2010年01月

2010年01月31日

信頼の重要性

商売において、一番大切なものは何だと思う?

と聞かれたら、私は「信頼」と答えます。


他者との関わりは、実は全て「信頼」で成り立っています。


毎日何気なく乗っている電車も、

「予定の時刻」に「目的の場所」に到着する事を「信頼」して、
利用しています。


信頼しているからこそ、利用しているという事です。

もしも、予定の時刻に全然着かない、目的の場所に着かない…、
そんな交通機関があれば、

「信頼」できないから「利用」されないという事になります。


仕事も同じで、「信頼」されているから「依頼」されるのです。

信頼されると、
貴重な「人脈」「情報」「チャンス」が人づてで手に入ります。


貴重なものは、「信頼」している人にしか教えないものですからね。


私も、人の人生が変わってしまうほどのインパクトのある情報を、
それなりに持っていますが、

それを私から引き出せるかどうかは、
私がその人を「信頼」できるかどうかによってきます。


この目に見えない「信頼」という存在を、
多くの人は軽視してしまいがちです。


目先の利益を追い求め、利己的になり、
他人からの信頼を失ってしまうのです。


私は、人に信頼されるように心がけていますし、

仲良くなりたい人を見つけたら、
早めに信頼関係を築く事を意識しています。


良い人に信頼されるために、

その人に役に立つ情報だったら、
自分の利益にならなくても紹介するようにしています。

自分の目先の利益よりも、他人からの信頼を優先し、
その為なら、積極的に他人に利益を取らせようともします。


そうやって、自分の事を「親切だな」と思ってもらえるから、
心を開いてくれるし、話も聞いてくれるのです。

先輩方から、「良い情報」や「チャンス」が手に入った時は、
一番先に教えてくれたりするのです。


それに比べたら、目先の利益なんて安いもんです。

それよりも、今後、自分を信頼してもらったり、
大切にしてもらったり、恩を返そうとしてくれたり、

そういう事の方がよっぽど総合的にメリットがあります。


お金は数字ですから目に見えますけど、
目に見えない「信頼」というポイントも、確かに存在します。


・人に信頼される様に日頃から心がける事
・良い人と早く信頼関係を築く事

この2つは、目先の利益よりもよほど大切です。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2010年01月30日

好きな漢字は「未」

自分を表す漢字一文字は?
と聞かれました。

ちょっと考えて、浮かんできたのは、
「愛」かな? と思ったんですけど、


さすがに
まだまだ自分も未熟だし、自我もあるので、

「未」と答えました。

うん、この方がしっくりきます。

未熟・未知・未来…。

私のブログによく出てくる熟語ですね。


「未」とは、まだまだ成長の余地がある事を示しています。


私が付き合っていて面白いなぁと思う人は、
その人の未来がどうなるかわからない可能性を秘めている人です。

要するに、「伸びしろ」のある人ですね。


今、私が付き合っている人達の多くは、

人に影響を与えていく人、
「インフルエンサー」になっていくと思います。

そうなっていく過程を見るのが楽しいんですよね。

飽きないですから(笑)


理想が低い人、向上心のない人は、もう天井が見えてしまうのです。


私は好奇心のカタマリみたいな人間なので、
わからない事が好きなんです(笑)

もっと正確に言うと、
わからない事を研究・分析して、わかった時が楽しいのです。


「向上心」って、イコール「好奇心」なんですよね。
知らない事を知りたい。経験してない事を経験したい。

その原動力が、人類を進化させてきました。


それで、心理学の分野はもう研究し尽くして、
未知が少なくなってきました。


今、自分の思考を占有しているのは、
ビジネスの事だったり、他人のサポートの事だったりします。

それは、研究・分析・解明と言うよりも、
クリエイティビティやコミュニケーションですね。


それも楽しいんですけど、
やっぱり研究・分析・解明もしたいですね。


人間は「飽きる」動物です。

私は本当に「飽きる」のが早いです(笑)

常に「新しいモノ」や「変化」を求めてますからね。


TV番組も、飽きられたら視聴率が低下して打ち切りです。

と言うか、
テレビはYouTubeなどに比べて時間の無駄が多いため、
時間の価値が高まった現代の時流に合っていませんけどね。


飽きられない人というのは、

・常に成長を続ける人
・知識の引き出しが大量にある人
・一般的な人と経験や思考パターンが違う人
・ユーモアセンスのある人
・相性の良い人
・何かにこだわりがある(マニアックな)人

ですかね。

常にそういう人でありたいですね。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!

2010年01月29日

クチコミが起こる心理

私は、クチコミするのが大好きです。

おいしい飲食店、素敵な人、何でもそうですが、
良いモノを見つけたら、人に紹介したくなります。

それは、自分が「教えるのが好き」だからだと思います。


良いモノを教えて、喜ばれるのが快感なんですね(笑)


で、最近は私の事をクチコミしてくれる人もいて、
とても嬉しいのですが、

人がどういう時にクチコミをしたくなるのか?

その心理がなんとなくわかってきました。


人がクチコミする時の条件は、

人に教える時に、

・自分が恥をかかない
・相手に喜ばれる
・相手がまだ知らない

と言う事が条件となりますので、

結局、「信頼できるかどうか?」という事が大切なのです。


「信頼」こそ、最強の広告ツールだと言えるかもしれませんね。


人は、感情を動かされると、精神の安定を保つために、
人に言いたくなるという心理があります。

イヤな事があったら愚痴りたくなったり、
とても良い事があると、人に言いたくなったりします。


ですから、クチコミしてもらおうと思ったら、
相手の心を動かす必要がありますね。

まわりと比べて、飛び抜けてなにか突出している必要があります。


クチコミというのは、
今まであんまり見た事なかったり、珍しいからしたくなるものです。


よく、「クチコミで大人気!」という広告を目にしますが、
それが本当なら、クチコミだけで売った方が良いのでは無いかな?

と思ってしまいます。


「みんなが知らないからこそ自分が教えたい!」
というモチベーションで、クチコミというのは起こりますから、

みんなにバラしてしまっては、クチコミを潰す様なものだと思います。


つまり、「クチコミで大人気!」と言うのは、

雑誌の特集とかならまだしも、
広告宣伝の文句に使うと、矛盾を感じてしまうのです。

マーケティングは詳しくないので、偉そうな事は言えないですが…(笑)


個人的な感想としては、広告がうまければうまいほど、
クチコミというのはおきにくくなるものだと思います。


そういえば本田健さんも、

「パワフルな人」や「パワフルな人が勧める商品・サービス」
はクチコミされない

と言っていますからね。


テンションやモチベーションを無理に上げようしたら、
必ず下がるという法則どおりですね(笑)


期待値を上げて商品やサービスを売っても、

心理的なギャップが生まれないので、
実際にクオリティが高くても、喋りたくなくなるんですね。


広告を極めるほど、クチコミは起きない。

目先の利益や広告を手放し、
目の前の人の心を動かすと、クチコミは起きる。

と言う事ですね。


つまり、あんまり自分で自分の扱う製品やサービスをスゴイと
言わない方が良くて、

顧客などの第三者である他人に言わせる方が、賢いと言えます。

結局、自然体が一番です。


私がクチコミされているのは、

私がまだ有名でないからと、
本当に珍しい存在だからだと思います(笑)

あと、何よりも信頼してもらっているからですね。


宣伝広告が下手というか、あんまりやる気もないですから(笑)

ただの面倒くさがり屋という説もありますけど(笑)


結局は、人間力ですよ。


それが無いと始まらないし、

これからの時代、消費者は本当に質の高いもの、
値段に見合ったモノを求めます。

でも、何もかも種類が多すぎて、自分では判断がつかない。


そのときに判断する基準は、やっぱり評判なんですね。

しかも、ネット上の作られた評判より、
アナログの人づての評判が大切です。


そして、評判を手に入れるには、まず与える事からです。


目先の利益を手放し、評判を買うのです。

評判が高まれば、クチコミ好きな人がクチコミしてくれます。


クチコミを戦略的に作ろうというマーケティング手法もありますが、
結局、中身がシッカリしていないと意味がないです。


人が喋りたくなるぐらいクオリティが高くて、信頼できる。
そして、珍しくてまだみんな知らない。

それがクチコミが起きる基本原則です。


衝動買いをさせる様な広告宣伝は、ハードルが高くなるし、
ちょっとオーバートーク気味になってしまいます。

「これからめっちゃくちゃ笑える面白い話するからね!」
と言ってから、面白い話を始めるくらい無謀な事です(笑)


相手の期待値を高め、それに応えながら生きるのは、
気楽に生きていきたい私には向いてないです。

あんまり期待されてない方が感動が大きいですからね(笑)


結局、相手の購買意欲をかき立てて買ってもらっても、
次に繋がる「紹介」や「リピート」などの連鎖がおきにくいんですね。


ですから、

これからも、あんまり広告宣伝にチカラを入れず、
クチコミと評判で生きていきたいと思います。


自分の実力が知られてない内は、

ちょっと過小評価されているぐらいが、
一番ラクに生きていけますよ(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!仕事 

2010年01月28日

幸せとお金

幸せに生きるには、お金が必要です。

ですが、莫大なお金が必要というわけでもないと思います。


人がお金を使う時、様々な理由があります。

他人にカッコイイところを見せたいと見栄で散財したり、
自尊心を満たすために、高級ブランド品を買い揃えたり、

劣等感を埋めるためにお金を使っていたら、キリがありません。


本当に幸せなお金持ちは、見栄のために贅沢したりしません。


私は今、本当に幸せなんですが、

本当に幸せになってしまうと、
贅沢したいという気持ちが無くなってしまいます。

つまり、贅沢したいと言う気持ちの裏には、
自分の無価値感や劣等感が隠れていたのです。


高級な場所に住み、高級車に乗り、
高級ブランド品を身につけたいと言うのは、
他人からの称賛を求める気持ちがあると思うのです。


いろんな先輩の話を聞くと、
高いモノでも、時間が立つとやっぱり飽きるみたいですね(笑)

ベンツもポルシェも飽きて、
今は国産車に乗っていると言う話は良く聞きますし、
知り合いにそういう方もいます。


斎藤一人さんも同じ事を本に書いていました。


私にとって、最高の幸せは、

大好きな仲間と笑いながら喋っていたり、
仕事の話、未来に希望のある話をしている時です。


それを実現するのに、高級車や高級ブランド品は必要ありません。

ゆっくり語れる喫茶店は必要ですが(笑)


服とかも、高そうに見えたり、見た目がよければ、
実際は安物で構いません。

全ては費用対効果です。


他人からの称賛が欲しくてお金を使えばキリがありません。


自尊心を満たしたければ、
人間性と人間力とセルフイメージを向上させる事です。


そして、自分の自尊心が満たされれば、
他人の自尊心を満たしてあげるのです。

他人の自尊心を満たす事によって、
さらに自分の自尊心が高まります。


そうやって、幸福感が増してくると、
必要のないモノにお金を流す必要がなくなります。


幸せなお金持ちが、
お金を持っていて一番幸せだと思うのは、
「精神的な安心」と「自由」が手に入るからだそうです。


お金と時間の自由が手に入れば、
自分を制限するモノが無くなります。


そして、自由があるからこそ、
さらに人の役に立ちながら生きていけるのです。


大成功して大金持ちになる事が素晴らしいとか、
自己投資をたくさんした方が良いと言うのは、

自己啓発の教材やセミナー業者の売り文句ですからね(笑)


本当に良い教材やセミナーもありますが、
低レベルなのに高価格というのもたくさんあります。

自己投資こそ費用対効果をしっかり見て投資しないと、
無駄なお金を遣い続ける事になります。


教えているのは、業者がお金持ちになる成功哲学ですから(笑)

依存的な人も、無駄なお金を払ってしまいがちです。


賢い業者は、依存的な顧客を囲って信者に仕立て上げ、
継続的にお金を支払わせます。

いわゆる、飼い殺しってヤツです。


成功できそうな夢を見せて、お金を払わせ続ける…。

パチンコなどのギャンブルと同じ心理ですね。

いつか勝てると思わせて、お金を払わせ続ける…。


そこら辺を見抜けないと損しますよ(笑)


低レベルな教材やセミナー業者の言う事より、

実際に、幸せにビジネスをしている人の話を聞く方が、
よっぽど勉強になりますね。

出会って信頼関係を築くまでが大変ですが(笑)


そういう意味で、私は本当に恵まれています。


無闇にお金を払えと言う人の事は、
あんまり信用しない方がいいですよ(笑)


お金は大切に使った方が良い。
費用対効果を考えた方が良い。
でも、必要なモノにお金をケチってはいけない。

こういう事を教える人は、本物です♪


費用対効果で言えば、本にも中古がありますし。

最近知ったのですが、
大きい図書館にも良い本がたくさんあるらしいですね。

図書館はタダですから良いですね♪


ちなみに、
私は、ハイレベルなのに低価格な教育を目指しています(笑)


教育する立場の人は、お金や地位、名誉ではなく、
その人個人個人の幸せにフォーカスするべきだと思います。


そういう哲学を持っているのが、斎藤一人さんです。


本当の幸せは、ギラギラ、メラメラしておらず、
もっと穏やかなものだと思います。

贅沢の中ではなく、質素な生活にある様な気がします。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月27日

運命的な出会い

個人的な事になりますが、
先日、運命的な出会いを果たしました。

私は、出会いには本当に恵まれていて、
良き先輩、良きメンター、良き仲間に恵まれてきました。

でも、今回は別格です。


何が別格かというと、

自分と価値観が同じで、自然体で対等に話せる人と、
はじめて出会いました。

しかも年下の女性です(笑)

私の今までの経験上、まずあり得えません。


まず、自分と同じくらいの年齢で、
同じくらいのセルフイメージを持っている人がいません。

と言うか、年上でも珍しいくらいです。


あと、セルフイメージが高い女性も本当に珍しい。


年齢的にも、セルフイメージ的にも、

目線が同じ人間は、今までは兄だけでしたが、
ついに2人目が現れました(笑)


しかも、価値観も同じですが、経歴も同じで、

斎藤一人ファン、挫折経験、ブログを3年くらいやってる、
読書に没頭していた時期がある、歌をやっていた、

などなど、偶然では片付かないくらい共通点があります。

話していて、自分の分身と喋っているみたいでした(笑)


そして、私が将来健康の教育をやるために、
健康に詳しい女性を探していました。


まぁ、いずれ出会うだろうと思っていましたので、
あんまり驚きませんでしたが(笑)

あぁ、ついに来たかという感じです(笑)


予測していたので、驚きはしませんでしたが、たぶん、
今までのどの出会いよりも特別で、インパクトの強い出会いです。


一緒に何かの活動をしたら、
今までと比べものにならないぐらいの事ができそうです。


いつもは、来るもの拒まず、去る者追わずで、
向こうから、一緒に何かしましょうと言われてきましたが、

今回は、自分から一緒に何かしたいと思える方でした。

素敵すぎてワクワクしてきます。

2010年は本当に面白い年ですね(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!個人的な事 

2010年01月26日

美容・健康と経済力

私は、「心理・経済・健康」の教育を目指している事は、
このブログでもずっと言ってきました。


「心理・経済・健康」が人間が自殺する原因トップ3であること、
斎藤一人さんが本で教えている事もこの3つであること、

この2つが、
「心理・経済・健康」の3要素が幸せのベースである事を、
裏打ちしている様に思います。


今はお金の事をたくさん書いていますが、
そのうち健康についての記事が増えるかも知れません(笑)


健康に投資するには、当然のごとく経済力が必要となります。

肌に触れるモノ、口に入れるモノの
クオリティを高めようと思ったら、お金がかかるからです。


そして、健康の投資に上限はありません。

なぜなら、人は必ず老い、死ぬからです。

健康への投資は、
健康状態を維持し、いかに老いを遅らせるかというものです。

その投資に上限はありません。


私は、いろいろな美容・健康商材を知っています。

でも、全部自分が納得するまで使おうとすると、
月に数十万円必要ですね(笑)


ですから、スムーズに幸せを手に入れようとすると、
まず経済力、そしてその次に健康への投資です。


ちなみに、
美容・健康商材は種類が多すぎますね。

その分、マーケットが大きいと言う事でもありますが。


私は常に究極を目指してきましたので、
究極の美容・健康商材を揃え、伝えていければと思います。

と言うか、もう揃いつつありますけど(笑)


みんなが健康に投資したい気持ちになったら、
全部教えてあげますよ♪


人体に必要なのは、

・質の良い栄養素を補給する事
(空気・水・ビタミン・ミネラル・タンパク質・
 脂質・糖質・食物繊維・ファイトケミカル・塩分 etc… を摂取)

・活性酸素の発生を抑え、除去すること
(精神ストレス・空気汚染・水道水・経皮毒・
 食品添加物・タバコ・紫外線 etc… 対策)

・高い体温を維持する事(低体温が免疫力や活動力を下げる)

というカンジで、


身体に良いモノを取り入れ、悪いモノに対策を取る。

と言う事が大切ですね。


日本人の死因のトップ3が、
「がん」か「脳か心臓の血管詰まらせる」かです。

できるだけ、

「肌に触れるモノ」と「口に入れるモノ」のクオリティを高め、
「活性酸素」と「脂質・糖分」への 対策が重要です。


最初の第一歩は、身体に悪いモノを避ける事からです。

身体に良いモノを摂り続けようと思うと、
お金持ちにならなければキツイです(笑)


日々の生活で言うと、

精神ストレス、空気汚染、水道水、食品添加物、
安い整髪料、化粧品、バス用品(シャンプーなど)の経皮毒を

できるだけ避ける事ですね。


安物は本当に身体に悪いですよ、本当に。

毎日カップ麺やパンやジャンクフードを食べてる人は、
それを割とマシな食品に変える事ですね。

それだけでもお金かかったりしますけど(笑)

その人が食べているもので、だいたい健康状態がわかりますね。


私は身体がデリケートなので、

空気が悪いところ、水道水、大量の食品添加物、
肌に触れる製品の安物

などを吸ったり、食べたり、使ったりすると、
すぐに体調が悪くなります。


口に入れるモノも、肌に触れるモノも、
安物は絶対に身体に悪いです。

高ければ絶対に良いというものでも無いですけどね。


人間には、身体に悪いモノを避けるアンテナがもともとありますが、
身体に悪いモノを取り続けると、感覚がマヒしてしまうのです。

変なニオイも、数分で慣れてしまうのと同じです(笑)

身体に悪いモノを避けていると、正常な感覚が戻ります。
感覚が戻ったら、自分で身体に良いか悪か判別できるようになります。


何が悪くて何が良いかという製品名はブログには書けませんが、
直接聞いてくれたら、そっと教えてあげます(笑)



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!食生活と運動 

2010年01月25日

幸せなお金持ちになる方法

最近ですね、
幸せなお金持ちになる方法が分かりました。

大好きな儲かる仕事で、楽しみながらバリバリ働く!

です(笑)


楽しい仲間と、人に喜ばれる ALL WIN の商品・サービスを扱い、
自分の才能を活かして、お金も稼げる仕事です。

カンタンに書きましたが、
ここに辿り着くまでが大変ですね(笑)

・高いセルフイメージ
・高い人間性
・高い仕事の実務能力
・高い向上心
・高い理想
・誠実さ
・ユーモアセンス
・大量の人と出会う事
・人を見抜く目
・情報を見抜く目
・全てに感謝する心
・フットワークの軽さ
・先入観や偏見を持たない事
・知らない世界に飛び込む勇気
・自分と未来を信じ切ること
・チャレンジ精神
・良き先輩(メンター)を見つけ、学ぶこと
・人に何か教えてもらった時、喜び、感謝を伝える事
・周りに、自分の「夢」「志」や「将来やりたい事」を伝え続ける事
・様々な心理学を学んでいること
・お金の守り方、殖やし方を学ぶ事
・他人と組んで、 WIN-WIN の仕事をすること

などなど…

が無いと、実現できませんね。


「学問に王道なし」と言いますが、
「幸せの追求」にも王道はありません。

焦らずマイペースに、自分を成長させていく事です。


私も、はじめは早くお金持ちになりたくて、
いろいろなビジネスに手を出しましたが、

結局、自分を成長させないと、何も手に入りません。


セルフイメージは、「幸せ」や「豊かさ」を受け取る器なので、

セルフイメージが高くないと、
「幸せ」や「豊かさ」を受け取れないのです。


自分を成長させるには、時間がかかります。

私の場合、20歳から自己成長を続け、
ここまで来るのに6年かかりました。

それでも、自分の中では、
だいぶハイペースに成長してきたつもりです。


でも、私の「幸せになる心理学」をマスターすれば、
もっと早く成長できますけどね。

最短距離がわかりますから(笑)


様々な数学者や科学者が、

法則や定理、証明、公式、方程式を編み出すのに、
すごい時間とエネルギーをかけてきましたが、

今は小中学生でその公式を学ぶのですから(笑)


円周率なんて小学校3年生ですからね。


今、私が教えている20歳の後輩たちが26歳になる時、
確実に今の私よりレベルが高くなっていると思います。

その時32歳の私は、どうなっているかわかりませんけど(笑)


お金とは、結局「仕事の対価」です。


ラクしてお金を儲けようと思っても、
ぼったくれるのは一回こっきりです。

そして、人の犠牲の上に得たお金は、
必ず自分の元から逃げていくか、人間関係が悪くなります。


儲け続けるには、
まっとうに人に喜ばれる仕事をするしかありません。

たくさんお金が欲しければ、
「多くの人に喜ばれる仕事をすること」です。

お金が欲しければ、
「人にたくさん喜ばれる仕事がしたい!」
に口癖を変えた方がいいですね(笑)


私も、今年はバリバリ働きたいです。

人に喜ばれる仕事は、
やればやるほどエネルギーが沸いてきます。


自分も楽しみながら、人に喜ばれる仕事に出会えた人は、
本当に幸せですね。


幸せになる最短距離が知りたい方は、教えますよ♪

やるかどうかは、本人次第です。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月24日

精神レベルの測定

今回は信じなくて良いですよシリーズです(笑)

小林正観さんの本に、

「人は10万回生まれ変わり、生まれ変わるごとに魂のレベルが上がる」
と書いてあります。

その魂の上がり方が面白いので、紹介します。



1万回 未満
環境が恵まれている → 人生が辛く苦しいと感じる

2万回 未満
環境は平凡・普通 → 人生が辛く苦しいと感じる

3万回 未満
環境は恵まれていない → 人生が辛く苦しいと感じる


4万回 未満
環境が恵まれている → 人生に苦しみも喜びも感じない

5万回 未満
環境は平凡・普通 → 人生に苦しみも喜びも感じない

6万回 未満
環境は恵まれていない → 人生に苦しみも喜びも感じない

 
7万回 未満
環境が恵まれている → 人生に幸せと喜びを感じる

8万回 未満
環境は平凡・普通 → 人生に幸せと喜びを感じる

9万回 未満
環境は恵まれていない → 人生に幸せと喜びを感じる


9万3千回 未満
環境が恵まれている → 人生に感謝を感じる

9万6千回 未満
環境は平凡・普通 → 人生に感謝を感じる

9万9千回 未満
環境は恵まれていない → 人生に感謝を感じる


10万回 未満
親の学びの為に、幼くして亡くなる


【補足】

「環境が恵まれている」
生まれ持った容姿が良い、親は経済的に裕福で人格者、
生まれつき能力が高く、地位、経済力、名誉を持っていたりする

「環境は平凡・普通」
一般的な家庭に生まれる

「環境は恵まれていない」
普通の人が見たら、不幸だと思える環境
(幼少に辛い経験を持つ・障害を持って生まれてくる)



と言う事らしいです。

別に生まれ変わりがあるかどうかとか、
この話が本当かどうかを論じたいわけではありません。


精神性の上がり方って、
確かにこういう様なカンジで上がっていくと思うのです。

要するに、

今の自分の精神性の高さがどれくらいか
測れるのではないかと思います。


恵まれた環境にあるにも関わらず、
愚痴や文句ばっかり言っている人間が、一番精神性が低い。

逆に、普通の人から見たら不幸な環境に対して
感謝ができるというのは、相当精神性が高いですね。

経営者で言うと、松下幸之助さんとかでしょうか?

松下幸之助さんは、どんなに不幸な目にあっても、
「自分はついてる」と言い続けたらしいです。


みなさんは、今自分がどれくらいのレベルでしょう?

どんなに外から見たら立派な経営者、政治家であっても、

愚痴・文句ばっかり言ってるヤツは、
魂のレベルが低いという事ですね(笑)


人生に対する感謝の深さが、その人の精神性の高さです。


どんなに恵まれていても、恵まれていなくても、
楽しい事があっても、一見苦しい様な悲しい様な事があっても、

人生って、「全てにおいてどれだけ感謝できるか?」
と言う事を試されているのかもしれません。

と言うか、それを鍛えるのが人生の目的なのでしょう。


あと、幼くして亡くなる子供って、
確かにめちゃくちゃ人格が素晴らしいですね。

「地球の秘密」というマンガを書いた小学生の少女も
幼くして亡くなりました。

プロジェリアという病気で、
ドキュメンタリーによく出ていたアシュリーも
素晴らしい人格の持ち主でしたね。


私もまだ生きているという事は、
大したこと無いという事です(笑)

まだまだ学び足りませんね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月23日

お金に感謝する方法

私は、あまりお金に執着が無い方です。

まわりを観察しても、
お金を持っているのは、お金に執着がある人ですね。

ただ、人間的にどうかは別ですけどね(笑)


でも、私もやっぱりお金は欲しいんですね。

ありあまるほどは必要ないけど、お金に余裕が欲しいんです(笑)


それで、お金に対して執着が無い割にも、

どうすればお金が入ってくるのかって事を
結構考えるのですが、

どれも今ひとつなんですね。


お金を好きになる事が大切だと言っても、
お金を好きになるって事がイマイチ分からない。

与えたものが返ってくるという法則に則って、
優良なビジネスチャンスを人に伝えたり、

良い行いをしまくったり、

お金に関するメンタルブロックを解除してみたり…、


でも、何かピンと来ない。

現実に影響を及ぼしているのは、
必ず思考パターンです。

思考パターンを変えない限り、現実は変わりません。


それで、小林正観さんの本に、

ガンになって治った人は、
ガンになって良かったと感謝した人である、

と言うような事が書いてあるので、


「お金が足りない事に感謝します」と呟いてみました。

そしたら、あるひらめきが脳を直撃しました。

ピンと来ました。



当たり前の事ですが、

今、人間的な生活ができているのって、
全部「お金のおかげ」なんですね。

毎日、ご飯を食べれるのもお金のおかげです。


お金って自分の財布にあると、
自分の所有物の様な気がしてしまいますが、

実は、違うんじゃないでしょうか?

お金って、人が生みだした価値がカタチを変えたものです。


つまり、お金って

「漁師の人がとった魚」だったり、
「農家の育てた米や野菜」だったり、
「職人の人が作った家具」だったり、

「誰かが一生懸命に働いた対価」だったり、
「誰かが一生懸命考えたアイデア」だったり、

それがカタチを変えたものなんですね。


お金が、魚だったり、米だったり、野菜だったり、
誰かの知恵や労働力だったりするわけです。


要するに、「人の想い」がこもってるんじゃないかと思うんです。

そういうものに対しては、感謝ってできますよね。


そう思った瞬間、「お金に対するイメージ」がガラっと変わりました。

今、自分の手元にあるお金は、
誰かが「(頭脳労働、肉体労働問わず)一生懸命働いた対価」
なんですね。

そう思った瞬間、お金に対してすごく感謝の念が沸いてきました。


お金はただのモノでもなく、自分の所有物でもなく、

誰かが「人の役に立った証」だと思います。


今までは、

お金を「誰かが苦労して(苦しんで)得た対価」
だと思っていたのでしょう。

だから、受け取る時に、
みんなの苦しみを受け取る様な気がしていたのです。

ちょっと心苦しい様な気分。


これが私のメンタルブロックですね。

つまり、仕事に対するネガティブイメージに繋がっているのです。


でも、それは違って、仕事とはとても尊いものなのですね。


私の元にお金がやってきた時、

感じなければいけないのは、
「相手がお金を手にいれた時の 仕事」に対する感謝なのです。

相手の仕事がアルバイトだったら、
相手が頑張ってバイトした事、

その対価のお金が自分の元に流れてきた事、
に感謝するのです。


つまり、「相手が頑張った仕事」に対して感謝するのです。

そして、私の元にやってきたお金は、私のものではありません。

ただ、預かっているだけです。


また、私がそのお金を使う時は、

お金を使って手に入れた商品やサービスに、
そして、使ったお金に感謝するのです。


もちろん、見知らぬ誰かにお金が行くより、
大切な仲間にお金が流れる方が嬉しいですから、

仕事を与え、報酬を支払うと言うのも尊い行為ですね。


これが、「お金に対する正しい概念」の様な気がします。


お金を所有物として捉えるのではなく、
流れとして捉えるのです。

「誰かが仕事をして、他の誰かの役に立った証」
「それが自分の所に流れてきた事」

この2つになら、感謝できますよね。


お金は苦しみではありませんでした。

お金は「誰かが働き、他人の役に立った証」です。

お金を見る時、誰かの仕事・働きに感謝することが、
イコール、お金に対する感謝になります。

お金に対して、
ダークなエネルギーというイメージから、
クリーンなエネルギーという様にイメージが変わりました。

お金は「誰かが人の役に立った証」
こう捉えれば、お金の事を大好きになれます。

急に小銭や一万円札に愛着が沸きますね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2010年01月22日

感謝こそ全て

斎藤一人さんもオススメする、

小林正観さんの新刊
「もうひとつの幸せ論」

という本を買いました、

装丁からして、かなり良い本だと思って買いました。


昔は立ち読みして良い本なら買うというカンジでしたが、
最近は、装丁でだいたいその本のレベルが高いか低いかわかります。

ジャケ買いってヤツですね(笑)


小林正観さんの仰る事は、
表現はわかりやすいのですが、

めちゃくちゃレベルが高くて、
たぶん、理解できない事も多いと思います。

というか、反論したくなる部分もあると思います。

かなり精神性を高めていないと、
あんまり吸収できないかもしれませんね。


どういう事かと言うと、
著者のレベルが高くなってくると、

結論は本質を突いていているのですが、
根拠の説明が抜けてたりするのです。


斎藤一人さんの、「笑顔」「顔のツヤ」「天国言葉」
と言いますが、

何故「天国言葉」が大切かというところの
根拠の部分が抜けています。


それを論理的にわかりやすく解説するのが私の特技です(笑)


以前、「言葉が脳と意識に与える影響の強さ」を
ブログで論理的に解説しようと思いましたが、

めっちゃ長くなって、哲学的で小難しくなってしまいました(笑)

「言葉」と「概念(抽象的イメージ)」の話です。

概念とか言う言葉を使い出すと、なんか難しくなりますね(笑)

「概念」は日常用語ではないですから、
「概念」の「概念(意味)」を説明するのに長くなります(笑)


と、まぁ私はいろいろ小難しい事がキライなので、
私はシンプルに表現するのが好きです。


私は、いろんな人を見てきましたが、

難しい事を難しく言う人は、アタマはそんなに良くない。
カンタンに表現できる人こそ、真にアタマが良い人です。


幸せになるには、

「人間性」「人間力」「セルフイメージ」を高める。
「メンタルブロック(思い込み・トラウマ)」を解除する。

これだけです。


スピリチュアルな話をすれば、墓参りとか、神社に行ったり、
塩で清める事もかなりの効果を生むのですが、ちょっと割愛します。


どうすれば人間性が上がるのかと聞かれたら、

「他人に対して感謝を表現する」
「自分と他人を許す・認める・褒める」
「ネガティブ情報をできるだけシャットアウト」
「ポジティブな言葉をできるだけ使い続ける」
「正しさ」より「楽しさ」を追求する
「すごくなる」より「好かれる」を追求する

すごく見られようと「努力して理論武装」するのではなく、
「自然体の自分」、「素の自分」をレベルアップさせる。

そして、
「決して無理をせず、マイペースで自分を向上させていく事」


結論はカンタンでしょう?

根拠を論理的に説明しようと思ったら、いくらでも説明できますよ。

私が説明すれば、すっと腑に落ちると思います。


でも、私は運命というのがあるのではないかと思います。

いくら私が幸せになる方法を説明しても、
やらない人はやらないのです。


人には、「自分のペースとタイミング」があるのです。

いくら尊敬していても、
私に斎藤一人さんみたいになれというのは無理があります。
ビル・ゲイツを目指せというのも無理があります。


それと同じで、

周囲に愚痴と文句ばっかり言っている人に、

ポジティブな言葉が良いよと言っても、
幸せを目指した方が良いよと言っても、

無理な人には無理なんです。

「やらない人 は やならい」 これが結論です。

もしかしたら、5年後に気づくかもしませんが、
今聞いてもやらない人は、一生やらないんだと思います。


人には、生まれ持った素質があるのです。

目の前にキッカケやチャンスがぶら下がっていても、
今掴まない人は、将来ずっと掴まないのだと思います。


私は、生まれてからめちゃくちゃ成長してきましたが、
本質は幼少の頃と変わっていません。


幼少の頃から

知識欲、知的好奇心は強かったし、
理想は高かったし、面倒くさがり屋だし、
アイデア出すのは得意だったし、傷つきやすかったし、
とても優しい子だったと親は言ってくれます。

生まれた時に、ある程度素質が決まっているのです。
魂のレベルと言っても良いでしょう。


家庭環境が劣悪でも、まともに育つ人は育ちますし、
家庭環境が恵まれていても、ひねくれる人はひねくれます。

同じ家庭環境でも、
まともな子もいれば、ひねくれた子もいます。


ですから、今自分が幸せだったとしたら、
自分が頂いた「素質」に感謝するだけです。

自分が特別な星の元に生まれたら、まず「その運命を受け入れる」
そして、「その運命に感謝し、できる事をやる」

それだけです。

マトリックスのネオと同じです。


他人を変える事はできません。
他人に対しては、キッカケを与える事だけしかできないのです。

それで、相手がチャンスを掴んだり、成長したらその人の実力です。

間違っても、自分のチカラでは無いんです。


人の可能性は限界が無く、無限大だという人がいますが、
成長すれば無限大だと思います。

しかし、その人がどのくらい成長したいかどうか?
という所は、限界があるのではないかと思います。


私は、成長する事自体が好きなので、
死ぬまで、行けるところまで成長したいと思っていますが、

全員がそういう考えではありません。

「この程度で満足」「現状維持で満足」という人は必ず存在します。

別にそれが悪いとは思いません。


そういう人でも、幸せになれる方法があります。

それが「感謝を表現する」です。


常に感謝を表現する習慣さえ身につけば、
人は幸せに生きていく事ができます。

なぜなら、感謝は無敵だからです。


「敵」の概念は、
「自分の邪魔をする存在」です。

でも、「感謝」の概念は、
「自分を助けてくれる存在に向けるもの」です。


私は、感謝が身についているので、
脳の中に「敵という概念」がありません。

つまり、私には「敵」がいない、存在しないのです。
まさしく、「無敵」です。

「敵」は、どこからか現れる存在ではなく、
自分が創り出した存在なのです。

目から鱗、落ちました?(笑)


価値観が全然違う人、相性の悪い人、
自分に対して攻撃してくる人

というのは、仲良くできないかもしれませんが、

「好き・嫌い」と「感謝できる・できない」は
違うベクトルの感情です。

相性の悪い人や、自分が嫌いな人、
自分に害を与える人にも、
感謝しようと思えば感謝できます。


何にでも感謝できるようになると、
「全てが自分を助けてくれる存在」となります。


自分を助けてくれる存在に囲まれているという事は、
幸せですよね。


普通、自分に感謝を表現してくれる人は
好きになってしまいます。

自分を好きになってくれる人に囲まれるのも、
幸せです。


そして、何かに対して「感謝」を向けている時の
自分の感情自体が「幸せ」なのです。


何かを手に入れた「達成感」より、
何かをしてもらった時の「感謝の念」の方が、

よほど幸福感を感じられるのです。


という事で、幸せに直行できる方法が、
「感謝を表現する」ことなのです。

感情が伴ってなくても良いのです。
人間の脳は、言葉に気持ちがついてくるのです。


私が何回か人生でどん底にいた時は、
常に「愚痴」や「文句」を表現していました。

そして、「感謝」を忘れていました。


「感謝」さえしていれば、人生はうまくいくのです。


そして、もっと幸せの度合いを高めていきたいのであれば、

「人間性」「人間力」「セルフイメージ」を高める。
「メンタルブロック(思い込み・トラウマ)」を解除する。

です。

シンプルですね。


でも、やり方が分かっても、「実践するかどうかはその次第」。

「やる人 は やる」、「やらない人 は やらない」のです。


なぜなら、本人の望みや意志が何よりも優先されるからです。
つまり、本人がそれほど幸せになりたいと思っていないのです。

自分が幸せにふさわしい存在だと思っていない。
要するに、理想やセルフイメージが低いのです。


理想の高さ(向上心)だけは、
どう考えても完全に素質だと思います。

生まれ持った才能です。

自分も向上心が高くなった事はないし、そんな人見た事ありません。
向上心や理想が高い人は、小さい頃から高いのです。

ですから、他人を変えようとしない方が良いですよ。


それよりも、感謝です。

あなたの口から出る言葉が、
「文句」が多いか、「感謝」が多いかです。

心を込めなくても、「ありがとう」と言い続けることです。

それが、人生うまくいくかどうかの分かれ目です。



mixiチェック

haxe501 at 00:00|Permalinkclip!幸せに生きる