2010年02月

2010年02月06日

リーダーシップ論

先日、「リーダーシップを取りたい」
という人の相談にのっていたのですが、

今日は、リーダーの役割を解説します。


リーダーには、
「チーム全体をまとめる」 そして、「成果を出す」
という事が求められます。


私が思うに、その為には、

チームのメンバーを

・動揺させないこと
・不安にさせないこと
・不満を持たせないこと

という事が大切になってきます。


その為の能力が、

・人間力
・シミュレーション能力
・判断力 と 率先力

だと思います。


まず、人間的に成熟していて魅力的でなければ、
人は言うことを聞きたがりません。

不公平な事が起きれば、チームの信頼感が損なわれます。

自分がちょっとぐらい損しても、
公平さを優先させなければなりません。


シミュレーション能力とは、空気や状況を常に先読みして、
段取り良く物事をすすめたり、トラブルを回避したり、
と言う能力です。

このシミュレーション能力が、
リーダーにおいてもっとも必要な能力だと思います。

政治家も経営者も、リーダーは
ビジョンを持ち、伝え、実現していくのが役割です。

その為には、いろいろなパターンの状況を読んで、

的確な段取りを組んで、実行中も状況を読み、
そしてトラブルが起きないように先回りして手を打つ。

と言ったことが求められます。


トラブルは、メンバーに動揺と不安を与えます。

動揺と不安は、チームのまとまりを消してしまいます。


私は常に、イベントを主催する時でも、
参加者に動揺と不安を与えないように意識しています。


そして、もしトラブルが起こってしまった時、
冷静に的確に対応できるかどうかと言うのも、
リーダーの資質です。

とっさに解決策を考え出し、だれよりも率先して、
先陣を切って行動する。


こういう姿勢が、
リーダーに対する安心感や信頼感に繋がります。


集団というのは、多くなればなるほど
収拾が付きにくくなりますからね。

多くの人達が、
「あの人についていけば安心」
「あの人に任せていれば安心」

と思ってもらえるかどうかが、重要です。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年02月05日

役割分担の重要性

私には兄がいますが、
兄は金融のプロを目指しています。

先日、資産設計のコンサルティングをしているところを
横で見ていたのですが、本当に楽しそうです。

私は、「心理」「経済」「健康」の教育がやりたいのですが、
3つの知識を、自分一人で身につけるのは難しいです。

物理的に可能かどうかではなく、
そこまでの興味があるかどうかという
モチベーションの問題です。

やはり、物事は好きな人に任せるというのが、
一番良いですね。


兄は、既にあるものを学習するのが得意で、
数字や専門用語にも強いです。


私は、仕組みを構築したり、アイデアを出したり、
効率の良い方法を考え出したり、
ビジネスチャンスを収集して伝えたり、

心理学や本質の話をするのが得意だし、好きです。


全然脳の使っている部分が違いますね(笑)


すべて一人でやろうとするのは無理があります。


人に任せることを覚えた時、
できることが何倍にも大きくなります。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年02月04日

偽善とは何か?

受け取る事について書きましたが、

次に、「偽善」と「本物の善」について、
書きたいと思います。

私の定義では、

「偽善」とは、「本物の善」を装った「善意」の裏で、
直接、その人「本人」から見返りを求めている事。

だと思います。


つまり、
「自分の事より、あなたの為に…」
と言う人は、100%偽善です(笑)

そういう人ほど、自分の事しか考えていません。

そういう人ほど、
直接、相手から何かを得たいと目論んでいます。

他人の評価が欲しかったり、自分の客になって欲しいとかね。


逆に、自分と相手、両方メリットのある「WIN-WIN」を提案したり、

良い行いをしても、
回り回って自分に返ってくるだろう とか、

良い行いをして、
自分の自尊心を高めよう と思っている人は、

私の定義では「本物の善」だと思います。


下心があるから「偽善」じゃないの?
と思われそうですが、

「偽善」は、人に迷惑をかけたり、ストレスを与えます。

「本物の善」は、下心があろうが無かろうが、
結果的に「誰もが喜ぶ事」です。


ボランティアにしても、
自分が楽しいからやっていると言う人は、
精神的に成熟しています。

逆に、「自分より周りのために」と言っている人は、
精神的に不安定な場合が多いです。

それは、「楽しさ」よりも「正しさ」で生きているからです。

「楽しさ」よりも、苦しみながら「正しさ」を優先する人は、
劣等感があり、周りの人にストレスを与えている場合が多いです(笑)

それに、「自分」の事ができていないのに、
「他人」の役に立つことはできませんからね。


偽善的な人も、別に悪人じゃありませんよ(笑)

ただ、自分が自己中心的な考えをしている事に
気づいていないんだと思います。

あんまりお近づきになりたくないですけど(笑)


本当に周りに貢献したかったら、自分を高める事ですね。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年02月03日

受け取る事

受け取る事について考えていたのですが、
受け取る事との本質を解説したいと思います。


人は、自分が満たされると、次に与えようとします。


この世には、
与えたくて与えたくて仕方ない人がたくさんいます。

世の中で幸せに成功している人は、特にそうだと思います。


でも、多くの人が、そういう人達から
「人脈」「情報」「チャンス」を受け取れないでいます。


なぜなら、世の中には「与えたい人」がいるのと同じように、
「奪いたい人」もいるからです。

人が何か誘う時は、「本物の善意」と「自己の利益目的」があります。

「奪いたい人」を過度に警戒していると、
多くの「善意」のチャンスを逃すことになります。


あと、もうひとつ受け取れない理由が、
「受け取ったらお返しをしなければならない」と思っているからです。

だから、受け取れないのです。


与える人には、

見返りを期待している人と、
見返りを期待していない人がいます。


満たされている人は、見返りなど期待していません。

ただ、感謝して受け取ってくれるだけで幸せなのです。


私も、様々な人にお世話になって生きてきましたが、

受け取る時に感謝はしても、
お返しをしようなどとは考えたことがありません。

後々、心の底からお返ししたくなったらしますけどね。

その時は、やってもらった事のお返しという義務的な意識ではなく、
好きだから「何かしてあげたい」という能動的な意識です。


そういう考え方だからこそ、可愛がられるのです。

与えられるものは、いくらでも受け取りますから。

それよりも、人の「善意」や「厚意」を無にすることの方が、
とても失礼だと思います。


私は、相手が見返りを求めてきても、無視です(笑)
見返りを求められるぐらいなら、次から断るだけです。


あなたに「依存」も「期待」もしていません。

とハッキリ言えますからね(笑)


与えられるモノは、何でも感謝して受け取れば良いのです。


見返りを求められたら、

「そういうつもりでしたなら、次回からお断りします」
と言えば良いのです。


非常にシンプルです。


何も恐れることはありません。

与えられるものは、「疑い」や「お返し」のことなど考えず、
素直に受け取るのです。

問題が起きれば、その都度対処すれば済む話です。

人を見抜く目が磨かれれば、問題が起きにくくなってきます。


そして、たくさん受け取ったら、
また次、自分がたくさんの人達に与えれば良いのです。

「恩返し」ではなくて、「恩送り」しましょう♪



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2010年02月02日

複数のメンター(指導者)を持つ

指導者の事をメンターと言います。

メンターの指導を受ける人を、
メンティーとかプロテジェとか言うらしいですね。


全てにおいて、共通することですが、
数が少ないと言うことは、リスクが高いという事です。

資産運用でも、動物の卵の数でも、見込客数でも、
顧客数でも、収入源の数でも、

数が少ないという事はリスクが高いのです。

数が少ないと、それに依存せざるを得ないからです。


下請けの会社というのは、顧客が少ないから、
リスクが高く、元請けに対する依存性が高いのです。

100万円のお客さん1人より、
1万円のお客さん100人の方が、ビジネスは安定します。


メンターから指導を受ける場合も同じで、
複数のメンターから教えてもらう方が良いでしょう。

私は、ブログで斎藤一人さんばっかり引用していますが、
私が影響を受けた人って他にもめちゃくちゃいますからね。



それに、私は
斎藤一人さんの考え方を全て受け入れているワケでもないです。


例えば、一人さんは投資の事をバクチやギャンブルと言って、
やらないみたいですが、

一般の個人が豊かに暮らすためには、
私は長期的な資産運用は必要な事だと考えています。

その辺は、本田健さんの考え方を受け入れています。


私には、実際に会っていろいろビジネスを学んでいる、
アドバイザー、メンター、先輩方もたくさんいます。

複数の人から学ぶから、思考や知識や表現力の幅もできるし、
依存をしなくても済むようになるのです。


レベルの低い指導者は、猿山の大将になって、

自分がNo.1だと思わせて、
自分の信者しか受け入れない様な人もいます。


完璧なメンターなど存在しません。


私の事を、「あなたは成功しない人」と呼んだ成功者もいます。

でも、私はその成功者の事を、
「何もわかってない人だな」と思いました。

むしろ、負けず嫌いに火が付きました(笑)


影響力の高い人が自分の事を否定しようが、
最終的に自分を信じてあげられるのは、自分だけです。


一人のメンターに依存すれば、
そのメンターの行動、言動、一挙一動に振り回される事になります。

それは、「精神的自立」ではありません。


一人のメンターに依存することなく、

複数のメンターを持ち、「独立独歩の精神」を持つ事こそ、
自分の信念を持って突き進む人間の能力です。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年02月01日

与える事・受け取る事

私の行動の原動力は、

・喜ばれたい
・感謝されたい
・与えたい

と言うものです。


自分の持つ「人脈」「情報」「チャンス」「愛情」

こういうものを他人に与えたいと、常に思っているのですが、

受け取る側の「セルフイメージ」や「好奇心」によって、
受け取れるかどうかが決まります。


このブログも、読んでもらって、
喜んでくれる方もいれば、興味がない方もいます。


別に無理矢理押しつけるつもりもないですが、

与えようとした時に、受け取ってもらえないのは、
やっぱり切ないですね。


この世の中には、
愛情や豊かさはいくらでもあるのに、
天は与えようとしているのに、

受け取る側がそれにブレーキをかけているのです。


私は小さい頃から受け取れるモノはすべて受け取ってきました。
何か良いモノをくれると言う時、遠慮はしません。


たぶん、小さい頃、
周りより おもちゃ も お小遣い も持っていなかったので、

あまり他人から妬まれたりしたことがなかったし、
素直に受け取れるのかもしれませんね。

むしろハングリー精神が育ちました(笑)


私が若い人が好きなのは、
感謝して受け取ってくれる人が多いからです。

世の中には、利己的な人、騙すような人もたくさんいます。

ですが、「人を始めから疑う」というのは寂しいですね。


じゃあどうすれば「受け取れる器」を大きくできるのか?

と言うと、


「死ぬほど与える事」です(笑)


自分の持つモノを全て与えようとする人間は、
受け取る時も、全て素直に受け取れるのです。


自分の持つモノを「出し惜しみ」する人間は、
素直に受け取れないのです。

裏を読んでしまったりしてチャンスを逃します。


社会に出れば、人は出し惜しみする事を覚えます。
裏を読んだりします。

自社の利益の為に、
顧客に損をさせたりする企業が多いからです。


ですが、素直に受け取れる人間は、
全員、出し惜しみしない「与え好き」の人間です。


そして、「感謝して受け取る」人間に、
与え好きの人間は徹底的に与えようとします(笑)


私が好きな著者たちは、あんなに安い金額で、

本に自分の持てる知恵や知識を、
できる限り詰め込んでくれています。


与える量と受け取る量はいつも同じです。

たくさん与えれば、たくさん受け取れる
たくさん受け取れば、たくさん与えられるのです。


「感謝して受け取る」
「出し惜しみせず与える」

この2つが 幸せ と 豊かさ を引き寄せます。

幸せ や 豊かさ は流れです。

たくさん流している人は、幸せです。


mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる