2009年02月

2009年02月06日

愛と怒り

最近、自分の考え方が猛スピードで変わっています。

怒りの抑圧を止めたおかげで、
怒りを表現する様にもなりました。


でも、たまには厳しい事を言うのも、
人の為だなと思います。

全て優しく、甘い言葉で人が成長すれば良いのですが、
なかなかそうも行かないみたいですね。


やはり、人間は強烈な痛み、苦しみの限界を感じた時に、
自ら変わろうと思うモノです。

そして、成長したい人間というのは、
厳しい事を言ってくれる人が実は好きなんです。


自分のダメなところを本人が自覚している場合、
それを治したいのが本音なのですが、
それがなかなかできない。

そんな時、そこを叱ってくれる人には、
「本当に自分の事を考えてくれてるな」と思うから。


でも、間違えてはいけないのは、
「八つ当たりの怒り」と「愛の厳しさ」は
違うという事です。


その怒りや厳しさの出所が、
愛か恐怖かの違いです。

自分の身を守る為に怒るのか?
相手の成長の為に怒るのか?

その違いです。


ある、有名な人が、
「厳しくするのは、その子を愛してるから」

と言っていましたが、その意味がわかりました。


それを見分ける簡単な方法は、

威張っているかどうか?
エラそうかどうか?

です。


威張ってエラそうな人は、
間違いなく自分の事しか考えていない人ですね。

全然エラそうではなく、
自然体で謙虚な人は、後者です。


mixiチェック

haxe501 at 11:03|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2009年02月02日

背中がメッセージ

最近、本を出版するかもしれないという話をすると、

ありがたいことに、
みんな本当に喜んでくれています。

この暗いニュースが飛び交う時代、
明るいことをメッセージするというのは、
本当に大切だと思います。

本当に人の役に立つには、
まず自分が先を走らないとダメなんだと、
身に染みて分かりました。

自分の夢を叶えていく姿を
人に見せることが、本当の社会貢献です。


自分の背中を見せることが、
最大のメッセージであり、
最高の説得力を発揮します。

言葉で伝わらない人には、
背中を見せるしかないのです。


人が前向きに、一生懸命に頑張っている姿は
人を感動させ、応援したくなるモノです。

そして、その姿を見た夢を持っている人は、
夢が本当に叶う事を知り、
自分の夢も叶うということを信じ始めます。


夢を手に入れた結果ではなく、
手に入れるプロセスを見せることが重要です。


この閉塞感漂う時代だからこそ、
自分が頑張って先を走ることが、

夢を持つ人の心に火をつけ、
まわりを元気にさせる起爆剤となれるのです。

みんなお互いに夢とチャンスの導火線で
繋がっています。

あとは、自分がトリガー(起爆剤)となって、
まわりを大爆発させましょう!

You can do it !!
I will show you !!

の本当の意味が理解できました。

私もそろそろ内面の結果から、
外面の結果へとシフトする時期が
きたのかもしれません。

とりあえず、頑張ります。


mixiチェック

haxe501 at 19:25|Permalinkclip!毎日の行動指針