2010年11月

2010年11月17日

お金、商売、仕事中毒、バランス、家族?

神田昌典さんの本に、商売人に一番大切なのは、
「日本が焼け野原になっても、明日から稼げる能力」

と書いてありました。

私は何でも本質を追究するのが大好きな、
本質マニアなんですが、

商売の本質もめちゃくちゃシンプルなんですよね。


コツを押さえて、

現在の社会の経済状況を知って、

自分の能力が活かせるスキルを身に付ければ、
いくらでも自分が欲しい分だけのお金を稼ぐ事は可能です。


メールセミナーにお申し込み頂いている方は、
楽しみにしていて下さいね(笑)


私は2〜3年のウチに年商一億円を目指しています。

利益率は、70〜80%ぐらいが良いですね。


私のビジネスのメンターが

グループ企業の合計年商が50〜100億円、
年収で1億〜数億円ぐらいなので、

私も最終的にはそれぐらいを目指したいと思います。



でも、大切なのは偏り過ぎない事です。

仕事がうまくいき出すと、非常に楽しいですから、
仕事中毒になってしまう人が多いのもうなずけます。

でも、仕事中毒になると、バランスを崩してしまいます。


本田健さんも、仕事中毒で離婚していますし、

野口嘉則さんの「3つの真実」という本では、
主人公の社長のお嫁さんがうつ病の設定です。

犬飼ターボさんの「ドリーム」という本では、
投資のメンターの奥さんが不治の病という設定だったり、

神田昌典さんの「成功者の告白」という本でも、
主人公の仕事中毒で子供の病気や家庭崩壊の危機が訪れます。

私の知り合いでも、奥さんが亡くなっている人がいます。


ここまで書籍に書かれたり、現実に起こるという事ですから、

絶対にバランスが偏ると、
それを引き戻そうとするチカラが働く、と言う事だと思います。


本の良いところは、他人の失敗から学んべば、
自分が同じ轍(てつ)を踏まなくても良いところですね。


私はバランス感覚にはある程度の自信がありますし、
仕事より家族の方が大事だと思っています。

ですから、あんまり心配はしていませんけど。


でも、何でバランスを取ればよいのかが、
まだ今ひとつわかっていません。

ビル・ゲイツは、お金は稼ぐ事より使う事の方が難しいと言います。


自分の収入が増えれば、税金を払い、寄付をして、
自己投資して、資産を世界に分散させて、
キャッシュフローが生まれるシステムを構築して、
自分の好きなライフスタイルを追求して…、

そういう事をやり尽くした後に余ったお金で何をすれば良いのでしょう?


世界平和はもちろんやります。

それも楽しいですけど、
社会的な事ですからある意味仕事のウチです。


そうじゃなくて、
全く利害関係の存在し無い、何かが必要なんだと思います。


家族もそうですよね。

私は家族が好きなんですけど、家族には利害関係ありませんから。

何で高い教育費、養育費を払って子どもを育てるの? って、


育てる喜びとか、深い繋がり、無条件の愛を与え合うとか、
そんなのが幸せなんですよね。


そういう事でバランスを取る必要があるのだと思います。

でも、家族とお客さんと友達の境目ってどこにあるんでしょう?

私にはそれがまだ良くわかっていません。


お客さんや友達に対して、
家族のように接するのも違うと思います。

バシャールの住む星、エササニでは、
全員が家族みたいになっているみたいですけど(笑)

でも、それってお金が無い世界だからできるんですよね。


お金を受け取る事と受け取らない事の境目ってどこでしょう?

境目、けじめ、不公平…。

まだまだわかんない事だらけです(笑)


お金に余裕ができたら、世界中に孤児院でも創ろうかな?

デスノートに出てくるような孤児院を創って、
世界を動かす人材を育てます(笑)


良い事も悪い事も共有できて、
無条件に愛し合える家族がたくさん欲しいです。


もし結婚できなかったら、

親のいない子どもをたくさん引き取って、
大家族をつくりたいと思います(笑)



mixiチェック

haxe501 at 15:56|Permalinkclip!お金について 

2010年11月16日

観念の現実化

今まで、与えたモノが返ってくると
何回も言ってきましたが、

最近、そのサイクルがとても早く感じます。

一日二日で返ってきます(笑)

こういう経験を重ねていると、
本当に自分が現実を創造しているんだと言う事がわかってきます。


小林正観さんやバシャールも言っていますが、

自分の精神が磨かれるほど、
現実化のスピードは早くなる様です。


現実化したものは、全て自分の観念が原因です。

100年後は人類全員ポジティブになっているかもしれませんが、

まだ、人類は進化の途中ですから、
まだまだネガティブ観念は集合的無意識にも存在します。


バシャールは、

ネガティブなモノを引き寄せたとき、

この現象を起こすには、
どういう観念を持っていなければならないのか?

という事を考えてみて下さいと言っていますし、

ネガティブと出会う事は、その観念を持ち続けるかどうか?
新たな選択をするチャンスを与えられているという事。

つまり、ポジティブな現象だと言っています。


一番ネガティブなのは、ネガティブを否定する事です。

ネガティブから逃げ、避け、無視していれば、
ずっと観念の変化は起こらず、ずっと同じ現象が起き続けます。


ポジティブな意識とは、
人生にどれだけポジティブな現象が起きるかではなく、

どれだけネガティブな現象を受け入れ、
ネガティブな現象をいかにポジティブに利用できるか?

と言う事です。


光が無ければ、闇を認識できません。
闇がなければ、光を認識できません。

闇を愛する事も大切だとバシャールは語っています。


絶対的な安心の中でのネガティブは、楽しいモノです。


緊張感、プレッシャー、スリル、ハラハラ、ドキドキ、

全部ネガティブが無ければ存在し得ない感情です。


絶対的な安心感を持っていれば、

ネガティブは楽しめるし、
いくらでもポジティブに利用できるのです。


最近、それに気づいてから、ネガティブを嫌わなくなりました。

ネガティブがなければ、ポジティブな存在し得ません。

統合が起こるという事は、まず分離する必要があるのですから。


今、テレビを見ている人にとっては、
社会がネガティブに包まれている様に見えるかも知れませんが、

隠れていたネガティブが外に出てくるというのは良い現象です。

そうやってしか、ポジティブに変化する事はできないのです。


私の意識にも、みなさんの意識にも、
まだまだネガティブな観念が存在していると思います。

私の場合は、かなり外してきたので、
もう頻繁には出てきませんが、

それが現実化したとしても、うろたえる必要はありません。


ネガティブを感謝して受け入れ、観念を変化させ、
起こった現象をポジティブに利用していく事です。

それが、一番ポジティブな方法ですし、

そういう考えでいれば、人生何が起こっても怖くないし、
必要以上に落ち込む必要も無いのです。



mixiチェック

haxe501 at 16:43|Permalinkclip!個人的な事 

2010年11月15日

感謝 と 愛

私はセミナーで、
感謝は究極のポジティブ思考だと言っています。

現象に意味はありません。

感情は、自分が現象をどう捉えているかの現れです。


ですから、自然と感謝の念が出てくるという事は、
非常に考え方が前向きになっているという事です。

松下幸之助さんは、船から落ちておぼれかけ、
引き上げられたときに、自分はついてると思われたそうです。

これも、結局は現象をポジティブに捉えているかどうかですね。


最近、自己啓発書のブームもあって、

多くの人が、「感謝」や「素直」と軽々しく口にしますが、

その定義、本質を、
正確に捉えている人は少ないのではないかと思います。


一般の方がイメージする「素直」と
松下幸之助さんの捉える「素直」では、

その意味合いが全然違ってきますからね。


それで、最近の私は、

本当に自分は幸運だなぁとか、ありがたいなぁとか、
感じる事が多いです。

一昔前とは比べものにならないくらいそう思っています。

そして、それに伴って、日々が幸せで、
常に幸福感を感じるし、幸福度も高い毎日を送っています。


やはり、精神性が高まってくると、
そう思わざるを得なくなってきますね。


宇宙や世の中の仕組みを学べば学ぶほど、

いかに自分が周りのお世話になっているか?
助けられているかという事が良くわかってきます。


例えば、経済にしても、

自分では100円で作れないモノを、100円で買っているのです。
電車に乗れば、数百円で遠くまで運んでくれるのです。

いろんな人が自分の仕事をして、人と人が支え合って、
社会はできてるんだと言う事がわかってきます。


自分のストレスを下げるために、自分の「我」を消していくと、
自分をスゴイと思いたいという気持ちも減っていき、

勝手にそういう事に気づき、自然と感謝できるようになります。


自分の精神が磨かれて、自分の「我」が消えていくと、
自分のスゴさを周りに示そうというモチベーションが消えて、

「周りの人たちに愛を伝えたい!」というモチベーションになります。

私が今そういう感じです(笑)


私は小さな鉛筆。 
神の手の中にある鉛筆。 
神はその鉛筆で世界にラブレターを送っている。

by マザー・テレサ

という言葉がありますが、


ラブレターを書きたくなる、愛を伝えたくなるのです。

人に寄って、それぞれカタチは違うと思いますけど。


精神的にも経済的にも満たされると、
本当にそういう風になりますよ(笑)


私は宇宙の歯車です。
自分を回し、周りを回し、愛と幸せを世界中に巡らせます。

それが私の場合、商売であり、正しい知識であるのです。


ちょうど、私は文章を書くのが得意ですから、
これからもラブレターをみんなに書きまくりたいと思います(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2010年11月14日

堀江貴文氏の講演 と 商売哲学

昨日は、堀江貴文氏の講演を聴いてきました。

いろんなメッセージがありましたが、
要は【バカになれ】というシンプルなモノでした。

スティーブ・ジョブズの
「Stay hungry, stay foolish」ですね(笑)


ビジネスで成功している人間には、リスクを考えないバカが多い。
でも、今の日本にはリスクばかり考える小利口が多い。

どんな大失敗をしたとしても、命までは取られない。
信用と人脈があれば、すぐにカムバックできる。

今の日本には、バカが少ない。
平均点は高いが、飛び抜けたヤツが生まれない学校教育。

大学も行かなくて良いし、先生や親の言う事も聴かなくて良い。
先生や親はそれほど立派な人物ですか?

親は何も言わず、子供の自由にさせる方がいいんじゃないの?
今はネットで世界中の偉人達と繋がれる。

世界が変わるようなでっかい夢を持て。

不動産の売買は価値を生まないゼロサムゲームだから興味無し。

権力者を潰そうとして、
坂本龍馬は暗殺されたけど、今は命までは取られない。

みんなでチカラを合わせれば、権力者の既得権益は潰せる。
ただ、応援すると口だけばっかりで、実際に行動に移すヤツは少ない。


と言う事でした(笑)


私は、今年出会った2人のソウルメイトのおかげで、

自分の制限も外せましたし、
世界を変えてゆけるヴィジョンも持てました(笑)


ものすごい影響されてるのを感じます(笑)

そう考えたら、出会いによって、
自分の潜在能力を引き出してもらえたと言う事なので、
本当にありがたいです。


ボランティアや社会貢献を考えている人には、
自分の正義や正しい事を他人に押しつけようとする人もいますが、

中学の時、挫折しなければ、
きっと私もそうなっていたんだろうな…。

なんて事も感じてきました。


私の世界平和プロジェクト、世界維新の本質は、
ズバリ、「リーダー育成」です。

先日、ソフトバンクの孫正義氏が、
国会議員にプレゼンしている動画を見ましたが、

やはり、世界は経済で動いているし、
世界に一番ポジティブな影響を与えられるのは、商売人ですよ。

寄付だって、多くは商売人の稼ぎから出ているのですから。


心理と健康をマスターした商売人。

これを増やして行く事で、
一番効率よく世界を良い方向に変えてゆけるのだと思います。


私の理念、「心理、健康、経済」の三本柱が完全に繋がりました。


才能あるリーダー候補に、
心理と健康と経済(商売とお金)の知識を伝え、

みんな一人一人が自分の使命を知り、天職を行って経済を回し、

そこに心理と健康の知識をのせていくのです。


パーフェクトプランじゃないですか?(笑)


心理、健康、経済(商売とお金)の知識。

全てネタは揃いました。


あとは、本当に行動するだけです。


商売って何ですか?

って聞かれたら、今の私は「愛を伝える事」だと答えます。


お客様は、私の愛を受け取ってくれる人です。

そして、手に入れた幸せを、
各々のやり方で、仕事で、また誰かに与えていって欲しいです。

本当に、商人は「愛の伝道師」だと思います。



mixiチェック

haxe501 at 15:30|Permalinkclip!

2010年11月12日

世界平和の為の育成プロジェクト

世界維新計画の具体案ができてきました♪

結論から言えば、
これから「起業家育成」と「コンサルタント育成」を行います!

と言っても、
いきなり起業させるのはリスキーなので、

様々な仕事を任せていって、商売を学んでもらって、

ゆくゆくは独立してもらうか、
私と一緒に仕事をしてもらうかになると思います。


最近、商売の本質が見えてきて、
それを人に喋っているのですが、すごく面白いんです。

私は、かなりの種類のビジネスを見たり、
実際に関わってきましたから、

結構データベースがあるんですね。


それを元に様々なアドバイスをする事ができます。


結局、私はお金よりも、
たくさんの人に情報を伝達するための「影響力」が欲しいのです。

それで、多くの人に影響を与えるにはどうすれば良いのか?
ある情報をたくさんの人に伝達して行くにはどうすれば良いか?

と言う事を考えたときに、

人によってモチベーションはバラバラなんです。

無料でクチコミするのが好きな人もいれば、
お金をくれるなら情報を伝達するよって人もいます。

人が人に情報を伝達する理由っていっぱいあるんです。


それに、みんながみんな、心理や健康に興味がある訳じゃないです。

心理に興味が無い人に心理を伝える、
健康に興味が無い人に健康を伝える、

こういう事を実現するにはどうすればいいんだろうか…?

と考えていて、閃きました!


結局、リーダーの意識が向上すれば、
一気に組織全体の意識が向上するのです。


社長が心理の達人で精神性が高ければ、
社員は全員ハッピーですよね。

幸せな社長と社員を増やす。

そうすれば、お客さんも幸せ。

そして、それをサポートする
コンサルタントやセミナー講師の需要も増える!


まさに、パーフェクトなプランです!(笑)

経営者、社員、顧客、一般人、
そして、コンサルタントやセミナー講師になりたい人、

すべての方にサービスを提供する事ができます。


松下幸之助さんは、
「松下は人をつくる会社です。あわせて、家電もつくっています」

という名言を残しておられますが、まさに! という感じです。


ビジネス活動を媒介として、正しい知識を伝える、人を育てる。

しかも、そのビジネスはその人がやりたい事をやれば良いのです。

別に、心理を教える仕事じゃなくても構わないのです。


全く畑違いの仕事をしていても、必要な知識として、
社員研修をウチに依頼してくれればいいのです(笑)

経営者に対しては、コンサルティングを行う事もできます。

コンサルタントになりたい人や、
セミナー講師になりたい人は養成しますし、

一般のお客さんに対しても、
教材の販売、セミナーの開催などでアプローチする事ができます。


このアイデア(計画)は、
ものすごく幅広い層をターゲットにする事ができます。

その分、より多くの人に正しい知識を広める事ができます。


それぞれの人が持つ、独自の才能を開花させ、
自分の使命、天職と出会い、好きな仕事で人に喜ばれる…

そういう人たちをたくさん量産できるプロジェクトです。


そして、同時に幸せに必要な心理・健康の知識も普及できます。

本当に素晴らしくないですか!?


と言う事で、

私には、優秀なチームメンバーが必要です。

その為に、信頼出来るメンバーに、
これから私の「心理の知識」と「商売の知識」を伝えまくります!

この計画を稼働させるには、
メンバーに本気で成長してもらう必要がありますからね(笑)

そしてゆくゆくは、グロウハートを、
世界中の人に知れ渡るブランドに育てたいです。


私が育てた人は、独立して別の会社を創っても良いし、
私とずっと一緒に仕事を続けても良いのです。

どちらにしても、関わりが切れる事はありませんし、
こんなに素晴らしいプランはありませんよ!(笑)

今までかつてないほどに、
将来への希望が湧いて、わくわくしています(笑)


この計画は、かなりの長期プランです。

将来何かで起業したい人、教育の仕事がしたい人、

私が最短で成長できるルートを教えますから、
ぜひ学びに来て下さい!


とりあえず、長期的なプランにはなりますが、
興味がある人はメール下さい。

今から一緒にできる事を探しましょう!


それと、このプロジェクトの一環で、

私が学び、発見してきた「お金」と「商売」の本質を、
とりあえず先着10名の方に伝授していきたいと思います。

人数限定にする理由は、
商売というのは、常に一歩先行く人が勝つのです。

その一歩先のリードが大事なので、
みんなに教えちゃうと自分がリードできませんからね。

それに、自分の理念に共鳴してくれる方だけに伝えたいのです。


mixiで告知したり、メールした人もいますが、
詳細が欲しい方はメール下さい。

それでは。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年11月11日

ホリエモン

最近、堀江貴文氏の本を少し読んでいるんですが、
私と個性とか考え方が近くて面白いです(笑)


個性や考え方が似ているなぁと思う部分は、

異常に強い飽き性と好奇心、向上心
超・論理的思考
現代の矛盾点に突っ込みを入れる
不条理、不公平に批判的
一般的じゃない視点を持ちたがる
自分の意見に圧倒的な自信がある
自分の信念を貫く事を最も優先する(要は、超頑固 笑)

と言うカンジです。


ホント、思考パターンは似ていますね(笑)

ただ、美学が自分と違うので、
好きかと言われると、どうかなぁ…というカンジですが(笑)


堀江氏は蠍座ですから、タブー(禁句)も堂々と発言しますが、

私は天秤座なので、全体の調和とバランスを考えます(笑)

それに、私は「試練・否定」を扱う土星が蠍座にありますので、
あんまりタブー(禁句)は口にしたくない方なんです。


一番違うところは、

堀江氏は自分で自分の事を強欲と言っていますが、
私は無欲と言っています(笑)

なので、人生で追求する部分が全然違いますね。

堀江氏はやりたい事がたくさんあるみたいですが、

私はあんまりなくて、
常に飽きない事を探していますから(笑)


堀江氏は、情報格差を埋めたいと言っています。

権力者の情報操作による、不公平な社会をフェアにしたい
という事です。

それも私は同じ意見です。

私も、正しい知識を広げたいといつも言っています。

堀江氏はお金の知識だと思うのですが、
私は、心理、法則、健康の知識です。


それに、自分で商売する人がたくさん増えれば良いというのも
自分と同じ意見です。


企業だけがお金を回すのではなく、

これからは、
個人が商売を学び、お金を回して行く時代になると思います。


それに、堀江氏の「新・資本論」と言う本に、

「お金=信用」と書いてありましたが、
それも私が以前セミナーで伝えた事でもあります。


ただ、何故堀江氏が権力者に一度潰されてしまったかというと、

「活動のバランスを中庸に保てず偏り過ぎた」というのと、
「世論や目下の人間を完全に味方にできなかった」

と言うのがあると思います。


優秀すぎて、一人で何でもできてしまう。
効率や論理に偏り過ぎ、判断に感情を考慮していない。

という事が偏りを招いてしまったのだと思います。

まぁ、本人に直接聞いたわけでもありませんから、
勝手な予想の域を出ませんけどね(笑)


でも、みんなが隠して言わない事を、
自分の正義感に従って、矢面に立って言っているのを見ると、

根はすごく良い人なんだなぁと思います。


結局、自分を支えてくれる人を軽視してはいけないという事ですね。

かといって、世論を気にしすぎて、小さくまとまってもダメですし、
やっぱり全部バランスですね。


私は攻めではなく、守りに強いですから、

地味にジワジワと世界維新をやっていきたいと思います(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!個人的な事 

2010年11月10日

真意

今回は、最近の記事で、
なぜみんなと分離するような事を書きまくっているのか?

その真意を説明したいと思います。


まず、始めに言っておきますが、私の心配は無用です。

私は心理のプロです。

すべて自分の責任と選択において判断を下しています。

私は心理を熟知していますし、
心外ですから私の腕は疑わないで下さいね(笑)


私は建設的に深く考えているのであって、
決して悩んでいるわけではありませんから。


私のことを考えてくれるのであれば、私の愛を信じて下さい。

私は疑われる事が一番悲しいのです。

表面的にどう見えようと、
私は周囲に対する愛が行動原理なのですから。



じゃあ、なぜみんなと自分の分離する様な事を書くかというと、

現実の厳しさや、自分の厳しい面を知って欲かったからです。


私は、これから現実面で、
社会的な事をやっていこうと思っているのです。

私の後輩も、将来そういう事を考えている人はいると思います。


ですから、
私が、今考えているテーマを先にみんなに知らせる事によって、
これからみなさんも行き着くであろう問題を先に提示しているのです。


今までは甘い考えでも生きていけましたが、
私がこれから進む道は、綺麗事抜きのシビアな世界です。

周りを巻き込むような事もたくさんあるでしょう。


そんな時には、
リーダーの判断ミスがチーム全体の不利益になったりするのです。

本田健さんも、
信頼していた部下に売上を持ち逃げされた経験を持っている様です。


複数人で会社をやっていれば、
売上を持ち逃げされたとなれば、社員全員の損失です。


なので、リーダーは「みんなの事を信じているからね!」

なんて言って、楽観的になっていられないのです。


あらゆる事を先読み、シミュレーションして、
あらゆるネガティブ要因を先回りしてツブすのが社長の仕事です。

松下幸之助さんも、
「会社で一番心配する役が社長ですわ。それが仕事なんです。
 心配するのがいやだったら、社長をやめたらいいですよ。」

と仰ってます。


「戦場では臆病なヤツが最後まで生き残る」
という言葉もあります。


斎藤一人さんも、
「会社の経理は横領できないようにしておく事が、
社員に対する優しさだ」と仰っています。

これは、社員を無闇に信じていない。

疑う事こそ優しさのカタチである事を示しています。


ですから、最近の記事は、
自分としては、とても愛に満ちている記事だと思っています。


本当に、厳しい事を言ってくれる人が真に優しい人ですよ。

私の専門学校時代に尊敬していた歌の師匠も、
自分の思ってくれているからこそ、厳しい事を言ってくれる人でした。


商売で絶対に成功しない人は、ズバリ甘い人です。

一般的に言われる、良い人です。

甘い人は、商売上では一番信用できない人です。


良い人、甘い人は、最終的に一番自分を優先します。

自分が元々甘い人だったからよくわかります(笑)


表面的に甘い人、良い人は、リーダーになってはいけません。

頼りなさ過ぎます。


あなたは、日本の外交が甘いって文句言ったりしていませんか?(笑)

厳しい環境の中で、甘い考えを持っていると損をすると言う事を、
一番良くわかってるんじゃないですか?(笑)


プライベートであれば、人に甘くしてもいいです。

でも商売上で甘ければ、様々な弊害が出てきます。


例えば、ビジネス上では
断らなければならない事もたくさんあります。

良い人に見られたいから断れないなんて考えていたら、
仕事できませんし、

貧乏な人がかわいそうだから値下げしようなんて考えていたら、
キリがありません。

そもそも、貧乏な人はかわいそうじゃ無いんですけど…。

ボランティアばっかりして、
収入に繋がる仕事を全くしない社長がいたらどうですか?

会社は倒産します。


顧客に甘い、社員に甘い、
そういう人は、自分自身にも甘いのです。


現実世界で何かを成し遂げるには、絶対的に厳しさが必要です。

私も、いつも厳しい現実に育てられてきました。

甘やかされると、厳しい世界では生き残って行けないのです。


斎藤一人さんや本田健さんの本を数冊読んだぐらいのレベルの人は、
二人を良い人、甘い人に思うかも知れませんが、

私みたいにほとんどの著書を揃えるマニアになってくると、
とても厳しい面を持っている人だと言うことが良くわかります。


自分一人で生きていくのであれば、
頼りになるリーダーの元で生きていくのであれば、

考えが甘くても生きていけます。


でも、他人を引っ張る役目の人は、それ相応の責任があるのです。


もちろん、厳しいだけで優しさの無い人もダメですから、
うまくバランスを取らないといけませんが…。


私の周りには優しい人が多いと思いますが、

もし、現実世界で大きな事を成し遂げたいのであれば、
人を引っ張るリーダーになりたいのであれば、

ぜひ、優しさのある厳しさを身に付けて頂ければと思います。


で、こういう事書いている所が私の甘い所なんですよね〜(笑)

まだまだだ(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年11月09日

わざとですよ?

最近ネガティブな事ばかり考えています。

もちろん、わざとです。

先にネガティブな事を徹底的に考えておくから、
後々ポジティブでいられるのです。

しかも、今は蠍座ですから、その影響も大きいですね。

蠍座は、
死、性、タブー(禁句)、執着、強い感情、
集中力、相手の所有物などを扱う星座です。

星は精神に影響しますから、
そういう発想が沸いてくるのです。


それと、私はネガティブを悪い事だと捉えていません。

ネガティブがあるからこそ、
ポジティブな現象が起きるし、ポジティブを認識できるのです。

ポジティブしか存在しないなんていう事はあり得ないのです。


そして、ネガティブを否定する、避ける、逃げる事こそ、
もっともネガティブな事なんですね。


ですから、
今はわざとネガティブなテーマについて考えていて、

それを気持ちいいとは思いませんが、必要な事だと思っています。


自分一人を幸せにするのはカンタンですが、

世界中の人にポジティブな影響を与えようと思うと、
それなりの試練があって当然ですから。


今考えている事は、

他人の幸せに貢献していくのは良いとして、
本当にそれが自分の幸せにも繋がっていくのだろうか…?

と言う事です。


自分の楽しい人生のために社会の事を考えているのに、

社会の為に貢献しようとして、
自分が楽しく無ければ意味がありませんから。


それで、自分の本当に欲しいモノって一体何なんだろう?

って今日ずっと考えていたのですが、

自分は、ただ人に喜ばれたいだけなんだって事に気づきました。

別に偉人になりたいわけでもないし、
お金儲けが人生の目的でもないし、

ただ、自分を必要としてくれている誰かがいる…。

自分以外、代わりがきかない役割を与えられる…。

そういう事が自分の喜びなんですね。


でも、私の心理をある程度学んで、
満足のいく幸せを手に入れた人は、もう卒業してしまいます。

それがちょっと寂しいですね。


ですから、一生自分と付き合ってくれる人がいれば、
それが幸せだと思うのですが、

商売で成功している多くの人が、
「一番信頼している人から裏切られる」

と言う経験をしています。


そういうのを聞くと、
信じるって何だろう?って事も疑問に思います。

私は自分を信じて欲しいと思うタイプだから、
他人を信じたいと思うのですが、

やっぱり人は自分が一番大事ですから、
状況が変われば身の振り方も変わるし、

自分を顧みず義理を通そうなんて人は珍しいですね。


信じる事が幸せなんだけれども、
それが裏切られた時に苦しいんです。

孤独でいれば、苦しまずに済みます。

誰も信じず、クールでいれば苦しまずに済むんです。


本田健さんの本に、

子供がいれば、子供がいる苦しみも喜びも手に入る。
子供がいなければ、子供がいる喜びも苦しみもない。

と言う事が書かれていましたが、

要するに、

愛するからこそ幸せも生まれるし、
愛するからこそ苦しみも生まれるのです。


私はある程度自分の考えをコントロールできますから、

信じよう、好きになろうと思えばそう思えるし、

繋がりを切って、
クールでいよう、孤独でいようと思えばそう思えます。

でも、これって相手にもよりますけどね。


ここら辺のバランスとかって難しいなぁと感じます。


私は何度も言いますが人が好きなので、
その分苦しみがすごく大きくなってしまうんです。

ここら辺も、100か0かみたいなエネルギーの注ぎ方に
なってしまうみたいで(笑)


仏教を大別すると、
自分一人悟ればよいと言うのが、上座部仏教。
みんなを救おうとするのが、大乗仏教。

これって本当に全然違いますね。


自分はコントロールできるけど、
他人はコントロールできません。

自分の心は何とかわかるけど、
他人の心は読めません。


だからこそ、
苦しかったり、面白かったり、感動したりするんでしょうね。

現実世界で何かをしようとすると、
試練とチャレンジの連続です。


自分の事はほとんど学び終えたと思いますが、
これからは、他人に関する学びですね。



mixiチェック

haxe501 at 06:26|Permalinkclip!個人的な事 

2010年11月08日

パラドックス

最近、心身の疲労がかなり激しくて、
夜は泥のように眠っています。

この世のモノには全て二面性があります。

何かを追求すると、バランスが崩れ、何かを失います。

光と影は表裏一体です。


私は今、世界に貢献できる人間になろうと思って、
自分の立てたプランに沿って行動しています。

ものすごくポジティブな行為に見えますが、
その反動で、いろいろとネガティブな面もあり、

それが試練となって現れます。


私は中学の時、
良い事をしてるつもりで、正義の味方のつもりで、
校則を守らないクラスメイトを注意したりしていました。

でも、クラスメイトとの仲は悪くなるし、
しまいには先生から自分が注意されるという、

良いことしてるはずなの苦しいという目に遭いました。


私は、今世界の為に自分をレベルアップさせる事に集中しています。

そうすると、とんでもなく一人ぼっちになっていきます。


周りから人がいなくなるわけじゃありません。

私の説明は論理的ですから、

言いたい事は理解してもらえるし、
学んだ事を人に教えて上げるとたくさん感謝もされます。

でも、自分の意見に共感してくれる人が、
周りからいなくなっていきます。


私はみなさんの気持ちに共感する事ができます。
自分が通ってきた道だから。

ですが、私がやろうとしている事は、
まだ誰もやっていない事だから、先輩や師匠もいません。


知り合いからは理解される、感謝もされる、
両親からは愛されているとすごく感じています。

でも、家族であっても、
私の本当のコアな部分に共感はできないのです。


カウンセラーにとって最も重要なスキルは、
共感する事です。

悩んでいる人というのは、ひとりぼっちなのです。

自分の価値観、意見、境遇、話に共感して欲しいのです。


私も今孤独です。

別に孤独は嫌いではありません。

小さい頃からずっと親友とかいなくて孤独だったし、
慣れています。

あんまりベタベタしていると、
自分の成長の足を引っ張られたりしますからね。


私はどこかで、
自分が成長したらどんな人とでも別れる事を知っているので、

人と必要以上にベタベタした付き合いをしないのです。

深いところで繋がろうとしないのです。


別に、人が嫌いという訳じゃなくて、

私は人が大好きだからこそ、離れるときが痛くて苦しいんです。


今まで好きで信頼していた人が、
自分が離れていくのがとても辛いのです。


だからこそ、来るもの拒まず、去る者追わず。
自分に付いてこれる人を待つしかないのです。


という事で、人が好きで、人の為に自分を高めれば高めるほど、
自分は孤独になっていくのです。

これがパラドックスです。


でも、それは仕方のない事です。

孤独を癒すために現状にとどまる事なんてできない性格ですし。

そっちの方が、私にとっては不幸ですから。


私は、「社会的な影響力を持つ」という目標のために、
あらゆる対価を支払う覚悟、犠牲を払う覚悟をしました。


人が望んだモノを手に入れられないとしたら、
対価を支払う覚悟ができてないんですよ。

その目的の為に何でもやるという覚悟です。


私は覚悟決めていますから、
多少しんどくても、まだまだ走り続けます。


孤独を辛く感じない方法は、
他人に対する目先の表面的な愛情を断ち切る事です。

クールになる事です。


例えば、ボランティアを本気でしたかったら、
まず自分が金持ちになる事です。

自分が貧乏であれば、ボランティアはできません。


目先の事を優先すれば、長期的な公益を損ないます。


目の前の事をやる役目の人もいるでしょうが、
私の役目ではありません。


だから、私は一人でも孤独でも、上を目指し続けるしかないんです。

好きなのに、好きになったら苦しいから、
好きになりきれないってのもパラドックスですね(笑)



mixiチェック

haxe501 at 06:42|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年11月06日

仕事で成功しない人

今日も、シビアな記事を書きたいと思います。

何故ならば、それが私の役割と思うからです。

商業出版というのは、売れなくては困るので、
どうしても消費者に耳障りの良い内容になってしまいます。


消費者に耳障りが良い内容とは、

テレビのワイドショーの様な、
政治、経済を批判する内容だったり、

自己啓発やビジネス書で言えば、
綺麗事や精神論などです。


私は綺麗事が嫌いです。

綺麗事は現実に変化をもたらさないからです。


綺麗事が嫌いな人は、多少耳障りが悪くても、
真実と本音を語ります。


なので、
モチベーションの低い人からは嫌われたりもしますが、

モチベーションの高い人からは、
本当の事を言ってくれるので好かれます。


どういう事かと言うと、

全然本質的にはネガティブでは無い事なのに、
一般大衆がネガティブだと捉えている事があります。

そういう事を言えるかどうかです。

斎藤一人さんは、
「知っていても商人は本当の事は言うな」とか、
「商人は大衆の意見に合わせろ」と言いますけど(笑)


お客さんに対してはそうですね。

でも、これから商売をしようとする人には、
本当の事を教えて上げなければなりません。


例えばですね。

「金儲け」この三文字に、
一般消費者はネガティブな反応を起こします。

「世の中お金じゃない」とか
「もっと大切な事がある」とかね。

私も過去はそうでした。

でも、本質的な観点から見れば、
めちゃくちゃポジティブな意味を持つ三文字なのです。


商売人は「金儲け」の三文字に、
ポジティブな印象やイメージを持たなければなりません。


ビジネスとは何か? と言う質問に、

「お客様に喜ばれる事」と多くの本は書きます。


それは、前提です。 当たり前の事です。


でも、商売人がもっと意識しなければならない事は、
商売は「スピードと数字である」という事実です。


でも、多くの人がネガティブな観念を持っていて、

「事実にネガティブな反応を起こす」ので、
中々一般の成功哲学本には書かれていないのです。


もっと言えば、

「スピードと数字」こそ、お客様に喜ばれると言う事であり、
結果を出すことこそ、お客様に喜ばれたという証なのです。

商売は、結局「お金と数字」でしか計れないのです。


私は、20歳の頃から、

個人でできて、初期投資があまりかからない、
ありとあらゆるビジネスに手を出してきました。

インターネット上のビジネス、アナログなビジネス。

いろいろやって、
いろんなビジネスの長所や短所を把握しています。


お客様には、

耳障りの良い綺麗事を言って
商品やサービスを買ってもらえるかもしれませんが、

商売人の脳みその中身が綺麗事では必ず失敗します。


私は本をよく読むので書店にもよく足を運びますが、
ほとんどの本が綺麗事や精神論ばっかりです。


幸せになるのはカンタンです。 

誰でも心理を理解すれば、絶対に幸せになれます。

そして、ある程度の範囲で他人を幸せにする事もできます。


でも、仕事や商売で成功するというのは、
また全然違う考え方や価値観が必要なのです。


そして、それは人に喜ばれるという事と矛盾しません。

一般大衆が、数字やお金に対して、
ネガティブな観念を持っているだけです。

本当は、スピードと数字を追求するから、
お客様に喜ばれるのですが…。


なので、その本当の所というのは、
一般の書籍には中々書かれていません。


先ほども言ったように、
本質的には全然ネガティブじゃないんですけど、

一般消費者がネガティブな反応を起こすモノは、
売れないので削除されるか、そもそも出版されません。


と言う事で、
実は私も知っていてもあまり言いたくないのです(笑)


私は心理をやっているので良くわかりますが、

世の中で一番優しい人と言うのは、
耳障りの悪いことでも、真実と本音を語ってくれる人です。

耳障りの良い事は、嫌われないし、誰にでも言えるのです。


私は、本田健と斎藤一人が好きだと言っていますけど、
二人とも素晴らしい商売人だと思います。

ただ、この二人のキレイな所ばかり見て、
商売に幻想を持たないように気をつけて欲しいです。


二人とも、すごい販売戦略やマーケティングを使っています。

それは、綺麗事抜きです。

人の心理を把握し、人がどう動くのか計算し尽くしています。

そして、自分のブランドを形成するために、
耳障りの良い事を多く書いているのです。

あなたは、そういう部分も見通せていますか?


商売人は、物事の表面ばかり見ずに、
裏側を見通せる人でなければなりません。


じゃあ、この記事を読んでいる方にひとつプレゼントとして、

綺麗事抜きの本当の事を話しましょう。

耳障り悪いと思いますが(笑)



ひとつは、本を読まない人は仕事で成功しない、
と言う事です。

仕事で成功している人は、ほとんど読書家です。

何故かと言うと、商人は勉強家でなければなりません。

商品知識や経営の知識、
勉強しなければならない事は山ほどあります。


それに、人間は言語で思考しますし、
文字を読んで考えれば考えるほど頭は良くなります。

そして、
誰かに何かを伝える、売る、つまりプレゼンテーションには、
引き出しの多さ、知識量が大事です。


ただ、無闇やたらに読めば良いと言うものではありません。

無駄な情報、余計な情報は脳に有害だからです。

良い本を大量に、シッカリ何回も読み込む事が大事です。


これがひとつめ。


ふたつめはもっと厳しいですよ(笑)

今、あなたの周りにいる人たちと
群れていては商売で成功する事は難しいでしょう。


私は、この一年と半年くらい、いろんな人と出会ってきました。

それで、せっかく出会った人と縁を繋ぐために、
コミュニティを作ろうと思いましたが、

結局無理だという結論に至りました。


何故なら、
私の成長スピードについてこれる人がほとんどいないからです。

作っても作っても、新陳代謝していきますから(笑)

出会っても縁が切れるスピードがものすごく早いのです(笑)


コミュニティを作ろうと思うと、
目線を下にしていなければなりません。


ですが、今の私は目線を上にしています。

ですから、私に付いてこれる人だけ付いてくればいい。

という考え方になりました。


もし、誰も付いてこなければ、一人でも突き進みます。

私は、羊の群れを形成するより、一匹狼が似合っています。


私が、今自分を孤独に追い込んでいるのは、そういう理由です。


大気圏を突破して、新たなステージに入っていくには、
脳に叩き込む情報の質を変えなければなりません。

今のレベルの情報を入れていれば、
今のステージにとどまるだけです。


同じぐらいのスピードで、
一緒に成長していける仲間がいるのであれば、

それはすごい財産ですから、大切にして下さいね。


でも、成長スピードが違えば、必ず別れは来ます。

私は、今まで出会った人と縁を保とうと
できる限り頑張ってきましたけど、無理でした。

それが私の結論です。


仕事で大きな成功を収めている人ほど、
会う人は多いでしょうが、心を許せる友人は少数です。

少数の友人と、ガッチリ強い絆で結ばれています。


そもそも、私は相手に話を合わせるという事が苦手なので、
アナログな付き合いの必要なビジネスに向いていません。

向上心のない人とは話が合わないし、盛り上がらないのです(笑)


と言う事で、

一般消費者を相手にするMLMや、
一般消費者向けのセールスの仕事には不向きです。

文章能力には自信がありますから、通販向きだと思います。

ですから、教材作ってインターネットで売る方が向いています。


セールスもやった経験があるので、
大体のコツは把握していますから、

セールスマンやコンサルタントを育成するのはできると思いますが…。

要するに、「できるかどうか」と、
「情熱を持てるかどうか」は別と言うことですね。


と、綺麗事抜きのことを書いてみました(笑)


こういう事を書くと、

「向上心の無い人やお客様を見下しているのか?」

と思われそうですが、決してそうではありません。

そう誤解する人がいそうだから、あまり書きたくなくて、
コンサルティングなどの口伝で伝えたいんですよ(笑)


私は、世界中の人に幸せになって欲しいと本気で思います。

もし、そうできるんだったら、私は地位も名誉も要りません。


でも、現実を見て下さい。

人を喜ばせるという事も、綺麗事じゃできないんです。


多くの人は、本質を見抜けず、
お金や地位や名誉のある人の言うことを何となく信頼するでしょう?

例え真実だとしても、
耳障りの良くない事は聞きたくないと思うでしょう?


私のセミナーなんて、受けたら人生変わるんです。

今まで、たくさんの人の人生を変えてきました。

それでも、来ない人もいるんですよ。

だから、わざわざ販売戦略を練らないとダメなんです。

どうやったらお客さんが来てくれるのか? とか
どうやったらお客さんが買ってくれるのか? とか

頭をひねる必要があるのです。


一般の消費者を見下しているのではなく、

一般の消費者はこういうもんだ、
と言う事を理解した上で商売しないと、

喜ばれないし、幸せにできないと言う事です。


私は遊びにほとんど興味がありませんし、
多くの一流の経営者が、遊ばず仕事ばかりしています。

でも、多くの人は遊びに興味があるんです。

ですから、商売やりたかったら、
人にポジティブな影響を与えたいんだったら、

その意識のズレを知っておかないとダメだよと言う事です。


ひとつだけ言える事は、

成功法則、成功哲学だけ勉強していても、
絶対に、仕事で成功する事は決してあり得ないという事です。


将来商売やりたい人は、その事実をまずシッカリ認識して下さい。


商売についてのこういう話っていっぱいあります。

これも、知っているか知らないかで人生大違い情報です。


でも、ブログではもう書くつもりはありません。


今は人数限定でモニターコンサルティングもやってますし、

もっと知りたい方は、私のコンサルティングを受けて下さい。

詳しくは下記。
周りの人の幸せを願う心優しいあなたへ」(無料)
( ※ PDFファイルなので、パソコンからご覧下さい )

それでは。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる