分の創り上げた体系に
「経済的な価値はほとんど無い」ということです。

自分が感じる価値は自己満足でしかありません。

ビジネス上の価値というのは、他人に価値を理解して頂き、
交換・取引を行った時点で発生するものです。


価値というのは、
「プレゼンテーションによって創り上げていくものである」

これが今の私のマインドセットです。


今まで、自分の体系に絶大な自信がある分、
それにあぐらをかいていたと思います。

「説明せずともこの価値をわかって欲しい」という傲慢さがありました。


どうすれば、自分の体系に高い経済的価値を与え、
多くの人たちに普及させることができるのか?

ここ数日、そればかり考えています。


人生では、与えたモノが返ってきます。
人を助けた分だけ、自分も助けられます。

ですから、結局は傲慢さを捨て、人との縁を大切に、
地道に活動をやり続けるという結論に行き着くのですが…(笑)


少し前の自分のテーマは「謙虚」と「感謝」でしたが、
今のテーマは「人と会い、人からの刺激を受ける」です。

来月のDr.ティマティーニの講演会も楽しみです。


坂本龍馬の様に志に生き、桁外れの行動力で世界中を飛び回った
桜沢先生の生き様も、
身体全体の細胞に染み込む様に吸収しています。

志に生きる人の必読の書です。

「伝記小説 桜沢如一。100年の夢。」
http://www.amazon.co.jp/dp/490524708X/


mixiチェック

haxe501 at 16:57|Permalinkclip!

2011年11月19日

2011年11月 東京遠征

14日から18日まで東京に行ってきました。

一言で言うと、「濃い!(笑)」

そんな一週間でした。


まず、東京でお世話になった方々に
深くお礼を申し上げたいと思います。


14日は先月、素晴らしいご縁を頂き、
20名ほどの前で社内研修をさせて頂きました。

研修自体は喜んで頂けたので、
今後、さらに継続して良い変化を起こして頂けると嬉しいです。


翌日15日は朝7時から、また素晴らしい方々が集まる
異業種交流会をご紹介頂き、たくさんのご縁を頂きました。

※この時点で名刺の半分以上が無くなりました(笑)


その晩、平先生がオーナーの、
「エル書房」という出版社の方とお会いさせて頂き、

自分がいずれ出版したいという展望について、
また、PRの戦略についていろいろとアドバイスを頂きました。

本当にありがとうございます。


16日は神田昌典先生の講演会。

これは自分の為の講演会ではないか!?
と思うぐらい、メッセージが心に響きまくりでした。

おかげさまで、
完全に自分の活動に対する本気のスイッチが入りました。

その後の懇親会で、
平先生と神田先生に直接感謝を伝える事ができて幸いでした。

※この時点で名刺が無くなって打ち止め…(泣)


17日はまた朝7時から精神分野を探求されている方々が集まる
朝活に参加させて頂き、精神や生き方について深く語りあいました。
 
 
そこで、また素晴らしい素質を持っている女性を出会いました。

「心理に興味があり、自分らしく生きる人を応援したい」

と言う事で、まさに僕の仕事のコンセプトと一緒で
ドンピシャな巡り合わせ(笑)


その晩、初の東京セミナー
「お金に一生困らなくなる話!」をテーマにお話をさせて頂き、
これもまた非常に喜んで頂けました。


最終日の18日は、疲労がたまって昼まで休養していました。

そして、大阪に戻る直前、心理学の教え子の加藤くんと話し、
新大阪行きの新幹線に乗り込みました。


と、こういう風に表現すると、
「良いこと尽くめですね」と思われそうですが、

陰陽は表裏一体。

思い通りにいかないことも多々あり、
また自分の未熟さを痛感する旅でもありました。

まだまだ考えが甘かったなぁ…と(笑)


その分、本気で自分を成長させようとする
モチベーションも高まりました。


文字になるとどうしても真面目になってしまいますが、
やる事は今まで通り、

ユーモアを大切に、陰と陽のバランスを取りながら、
「わくわくすること」をやっていきたいと思います(笑)


mixiチェック

haxe501 at 18:32|Permalinkclip!

2011年11月12日

人間関係における「基準」と「軸」

(※Facebookで書いた記事なのですが、
振り返ってみるとブログ向きだなと思ったので、こちらでも公開します。)

「中井さんって頭良いですね」ってたまに言われたりするんですが、
シンプルが好きなだけに、複雑な計算がめちゃくちゃ苦手です。

と言うか、嫌いです(笑)
 
 
斎藤一人さんとか本田健さんはすごく計算が得意だと思います。
 
本田健さんのマーケティングは本当にすごいです。
 
あれだけ本が売れているのは偶然ではなく、
緻密な計算の上です。
 
 
深く観察していくと、「どんだけ頭ええねん!」と思います。
 
 
でも、元ライブドアの堀江貴文さんは、
講演で「自分は計算していない」と言っていました(笑)

僕も同じタイプです(笑)

計算してたら
わざわざ人に嫌われるような発言しないと思いますしね(笑)
 
 
オバマ大統領とか、圧倒的なカリスマを持つ人は、
人の巻き込み方を緻密に計算してるんでしょうね。
 
 
逆に、僕の思考は直球ストレート、シンプルです(笑)
 
シンプルな生き方がしたいですし、
あんまり考えたくない面倒臭がりだからこそ、
考えなくても済むように「本質」を求めるのだと思います。 
 
 
 
僕の人間関係における行動指針は明確です。
 
 
 
【自分の持てる最高のモノを出し惜しみせずに与え尽くす】

与えたモノが返ってくると信じていますので。
 
 
 
【自分が与えるモノに対してお返しや感謝をしてもらえない場合は距離を置く】

これは、感謝して欲しいと言う意味ではなく、
価値観が違う人とはWin-Winになれないのでお互い不幸になってしまうのです。

僕も、いくら貴重なサッカーの試合のプレミアチケットをもらっても、
サッカーが好きな人とは価値観が違うので、感謝できないと思います。

自分の与えるモノに高い価値を感じ、
より喜んでくれる人との関係が大切です。
 
 
 
【受け取る事と与える事のバランスを取る】

与えすぎるときは、与えるのをやめるか、対価、報酬を要求する
受け取りすぎるときは、感謝を示し、恩返し、お返しをする

ちなみに、報酬はお金だけとは限りません。

自分が与える事で得られる、
自分を高めてくれる経験、機会、実績、人脈、素敵な感情

も大切な報酬です。
 
 
そして、価値があるものを受け取ったとして、

感謝もお返しも恩返しもしないとしたら、
自分のセルフイメージが下がってしまうので、

僕は受け取りすぎたら、感謝、お返し、恩返しを心懸けています。
 
 
 
人の価値観は人それぞれ千差万別ですから、
自分の軸を持つという事が大切になってきます。

どの価値観が素晴らしいというのはありません。
価値観に上下は無いのです。
 
 
僕の価値観では、一番高い価値を置いているのは、

やはり【自分を成長させ幸せにしてくれる知識や機会】と
【それを提供してくれる方々】です。

そこに一番感謝できるので、
事ある事に紹介してしまうのです。
 
 
最近は、【目に見える豊かさ】にも深く感謝していますので、
たくさん豊かさが流れ込んできています^^
 
 
 
この3つが僕の行動指針です。

計算嫌いの人間が辿り着いた、人間関係で悩まない方法です(笑)
 
 
本当に、「かけひき」とか「計算」とか、苦手で嫌いなので
よろしくお願いします(笑)
 
 
ま、僕の場合、
かけひきで人を利用しようと思っている人はすぐにわかっちゃうので、
即さようならしますけど(笑)
 
 
「かけひき」や「計算」が悪い訳じゃなくて、
どういう目的でそれをするのか?が大切ですね。
 
 
人を幸せにする為に「複雑な計算」をしてる人は、
僕にはできない事なので尊敬します。


mixiチェック

haxe501 at 16:43|Permalinkclip!

2011年11月10日

2011年11月17日(木) 東京セミナー

今月、2011年11月17日(木)の
東京セミナーの詳細が決定しました!
 
 
テーマは「お金に一生困らなくなる話!」です。

・お金の本質
・コミュニケーションの本質
・お金とメンタルの関係から
・お金のセルフイメージを高める方法
・お金を引き寄せる行動習慣まで
・最適な投資のバランス
 
 
私が1000万円以上をかけて学んできた知識から
8年以上にも及ぶ徹底的な研究により本質だけを抜き出し、
中井流の解説でわかりやすくした究極のエッセンス…、
 
 
それを、出し惜しみせずに最高のノウハウを出し尽くします!
 
 
この話を聞いていれば、世界経済がどうなろうと、
自分自身の身を守る事ができます。(※マジのマジで)
 
 
ただし、今回のセミナーの参加条件は、

・起業、複業(サイドビジネス)に興味がある、既にしている
・自分の収入を高めたい

と言う様な、本気の人だけでお願いします。
 
 
この話は既にいろんな人に話していますが、
反応は人それぞれです。

めちゃくちゃ感動する人もいますし、
実感が沸かない人もいます。

要するに、お金に興味が無い人が聞いても吸収できません。
 
 
ですので、
本気でお金のストレスから自由になりたい、
収入を高めたい! と言う人のみご参加下さい。
 
 
 
【詳細は下記】

講師:中井貴雄
時間:開場 18:30 開始 19:00〜21:00
会場:代々木 国立オリンピック記念青少年総合センター 20人室(定員20名)
最寄駅:小田急線 参宮橋駅
料金:8000円
 
 
参加申込は、

・e-mail、mixi、Facebookなどで直接メッセージを頂くか、
・公式Webサイトのお問い合わせから

お願い致します。
 
 
それでは、
東京のみなさんにお会いできる事を楽しみにしています^^


mixiチェック

haxe501 at 12:46|Permalinkclip!

2011年11月02日

交換の原理

今日は、「交換の原理」について書きたいと思います。

理由は、自分が書きたいと思うからです。
この事を人に伝えたいと思うからです。

では、本題に入ります。


古代の人は、生活をする為に
「物々交換」をしていました。


自分は「これ」を持っている
あなたの「それ」と交換しませんか?

という交渉を行い、

お互いが「WIN-WIN」になったら
取引成立、そうでなければ不成立。

経済の基礎というのは
それぐらい単純な事なのです。


しかし、「お金」という優れた発明により、
「交渉」という行為と疎遠になってしまった人が多いのです。

むしろ、「お金」に対するネガティブ観念により、
お金の話や交渉する事が苦手、嫌いという人がたくさん増えました。


私も昔は苦手、嫌いでしたが、

自分のメンタルブロックを外していく上で、
ニュートラルな気持ちでお金の話ができるようになりました。


お金と「○○」どちらが大切なの?

と言うのは、どこでも良く聞くフレーズですが、
この世に大切じゃないものなんかありません。


私は自己投資と人間関係に対する投資が
大切だと言っていますが、

自己投資をするにも、
人間関係を大切にするにはお金も必要です。


という事で、お金と何かを比べるという事自体が、
本当にナンセンスな事なのです。


お金の話になると拒否反応を起こす人は、
その人のメンタルブロックが引き起こす感情が原因であり、
お金の話をした人の責任ではありません。


何かに対して「価値が低い」と見るのは、
偏った見方です。

それは傲慢と自虐を生み出す見方です。


ホームレスとアメリカ大統領の価値はどうなんだ?

と言う人もいるかもしれませんが、


それでも、私は全ての存在の
基本的価値は等価であると言い切ります。


違うのは、どれくらい高いエネルギーレベルで活動しているのか?
という、エネルギー高低の差でしかありません。


効率や人間的な判断においては、
高いエネルギーレベルの人を優先する事は否めませんが、

国民が一人もいない状態で
大統領一人いても仕方がありませんね。


人には時期による成長段階があります。

「赤ん坊」と「成人」とどちらが価値が高いですか?

と聞いているようなものです。



それで、何かを交換するときに鍵となるのが、
「感情」と「感覚」なのです。

それ以外には存在しないのです。


人は、「感情」と「感覚」を満たすためにお金を遣うのです。

そして、人は「感情」と「感覚」を満たすために、
お金を受け取るのです。


すべての取引において言える事です。


そして、お互いの「感情・感覚」が満たされないのであれば、
取引不成立。

ただそれだけの事なのです。


とにかく、
「お金」=「感情・感覚」です。

それを脳髄に叩き込む必要があります。


そして、自分の無意識は、
自分の仕事の値段を知っています。

自分が提供するこの仕事に対し、
これぐらいの「お金」を頂ければ、私の「感情・感覚」は満たされる。

という基準は、自分の無意識が知っているのです。


それを文書化したものが、
料金メニューであり、仕事のルール、契約書なのです。


そして、取引においてお互いのどちらかの
「感情・感覚」が満たされないという事象が起これば、

「不満が積もり、長期的な取引はできない」
と言う事になります。


サービスを提供する側が受け取ったお金が少ないと感じれば、
それに対しては必ず不満(ネガティブな感覚)を持ちますし、

それは相手にも伝わりますので、
結果的にお互いのセルフイメージを引き下げてしまうのです。


お互いの事を思えばこそ、
お互いの「感情・感覚」が満たされるポイントを
見つけ出さなければなりません。


ですから、
取引ではお互いが納得する条件において、

お互いの「感情・感覚」を満たすと言う事に
フォーカスする必要があるのです。


そして、それが達成できないのであれば、
潔く取引をやめると言う事です。


人生においては、与えたモノが必ず返ってきますから、
それは必ずバランスを取ることになります。

ですから、無駄に与えたと言う事は絶対にありません。

与えれば与えるほど、確実に受け取れます。


ですから、出し惜しみをすると損なのです。


自分の持てる知識も、人脈を紹介するときも
私は常に100%出し切っています。


しかし、交換の原理において、
「与える事」と「受け取る事」に対し、

タイムラグやギャップがあればあるほど、
バランスが崩れ、その期間はネガティブな感覚が増大します。


私との関係が長続きする弟子や教え子は、
常に私に感謝してくれていますし、

私から「過剰に受け取った」と思った場合には、
お返しをしようという姿勢を見せてくれています。

それによって、バランスが取れています。


ネガティブな感覚を引き起こさないためには、

常にお互いの「感情・感覚」が満たされる
フェアな取引を心懸けると言う事が大切です。



私は精神管理のマスターなので、

ネガティブな感情は滅多に生み出しませんが、
ネガティブな感覚は日々感じています。

それは、自分がバランスを欠いている事に対する
サインなので有り難いことなのです。

そして、ネガティブな感覚とぶつかるからこそ、
自分は成長するわけです。

抵抗がなければ、飛行機は飛び立てません。

ネガティブな感覚がなければ、
成長しようという意欲すら沸きません。

ネガティブな感覚こそ、
自分を成長させる為のエネルギー源なのですから。



そして、フェアな取引を実現させるという意味で、
お金ってすごく便利な道具だなと思う訳です。


「お金」は何にでもカタチを変えられるからこそ、
サービスを提供する側としては、

自分の仕事に対して、
これぐらいの「対価」を受け取りたいという事を
明確に示すことができるわけですから。


お金という「交換ツール」がなければ、
自分がセミナーをやるときに、

参加者一人一人に対して、

有機玄米3kgで良いですか?
ボールペン30本で良いですか?
マッサージ1時間で良いですか?
こういう人紹介するから良いですか?

なんて事をいちいち判断しなければなりません(笑)

そして、その対価を支払えないと言う事は、
自分の「魂が示す仕事の値段」が満たされないと言う事なので、

「お引き取り願う」と言う事になるわけです。


自分の仕事に対し、「魂が満足する値段」というのは、
無意識が知っています。

それを自分自身が文書化して認識すると言うことが大切です。



あと、報酬が「お金だけ」とは限りません。


例えば、私は好きな女性とデートしたら
「自分がデート代を持ちたい」と思っています。

逆に、払わせてくれなかったら不満を持つと思います。


それは、男性にとって、

自分の行いによって好きな女性が喜んでいる姿を見る
というのが何よりもの報酬だからです。


ですから、自分が女性の分のお金を払うからと言って、

好きな女性から何かをもらおうとは思わないし、
ただ喜んでくれるだけで満足なのです。

それが、男女間でのフェアな取引なのです。


しかし、ビジネスは違いますね(笑)


私が欲しいモノ、感情と感覚を満たすモノは明確です。

私は、より高いエネルギーレベルで仕事をしていきたい。
それが、自分にとってわくわくするし、楽しいことだからです。


その為に必要なのは、「資源、リソース」です。

それが、私が仕事を提供する上で「受け取りたいモノ」です。


具体的に言うと、一番欲しいのは
「自分と相性が良く、かつレベルが高い人たちとの繋がり」です。

より、高いエネルギーレベルで活動し、
仕事をしている人たちと繋がりたい。


そういう人たちと出会うには、それなりにお金も必要ですから、
それも受け取りたいもののひとつです。


そう見てみると、全部繋がっていますから、
「お金」と「人」と「能力」と、一体どれが大事なんだ?

という議論はナンセンスです。

優先順位はあれど、全てはカタチを変えるので、
そういう意味では等価なのです。


私はもっと高いレベルでたくさん与えたいのです。
与える事が好きなので、与えまくりたいのです。


でも、フェアな交換の原理から言うと、

高いレベルで与えるには、
高いレベルで受け取る事も不可欠なのです。

悲しい現実ですが、

低いレベルで受け取っていては、
低いレベルでしか与えられないのです。


私の夢は、
死ぬときに「Dr.ディマティーニを超える偉業を成し遂げた!」
と自分で納得してから死にたいのです。


なぜなら、後から生まれた方が絶対に有利なのです。

インターネットなどの技術は進歩していて、
先人たちから、より凝縮された知識を学べるのです。

後から生まれた人間が
先に生まれた人間を追い越すのは使命だと思います。


そして、私もいつか自分を超える逸材を育て、
自分を超えてもらう事が夢です。


光と影は表裏一体です。

大きい光を受け取る人は、それだけの影を背負っている人です。

私はたくさんの影を背負っている人が好きです。


その影を、私の提供する知識で、
全部光に反転させていきたいと思っています。



※フェアな交換の原理について学びたい人はこちら
http://amzn.to/vwPBG3



mixiチェック

haxe501 at 15:16|Permalinkclip!