2008年06月

2008年06月28日

究極にしか興味なし

私は中途半端なモノはあまり好まず、
究極、最高、唯一無二のものに惹かれる様です。

それは、動物占いが"たぬき"だからだと思います。

最高のものが一つあれば、他は要らないんですよね。


っていろいろ考えていくと、
結構私は究極のモノに囲まれて生活しています。

・最高の家
・最高の生活用品
・最高の本
・最高の成功者
・最高の情報
・最高の仕事

そして、最高の友人達です。


いやぁ、自分ほど幸せな人はいないですよ。


最高にしか興味が無く、最高を求める気持ちが、
実際に最高をもらたしてくれた訳ですね。

だから、私が勧めるモノにハズレは絶対にありません。

ラーメン屋でも、カフェでも、本でも、
自分が最高だと思うモノを教えてあげてる
わけですからね。


しかも、私は見かけによらず、
脳内はめちゃくちゃシビアに物事を見ています。

人を見る目、カフェを見る目、本を見る目、文房具を見る目
中途半端なものを見るとダメだししまくりますね(笑)

脳内はダメ出しキングですよ(笑)


でも、私の脳が合格をだしたもの、
つまり私が好きなモノは、必ずレベルが飛び抜けて高いです。


ただ、音楽とお笑いは趣味趣向の世界ですから、
好き嫌いが別れるかも知れません。

個人的には少々マニアックな路線が好きですから(笑)

その代わり、好きな人は熱狂的に好きだったりします。


それ以外で、私が本気で勧めて、
「教えてもらって良かった」
と言わなかった人は皆無ですね。


ってことで、小林正観さんの新刊が出ました。
「宇宙が応援する生き方」
これもヤバイぐらいすごいですよ。


mixiチェック

haxe501 at 09:05|Permalinkclip!個人的な事 

2008年06月27日

出会いが人生を創る

人生というのは何で創られるかというと、
出会いで創られます。

誰と付き合うか。

それで人生はほぼ決まる様な気がします。


人は目に見えないエネルギーを発しています。


一年以上前から付き合っている友人の雰囲気が
最近見違える様に良くなっています。


一年前は、その子と会うと負のエネルギーで
こっちがしんどくなる様な子でしたが、

私と話したり、本を読んだりする上で、
だんだんと成長したのでしょう。

その負のエネルギーが消えたようです。


ただ、その子がすごい所は、
ネガティブなんだけど、素直で向上心があることです。

すぐに落ち込んだり、悪い方へ考えるクセはありますが、
素直で向上心があるって事は、私が好きなタイプの人間なんですね。

だから、コミュニケーションを取れてきたと思います。


私が勧める本を読む人は、いくらでも成長できると思います。

自分の影響で人が変化していくのは本当に嬉しいし、楽しい事です。


私と付き合っていると、誰も精神的に成長します。
私の友人はいい人達ばかりですが、

たまに自己中心的な人とも出会います。


そんな時は、私は面と向かって批判することは少ないですね。
目上の人の場合は特に、
無言のリアクションとプレッシャーで相手に自ら気付かせます。

そんな時、相手は私のことを冷たい人間だと思うでしょう。


だって他の人には笑顔なのに、
その人だけ反応が明らかに違うのですから(笑)

でも、結果的には相手の成長に役立ったりするんです。


相手は考えます。

なぜ中井くんは急に態度が変わったのだろう?

相手のせいにして責任転嫁ばかり繰り返してきた人でも、
さすがに、「自分が何かしたのかな?」
と思わざる得ない状況が創られます。

それで変わっていく人が多いですね。


正しいのかどうかは分かりませんが、
私は争わずに、相手に自分の間違いに気付いて欲しいのです。


これって神様の行いに似てますね。

神様は言葉で注意してくれません。
何も言わず、自分にとって居心地の悪い現象だけで
気付かせようとしてくれます。

そして、間違いに気付けば自分の心が成長するわけですね。


自分にとってイヤな出来事が起こるからといって、
神様を呪う人もいますがとんでもない!

自分の成長のために、愛を持って
自分に居心地の悪い状況を創ってくれているのです。


だから、自分が恵まれていない、不幸だと思わず、
神様が愛を持って何かを教えようとしてくれている。

早くそれに気付こう!

そう言う解釈ができれば素晴らしい人生になると思います。


mixiチェック

haxe501 at 10:10|Permalinkclip!個人的な事 

2008年06月26日

チャレンジ

人間というのは、
やったことが無いことはやりたがらない様です。

でも、やらざるを得ない状況になった時は、
誰でもやれると思うんですよね。


昔、私は知らない人に電話をかけるのが
すごく苦手でした。

何言ったらいいの? みたいな(笑)

でも、そんなこと言えなくなったのは、
高校の時にバイトを始めた時です。

じゃあ電話してって言われたら。
やるしかないわけです。

それで、電話はできる様になりました。


高校生くらいの人は言うんです。
人見知りするから接客なんて絶対無理!

でも、誰でもやればできるんですよね。


小さい時に、自転車に乗れた。
逆上がりができる様になった。

それができれば、何でもできるでしょう。


ただ、やっかいなのが、
自分の近くに、自分よりもできる人がいる時です。

どうしても、自分の代わりにその人にやってもらいたい。
そう言う、面倒くさがりで、臆病な自分がいます。

そう言う心理に気付いて、何でも自分でやらなきゃなって
思う様になりました。


自信がつけば、俺にやらせろ!って言うのにね。


やったことがない事に臆せず、
経験のために自分にやらせて欲しい!

そう思えるかが重要ですね。


逆に、自分がデキル人の場合は、
あまり手を出しすぎると、相手は依存することに慣れ、
自立できなくなってしまいます。

ある程度訓練して、自信をつけさせ、
さっさと単身で実践投入することが、
最短での自立の道だと思いますね。


mixiチェック

haxe501 at 10:02|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2008年06月25日

都合がいい話

どうすれば人は幸せに生きていけるのだろう?
と、21歳の時からずっと考えてきました。

で、行き着いた答えは、
神様というモノの存在をあると仮定した方が、
人は幸せになれるのではないか?

という結論に至りました。

日本以外の国は、だいたい宗教があります。
無宗教の人種の方が少ないと思います。

神様を信じているからこそ、モラルや秩序が
保たれていると海外の人たちは思っているようです。


私は何教に入れと言っているのではありません。
自分だけの神様をイメージすればいいんです。

私の神様は、絶対に自分に不利益な出来事は起こさない。

今はそんな風に考えています。

念押ししますが、心がラクになるからですよ。
神様を信じろと強要するつもりはありません。

そっちの方がラクだから言っているのです。
目的が重要で、その為の手段の話をしています。


何か自分にとってイヤな事が起こっても、
それは人間の浅知恵で理解できないだけで、
長期的に見れば、絶対にこれは良い出来事なんだ!

そう信じることで、心が軽くなります。


そうして神様に感謝の念を送ることで、
謙虚さを身に付ける事ができるわけです。


なんて都合の良い話でしょう!


mixiチェック

haxe501 at 10:58|Permalinkclip!幸せに生きる 

2008年06月24日

時間貧乏

最近、時間貧乏が多いですね。

いつでも忙しいと言っている人です。

本当に忙しい人と、それほど忙しくなくても、
忙しいと言えば言い訳になると思っている人がいます。

どちらにしても、
人とコミュニケーションを取る時間さえ
確保できないとなると、
時間的にも、精神的にも非常に貧しいなと感じます。


いつも仕事(労働)ばっかりしていて、
カッコイイと思われる時代は終わりました。

これからは、いかに周りの人を喜ばせるか、
と言う時代です。

その為に、人とコミュニケーションを取る時間ぐらいは、
確保できた方がいいでしょう。


労働ばっかりしていても、
何か新しい自分に出会えるわけでもないですしね。


あと、連絡が遅い人で、忙しいからと言い訳する人がいますが、
それはウソです。

本当に忙しい人はレスポンスはめちゃくちゃ早いです。
溜めておくとどんどん溜まって処理できなくなりますから。


なので、私は返事が遅い人は、
いくら忙しいと言われても、ヒマそうだねぇ〜って思います。


で、忙しくなくても、レスポンスが遅い人は、
相手を大切にしていないだけです。

相手を大切にしていないから、
恐らく、自分も相手に大切にされていないでしょう。


もしくは、精神的に落ち込んでいて、
人と関わりたくない時期の人です。


レスポンスのスピードは、
相手へ与える信頼感が違います。

スピードが速い人は、信頼を得て、
スピードが遅い人は、信頼を損ないます。


別に私はメールを無視されようが、
折り返しの電話がかかってこなくても、
何とも思いません。

まぁ相手も何かしらの事情があるんだろうなと
思いますからね。


でも、レスポンスは早いほうが自分の為だと言うことは、
誰もが知ってほいた方が良い情報だと思います。


でも、こういう事って学校で習わないし、
親も教えてくれませんよね。

新しい携帯電話というツールが現れ、
それを使う側のマナーなんかが
まだ確立されていませんから。


そう言うのを教えてくれる塾みたいなのを
やるのも面白いかもしれません(笑)


mixiチェック

haxe501 at 18:27|Permalinkclip!毎日の行動指針 

2008年06月23日

300

300(スリーハンドレッド)と言う映画を見ました。

実話を元にしたフィクションですが、
自分の中では久々のヒット作品でした。


私が好きな映画は、
ライフ・イズ・ビューティフル
グラディエーター
フォレストガンプ

なんかが好きです。


共通点を考えてみると、どれも、
「他人の為に、命を賭けて自分の信念を貫いた」
って事だと思います。

いろんな映画があります。
SF、アクション、戦争、冒険、
ラブコメ、ファンタジー etc…

でも、一番自分の心を動かされるのは、
上記の様な映画なんです。

人間は、どんなに状況が変化しても動かないモノに
偉大さを感じるらしいです。

いつでも冷静でいること、
一定でいること、
話す内容に筋が通っていること、
動かない信念があること、

どれも偉大ですね。


mixiチェック

haxe501 at 18:12|Permalinkclip!個人的な事 

2008年06月22日

予知

なんか、最近エライ人の言うことを聴くと、
直前に自分がブログで書いていた事を言ったりします。

え!? ちょっと前に俺がブログに書いた事だ…。
みたいな。


怒らないとか、自分のスタイルがどうのこうのとか…。


ただの偶然にしてはよくあるので、
もしかしたらちょっとした予知かもしれないですね(笑)



mixiチェック

haxe501 at 01:09|Permalinkclip!個人的な事 

2008年06月21日

イライラしない選手権

私が、本当に自画自賛できるものって、
たぶん、コレだと思います。

全然イライラしない。

たまにありますけど、
一瞬で冷静に戻ることが出来ます。

怒らないという事にかけては、
そこらの教師だろうが、億万長者だろうが、心理学者だろうが、
負けない自信があります。


でも、イライラしない事って人生に
非常に重要な要素であるにも関わらず、

目には見えないし、数値化することもできません。
だから評価されにくい要素ではあります。


ただ、ひとつ目に見えるのは、
イライラしない人は好かれるし、
周りに人が集まってくる。

と言うことぐらいですね。


いつもイライラしてる金持ちと、
いつもニコニコして穏やかな貧乏人だったら、

後者の方が私は好きだし、
人間的にも素晴らしいと思います。


イライラしない選手権とかで優勝すれば、
目に見える評価ができるので、

肩書きにこだわる人も
少しは聞く耳持つかも知れないですね(笑)


mixiチェック

haxe501 at 10:01|Permalinkclip!幸せに生きる 

2008年06月20日

依存しない

依存しないって本当に気分がいいですね。

他人に何をされようが、
別にいいけどって跳ね返すことができます。

依存しないって事は、自立していることです。
ってことは、自立が最高なんですね。

日本は自給率が自立しておらず、
食糧を海外に依存しているので苦しい。

日本人は働き続けて、
海外から食べ物を買わないと生きていけない。

とSETOさんが言っておられました。

これからは、農業が最も安定した
職業になるかもしれませんね(笑)


依存しまくっている人というのは、
イライラの毎日で大変だろうなって思います。


依存している人の見分け方は簡単です。

過去形で否定疑問をする人です。

なぜ○○しなかったの?

って聞く人は依存する人です。


まず、過去形と言うことは、過去に執着しています。
次からは○○してね、と言えば済むところを、

なぜ○○しなかったんだ!?
と言う人は、相手に依存しているわけです。


自立していると、
お前には○○してやらないもんね〜!って
イヤミを言われても、

どうぞお好きにして下さいって言えます。


相手に頼っていないから、そう言えるのです。

それが精神的自立です。
最高に気分がいいです。
冷静でいられます。


mixiチェック

haxe501 at 09:00|Permalinkclip!幸せに生きる 

2008年06月19日

自慢する人

この世には、自慢ばっかりする人がいます。

そう言う人は、劣等感(コンプレックス)を
持っている人です。


昔の私もそうでした。

自慢したいと言うのは、

自分をすごく見せたい
他人にすごく見られたい

そう言う気持ちから出てくる欲求です。


そう言う人は、周りをイライラさせ、
嫌われる対象になります。

私も学生の頃はだいぶ周りに迷惑をかけていました。
申し訳ないですけど。


要するに、自慢したいと言うことは、
自分が無価値に思われない様に必死なんです。

と言うことは、自分に自信が無いんです。

ですから、自分のすごさをアピールしたり、
目下の人間に対して横柄な態度を取ります。
やけに肩書きにこだわったりもします。
狭い世界で猿山の大将になろうとします。


そう言う人の周りには、同じように
自分に自信の無い人が集まります。

そして、自信のある人は離れていきます。

類は友を呼ぶ、波長が合う合わない。
異なる波動は排斥し合う、似た波動は引き寄せ合う。


そう言った理由で、似たもの同士の
グループが自然とできあがるのです。


私は、自分も昔は劣等感を持っていたことと、
心理学を勉強したため、

人を行動と発言を見れば、
劣等感を持っているかどうかはすぐにわかります。


本当にスゴイ人に思われたいなら、
上に立とうとしないことです。

謙虚な人間が、スゴイ人なんです。
謙虚な人が、神様から好かれる人です。


勉強ができるから、
高級官僚だから、
医者・弁護士だから、
他人が知らない事を知っているから、

それって本当にすごいんですかね?


私が大尊敬する大企業の経営者たちは
みんなこういいます。

俺なんて大したこと無いんだよ。
私なんてちっぽけな人間です。


世界一、日本一の称号を得ながら、
ものすごく謙虚です。

いえ、謙虚だからこそ、
偉業をなしとげられたのでしょう。


謙虚でない人は、どんなに能力が高くても、
必ず手に入れた地位から引きずり降ろされます。

       
劣等感のリレーはもうヤメにしましょう。

あなたが小さい頃に与えられた劣等感を、
いつまで周りに撒き散らすつもりですか?

劣等感を持っている人からは、
いい人がどんどん離れていきますよ。


あと、もう一つ重要な事ですが、
劣等感を持っている人は、
自分に依存して欲しいから
無意識に相手の自立を奪っている事も多いんです。

一人暮らしを執拗に反対する親とか、
中小企業で、社長がいないと機能しない会社とか、

潜在意識では、
「やっぱり自分がいないとこいつらダメだな」
って自分で思いたいんですよね。

だから、目下の人間の自立を奪い、
自分がいなければ機能しない仕組みを、
無意識に構築している場合が多いですね。


だから、自立したい人は、
劣等感のある人から離れるのかもしれないですね。



追伸

新作の小冊子ができあがりました!

以前有料で行っていたセミナーのコンパクト版です。

「ストレスが下がる本(無料)」です。
http://www.growheart.com/stress_down.pdf

※PDFファイルですので、パソコンからご覧下さい。


このノウハウで、多くの人の人生を変えてきました。

いつ公開を終了するかわかりませんので、
できるだけお早めにご覧下さい!



mixiチェック

haxe501 at 08:40|Permalinkclip!幸せに生きる