2010年01月

2010年01月11日

自信の無さと謙虚さの境目

自信と傲慢の境目という記事を書きましたが、

逆のパターンで、

「自信の無さ」と「謙虚さ」の境目についても
解説したいと思います。


これもなかなか難しいのですが、

自分に自信がない人は、
自分の可能性にフタをしています。

成功者の事を、別の生き物みたいに、
特別扱いしている様な気がします。


私は、自分の可能性にフタをしていません。

自分のペースでどこまでも成長します。


今尊敬している方々も、

私の成長のスピードが速ければ、
もしかしたら追い越せるかも知れないと思っています。


人間というのは、自分が望みさえすれば、
どこまでも成長していける生き物だと思います。

そして、成長さえすれば、望んだ未来が手に入ります。


自分の成長を望むかどうかというその一点が、
人生の分かれ目だと思います。


今、私の周りには、

私との出会いや、ブログを読む事によって、
破竹の勢いで成長している方々がいます。


その人たちに聞いてみるのですが、

このままのスピードで自分が成長していったら、
将来どうなると思いますか?

と聞くと、

「めっちゃヤバくなります!」

と答えてくれます(笑)


私も同じで、

このままのスピードで自分が成長していけば、
5年後、10年後どうなっているか、想像もつきません(笑)


つまり、成長スピードが速いか遅いか、
ただそれだけの違いだと思います。

吸収力の高い方は、それだけ成長スピードも速いし、
理想の現実を手に入れるのも早いでしょう。


今、自分に自信がない人も、

自分の意識や人間性を高める事を望めば、
望んだ未来は手に入ります。


自分のセルフイメージを高めれば、
自分の未来を信じ切る事ができます。


自分の未来を信じ切って進む人には、
その通りの現実がやってきます。


自分の意識や現実が変化することを受け入れ、

自分の人間性、セルフイメージを上げ続ければ、
理想の未来が手に入ります。


成長スピードを高めたいのであれば、
私の出番ですね(笑)

私は人を成長させる事にかけてはプロ中のプロですから(笑)


自分の天井を自分で決めない事です。
自分の未来を自分で断定しない事です。

成長すれば、想像以上の未来が待っています。


mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月10日

募集している仕事は質が低い

最近、さまざまなビジネスやそれに関わる人達を見てきて、

ひとつの事に気づきました。


本当に質の良い仕事というのは、
不特定多数の人間を募集していないと言う事です。


本当に質の良い仕事は、
変な人が入ってこない様に、制限しています。

一流の鮨屋やバーの、「一見さんお断り」と一緒です。


逆に、求人広告を毎回出している様な企業は、
離職率が高く、職場環境が劣悪である事が想像できます。


勢いに乗っている業界で、人手不足という可能性もありますが、
大抵そのときには、儲かりにくくなっているし、

そもそも歩合制でない場合や、組織の末端の人間の場合は、
安い給料で雇われます。


歩合制で、求人広告を出している様な仕事は、
ライバルも多いわけですし、たいてい儲からないと思います。


コンビニなどのフランチャイズも、
本部はロイヤリティと加盟金で儲けますが、

リスクはビジネスを起こす人間が背負います。


質の悪い仕事には、セルフイメージの低い人間が集まります。
質の良い仕事には、セルフイメージの高い人間が集まります。


「儲かるけど怪しいイメージ」という仕事というのもあります。

例えば、ギャンブル関係や、男女関係の仕事などがそうです。
あとは、詐欺まがいのグレーな仕事とか(笑)


ですが、私がやるとしたら、周りの人達の
私に対するイメージが怪しくなってしまいます(笑)

怪しいイメージの仕事に参加する人は、
それを受け入れられる怪しいイメージの人だけです。


自分の品格やイメージを重視している人は、
いくら儲かっても怪しい仕事は断ります。


私の場合は、三方良し・ALL WIN のビジネス。
志や理念のある仕事しかやりたくありません。


ビジネスにも、類友の法則が当てはまります。


セルフイメージを高めないと、良い仕事は寄ってきません。

私も、一緒に仕事をする人間は、
セルフイメージが高く、将来性のある人が良いです。


本当に儲かる仕事は、広まると儲からなくなりますから、
やってる側からすると、あんまり広げたくないものなんです。

ライバルが増えると、利益の食い合いになりますから。


ビジネスチャンスは、本当に信頼できる人に、人づてで伝わります。

ですから、良い仕事かどうかを見極めるには、
それに携わっている人を見る事です。

セルフイメージが高い人は、大抵良い仕事をしています。
セルフイメージが低い人は、儲からない仕事をしています。


結局、セルフイメージを高める事が、

良い仕事、良い人脈、良い情報、良いチャンスを引き寄せます。



mixiチェック

haxe501 at 06:02|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年01月09日

自信と傲慢の境目

私が、一番気をつけているのが、
自信は持っても傲慢にならないと言う事です。


ですが、この境目がけっこう難しいです。


なぜ傲慢がいけないかというと、


傲慢は謙虚さの反対です。

謙虚=感謝ですから、

傲慢とは感謝を忘れた状態なのです。


傲慢な人は、単純に他人から嫌われます。

他人から嫌われて、大儀を成す人はいません。


どんなに能力があっても、
他人からの応援無しに、成功する人はいません。


このブログを書いていても、

傲慢に見られないかな?
偉そうに見えないかな?
生意気に思われないかな?

とか、結構気にしてます(笑)


でも、バランスを考えたら、
若いウチは自信を外に出した方がいいと思うんですね。

若いウチは無名だし、人に興味を持ってもらうには、
自信を見せた方が良い。


まぁ若くても、
実力も無いのに自信過剰な人間もいますし、

そういう人は生意気だなと思われて、
目にかけてもらえませんけどね…。


それで、年齢を重ねていくウチに、

世間からの評価を得たら、
いよいよ本当に謙虚な姿勢を見せた方がいいと思うんですね。


ですから、私は
「幸せになる心理学をわかりやすく説明すること」 
にかけては日本一ぐらいの自信がありますが、

自信を見せても、傲慢に思われないようにしたいです。


セールスで有名な桑原正守さんは、
セールスでダントツ世界No.1を何回も取ると、

「否が応でも頭が上がる」

と仰っていました。

そのとき、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み、
竜馬と自分と比較して謙虚な姿勢になれたと言います。


謙虚な姿勢を保つには、
常に自分よりレベルの高い人間と触れあう事ですね。

レベルの低い人間とだけ付き合って偉そうにしていても、
「猿山の大将」になるだけです。


私の場合は、
尊敬する様々な著者がいますので、

その方たちと自分を比較すると、
本当に自分が小さく思えますね。

「志」や「人間力」を比べると。


アリとゾウです(笑)


でも結局、
人間はマイペースでしか成長できないと思いますので、

私は私のペースで「人間力」を高めていきます。

今尊敬している方々と、同じ年齢になった時、
その方々のレベルに追いつけるようになっていたいですね。


一生かかっても追いつけない様な方もいると思いますが、
そういう方がいるから、安心して自分を高められますね。



mixiチェック

haxe501 at 10:57|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年01月08日

助言に好き嫌いを言う人

絶対に仕事がうまくいかない人、
大成しない人の共通点があります。

それは、人からアドバイスを受けた時に、
「キライ」「苦手」「難しい」と言う人です。

そういう人は、会社で上司に何か指示された時も、
そういう反応をしているのでしょう。


上司からすると、使いにくい部下です。

雇わない方がマシな人材だと思います。


雇われていると言う事は、会社がお客さんなんですね。


あなたがホテルに泊まりに行ったとして、

フロントで何かをお願いした時に、
「キライ」「苦手」「難しい」と言われたらどう思いますか?

サービスが悪いと思うでしょう。

二度とそのホテルは利用しないでしょう。


会社にとって、指示に反論する人はそういう存在なのです。


反論する人は、要するに「素直さ」が足りない。

と言うか、心の中でどう思っていようが、
外には「素直な反応」をするべきでしょう。


私は小説読むのは苦手なのですが、
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」は全巻読みました。

好きではなかったけど、努力しました。


そのおかげで、
幕末が好きな人のトークについていける様になりました。


「キライ」「苦手」「難しい」は、

物理的には可能なのに、
自分の個人的感情でやりたくないと言っているのです。


もちろん、努力してもできない事もあるかもしれませんが、

一度は努力してみたら良いと思います。


サービス業の人に何かをお願いした時も、

門前払いされるより、上司にかけあってもらって、
それでもダメだったと言う方が納得できるでしょう。

努力するそぶりも見せず、
個人的感情で断る人間は、どんな仕事でも大成しません。


もちろん、これはお世話になっていたり、
尊敬している先輩や上司に対してですよ。

この人から学ぼうと思ったら、もしくは給料もらうなら、
その人に対して素直な反応が必要なのです。


給料もらうだけ、何か教えてもらうだけ。

それで、自分のワガママを言っているのだとしたら、

会社ではクビになるし、
メンターやアドバイザーからは見捨てられます。


メンターやアドバイザーは、
自分の為に、わざわざ無料でアドバイスしてくれているのです。

それにケチをつけるなんて言うのは、失礼極まりないわけです。


本を読んだ方が良いよと言われたら、
自分が本が苦手だろうが、「読んでみます」と反応するんです。

そして、読んでみてどうしても無理だったら仕方ない。

そこまでしてますか?

と言うか、本読むくらい、努力すれば誰だってできますよ。


大人の社会というのは、

何かを受け取ろうと思ったら、
何かを差し出さなければなりません。

何かを教わるなら、素直な反応。
お給料を頂くなら、素直に指示に従う事。


人生うまくいっていない人は、
大抵「好き」だの「嫌い」だのを語ります。

そして、「感謝」が足りない。


ちょっと言っている事が
中村文昭さんの師匠の、田端さん化しつつありますね(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年01月07日

占いの活用法

私の考える「占い」は、

様々な道具を使ったりして、星の流れを読み、
人の意識の変化や、時代の流れを読む事だと思います。


過去の統計から分析するのも占いの要素だと思いますけどね。


一度タロット占いをやってもらった事がありますが、
めちゃくちゃ当たりますね。

まぁ過去を当てられても未来の幸せにあんまり関係ないですけど(笑)


私は直感をすごく大切にしているのですが、

時間の流れによって、
沸き上がってくるインスピレーションは変化します。


時代の流れによって、
人間全体の意識の変化が起こっているのでしょう。


ですから、自分の意識レベルが向上する事も、
時代の流れに沿っているだけなのだと思います。

星の動き、時代の流れの影響を、みんな受けているのでしょう。


とは言っても、人間というのは自分の思うとおりにしか生きれません。


ですから、占いの存在意義は、

背中を押して欲しい時に、

「自分の判断は間違っていない」
「自分の未来は明るくなる」

という事を信じる為に必要なのだと思います。


占いに依存して、占いに振り回されてるのは
あんまり賢いとは言えませんね。


私の手相は、ますかけ線と言って、徳川家康も同じ手相らしいです。

波瀾万丈な人生。
運勢の浮き沈みが激しい。
大失敗か大成功を経験する手相らしいですね。

まぁ、すでに大失敗はたくさん経験しているので、
これ以上の失敗はごめんですが(笑)


あと、私の場合、2010年〜2011年は、
自分の中の甘さが影を潜める年らしいです。

これまでは人に合わせて、自分の実力を発揮できていなかったらしく、

2010年は本当の自分の実力が発揮できる年らしいですね。


確かに年明けから、沸き上がるインスピレーションが、
ちょっとシビアな視点になってきています。


まぁもともと私は理想がめちゃくちゃ高く、正義感が強く、
非常にシビアな視点の持ち主ですが、

あんまりそういう自分を外に出していなかったと思います。


理由は、「和」を大切にしていたからです。


しかし、2010年に入って、

「みんなでワイワイ楽しく」と言うモードから
「シビアな視点で仕掛けていく」というモードへ、

意識の変化をしているように思います。


人間関係で言うと、

今までの長期的な成長を見守るという視点から、
全体のペースに合わせて走っていたのが、

自分自身のペース付いてこれる人間だけ付いてくれば良いと、
ちょっと速度を上げて走る様になると思います。

自分のペースに付いて来れない人間と縁が切れるのは承知の上で。


なぜなら、私はいつも自分の幸せが最優先だからです。

自分が幸せでないのに、他人を幸せにはできないからです。


また、2010年も人脈の総入れ替えが起こると思います。

切れる縁、新たに繋がる縁があると思います。


私と一生続く縁の人は、
私と成長するスピードがほとんど同じです。

同じレベルの向上心を持っているかどうかです。


私の信頼している仲間は、「志」を持っています。

自分が成功するのは当たり前。その先に何を成すか?
と言う熱い魂を持っています。


成長スピードに差があれば、いつか縁は切れてしまいます。

私は、それを知っているから、個人に依存・期待・執着しません。


目指す着地点の高さが違う縁は、
いつか必ず切れるか、疎遠になります。


と言う事で、いままでの過保護ちゃんを脱却し、
今年はシビアに行きます。


でも、楽しさも大事ですから、
そこら辺をないがしろにしないように気をつけます。

何事も、バランスを欠くのが一番良くないですね。


mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月06日

人脈の定義

多くの人が、人脈というものの定義を理解していない様なので、

ちょっと解説したいと思います。


私が考える、「人脈」の定義は、

・信頼関係があるかどうか?
・自分を頼りにしてくれているかどうか?
・自分が頼み事をした時に、利害関係なしで協力してくれるかどうか?

と言う事が基準になると思います。


ただ、名刺をたくさん持っているだけの人、
顔見知りがたくさんいるだけの人は、

人脈が豊富だとは言えません。


顔を知っているだけでは、使える人脈ではないからです。

使える人脈は、信頼関係があるからこそ、使えるのです。


ひとりひとりが自立していて、
お互いに協力しあう関係こそ、有効な人脈です。


私は、たまに「顔が広いですね」「人脈すごいですね」
と言われますが、あんまり自分の事をそんな風に思っていないし、

そんな風に言われてもあまり嬉しくありません。


人脈を持っている人がスゴイと思っている人は、
自分に自信が無く、他人のチカラに依存しているからです。


知り合いの数よりも、人間力の方が重要です。

人間力を高めるからこそ、より良い人と信頼関係が結べるのです。


私が自慢できる人脈は、

今から一緒に高めあっていく仲間との信頼関係です。


今はみんなまだ若いし無名です。 

ですが、それが私の宝なんです。


有名人の名刺なんていくら持っていても、あまり意味がありません。

話題のネタに使えるくらいです。



人脈とは信頼関係です。

利害関係が無くても助け合える関係かどうか?


というのは、ひとつの基準になると思います。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月05日

夢は拡大する

人間の夢というのは、常に変化します。

私の夢を時系列で並べてみました。

幼少の夢「発明家」「科学者」

中学の夢「サラリーマンになって一戸建ての家に住んで幸せに暮らす」

高校の夢「歌手」

社会人になりたての時の夢「社長」「経済的自由人」

今の夢「幸せに必要な教育を広める」「歴史に足跡を残す」


めちゃくちゃな変化ですね(笑)


でも、好きな事は変わらず、

「クリエイティブな仕事」「人に教える仕事」
「ひとつのアイデアや存在が世界中を変えていく」

と言うのが好きなんです。



夢を持つ時には、絶対に外せないコツがあります。

「できるかどうか」をほとんど考えない事です。

基準は常に、「やりたいかどうか」です。


私が、今できるかどうかで夢を判断すると、

「無理」「無茶」「難しい」と思います。


でも、

「できるかどうかはわからない」
「できないかもしれないけど、やってみたい」

と思うと、前に進めるんですね。



多くの人が、学校教育の洗脳により、

「どうせ失敗するなら止めておこう」

とチャレンジする事に恐怖心を持っています。


それに、人間というのは
「やりたいと思った事は大抵できるもの」なのです。


「不可能な事をやりたいと思う人」は、あんまりいません。

そういう人がいたとしたら、年齢が幼いだけです。

幼稚園児が「仮面ライダー」や「スーパーサイヤ人」に
なりたいと言っているのと同じです。


現実を認識している大人が、
「やりたいと思った事は大抵できます」


不安はあると思います。

不安を消すには、自分の未来を信じ切る事です。

自分の未来を信じ切るにはセルフイメージをあげる事です。

自分のセルフイメージが上がるごとに、
夢は変化・拡大し、レベルアップします。


mixiチェック

haxe501 at 13:50|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年01月03日

中井流心理学の神髄

私が心理学を教えているほとんどの方から、
言って頂けるのが、

「わかりやすい!」

という言葉です。

私はそこに命とプライド懸けてますからね(笑)


私の心理学は、シンプルかつわかりやすい体系にしていますので、

2〜3時間喋れば、その人が幸せに生きるにはどうすれば良いか?

その方法を教える事ができます。


まぁ、その方法を実践するかどうかは、その人次第ですけどね。

実践しやすくするためには、
理解して、腑に落とす必要があります。


世の中いっぱい良い事書いてある本がたくさんありますが、

私に言わせると、

・無駄が多い
・結論に対する根拠が抜けている
・専門用語を使っていて理解しにくい
・表面的なノウハウばかり
・ただ単にエピソードで感動させるだけ
・内容が間違っている

という本がほとんどです。


何故、本を読んでも実践しない人がいるかというと、
自分の為に、そうした方がいいんだと言う事が理解できていない。

本の内容を実践する事で、
自分にとってメリットがある事をイメージできない。

要するに腑に落ちていないんですね。


私の

・ストレスを下げる方法
・セルフイメージを上げる方法
・メンタルブロックを解除する方法

さえ理解できれば、

悩みなんてほとんど無くなりますよ(笑)

そして、人間として魅力的になります。


一生使えるノウハウですしね。


正直、巷に出回っている本よりも、
よほど質の高い事を話せる自信があります。


では、何故26歳の私が、
そこまで自信たっぷりに質の高い事を言えるかというと、


ひとつめは、
人生において考え事をする時間が、
普通の人よりもたっぷりあった事です。

まぁ、何回も挫折してるおかげですね(笑)


ふたつめは、
専門用語と表面的なノウハウを嫌っていた事です。

専門用語を使うと、

その言葉の概念を理解するために、
余分なエネルギーが必要となります。

日常で使う一般的な言葉で表現する事にこそ価値があるのです。
そして、表面的なノウハウは、知ってても使えません。

使おうと思ったら、どれだけの暗記と反復練習が必要になる事か…。
そして、本質を理解していないノウハウは効果がほとんど出ません。

本質さえ理解できれば、すべてに応用が利きます。


みっつめは、
私が決して妥協しない性格だという事。

私は、何か疑問が頭の中に出てきたら、解決するまで考え続けます。

まるでエジソンが最適なフィラメントを
発見するまで諦めなかった様に…。


誰かから教えられた知識の受け売りではなく、

誰よりも深く深く、自分の内面と向き合い、
自問自答を繰り返し、理屈・論理で理解する事にこだわってきました。

これだけは、普通の人にはマネできないだろうなと思います。

プロ野球選手の練習メニューを一般の人がマネできない様に。

マニアというか、オタクの領域ですね(笑)


アインシュタイン博士が、
「私は考える事が好きなんですよ」

と言ったらしいですが、私もその気持ちよくわかります(笑)



「潜在意識は他人と繋がっている」

と言っても、
一般の人は「そーなんだろーな」ぐらいにしか思いません。

そこにわかりやすい理屈・論理がないから、
理解できないし、腑に落ちないのです。

わかりやすいたとえ話を使う事が大切なのです。


それも、その人が幸せになるために必要ないなら、
あえて理解させる必要はないと思います。


私の仕事の目的は、
意識の仕組みを理解させることでもないし、
豆知識を与える事でもなく、

相手が幸せになるために、
すぐに考え方が変わり、行動を起こしやすい心理学を追究する

という一点なのですから。


その人が、

頭に入れる情報に気を遣い出したり、

言葉遣いを変え始めたり、

依存・期待・執着を手放し始めたり、

許す・認める・褒める・感謝する、
という習慣を身につけ始めたり、

セルフイメージを上げるために具体的な行動を起こしたり、

内面と向き合ってメンタルブロックを解除し始めたり…。


実践したくなるように、そして、しやすいように…、

実践する事によって、
自分に多大なメリットがある事を理解させる事です。


まぁ、言ってもやらない人はやりませんから、
そこまでは責任持てませんが、

できるだけ相手が実践したくなる様な説明の仕方を追求しています。


「感謝」も美徳だからやりなさいと言いません。
自分に多大なメリットがあるからやった方が良いよというだけです。

そっちの方が理解して、腑に落ちて実践しますからね。


自分のネタ全部バラしちゃってますけど(笑)


依存体質の人は、心理学を学ぶのにたくさんの時間とお金をかけます。

何十万円も、何日から何年もかけてね。

業者は、高いお金を払えば、
幸せに成功できる心理学を教えると広告します。

そして、意味の薄い認定やら資格やらに付加価値をつけて
値段をつり上げます。


私は、そういう資格商売が好きではありません。

セミナー業者の高額セミナーを受けて、
全然変わっていない人をたくさん見てきたからです。

むしろ、どちらかというとセルフイメージの低い人が多い。


セルフイメージを上げる重要性と方法も伝えないで、
メンタルブロックの解除方法も教えないで、

どうやったら成功できると言うのでしょうか?


書いてたらちょっと腹が立ってきました(笑)


もし、セルフイメージとメンタルブロックについて教えるとしても、
何日も何年も必要ありません。

専門用語も必要ありません。

専門用語を理解させるために時間が必要なんじゃないかと思います。


私は誰でもわかる言葉を使って、2〜3時間で済みますから(笑)

細かい部分を入れると、もうちょっと時間は必要ですが、
基本はそのくらいの時間があれば理解できます。

徹底的に無駄を削ぎ落としていますからね。


私が心理学を教えた方々は、個人によってバラつきはありますが、
やはり変化されている方たちばかりです。

そして、私自身が最高に幸せだという事。

その結果が私の自信です。


2010年は、本気で私の心理学体系を広めます!

熱くなってえらい長文になってしまいました(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!個人的な事 

2010年01月02日

完璧は面白くない

何事もバランスって大切だなぁと思うんですけど、

ポジティブな話ばかりするのも良くないので、
ネガティブな話題も混ぜる事でバランスが取れます。


そして、良い話ばかりするのもちょっと考え物ですね。


私は基本的に建前のキレイごとがキライなので、
道徳的にどうのこうの言うのは好きじゃないんです。

あなたの為に、こういう考え方した方が得ですよ。

と言うのが私の心理学のスタイルです。


つまり、現実主義でいつも本音で表現しているのですが、
それでも、良い話だけするのはバランスに欠けます。

良い話だけしていると、それに縛られる様な感覚になります。

と言うか、面白くない。


例えば、個人として完璧に素晴らしい人間というのがいたとしたら、
全然面白く無いと思うんですね。

顔もキレイで、常に笑顔、言葉遣いも完璧。
絶対に不機嫌にならないし、ミスもしない。

そんな人間と一緒にいたら、たぶん窮屈に感じると思います。

それに、劣等感を感じてしまうかも知れません。


誰かが、「リーダーはちょっと汚れてるぐらいが良い」
と言っていたと思います。

リーダーが完璧だとしたら、チームの人間は苦しくなりますね。


何でも過ぎたるは及ばざるがごとしです。

強運過ぎても人から嫉妬される。
一人勝ちすると嫉妬される。
完璧な存在がいると周りは苦しくなる。
ポジティブ過ぎても周りは苦しくなる。

全てはバランスが大切ですね。


時には、ダーティさを演出する事も大切かもしれませんね(笑)



私の場合は…、

笑いのためなら他人を犠牲にしてでもネタにする事ですかね(笑)


これは、あんまりやってはいけない事だと思いつつも、
ついやってしまいます(笑)


あと、私はあんまりお世辞とか建前が言えなくて、
本音でしか表現できません。

でも、何に対してもめちゃくちゃ理想が高くて、
シビアに物事を見るタイプなので

たまにかなり厳しい事を言ってしまうことがありますね。

ボロクソに(笑)


まぁ、それを中学の時、
直接クラスメイトに言っていたので、

モメごとが絶えなくて
人間関係がうまくいっていなかったのですが(笑)

今は、直接は言わない様にしていますよ(笑)

成長してますからね♪


……当たり前か(笑)


mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月01日

今年の目標

今年の目標と言うタイトルですが、
私は基本的に目標を立てません(笑)


なぜなら、無理をして目標を立てると、

義務感が出たり、イヤイヤやらなければならなくなったりして、
反動で必ずモチベーションが下がるからです。


ですから、目標を立てるのではなく、
目標に合わせて自分を高めると言うより、

「自然体での自分・素の自分」を高めると言う事を意識しています。


その為に、
日々、セルフイメージをあげる事、
日々、メンタルブロックを解除すること。

を心がけています。


私の場合は、他人に貢献していくことによって、
勝手にやるべき事が見つかって、勝手にセルフイメージが上がります。


最近思いますが、
自分の持っているものを出し惜しみしていると、
セルフイメージは上がりませんね。

常に、自分の持てるモノを全て出し切っていると、
感謝されますし、めちゃくちゃセルフイメージが上がります。


ほとんどの人が、
目先の損得を考え、見返りの無いものに対して
自分のチカラを出し惜しみしたりしていますが、

そんな中で、自分の利益を考えず、

自分の持つものを全て提供するというのは、
かなり酔狂な人間だと思います(笑)


他の人がしないことをするから、セルフイメージは上がります。

そして、セルフイメージが上がることによって、
さらにレベルの高い出会いや情報やチャンスが舞い込んできます。


ですから、昨年は、
自分の持てるノウハウ、情報、人脈、チャンスは、
出し惜しみせずに、受け取れる人間には全て与え続けてきました。


そこで手に入れた信頼関係は、何物にも代えがたいモノです。


とは言っても、私が与える気が満々でも、
私のノウハウ、情報、人脈、チャンスを受け取れない人もいます。


それは、その人の理想の高さ や セルフイメージの高さ であったり、
素直さ、運の強さ、日頃の行い、求める想い、感謝をしているかどうか、

による所だと思います。



メンタルブロック解除は、だいぶ習慣化できてきました。

イヤなことがあった時は、メンタルブロックを残さないように、
積極的にイヤな感情を感じる様にしています。

マゾっぽいのですが、
ネガティブ感情を感じることがキライでは無くなってきました(笑)


何故かと言うと、自分が傷ついている場面を思い出すと、

自分って純粋だなぁ、優しいなぁ、
真面目だなぁ、かわいいなぁ、

と、自分が愛らしく感じるからです。


人間は、どうでも良い事に対しては傷ついたりしません。

心が傷つくと言う事は、それだけ本気であり、純粋であり、
キレイな部分を持っているからです。


罪悪感や後悔も、自分に良心があるからこそ起こる感情です。


傷つかないという事は、
起こった出来事に対して無関心だという事です。

どうでも良いと思っているのです。


それはつまり、愛が無いという事。


傷つくあなたを愛してあげて下さい。

傷つくあなたは愛の大きい人です。


でも、傷つけば良いってもんでも無いので、

肯定解釈と、依存、期待、執着を手放す事、
失敗しても自分の未来を信じ続ける事も大切ですよ。



年始に、良い記事が書けましたね(笑)

一人さん流に言うと、守護霊さんのおかげです(笑)



mixiチェック

haxe501 at 03:42|Permalinkclip!個人的な事