2010年08月

2010年08月21日

本質の追究 と 私の使命

今日は、かなりシビアに情熱的に書きます。


私の特技は、幸せになる為に、

多くの情報から、無駄を削ぎ落としたものを選別、吸収し、
学んだ事の本質を掴み、それをわかりやすく伝える事です。

人にわかりやすく伝えるには、
言葉や文章が大切ですから、

私は「言葉選び」にものすごくこだわりを持っています。

誰でも知っている言葉を選び、
それぞれに明確な定義を持たせています。

一般的に使用しない専門用語は嫌いです(笑)


何故かと言うと、私は成果を追求しているからです。

人の成長に貢献するという「成果」を追求しています。


その為には、シンプルでわかりやすく表現する事が
一番大切だと考えています。

そして、一般の人が理解できる例え話を基本としています。

(自画自賛しますけど、私の例え話の上手さは逸品ですよ 笑)


ですから、私のモットーは、
「具体的、論理的、現実的、実用的」なのです。


逆に私が手を出さないのは、
難しい表現、複雑な表現、抽象的な表現です。

なぜならば、普通の人が理解しがたいからです。


最近、周りの人が苫米地英人さんがすごいという話をするのですが、
私は苫米地さんの本を立ち読みしても、どうも学ぶ気になれません。

そういう気がしないと言う事は、自分には不要だという事です。


苫米地さんが天才的だというのはわかるのですが、
表現が私にとっては複雑で難しく感じます。

アタマの良い人には向いてるのでしょうけど(笑)

私はカンタンさを追求していますから(笑)


そういう意味で、斎藤一人さんと本田健さんは
表現がわかりやすいですし、

私はこの2人をメンターと決めていますから、
他に学べない人がいても別に構いません。


なぜ、メンターの実名を出すかというと、
私なりの謙虚さと感謝の証です。

見栄を張って、学ばせてもらった人の事を賞賛せず、
全て自分の実力だと「見せたい人」は成長しません。



それと、イメージを用いるワークもあまりしませんね。

イメージの重要性は知っていますが、抽象的なので、
それも自分の使命と外れているので、使いません。



それと、他人をコントロールする心理学も学んでいませんし、
知っていても教える気はありません。

何故なら、他人をコントロールしようとしている時は、
自分の思い通りにならない事が存在するとか、

自分は無力であるとか、自分に敵が存在していると、
内面にインプットされるからです。

それはセルフイメージの低下に繋がります。


自発的なモチベーションを導く、
コーチングというのは素晴らしいと思いますけどね。

それは、自ら出てくる答えであり、自らの選択ですから。

相手に選択権を委ねています。


と言う意味で、私は他人の心を操ったりはできませんし、
これからもするつもりはありません。


私は自分の為に、常に本音をさらけ出して生きています。


それがラクですし、何よりも隠したり、偽らない事が、

何も怖がるモノは存在しない、
自分に自信があるんだ、

と内面にインプットされますからね。


と言う事で、

私は、「自分が幸せになる方法」の、

シンプルに表現できる「本質の部分」を伝えるのが使命です。


なので、本質の追究と、わかりやすく表現すると言う事が
私の強いこだわりなのです。


私よりも知識を持っている人はたくさんいますけど、

「本質をシンプルにわかりやすく表現する」という部分だけは、
誰にも負けないと自負しています。

なので、そこに関しては、自称日本一だと言っています。


それと、今心理塾(Grow Heart School)をやっていて、

このスタイルが究極的だなぁと思うのですが、

釈迦もキリストも、共通しているのは、
本人達は宗教を否定し、文字で教えを残していない…。

全て口伝なのです。

宗教を創ったり、文字で教えを残しているのは、
弟子とか後生の人たちですから。

バシャールも、将来的に宗教は衰退していくと言っています。


あまり私が物販に積極的ではないのは、
一方向のコミュニケーションには誤解が生じるからです。

問答、つまりQ&Aをする事によって、
相手に正確に情報を伝える事ができると思っているからです。


文字に起こしたモノ…、例えば本やこのブログとかは、

読む側が本気で理解しようと思って、
何度も読み返し、思考を重ねれば真意が読み取れるものですが、

多くの人は、そこまでのモチベーションはありませんから、
なので、Q&Aで正確に情報を伝える事が大事だと思うのです。


私は、双方向のコミュニケーションによって、
真の理解が生まれると思っています。


ですから、リアルタイムでQ&Aができる塾というのは価値が高いし、
1対1で話せる、個人コンサルティングの方がより価値が高いのです。


私は人と喋るのが好きなので、
仕事以外でも会いたいと言ってくれる人には会いますけど、

仕事じゃなかったとしても、かなり価値を与えているつもりです(笑)



私は「悩みを解決する方法を一瞬で教えるプロ」ですから、

いくらすごい人でも、
「他人の悩みを解決する事に関しては素人」って人が多いので、

そういう人と「一緒くた」の感覚を持たないで欲しいですけどね(笑)


たまに、普通の人と会ってる感覚で質問してくる人がいますから(笑)



でも、今後は仕事の規模を大きくし、有名になっていくつもりなので、

仕事以外で会える人と言うのは激減していくでしょうけどね。


よく会う人は、仕事のパートナーかお客さんになっていくでしょう。



前回の記事にも通じますけど、

それぐらい、
自分の仕事にプライドを持てる様になった方がいいですよね。


それぐらいのプライドが無いと言う事は、
自分のサービスに対する甘さに通じます。


本田健さんの本にも、

経済自由人は自分の仕事に並々ならぬプライドを持っていて、
自分の仕事を侮辱するようなら黙っていない。

と言うような事が書いてありました。


全てはバランスです。

自分に優しくするべき時は優しくし、
自分に厳しくするべき時は厳しくするのです。

不幸な人は、その逆をしてしまいます。

自分に優しくするべき時に自分を責め、
自分にシビアさを求めるべき時に甘いのです。


最終的には、
自分の内面の恐怖と向き合う勇気があるかどうかですけどね。


あと、自信と傲慢の区別、
自信の無さと謙虚の区別もついていない人が多い。


その区別はどうやったらつくのか…?

それも、心理のメカニズムを理解すればわかります(笑)


なんか、いろいろ書きましたけど、私の信念と哲学を書いてみました。


現実というのは、甘くもなく厳しくもありません。

現実は現実です。

現実は中立的な基準です。


現実を厳しいと思っている人は、覚悟が足りないだけです。

現実が甘いと思っている人は、強い覚悟を持って生きています。


それだけです。


覚悟が足りないとは、言い方を変えれば、
考え方が甘い、傲慢、執着が強い、我が強いと言う事です。


意識が変われば、現実はすぐに変わりますから、
現実を変えるのは難しいわけではありません。


ですから、必要以上に現実は苦しいと思う必要は無いのですが、

どうせなら、覚悟していた方が
(執着を手放した方が)ラクですから、

シビアな観点も持っておいた方がいいと思います。


覚悟ができた人には、不要な修行は降りかかりませんから、

ネガティブな体験も少なくて済みますよ(笑)



mixiチェック

haxe501 at 22:43|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年08月20日

商売哲学

最近、ビジネスに関する相談が増えてきました。

ま、アドバイスはカンタンです。

商売や営業で一番大切なのはモチベーション。

だから、モチベーションが絶えない、好きな仕事をしなさい。

以上(笑)


あとは、

多くの人が売り手目線。
売る側の視点でしか物事を考えられていない。

でも、商売ではお客さんの求めているモノを提供するのが使命。


自分が売りたいものを売っていたらただの趣味です。
お客さんが買いたい物を売るのが商売です。


お客さんがお金を払ってでも欲しがるサービスかどうか?

そこのリアリティの追求を怠らないように。


自分が未熟なウチのアイデアなんて言うのは、没になるのが前提。

企画して挑戦して失敗していくウチに、
うまくいくアイデアと言うのがわかってくる。


あと、どうやったら好きな仕事が見つかりますか? って。

・今やりたい事を飽きるまでやる事
・今やっている仕事で学べる事は全て学ぶ事

そして、どちらも自分に向いていないとわかったら、
もしくは飽きたらさっさと止めて次に行く事。

その二つが組み合わさって天職が生まれる。


本質はシンプルです。


ただ、最近事業をしたいって若い子を見ていて思うのが、

下積みも大事だよって事。


自分が既に人の役に立てる、
何らかの能力を持っているなら良いんだけど、

結果を急ぎすぎて、満足に人を喜ばせる事もできないのに、

独立して商売したいって言っても中々そこまで甘くないですよ。


本を読んで勉強するのは良い事ですけどね。


商売は実力主義。

何年も修行と実績を積んでいるベテラン達と同じ土俵で戦うわけです。


まず、自分の能力を高めない事には、

それにお金払ってくれませんからね。


素人の未熟なサービスに大事なお金を払おうなんて人はいないから。


私も、徹底的に自分の実力を高める事に集中してきて、
やっと最近、自分で日本一と呼べるかなってレベルまで来たからこそ、

本気で外の世界、ベテラン達(著名人)と同じ土俵に出て行く準備が
できたなって思っているくらいです。


その分、ものすごく強いプロの責任とプライドを背負っているのです。

なので、自分の実力を軽くみられると、かなりカチンときます(笑)
(マジで怒ってるわけじゃないですけど 笑)


要するに、今までの流れを総括すると、


客を舐めんな!


の一言に尽きます(笑)



「お客さんを喜ばす」

商売人はその追求に生きるのが使命です。



自分が与えたいモノを与えるのはエゴです。

他人の求めているモノを与えるのが商売です。


そういう哲学を持つ事って大事だと思います。



mixiチェック

haxe501 at 22:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年08月18日

法然上人

今年のゴールデンウィーク前に他界した祖父の初盆で、
お寺でお経を唱えてもらい、焼香してきました。


それで、お経を唱え終わったお坊さんが
少しだけ説法をするのですが、

そのとき、法然というお坊さんについて話されました。

法然上人(しょうにん)は、
平安末期〜鎌倉初期にかけて生きたお坊さんで、
浄土宗の開祖と言われています。

念仏を唱えれば極楽浄土へ行けると言うヤツね。

※上人とは、高僧への敬称。 
 法然は聖人(しょうにん)と呼ばれる事もある。


それで、法然上人の教えというのを少し聞いたのですが、


弟子が、

念仏を唱えたいのですが、睡魔に負けて寝てしまいます。
どうすれば良いですか?

と聞かれたところ、

寝たければ、寝れば良かろう。
起きているときに唱える事が大事だ。

と答えたそう。


また、

極楽浄土は本当にあるのですか?

と聞かれたところ、

あると思えばある。 ないと思えばない。
あると信じる事ができればある。

と答えたそう。


また、

自分はどうもあると思えません。
どうすれば信じる事ができますか?

と聞かれたところ、

疑いながらでも、念仏を唱えよ。

と答えられたそうです。


この問答、本当に真理をついていますよね。


私は、この話を聞いて正直びっくりしました。

私は自分で考えたのもありますけど、
優秀な本を読んでやっと知れた事なのに、

800〜900年前の情報の少ない時代に、
どうやったら真理に辿り着けるのでしょうか?


昔のお経も、そこまで親切に書かれていないはずですしね。


小林正観さんの本で、キリストの話をしていた事があって、

通常あり得ない年齢で真理にたどり着いていると言う事で、
驚いたという話があります。


小林正観さんの話によると、
釈迦はIQ 300ぐらいあったって話ですから、

やはり、聖人と呼ばれる人の頭の良さは計り知れませんね(笑)



それと、昨日びっくりした事があって、

貴船神社に、「たかおかみのかみ」と言うのが奉られているのですが、

※高おかみの神
 高とは、山の上、 おかみとは、龍の事。


その「たかおかみのかみ」は、
水の神さまで、心願成就の神さまなんですって(笑)


今、私は引き寄せの法則をわかりやすく教える事を通じて、
人の願望実現のサポートしてますからね(笑)


なんか、美輪明宏さんが、

天草四郎の生まれ変わりで、ゼウスの魂のグループだ
と言っていたのが思い出されます(笑)


めっちゃ怪しくないですか?(笑)


最近怪しい話がマイブームなのですが、怪しいのが面白いのです(笑)

半分ジョークですからね(笑)


仕事では、めっちゃ論理的ですから、怪しい話はしませんよ(笑)

安心して下さいね(笑)


貴船神社については、
他にもいろんなシンクロニシティがあって…、

2010年に出会った人と貴船伝説のシンクロはやばいですよ(笑)

って書きすぎるとすごく怪しいので止めておきます(笑)


私の親しい人の中でも、知る人ぞ知る話にしておきます(笑)


一瞬、宗教できるんちゃうかな?と(笑)

絶対やらないけど(笑)


とりあえず、貴船神社にめっちゃ親近感が沸きました(笑)



mixiチェック

haxe501 at 08:03|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年08月16日

ネガティブは悪じゃない

私は、ポジティブが大事だと言いまくっていますから、

ネガティブがわるいものだと
勘違いされている方もいるかもしれないので、

ちょっとこの辺でネガティブについて語りたいと思います。


本質的な話をすると、

この世に、正しいとか間違っているというものはありません。

※正確、不正確という意味ではないですよ。


それらは、人間が作った価値観です。


あるのは、それが心地良いのか、不快なのかです。

つまり、感覚や感情、美学ですね。


ポジティブは心地良く、
ネガティブは不快。

ただそれだけです。


しかし、全ては表裏一体ですから、

ネガティブがあるからこそ、
ポジティブを認識できるのです。

影や闇がなければ、光を認識できません。


そして、ネガティブというのは、
実はポジティブに利用する事ができます。


私が人生で一番ラッキーだったと思う出来事は、

中学で挫折し、不登校になり、自殺願望を持ち、
通信制の高校に転校し、音楽の専門学校に入学した事です。

一見ネガティブに思われるかも知れませんが、
その経験がなければ、今のポジティブな自分はありませんからね。

その経験のおかげで、学歴主義の洗脳も解けたし、
早い段階から、自分の人生について深く考える事ができました。


陰極まれば陽に転じ、陽極まれば陰に転じるのは宇宙の法則です。


映画などをみても、
悪役がいるからこそ、正義の味方が栄えるわけです。

ネガティブな要素がなければ、
面白いストーリーは作れませんからね。


あと、ジェットコースターなどの絶叫マシンも、
人の恐怖をポジティブに使った例ですね。

バンジージャンプとか。


あと、音楽をやっているときに、
周りには緊張感を楽しんでいる人がたくさんいました。

心地良い緊張感とは、少量の恐怖から生まれます。


バシャールは、
ネガティブをポジティブに利用する事が大切だ

と言っています。


精神の成熟度とは、

どれだけ人生にネガティブな要素が少ないかでは無く、
どれだけネガティブをポジティブに利用できるかどうかだ。

という事らしいです。


どんなにネガティブ、つまり不快な出来事や感情も、
ポジティブに活かす事ができます。

ネガティブからしか学べないと言う事も無いのですが、
ネガティブからも多くを学べます。


人間は学び、それを実践し、人生に活かす事で幸せになります。

あなたの周りにネガティブな人がいても、
それを自分自身にポジティブに活かす事は可能です。


ネガティブを毛嫌いしていると、
よりネガティブな現象が引き寄せられます。


ネガティブを受け入れる事によって、こころに平穏が訪れます。



mixiチェック

haxe501 at 12:55|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年08月15日

成功と劣等感

人間の生きる目的というか、
幸せに生きると言う事は、

自分らしさを追求する事であったり、
自分の使命に生きる事だと思うのです。


そして、社会的に見ても、
そういう流れが今起こっていると思います。


私が過去、独立やお金持ちを目指した動機というのは、

・仕事がイヤだから働きたくない
・お金持ちになって、嫌いなヤツを見返してやりたい

というネガティブなものでした(笑)


いわゆる、「成功」ってヤツを目指したのです。

このブログでは、「成功」と言う定義がとても曖昧なので、
「仕事の成功」という言葉を使っていますけどね。


今、昔ながらの成功を目指している人と言うのは、
劣等感があるのではないかと思うのです。

成功が素晴らしいという価値観は、
他人に賞賛されたいという欲求から生まれていると思います。


もし、自分で自分の価値を認めていれば、
他人からの賞賛は必要無くなります。


昔の自己啓発の世界では

お金持ちになった人が、車や住居を見せびらかして、
「みんなも成功しよう!」ってカンジだったと思います。

それは、成功を売っている人がよく取っていた戦略ですね。


そういう意味で、古い意味での「成功」を売っている人と言うのは、
他人から認められたいというコンプレックスに漬け込んで、

夢を見せ、お金を払わせる。 

本質があまりギャンブルと変わらない様なものだったと思うのです。


そういうのは、もう流行らないと思います。


もう、仕事の成功(お金持ち)=他人からの賞賛

と言う価値観が崩壊しているんではないかと感じます。


それは、学歴主義が崩れ去ったのと同じです。


私の兄は京都大学の大学院を出ていますが、

若い人に言ってもそれほど驚きません。
学歴主義にあまり洗脳されていませんから。

しかし、30代40代以上の人に言うと、
「すごい!」って驚きます。

それはやはり、世代によって、
何に価値を置くかというのが変容しているからです。


世代が上がれば上がるほど、
肩書き、収入などの外面を評価する傾向にあると思います。


今の若い人でも、その人たちの言葉を真に受けている人もいますけど、
どこか違和感を感じていたりするモノです。

ですから、

他の成功哲学系のセミナーに行って、
その違和感に苦しんでいる人が、

私のセミナーに来るとスッキリするんだと思います。



昔、私は「成功」と言うモノを目指していましたが、
今はもうどうでも良いです。

私はギラギラした昔ながらの「成功」なんてどうでも良い。


マイペースに、自分がやりたい仕事で、人に喜ばれる。

そして、自分が快適に生活できるだけの豊かさがある。


この生活の中で、他人からの賞賛など不要なのです。


それよりも、志や使命に生きて行ける事の方が、
とても大事だと思います。


カッコイイ生き方というのが、

自己実現のさらに一歩上の、
「志・使命・貢献」に変化したのではないかと思います。


自己犠牲的な意味ではなく、
自分が幸せになった上で、他人も幸せにしていく。

そういう価値観が広がっている気がします。


成功を売る人が悪いと言っているわけじゃありませんが、
成功=人生の目的という価値観はちょっと古いですよね。


人間の価値観は、インプットする情報に左右されます。

つまり、あなたの過ごす環境がとても大切です。


あなたはどんな価値観が素晴らしいと思わせてくれる環境に
身を寄せますか?

安定?
自己実現?
成功?
達成?
お金?
贅沢?
他人からの賞賛?
自由?
幸せ?
美学?
自分らしさ?
志・使命・貢献?

何があなたの人生にとって価値があるのでしょう?



mixiチェック

haxe501 at 19:17|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年08月14日

危機感

気に入った、バシャール語録でもアップしようかなぁ…
と思いましたが、

書いているウチにとても怪しくなってきたので止めます(笑)


昨日、本屋さんの臨床心理のコーナーで
いろいろ物色していたのですが、

本当にヤバイですね。 危機感を覚えます。


こんな方法で精神疾患が治るわけねーじゃん!

というノウハウのオンパレード(笑)

それが普通に本屋さんで売っている事が怖い。

そして、それを書いている偉そうな人たちは、
一体何者なんでしょう?(笑)


心理はとてもシンプルなのに、

めちゃくちゃなデータや理論によってとても
複雑化されています。


何でもそうですけど、
本質というのは、とてもシンプルなのです。

そして、森羅万象にあてはまる法則なのです。

例外があれば、それは本質ではありません。


私は、本質や法則を見つけるのがすごく好きで、

しかも、それが一番シンプルでわかりやすく、
人々の役に立つ知識であると言う事を確信しています。



人間が心身の健康を損なう理由は、とてもシンプルです。


・精神ストレス
・食生活(口に入れるモノ全般)
・化学(有害)物質による大気汚染・空気汚染

だいたい大きくわけてこの3つです。


バシャール曰く、病気の99%は体内の毒素が原因だそうです。

現代人は、体の材料ではないものをたくさん口から
摂取しているので、心身の健康を損なうのです。

・食品添加物
・体に悪い食品の摂取
・水と空気の汚染
・粗悪な調理器具の使用
・たくさんの薬品

身の回りは、有害物質だらけです。

それをできるだけ摂らないようにして、
さらに、デトックス(排毒)する事です。


体の材料でないものは、例外なく【毒】です。

私は医療に口出しできる立場にありませんが、
個人的に言うと、私は薬をできる限り飲みません。

何故なら、薬は根本的な解決をするものではなく、
あくまでも症状を抑えるだけだからです。

何よりも薬は体の材料ではありません。


逆に、症状を抑えてしまうと、

人間の自然な反応を制限してしまい、
回復にさならる時間と労力を要してしまいます。


たとえば、風邪で鼻水が出るとき、
体は不要なものを体外に出したがっているのです。

それが体にとって良い事なのですが、
鼻水を止めるような薬を飲むと、

体内に不要なものを溜め込む事になります。

そして、薬自体の副作用もありますし。


悪い事だらけです(笑)


下痢や嘔吐も、有害物質を体外に出そうとする、自然なプロセスです。

それを無理矢理【薬】で止めるとエライことになります。

体が体外に排出したいものは、出せば出すほど、スッキリするのです。


あ、でも薬を断つ、
もしくは減らすかどうかは自己責任でお願いします(笑)

人によってケース・バイ・ケースだと思いますし、
責任取れませんからね。 一応言っておかないと(笑)


人によっては、この薬を飲まないと死ぬ!とか

副作用があっても、今日だけは症状を抑えて乗り切りたい!

みたいな人もいると思いますし(笑)



体の反応には必ず理由があります。

そのメカニズムを知る事が大切です。


心理も同じですけどね。

仕組みを理解すれば、原因も解決法も見えてくるのです。



臨床心理の世界では、
なぜうつ病になるのかわからないらしいですね(笑)

遺伝なのか何なのか… って(笑)


私に言わせれば、
「精神ストレス」と「体の汚染」。 以上です(笑)


ですから、

心理について学ぶ事、
体の健康について学ぶ事、

そして、それらを実践する事で解決するのです。


バシャールもデトックスをすれば
健康に長生きできると言っています。

まだまだ自分はデトックス(排毒)に関しての知識が薄いので、
少し余裕が出てきたら、

デトックスの本を読み漁ります(笑)



mixiチェック

haxe501 at 13:47|Permalinkclip!社会問題について 

2010年08月13日

自然体であるがまま

最近、「自分らしさ」とか「自分らしく」
という言葉を良く聞きます。

おそらく、自分らしくいる為に、
最も重要かつ、最初にしなければならない事は、

「自然体でいる」と言う事なのです。


昔はイヤでも他人に合わせる事が多かったのですが、
最近は、他人に合わせる事がほとんどありません。


他人によって自分のキャラクターを変えるという事は、
割と自然なことですから、

別にそれは構いませんが、
イヤイヤ合わせているのなら、注意が必要です。


私は、「自分を偽りたくない」、
「常に自然体でいたい」と思っているので、

いつも自然体です。

自分を偽ると、自分がとても気持ちが悪いですからね。


そして、波長の違いすぎる人と、
無理してコミュニケーションを取る事もありません。


自分を不自然に作っている人と言うのは、すぐにわかります。

そういう人は、こころがリラックスしていないので、
どこか言葉に緊張感が混じるのです。


その原因は、本当の自分に自信が無かったり、

空気を乱してはいけない、盛り上げなければいけないとか
他人に合わせなければいけないという思い込みであったりします。

要するに、他人の評価や正しさを気にして、
自意識過剰になっている状態ですね。

そういう人とは、すごく喋りにくいですね(笑)


私は自然体を崩さないので、

無理矢理テンション上げたりしないですし、波長が合わないのでしょう。


まぁ、無理してまで喋らないですけど(笑)


ですが、どうやら1対1などで私と話すと、
みんな自然体になってしまうみたいです。

まぁ、そうでなければ仕事になりませんけど(笑)


何故かと考えてみると、

それは、あるがままの存在を認めているからだと思います。

条件付で人を評価したり裁いたりしていないからでしょうね。


そう考えてみると、人をリラックスさせる事に関しては、

かなり得意分野かもしれません(笑)


まぁ、たまに自分が相手の
メンタルブロックに触れてしまう事もありますが(笑)

それはそれで必要な事で、
お互いが解決すべき問題であったりします。


でも、私はほとんどいつでも自然体です。

言い換えると、リラックスしていて冷静を保っています。


私の自然体を崩せる人は相当ツワモノですが(笑)

そういう人もだんだん減ってきましたね。


まぁ、修行は続きますから、

仕事が拡大するにつれて、
また強力な修行相手が出てくるかもしれませんけど(笑)


でも、感情が揺さぶられようが、

大切な事は、自分を自然体に戻し、それを維持する事です。

今と自分自身に集中する事です。


自分を偽ってきた人が、本来の自分に戻ると、

今まで付き合っていた人が離れていく事もあるかもしれません。


成長するという事は、本来の自分に戻っていく事なので、

私も本来の自分に戻っていく過程で、
多くの人と出会い、そして別れてきました。


つまり、偽った自分と結んだ人間関係は、偽りの関係です。

偽り続けるか、本来の自分に戻るのか?


自分らしく生きると決めた人には、

本来の自分に合った人たちが引き寄せられてきます。


そして、本当の人間関係が生まれるのです。

自分の変化を望む人は、
環境の変化と人脈の新陳代謝は避けられません。


ですが、それをネガティブに捉える必要はありません。

人それぞれ、あるべき場所に収まるのです。


何より、自分が本来の自分に戻る事こそ、

周りの人たちに対する貢献なのですから。


自分らしさの追求。

自分は何を好み、何を好まないか?
何を成し遂げたいのか?
何を与えたいのか?

それを自覚し、体現する事はとっても大切です。



mixiチェック

haxe501 at 13:47|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年08月12日

旅行と観念・信念

久々に海に行ってきました。

日本の夏を満喫できてすごく満たされました(笑)


それで、非日常の体験をすると、
またいろいろ感じてしまうのですが、


自分はキャーキャーはしゃぐよりも、
のんびりぼーっとしてるのが好きなんだという事がわかりました。


あと、自分の世界に閉じこもりすぎると、
一般社会とズレが出てきてしまいそうなので、

人が大勢集まるところに言って、
一般的な感覚を感じる事も大切だなぁとも思いました。


斎藤一人さんも、そういう目的で、
あれだけお金持ちなのに安い宿に泊まるのかな?

なんて、思ったりします。


あと、大衆が行くところだったので、
海の透明度が低いし、人が多かったので、

どうせ行くならグレードの高いところがいいなぁと言う事で、
来年は沖縄あたりに行きたいです(笑)


そして、バリやハワイ、タヒチやニューカレドニア、ギリシャなど、
年々旅行のグレードを上げて行ければいいですね(笑)


仕事を頑張るモチベーションができました(笑)


別に、旅行とか遊び自体はそれほど好きじゃないんですけど、

気の知れた人と行くと楽しいし、
非日常を感じると脳にも良い刺激になりますね。

旅行中、仕事したいなぁって気持ちが盛り上がってくるので、
仕事のモチベーションアップにも繋がります。


動物占いの本質がたぬきで、隠れがコアラですから、

一時的に盛り上がる高揚感とかよりも、
のんびりぼーっと、しみじみとした幸せを感じたいみたいです(笑)

おじいちゃんみたいですけど(笑)


で、旅行中に気づいた事ですけど、


結局、人が抱える問題の多くは、

「ネガティブ観念解除」と「ポジティブ信念強化」

この2つで大体解決してしまいます。


まぁ、観念も信念も同じような意味ですけど、

「観念」は無意識に持っている思い込み・価値観で、
「信念」は意図的に選び、自分で植え付ける価値観かな?

という、個人的なイメージです(笑)


心理業界の中でも、様々な手法がありますけど、
結局この2つをやっているんですね。

逆に言うと、この2つができない人は、
アマチュアと言われても仕方が無いですね。


私は、この2つのやり方を、
様々な角度からわかりやすく説明しているに過ぎません。

めっちゃシンプルでしょ?(笑)


ただ、やり方を教えてもらっても、

中々自分一人では気づけない観念がありますので、
その時に、プロのカウンセリングやコーチングが必要なのです。


私は、カウンセリングもコーチングも教育機関で学んでいませんし、
師匠もいません。


完全独学&我流です。


しかし、自分の内面を自分一人のチカラで変えてきたので、

そのプロセスで、セルフカウンセリングとセルフコーチングを、
やりまくってきました(笑)


なので、我流ですけど、
誰にも負けないぐらい上手だという自負があります(笑)

今まで、たくさんの人を短期間で変えてきましたから。


ホントに心理ってものすごくシンプルです。

心理の仕組みは万人共通でひとつですから、
全然ややこしくない。


それを腑に落とすまでに、
いろいろな角度から見る必要はありますけど。


世の中には、オリジナル色を出そうと、

様々なカウンセリング手法、セラピー手法、
コーチング手法、思考法などがありますが、

心理の仕組みは同じです。

登る山は同じで、そのルートが違うだけです。


重要なのは、その手法を知る事ではありません。

ただ、「心理の仕組みを知る事」です。

心理の仕組みさえわかれば、
自分で問題を認識し、解決法を導き出す事ができます。


そして、それぞれの手法が、
心理に対してどういうアプローチをしているのか、

そのメカニズムと本質も見えてきます。


特定の手法がすごいと思ったり、依存したりすると、
本質を見失います。

誤解して、ズレたまま理解してしまう事にもなりかねません。

勉強したけど使いこなせていない、とかね(笑)


そして、その「心理の仕組み」を塾で教えているのです(笑)

感情・エネルギー・食・健康・お金・天職・生き方
などについても教えていますけど。


最後は宣伝みたいになってしまいましたが(笑)


今後は、アプローチする層を広げて、

心理的な悩みを抱える人達に対しても、
正しく、本質的な「心理教育」を広めていきたいですね。

楽しみです。



mixiチェック

haxe501 at 19:01|Permalinkclip!

2010年08月11日

対等な目線

石井ゆかりさんの年報に書いてあったのですが、

http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/filmaker/noAllergenjill_yearmenu.html

天秤座の2010年は、

対等に、或いは少し上の方から、
貴方を深く理解してくれる導き手のような、そんな誰かが
貴方の前に立ってくれるのではないかと思うのです。

と言う事も書かれていますし、


7月8月は、

貴方の人生に強い影響を及ぼす人物に
接触することになりそうです。

とも書いてあります。


そして、そういう方が本当に現れました(笑)


株式会社 ライフカラーズの代表取締役
御船 文矢さんです。


正確には、出会ったのは6月なんですけど、

価値観や理想の高さがほとんど同じだし、

共通の話題もたくさんあって、
一緒に話しているだけですごい盛り上がります。


御船さんは、斎藤一人さんの百回聴きもやられたみたいですし、
小林正観さんのありがとうカウンターもやられてたみたいです(笑)

私も、小林正観さんのありがとう2万5千回はやりましたし、
一時期トイレ掃除もたくさんやっていました。


こういう、愚直というか、バカ正直みたいに、
素直に実践を重ねていく人が大きくなっていくんだなと実感しました。


それをやったかどうかという事実よりも、

そういうバカみたいに素直に実践する姿勢を
持っている事が大事ですよね。


それに、一緒にいて学ぶ事もたくさんあります。

御船さんと話していると、ものすごく刺激になりますし、
自分の天井が引き上げられますね。

ホント、自分を高めてくれる、こういう人を求めていました(笑)


私が、この人の話(価値観・考え方・知識)は本当に勉強になるなぁ…
(ネガティブから学ぶという意味ではなく、純粋に勉強になる人)

って感じる人はほとんどいないのですが、

私が2010年に出会った中では貴重な2人目ですね。

本を含めるならバシャールを入れて3人です(笑)


対等な目線で話せて、
こんなに純粋に共感できる人は滅多にいないですから、

ちょっと驚いています(笑)


本当に出会いに感謝ですね。


おそらく、その対等な立場の人以外でも、

この8月によく会っている人たちは、
ものすごく深い縁の人達だなぁと思います。

ホント、2010年に出会う人はやばいです(笑)


自分の内面で、

『 社会に正しい「心理教育」と「健康教育・食育」を広めるんだ! 』

というモチベーションがものすごく高まってきています。


お金や生活の為じゃなく、
志の為の仕事に携われるようになれた事が、本当に嬉しいです。


それと、

9月5日(日) に、
(株)ライフカラーズ主催による、

「Life Colors Collection 2010」

というイベントがあります。

※詳細は下記Webサイト
『 http://lifecolor.jp 』


私の尊敬する、本田健さんも講演されますし、

テレビなどでも活躍されている、
(株)ワークライフバランスの小室淑恵さんも出演されます。

あと、様々な自己啓発・教育関係の会社がブースも出します。


私もスタッフとして手伝っています。


申し込みフォームの備考欄に「中井貴雄」と入れて頂ければ、

プレミアム席 18300円 → 15300円
S席      15200円 → 13200円
A席      13100円 → 10100円

と割引価格になります。


10:30〜19:00までのワンデイのイベントで、
この価格で本田健さんのお話が聞けるというのは、本当に破格です。

ぜひ、この機会にお申し込み下さい。

会場でお会いできるのを楽しみにしています。

http://lifecolor.jp



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!個人的な事 

2010年08月10日

愛と傷つく理由

今日は、わざとちょっぴり難しく書きますね(笑)

今日の記事が腑に落ちる人は、相当レベル高いですよ(笑)


感情というのは、実は考え方や価値観から生まれます。

ポジティブな感情は、
ポジティブな考え方や価値観から、

ネガティブな感情は、
ネガティブな考え方や価値観から生まれます。


逆に言うと、感情が無ければ、
自分がどういう考え方を持っているか気付く事はできないんですね。


ネガティブな感情とは、
「あなたはネガティブな考え方をしていますよ」

というサインなのです。


感情は、愛から生まれます。

愛を感じた時に、人間は感情を感じるのです。


恐怖は、自己愛から生まれる感情です。

自分の身を守りたい、傷つきたくないと思っている時の感情です。


愛をネガティブな観念というフィルターに通すと、

恐怖が生まれ、
それが怒り、イライラ、悲しみ、不安、緊張、焦りなどに繋がります。


恐怖を感じる時は、
自らの内面に、自分を脅かす者、加害者を生み出しています。


自分の内面の加害者を消す事ができれば、
ネガティブな感情を消す事ができるのです。

本質的に言うと、
加害者というのは、自分が作り出さない限り生まれません。

自分が問題だと認識しない限り、問題は存在しないのです。


なので、恐怖や不安というのは、実は幻想なのです。

ネガティブな観念が生み出す幻影のモンスターなのです。


現実に起こる事は全て中立的です。

意味をつけるが人間で、そのつけた意味によって感情が生まれます。


人間が成長するという事は、
自分の中のネガティブな観念を外していくプロセスです。



スピリチュアル的に言うと、

自分は生まれる前に、親を選んできます。

この親なら、
こういうネガティブな観念を自分に植え付けてくれるだろう

という事を見越してくるのです。

もちろん、ポジティブな要素もありますけどね(笑)

そして、そのネガティブ観念を外していくのが修行です。


ま、信じなくてもいいですけど。



それで、ネガティブな観念を外すためには、
まずその観念に気付く必要があるのですが、

その為には、その観念に気付く「現象」が必要です。

そして、その現象を見て、
ネガティブな感情を感じる事で自分の観念に気付くのです。


なので、自分にネガティブな感情を与えてくれる人というのは、
実は自分の成長を助けてくれる修行相手なわけなんです。


もちろん、ほとんどの場合、家族が修行相手になりますけど、

加えて、学校、仕事、職場の人間、
親友や恋愛や結婚の相手も修行相手になります。

しかし、親友や恋愛の修行相手の場合は、家族と違いますので、
嫌いなだけだったら、離れてしまいます。

なので、親友や恋愛の場合、

相手の中に大好きな部分と
嫌いな部分(未熟な部分)が共存していたりします(笑)


斎藤一人さんは、結婚相手に対して、

「相手は自分にとって一番イヤな事をしてくる」とか
「一番相性の悪い相手と結婚する」とか言って、

予防注射を打っていますよね(笑)

本当にそう言うわけじゃ無いのですが、
それぐらいの覚悟をしなさいと言うことですね(笑)


20〜23歳の頃、たった一人だけ、頻繁に会う親友がいたのですが、
争いの嫌いな私が、その親友とはよくケンカしていました。

つまり、当時は本音で語り合える数少ない相手だったのです。

今では、本音出しまくってますけどね(笑)


そのおかげで、だいぶ自分の心を広げる事ができました。

私がネガティブな感情を与えられても離れないというのは、
相当縁の深い相手だったなぁ… と思います。

そう言う縁の深い相手こそ、自分の修行相手ですよね。

家族以外でそう言う人がいるというのは貴重です。


お互いが学び終えると、卒業してしまうものですけど…。


やはり、人との縁というのは、何かしらの必然性を感じますね。


自分がネガティブな感情を感じれば感じるほど、

自分の中にあるネガティブな観念に気付く事ができます。


ネガティブな感情を与えてくれる人は、毛嫌いする対象ではなく、

むしろ自分の成長を助けてくれる、感謝できる相手なのです。


人間は、学ぶ事で幸せになります。

どんなカタチであれ、学びを与えてくれる人は貴重なのです。



mixiチェック

haxe501 at 02:55|Permalinkclip!幸せに生きる