2011年04月

2011年04月29日

本当にやりたい事

自分は今まで「幸せ」をテーマに考えてきて、

幸せになるには、
「心理・経済・健康」の知識が必要だという結論に辿り着いて、

それを広め、人に選択肢を与える事が
自分の役割かなぁと思っていました。

そして、精神的な幸せと経済的な豊かさを手に入れる為の、
知識やスキルを広めたいと思ってきました。


でも、実はちょっと違うのかもしれません。


幸せとか不幸とか、豊かとか貧乏だとか、健康とか病気とか、
一時的な状況を切り取った、状態でしかありません。


全ては表裏一体なので、
別に不幸は悪でもないし、貧乏も病気も悪じゃない。


ただ、その状態でいると言うことは、

全部その人の選択なんじゃないか? 
その状態をその人が選んでいるんじゃないか? と思いました。


「幸せが良いに決まってる」と言う考えも、
ちょっと本質からズレてるのかもしれません。


と言うのも、一時的な感情だけでなく、

自分が成長していくプロセスこそ、
「幸せ」なんじゃないかとも思うからです。

それに、

どの程度幸せになりたいか、
どの程度豊かになりたいか、
どの程度健康になりたいか

というのは、人によってバラバラですからね。


豊かさに対しても、

「普通に暮らせれば満足」という人もいれば、
「世界中を豪遊したい」という人もいるかもしれません。


それぞれの得たい結果によって、
必要な情報も変わってくるわけです。


「幸せになりたい人に、幸せになれる方法を提供する」

という今までの考えより、さらに本質に近づいて行くと、


どうやら自分の役割の正しい表現は、

「その人がやりたい事をサポートする」

と言う方が、より本質的な気がします。


しかし、やりたい事をやろうとすると、
必ずネガティブ観念にぶつかります。

それを外して上げる事が自分の役割なんじゃないかと、

そう思います。


健康面から言っても、
自分のやりたい事をやるには健康である必要がありますし、

経済面から言っても、
ある程度豊かである必要があります。


その為に、
自分が創り上げた心理体系の、

セルフイメージ向上法があったり、
メンタルブロック解除があったりするわけですね。


でも、「その人のやりたい事をサポートする」という姿勢だと、

自ら病気になりたいとか、貧乏になりたいと言う変わった人がいても、
それもいいんじゃないかと思いますよね。


ジャンクフード食べたい人は食べたい訳だし、
たばこを吸いたい人は吸いたいんだし(笑)


同じ事をするにしても、目的やコンセプトが違えば

相手に対する表現方法やアプローチ方法が変わって、
全然イメージが変わってしまいますからね。


そこが自分の腑に落ちているかが大事です。

と言うのも、

何の為にやるのかという目的や動機がハッキリしてないと、
モヤモヤして全力出せませんからね。


幸せになろうよ! と、

あなたのやりたい事を思う存分やってください。
心理、経済、健康のあらゆる面でサポートします。

では、だいぶイメージや印象が違いますからね。


どれぐらい豊かになりたいか、
どれぐらい健康になりたいかは、人によって違いますし、

「自分の思う幸せ」と「他人の得たい幸せ」は違います。


ですから、幸せを提供しようと言うのも、
結局は「自分の思う幸せ」ですから、ちょっと違うんですよね。


でも、やりたい事をやろうと思ってもできない場合、

ほとんどの原因は、
ネガティブ観念であり、健康状態や経済状況の問題ですからね(笑)

やる事はほとんど変わりませんが。


という事で、自分の役割は、「幸せの提供」から、

「その人がやりたい事を応援する」

という方向に、自分の中でシフトチェンジしました。


といっても、基本的にみんな「やりたい事」やってますからね。

みんな、やりたい事やって今の状態なんですよ。


私の役割は、その人の中で矛盾や葛藤があったりした場合、
今の自分の状況に納得していない人がいた場合に、

それを速やかに改善、解決する事です。


ある人が不幸で病気で貧乏で…、
それでもその人自身が納得していると言う場合は、

私の出番はありません(笑)


私の役割は、あくまでも

もっと成長したいとか、夢を叶えたいとか、

現状に不満があったり、やりたい事にブレーキがかかって、
モヤモヤしたり、ストレスを感じ、葛藤している人に対して、

心理、経済、健康の知識を用いて、
瞬時に解決できる方法を提示して上げる事ですから。


自分の仕事のコンセプト、役割、使命、目的…

より本質に近づいたような気がします。



mixiチェック

haxe501 at 11:58|Permalinkclip!

2011年04月23日

自己責任からの卒業

私のビジネスメンターの言葉。

マーケッターとしての心構え、
「インドのおばあちゃんが転んだら自分のせいだと思え」


この言葉がすごく衝撃的でした。

今の自分に一番足りていない? 要素。


久司先生のビデオで、
「アメリカ人の運命に責任を持ちます」

という言葉が出てくるのですが、

どういう思想からそういう言葉が出てくるのか…、

ようやく理解できてきたかもしれません。


人間というのは、何も意識しなければ、
どうしても社会のせい、他人のせいにしたい生き物です。

責任転嫁すればラクだし、自分の自尊心を守れるからです。

でも、幸せになるには、

自分に降りかかる事はすべて自分の責任であると、
「自己責任」で生きる必要があります。


そうやって、私は「自己責任」を目指して生きてきました。

そして、身のまわりの人たちにも
自己責任という考え方を広めようとしてきました。


確かに、自分一人だけ幸せになるんだったら、
自己責任でいいんですよね。


でも、さらにその上をいき、
世の中に大きな影響を与えようとするのであれば、

「できるだけ多くの、他人の責任も背負う」と、
そういう意識が必要なんだと教えてもらいました。


私は深く考え込みました。

自由気ままな人生を送りたいのか?

他人の責任も背負って、偉大な何かを成したいのか?


結局、どちらにしても自己満足です。

別に人に褒められたい訳でもないし、
人は良いことするべきだという思い込みも持っていません。


大きな目標と言うのは、
できるかどうかはわかりませんが、本気で目指す事はできます。

だから、自分がエキサイティングだと思える方を選ぶだけです。


でも、自分がどちらを選ぶかは、
考えている途中に直感でわかっていました。

ただ、後から論理的な理由をつけて納得したいだけです。


新たな責任を負うという事は、当然プレッシャーもあります。

でも、安全圏にとどまっていては、成長も進化もありません。


私はいつでも安全圏から飛び出して成長してきました。

また、飛び出すときです。


大きな光(自由)を手に入れるには、
それと同じ大きさの影(責任)を背負う必要があります。


今までの人生、いつも責任やプレッシャーに押し潰されてきました。

挫折だらけの人生でした。


でも、もう一回チャレンジです。


自分は感情管理、精神管理の術を学びました。

それでも、誰も通ったことが無い道を歩むとき、
誰にも話せず、共感もされず、孤独になるときがあります。


それでも、現状維持という言葉が嫌いな自分は、

行動管理の術を身に付け、

より大きな責任、より大きなプレッシャーの中に飛び込んで、
より大きな何かを成したいと思います。



mixiチェック

haxe501 at 14:08|Permalinkclip!個人的な事 

2011年04月16日

教育という仕事

教育という仕事は、他の仕事とは大きく違います。

まず、モノを売っているわけじゃなくて、
相手の成長を売っているわけですよね。

ですから、相手の成長と共に、
こちらが提供する内容も変わってきます。


しかも、私が提供しているのは学問ではないので、
卒業がありません。

幸せの追求と言う、終わりのない成長です。


精神的な成長を売る仕事というのは、

先生が成長しなければ、生徒に卒業されますし、
逆に、生徒がのレベルが低ければ、先生についてこれません。


弟子の一人に、
「精神性がかなり高くないと、
 中井さんのすごさはわかんないですよ」

とか、

「厳しさが優しさって意味がわかりました」

って言われたんですけど、


精神性って目に見えないですからね。

人を見抜く眼力を持たなければわからないですね。

でも、その見抜く眼力はどうやったら身につくかというと、
それは精神性の向上の他に無いわけです(笑)


人と人が引き合うと言うことは、レベルが近いという事です。

同じぐらい我があるから、引き合うのです。


支配者が悪い、支配される者がかわいそうと思うかもしれませんが、
支配される者が存在しなければ、支配者は存在できないのです。

いじめられっ子がいなければ、いじめっ子は存在できないのです。


なので、効果の出ない高額な教育にお金をかける人は、
カモにされる側にも責任はあるのです。

つまり、消費者の意識が低ければ低いほど、
利益追求の人間の餌食にされるという事です。


こういう事をよく考えてみると、
本当に宇宙はパーフェクトだなぁと思います。


現実とは、自分の内面が具現化しているだけであり、
全ては自己責任であるという事です。


あなたの身に降りかかることは全て自己責任です。

私の身に降りかかることも、全て自己責任なのです。


そして、自分に責任があるからこそ、自由だし、
内面を変化させる事で、現実を変化させることができるのです。


私自身は、絶えず成長し続けているので、
時間と共に、自分の事を理解してくれる人は減り続けています。

自分を向上させていくという事は、
だんだん少数派になるという事です。


でも、別にそれはそれで構いません。

私が走り続けないと、弟子の成長も無いし、
ついて来れない人は、マイペースでいいんですよ。


私はいつでも、「来る者拒まず、去る者追わず」ですから。

ついてこれる人はついてくればいいし、
そうでない人はマイペースでやって下さいという感じです。


私もマイペースにやってるつもりですが、
私のマイペースは、かなりハイペースだと思います(笑)


ただ、もう直接心理学を人に教えていくことは、
徐々にフェードアウトしていこうかと思っています。

今後、セミナーなどは弟子を育てて、その人にやってもらいます。


なぜなら、私が発信する情報を受け取れる人、理解できる人が
どんどん少なくなっているからです。

これから私は、インターネットで情報発信する方向に集中します。


インターネットであれば、相手の成長のレベルに会わせて、
提供する情報を変化させることができますからね。


私がやりたい事をするには、
全て「弟子の成長」にかかっていますから、

弟子のみなさんには、本気で成長して頂きたいと思います(笑)

早く、一年前の私ぐらいのレベルまで来てもらえると嬉しいです(笑)


何も現実に変化が起こらない、
夢を語るだけのエンターテイメント系の自己啓発や、

資格や認定を売るだけのビジネスとは違って、

本物の教育という仕事は、本当に難しく、おもしろく、
時には愛ある厳しさも必要で、

そして、人の人生を変える価値ある仕事です。


そして、私のメンターたちも教育が大好きな人だと思います。

私の頭の中には、
どうすれば人が効率的に成長し、幸せになれるのか?

という事がすべてインプットされています。


あとは、それをどれだけ仕組化して、広げていくかです。

2011年、どこまでできるか楽しみです。



mixiチェック

haxe501 at 06:56|Permalinkclip!仕事 

2011年04月07日

見知らぬ人への愛

私は今まで、親しくない人や知らない人に対して、
何かしてあげたいってあんまり思ったこと無かったんですね。

見知らぬ誰かの為に…ってガラじゃなかったんです。


唯物論主義者というか、
自分の目で実際に見聞きしたことしか信じない、

と言うタイプで、

テレビの向こう側の事なんて、
全然リアリティーを感じなかったから…。


そのくせ、自分の為にあんまり頑張れなくて、
他人の為にって時にしかモチベーションが沸かないので、

親しい人の為に、いままでエネルギーを注いできました。


でも、最近その意識が変わってきました。


周りの人を豊かにしたければ、
まず、自分が豊かにならなければならない。

自分が豊かになるには、
たくさんの人に価値を与える事。


たくさんの人って言うことは、
まだ見ぬ、見知らぬ人々って事ですよ。

大企業の社長というのは、
一人一人のお客さんの顔が見えていないわけですから、

つまりは、自分の見知らぬ人々の為に事業をしているわけです。


という事で、

見知らぬたくさんの方々に価値を与え、
そして自分自身が豊になり、周りも豊かになる。

それが、これから自分のやるべき事だと思いました。


私は本当に頑固な人間で、
自分の為に、お金の為にって働けない人間なんです。

本当に異常だなぁと思うし、おかげで人にも迷惑かけてます。


でも今は、自分の見知らぬ方々の為に頑張ろうって思ってます。


それは自分にとって、とても面倒な事です。

私は日本有数の面倒くさがり屋だと思います。


顔が見えている人を相手にサービスをするのは非常にラクですが、

顔の見えない人を相手にサービスするというのは、
その何倍ものエネルギーを要します。


でも、見知らぬ人々の役に立ち、
そして、周りの人たちを豊かにするためだ、と思うと頑張れます。


やっと、今まで自分に足りていなかった、
見知らぬ方々に対する愛が芽生えてきたと思います。


真のマーケッター、真の商売人という仕事は、
本当に愛情が深くないとできないんだなぁ、と痛感します。



見知らぬ誰かに価値を与えるために、

必死に学び、頭をひねり、失敗、恐怖、批判を乗り越えて行動し、

価値を求めているお客さんに価値を与える。


その対価として、社会のお金を預かり、

そのお金もまた、人々に価値を与えるために使うのです。


本当に尊い人種だなぁと思います。



商売って怖いことだらけです。


頑張って作った商品が全然売れなかったらどうしよう?

人の為にと頑張っていても、
批判、指摘、誹謗、中傷を受けるかも知れない。


そんな事を考えると、足がすくみます。


でも、それを乗り越えて、

求めている人に価値を届けるために、歩み続けるのが商売人です。



もしかしたら、

普通に商売している人でそこまで考えている人って、
そんなにはいないかもしれません。


と言うか、考えない方が単純に儲けれると思います(笑)

だから、多くの中小企業の社長って、
イケイケとかパワフルな感じで、

繊細な人とか、哲学的な人が少ない様な気がするんですよね。



でも、私は頑固で、自分が納得しないと動けないし、

繊細な心優しい人にも豊かになって欲しいです。


恐怖を乗り越えて、たくさんの見知らぬ人々に価値を与え、

共に豊かになりましょう。



mixiチェック

haxe501 at 01:17|Permalinkclip!仕事 

2011年04月06日

甘えと感謝

結局の所ですね、

「豊かになるにはどうすればいいんですか?」
って問いに答えるとすると、

「求めている人に、価値を与えなさい」
って話になるわけですよ。


価値を与えれば、お金を受け取る事ができなくても、

その人からの「信頼」が得られる訳です。

他にも、尊敬とか、称賛とか、感謝とか、
自己重要感が満たされる何かを受け取るかもしれません。


だから、タダで何かやってあげても、
無駄にはならないんですね。


ただ、「与えすぎる」のも問題です。

「与えすぎる」と言うことは、
「甘やかす」と言うことになるんですね。


後々、返そうと思ってくれている人には投資になりますが、

「もらって当然」だと思っている人に与えたら、
甘やかしになるんです。


甘やかすと、相手の成長がありませんし、
お互い依存関係になってしまいますから、

いつか関係が崩れて、縁が切れます。


自分への投資(自己投資)、他人への投資(信頼関係)、
金融資産への投資もピンキリです(笑)

ちゃんとリターンが見込める所に投資するべきですね(笑)


これは、募金とか寄付とかとは違う次元の話ですから、
混同しないで下さいね。


私は、基本的に与えるのが好きなのですが、

甘やかさないように、
対価を支払う姿勢の無い人に与えすぎないように

と気を遣っています。

それが、お互いの関係の為だからです。


対価を支払う姿勢のある人かどうかは、

どれくらい「感謝」しているか?

でわかります。


僕の周りにいる人って、
なぜか「感謝」する人ばっかりです(笑)

そこがいつもすごいなぁと思うんですけど…。


受け取ったエネルギーを感謝で返すので、
バランスが取れるんでしょうね。


私自身も、何か受け取ったら、
必ずお返しをするようにしています。

借りっぱなしが気持ち悪くてイヤなんですね(笑)

江戸っ子みたいですが(笑)


私自身、まだまだ社会や恩ある人にたくさんの借りがありますけど、

全部上乗せで返してやろうと思います(笑)



mixiチェック

haxe501 at 12:01|Permalinkclip!幸せに生きる 

2011年04月04日

自分が最も欲しいモノ

自分が本当に欲しいモノって何だろう?

って考えていたのですが、
もちろんいろいろあるんですけど、

やっぱり「人」なんですよね。


自分自身と人間関係が最大の資産、財産です。


私にとっては、価値観が近い人が好きなのですが、
やっぱり、それって弟子なんですよね。

弟子と言っても、別に下に見ている訳ではなくて、
私は人間の価値はみんな平等だと思っています。


セルフイメージが低い人を見たとしても、
それを見下したりはしていません。


という事を踏まえてですが、

私が常に求めているモノって優秀な弟子なんですよ。


教える事と学ぶ事は同じです。


私がいくら学んでも、教える相手がいなければ、
やっぱり私は成長できないんですね。

ですから、貪欲に学ぶ姿勢のある、
優秀な弟子を常に求めています。


と言っても、人によって成長スピードは
マイペースで構わないと思っていますし、

成長のサイクルである、
学習・思考・実践はバランスですから、

実践モードに入った弟子と、一時期離れる事もありますが…。

で、また学習モードになった時に戻ってきます(笑)



で、優秀な弟子の定義って何かというと、


1.捨てる勇気と覚悟を持っている(決断力)


成長するという事は、変化すると言うことです。

今までの自分の考え方、人脈、部屋のモノ…、
多くのモノを捨てないと、成長はありません。

捨てる事で、より成長するのです。

自分の理想を叶える為に、
優先順位の低いモノを切り捨てられる勇気のある人間が、

私は大好きです。


2.対価を支払う姿勢を持っている(義理堅い)


受け取ったら、返そうという姿勢のある人間でないと、
成長する事も成功する事もできません。

人間関係が財産だと言いましたが、
義理堅い人間同士でないと、本物の信頼関係は作れません。

対価というのは、お金だけではなくて、
時間、労力、エネルギーなども含みます。

どれくらい対価を支払う姿勢があるかどうかで、
その人のモチベーションが計れます。


3.自分に正直で、気に入られようとしない(自然体)


これも、本物の信頼関係を作る上で必要な事です。

どちらかが、気に入られようと無理をすると、
関係に歪みが出ます。

私も本音を言いまくってるので、
弟子も本音を言いまくってきます(笑)

人間関係で大切なことは、

意見の相違があってもネガティブにならず、
ニュートラルな気持ちで話し合える関係だと思っています。




という感じですね。


優秀な弟子の定義というよりは、

本物の信頼関係を作るコツって感じですね(笑)



結局、

自分の変化と共に、離れていく人脈を受け入れる事

受け取ったら返す姿勢を持ち続ける事
(逆もまたしかりで、義理のない人を甘やかさない事)

そして、自然体で正直に本音でつきあう事


それでも残った人間関係は、

一生の付き合いになるんじゃないかと思います。


この3つの姿勢を貫いて、

それで離れていったとしたら、
遅かれ早かれ離れていく人なんですよ。

それは、魂で繋がれる存在じゃなかったという事です。


自然体の自分で付き合える人が、本物の人脈であり、
本物の信頼関係ですね。


弟子たちには、
そういう人たちと、どんどん出会って行って欲しいです。


一人別れれば一人と出会い、
一人と出会えば一人と別れます。

春は別れと出会いの季節です。


離れる事、別れる事に執着せず、良い出会いを。



mixiチェック

haxe501 at 22:48|Permalinkclip!個人的な事