2022年01月08日

結論は同じ

妨害操作が緩んできて、「私自身」と「私の知識体系」の
「社会的認知」も得られて、存分に仕事もできるようになったら、
  
どんな仕事をするのか?考えてみた。
  
  
いや、「高次元意識によって、"考えさせられている"」
と言った方が正確だろう。
  
  
どっかの協力企業と「ライセンス契約」を結んで、
自分の「発明」や「知的財産」を代わりに広めてもらって、
  
自分はロイヤリティ等を受け取る、「丸投げタイプ」なのか?
  
  
自分自身が人を雇用して、それなりの組織を作っていく、
企業運営タイプか?
  
  
いろいろ考えてみたんだけど、
  
やっぱり私は、【 コミュニティを作る 】のが一番だと思う。
  
  
私自身にとっても、参加する「メンバー(顧客)」にとっても、
双方が最大限の価値を生み出し、受け取れるスタイルが、
  
コミュニティ。
  
  
「資格認定ビジネス」とかもあるけど、
  
知識を効率的に広めるなら、
人の成長を支援するなら、
  
「コミュニティという形態」が一番なんだよね。
  
  
まぁ、細かく話すと長いけど、
やっぱり過去に私が考えてきた事が、一番良いんですよ。
  
私は25歳の頃から心理セミナーを始めましたけど、
13年経った今でも、大筋で主張は変わっていません。
  
  
昔の自分が着眼したこと、考え抜いて出した結論。
  
みんな、本質を突いていて、最善最良の結論なんですよ。
  
  
それに、ほとんど人は「自分の居場所」を求めているんです。
  
  
自分が安心して帰属意識を持てるグループを求めている。
  
  
でも、「良いグループ」って、なかなか無いんですよ。
  
人が集まれば、大抵「人間関係のトラブル」も発生するものです。
  
  
でも、私は人間関係のトラブルを解決する方法自体を教えているので、
「コミュニティ作り」で起こりがちな負の側面は完全に解消できます。
  
  
宗教にしても、ネットワークビジネスにしても、
    
末端の人々は、「真面目で優しい人」が多いから、
その場所に居心地の良さを感じる人も多いですが、
  
でも、そのグループのトップには、自分の利益の為に
末端の人々には見せない裏の顔があったりして、
  
組織全体としては、「何かしらの歪み」を孕んでいるわけですよ。
  
  
だから、往々にいして、
  
精神的に自立した人は、グループから去っていって、
「真面目で優しいけど、精神的に依存している人」が残って、
  
「トップだけが強く、末端は弱い」という組織になり、
組織全体としても、弱くなるのです。
  
  
コミュニティの運営というのは、
  
「人間心理」と「人間関係」に精通していないと、  
なかなか難しいものはありますが、
  
私の場合、そのハードルは全く問題になりません。
  
  
「コミュニティという形態」の大きなメリットだけを享受し、
デメリットを封じることが可能です。
  
  
よく巷で流行っている「オンラインサロン」っていうのは、
私の言っている「コミュニティ」とは違います。
  
  
表面的な形態は似ていますが、中身が全く異なります。
  
  
そこんとこだけは、ちょっと強調しておきたいですね。
  
  
オンラインサロンは、
  
いつまで経っても「主催者(リーダー)」は
「1名」である事が多いですが、
  
私の言っているコミュニティは、
【 組織の中でリーダーを増やしていくシステム 】です。
  
  
会社経営や店舗運営の話をすると、
社長一人だけで頑張っていてもスケール(規模拡大)しません。
  
リーダーを育てることによって、規模拡大が可能になるのです。
  
  
「企業経営」と「コミュニティ」の違いは、
企業の中で努力して出世しても、給料と安定しか手に入りません。
  
オーナーや社長は喜ぶでしょうが、
企業の中で死ぬほど努力しても、自分が得られる利益は限定的です。
  
  
でも、コミュニティの中で努力すると言うことは、
即ち「自分自身の夢が叶う」と言うことです。
  
安定した給料がもらえる訳ではありませんし、
  
むしろ、お金を払うことによって、
優れた「知識」や「人との繋がり」を得ると言うことです。
   
  
しかし、起業独立をしようとすると、
【 知識、人脈、自己成長 】は必須ですから、
  
それをサポートするのがコミュニティです。
  
  
会社のような上下関係もありませんし、
  
助言はあるでしょうが、誰かの命令に従う必要もなく、
互いが「自立した一人の人間」として繋がります。
  
  
向上心のある人間にとって、
コミュニティの存在は非常に有難い訳です。
  
  
私も起業当初は、いろんなコミュニティに属して、
「知識」や「人脈」を得てきました。
  
  
ただ、
  
・本当に自分に合ったグループ・コミュニティ
・健全で透明性が高く、風通しの良いグループ・コミュニティ
  
と言うのは、なかなか出会えないものです。
  
  
一時的に属しても、「なんか違うな」と思って辞めてしまいます。
  
  
私の場合は、洞察力が高いので、
そのグループ・コミュニティの「負の側面」が見えてしまって、
  
やっぱり、自分の理想としているコミュニティは、
「自分で作るしかない」という結論に至りました。
  
  
コミュニティのメリットは、
  
私としては、
  
・効率的に自分の知識を普及させられる
・少ない労力と時間で、大きな価値を生み出すことができる
・営業の手間が省ける
・人々のニーズを掴むマーケティングリサーチがやりやすい
  
  
参加するメンバーとしては、
  
・優れた幅広い知識
・さまざまな知識とスキルを持った人脈
・各分野、多方面からのサポート
  
が手に入る、
  
  
という事です。
  
  
とにもかくにも、他のやり方と比べて、
段違いに効率よく高い価値を生み出せる。
  
  
やっぱり、コミュニティくらい、
優れたサービス形態は思い付きませんわ。


mixiチェック

haxe501 at 11:44|Permalinkclip!

2022年01月07日

株と心理の関係

「株の世界」を学んできて、
「株の世界」がいかに深く心理と密接に関わっているか?
  
が理解できました。
  
  
多くの投資家やトレーダーも
  
【 株で勝つポイントは「感情のコントロール」であり、
  短期トレードは心の内を読み合う「心理戦」だ 】
  
と述べています。
  
  
例えば、株で10億円以上利益を上げている人に対して、
  
「なぜ、取引を続けるんですか?
 私なら3億円くらいで止めちゃいそうです。」
  
と質問する人がいました。
  
  
基本的に、株をやるってことは
「頭を使い、リスクを取る」ってことですが、
  
両方とも、基本的に「人間が嫌いな行為」なんですよ。
  
  
頭を使うことも、リスクを取ることも。
    
  
例外として、
  
・私みたいに、頭を使うのが好きな人間もいますし、
・リスクが大好きなギャンブラーもいますけどね(笑) 
  
  
でも、大半の人は、
頭を使いたくないし、リスクも取りたくない。
  
  
だから、多くの人は「自分が満足するだけの資産」ができたら、
  
それ以上、努力をする必要性もなくなり、
頭を使わなくても良い「守りの運用」に切り替え始めます。
  
  
しかし、「守りの運用」をしている限りは、
大きく利益が増えることはありません。 
   
  
株で利益を上げられるかどうか?は、
  
「株というゲームが難しいかどうか?」ではなく、
「株をやる人間の心理的問題だ」という事です。
  
  
もう一つ、「感情のコントロール」について話すと、
  
すごく相場(地合い)が良い状況で、
凄腕ファンドマネージャーに出資していたとしても、
  
一時的な下落に耐えられず、
ファンドを解約して損切りする人もいるらしいです。
  
  
要は、人は動揺してしまうと、冷静な判断ができなくなり、
【 あえて愚かな行動を取り、自滅してしまう 】ということです。
  
  
野球で言うと、自分がバッターとして、
「甘い球を見逃したこと」を後悔するあまり、
  
次も、その「甘い球」が投げられることを期待しながら、
バットを振るって感じです。
  
  
後悔を断ち切って、心を切り替えられないと、
過去に縛られた、愚かな行動を取ってしまう。
  
  
株で買っている人は、株をゲームだと思っていて、
「そのゲームを攻略したい、ゲームに勝ちたい」と思っています。
  
そして、株で勝っている人には、無欲な人が多いのです。
  
無欲だからこそ、自分の感情をコントロールしやすいという事です。
  
  
株価は、人間の「利益に対する欲望」と「損失に対する恐怖」によって、
動いてきます。
  
  
株で勝てる人は、

・「自分自身の感情(欲望・恐怖)」との付き合い方が上手な人
・「さまざまな立場の人の心理や意図」を理解できる人
  
という事です。
  
  
未来の「株価の動き」なんて、
基本的には誰にも当てられるわけが無いのですが、
  
ただ、「こう動く確率が極めて高い」というシチュエーションが
現れることは、まぁまぁあります。
  
  
そういう、【 わかりやすい場面を探すこと 】が、
株で勝つ方法です。
  
  
「難しいゲーム」には手を出さず、
「分かりやすいゲーム」で勝負すれば良いのです。
  
しかも、予想が外れた場合は、すぐに撤退しても良い訳ですから。
  
  
株というゲームが難しいのではなく、
「株で負けてしまう人、そこまで利益を上げられない人」は、
  
【 心理(認識・動機・感情・理想)の問題だ 】という事です。


mixiチェック

haxe501 at 11:08|Permalinkclip!

2022年01月06日

世界が変わるタイミング

今月に入ってから、
ちょっとずつ自分を取り巻く波動が変化して、
  
昨日から、妨害操作が緩んでだいぶ体調が良くなってきた。
  
  
今年2022年は、本格的に「経済力」や「社会的地位」を得る為の、
準備段階って感じの年になるかな。
  
  
やっぱり、「子供が小学校入学する時期」に合わせて、
高次元存在はタイミングを合わせにきてるのかな。
  
  
「私の教育」と「学校教育の内容」は
バッティングする部分が大きいから、
  
(もちろん、私の教育の方が明らか論理的に筋が通っていて、
 誰も反論できる余地のない、パーフェクトな教育体系だから)
  
普通に子供が小学校に入学したら、
双方から全く異なる教育を受けて、パニックになってしまう。
  
子供自身もパニックだろうし、
子供と触れ合う「クラスメイト」や「学校教師」もパニックだろう。
  
  
それを回避するために、やっぱりこの「ヘンテコな状況」は、
子供の小学校入学時期に合わせて終わっていくのかな。


mixiチェック

haxe501 at 10:36|Permalinkclip!

2022年01月04日

何も知らずに生きている

この1ヶ月半ほど、
「お金絡みの勉強」を続けてきた。
  
  
もちろん、これまでもそこそこお金に関しては詳しかったけど、
主に「概念」や「心理との絡み」が研究対象だったからね。
  
  
それと対比すると、この1ヶ月半学んできたのは、
  
「社会制度(人間が決めたルール)」と
「具体的な方法論(ゲームの攻略法)」
    
  
投資・投機・相場・為替・税制・金融関係の法律・経理処理…、
  
業界の全体像から、それぞれの攻略法まで。
  
  
【 具体的に、お金をどう扱うのか? 】って話。
  
  
「勉強・学習すること」は好きなので、
妨害操作で何もできないよりは、
  
何かしら「役に立つこと」をしている方が良い。
  
  
しかし、「新しく重要なこと」を学べば学ぶほど、
  
【 人間というのは、何も知らずに生きてるんだな 】と思う。
  
  
何かを知った風に、分かった風に、
「政治、経済、社会問題、環境問題」を語る人は多いけど、
  
そういう人でさえも、
本当は「大して何も知らない」という事が多い。
  
  
「心理・教育・科学・経済・法律・社会制度・国際情勢」
は全て繋がっているけど、
  
それぞれの本質を理解しなければ、
  
問題の「根本原因」や「解決法」は見えてこない。
  
  
でも、【 複数の分野に精通する 】ってのは、結構大変。
  
  
それが出来る人は滅多にいないから、
  
多くの人は、「狭い分野の知識だけ」で、
何かを知った風に、分かった風に語り始める。
  
  
でも、あらゆる知識を身につけると、
「視点が低いというか、次元が低い論説」に聞こえてくる。
  
  
よっぽど賢くならないと、
「真面目な話」をしようとしても、「的外れな意見」になる。  
  
  
だから、真面目な話で他人と仲良くなるのは難しい。
  
対等な会話になりにくいから。
  
  
「趣味・娯楽や教養の話」でもしてる方が、他人と仲良くなりやすい。 


mixiチェック

haxe501 at 15:17|Permalinkclip!

2022年01月02日

人生を左右する4つの基礎的能力

1.頭の良さ
(論理的思考力、洞察力)
  
2.コミュニケーション能力
(言いたいことが言える、他人の意図を汲み取れる)
  
3.精神的成熟度
(感情のコントロール、器の大きさ)
  
4.向上心、好奇心
(新しいことを学ぶ、チャレンジする)
  
  
この4点さえ備えていれば、
  
人生において、
何をやらしても上手くこなせてしまいますわな。
  
  
「学者」をやるにしても、
「経営」をやるにしても、
「投資・投機(マネーゲーム)」をやるにしても。
  
  
それぞれ、後天的に伸ばせる能力ではありますが、
特に、「論理的思考力」や「洞察力」は重要で、
  
「株で成功する人、失敗する人」の違いを分析してみても、
頭が悪いって、致命的。
  
  
甘い考え・見通しを持ち、
「調べること」や「考えること」をケチって、
  
判断に慎重さがなく、結果失敗する。
  
  
何をやらせてもダメだと思う。
  
  
逆に、「調べること」や「考えること」が好きな、
頭の良い人もいる。
  
  
頭の悪い人は、
「頭が良くて、さらに性格の良い人」のお世話になるのが一番良い。
  
性格の悪い人だったら、利用されて、カモられておしまい。


mixiチェック

haxe501 at 11:49|Permalinkclip!

2021年12月28日

お金持ちと共通の話題

会社を経営しようと思ったら、
  
最低限の「法律、会計、税制など」を
学ばなければならないように、
  
お金持ちの人にとっては、
「お金の扱い方(節税や資産運用の知識)の習得」は避けて通れない。
  
  
お金の扱い方が下手な高所得者といえば、
散財してしまう「スポーツ選手」や「ハリウッド俳優」が分かりやすい。
  
  
どんな分野でも、
「知識・経験・技術」がなければ、結果は出せないし、
  
結果を出している人には、「知識・経験・技術」がある。
  
  
そして、「共通の話題」は人と仲良くなるのに必要なツール。
  
  
「お金の知識」があれば、
「お金持ちの気持ち、見ている景色」が理解でき、
  
お金持ちと仲良くなりやすい。
  
  
「コミュニケーション能力」や「信頼構築」の面からも、
金融知識は役に立つ。


mixiチェック

haxe501 at 12:48|Permalinkclip!

2021年12月27日

勝ち方は人それぞれ、負け方は一緒

相場で勝てる人でも
トレードスタイルは人それぞれ。
  
「性格」や「ライフスタイル」「考え方」「強み」
「目的」や「生活リズム」によって変わって来る。

だから、「自分に合ったスタイル」を構築していく必要がある。
  
  
一方、相場で負ける人には共通点がある。
  
  
・根拠に乏しい「ヤマ勘」に頼ったエントリー
 
・熟練者でもないのに「空売り」を仕掛ける
 
・「暴落の可能性」を考慮せず、
 ハイレバレッジを掛けてロットを多く張る
 
・「上昇相場の追い風」を自分の実力だと勘違いする
  
  
総括すると、「展開の可能性の読み込み(シミュレート)」が甘い。
  
  
そんなトコ。
  
  
麻雀で言ったら、危険牌の連打。
  
そりゃ、放銃して当然。
  
  
相場は「上がるか下がるかの二択」と言われるけど、
「いつ買っていつ売るのか?」のタイミングには無数の選択肢がある。
  
  
相場の勝敗は、その【タイミングの見極め】がほとんど。
  
同じ銘柄でも、
タイミングによって「大勝ち側」と「大負け側」に分かれる。
  
  
相場で負けた人のYouTubeを見ると安心する。
  
それだけ甘い考えで、テキトーにやってりゃ負けて当然よ。
  
  
逆に言うと、ちゃんと「負けないようにリスク管理」したら勝てる。
  
そんなに難しいゲームじゃない。
  
  
覚える事はちょっと多いけど。
  
その情報量の多さが、
「戦略の混乱」と「取っ付きにくさ」になってると思う。
  
  
でも、ゲーム性で言ったら、ポーカーや麻雀で勝ち続ける方が難しいよ。


mixiチェック

haxe501 at 12:45|Permalinkclip!

2021年12月26日

世界を動かす力学

相場と金融を学んでから、
より視野広く、「世界を動かす力学」が眺められる様になった。
  
妨害操作は抜きとして。
  
  
結局、社会は「人」が動かす。
  
法律も、政治も、経済も、戦争も、慈善活動も、国際的な合意も。
  
  
そこには、必ず「心理」と「経済」が絡んでいる。
  
「精神的利害・物理的利害」と言い換えても良い。
  
  
自然界は「物理法則」で動き、
社会は「人々の思惑」で動く。
  

しかし、科学、心理、経済(ビジネス、貨幣、金融)など、
「複数の異なる重要分野」に精通している人はそういない。
  
  
ほとんどの学者や専門家は、
  
自分の専門分野と関わりのある、
「世界を動かす力学」のほんの一部しか見えていない。
  
  
世界をより良い方向に変えたければ、
  
世界を動かす「力学」を、
可能な限り多く知り、深く理解する必要がある。
  
  
例えば、自然環境が破壊される根本原因は、
経済にある事が多い。
  
  
利益偏重企業の生み出す公害や、貧しい国の人々が行う焼畑農業など。
  
  
経済問題を解決しなければ、環境破壊は止めれないし、
  
科学的な側面から「クリーンエネルギー」
「生分解性プラスチック」などの優れた発明を生み出さなければ、
  
環境問題の根本解決など出来ない。
  
  
あらゆる事は繋がっている。
  
  
ルービックキューブの様に、
一面だけしか見えていないと、何も解決はできない。
  
  
ほとんどの人は、この世界を動かす力学について、
何も知らずに生きている。


mixiチェック

haxe501 at 22:12|Permalinkclip!

2021年12月25日

景気の恩恵

いくら好景気になったとしても、
  
「優良企業の正社員」でない人は、
「会社の業績に応じたボーナス」をもらえる訳でもなく、
  
【 個人としての経済力 】が高まる訳じゃない。
  
  
アメリカの場合は、会社の都合ですぐにクビを切られるから、
「景気」と「雇用(個人の生活)」が直結しているけれども。
  
  
日本の場合、「景気の動向」と「大衆の生活」には、
アメリカほどの相関係がない。
  
だから、一般的な人々は景気にあまり興味を持てない。
   
  
日本では、不景気になった時でも、
社員の雇用を(アメリカよりは)守るために、
  
給料を上げない代わりに、「内部留保」を貯めようとする。
  
  
好景気だろうと、不景気だろうと、
末端の人々の生活は、さほど変わらない。
  
  
悪影響も少ないが、好影響も少ない。
  
  
そして、日銀がどれだけ金融緩和を行おうと、
「多くの日本人」の元にお金は流れない。
  
  
政策金利がマイナスになったとしても、
消費者金融の金利が下がる訳でもない(笑)
  
  
日本においては、
「ビジネス」をするか、「投資・投機・金融」に手を出さないと、
  
なかなか「好景気の恩恵」は受けられない。
  
  
どちらにしても、「受け身」の態度で、
勝手に【 経済力(給料)が上がること 】は無い。
  
  
景気がいくら上がろうとも、
普通の人々にとって恩恵は少ないのだから、
  
経済力を高めたければ、自発的に学び、動くしかない。
  
(と言っても、副業や投機絡みで「素人をカモにした詐欺」も多いが)
  
  
給料が上がらないのは、
企業や政治家のせいでもないし、企業や政治家に頼っても無駄。
  
政治家に期待できるのは、給料アップより、
税金を使った「社会福祉の拡充」の方。
  
(保育料の無償化、学費の無償化など)
  
  
手元に入るお金を増やしたければ、「ビジネス」をするか、
「相場の世界」で「金融市場にうごめく巨額マネーの一部」を掠め取るか。


mixiチェック

haxe501 at 17:00|Permalinkclip!

2021年12月24日

ファンド(投資信託)の価値

自分で金融を学習して思うことは、
「ファンド(投資信託)に投資する」って、
  
「別に美味しくないなぁ」ということです。
  
「自分で学習して、考えられる人」にとっては、
自分で判断した方が確実に高い投資効果を得られます。
  
  
そもそも、ファンドっていうのは、
  
「万が一」のことを考えるので、  
「1.リスクの高い判断」ができない。
   
(集中投資ができずに分散投資になり、リターンが下がる)
  
  
そして、運用資金が大きくなるので、
「2.高いリターンを狙うこと」が難しくなる。
  
(信頼性が高く大金が投入される投資対象は、値動きも少ない)
  
という事があります。
  
  
まぁ、「私募ファンド」であれば、
リスキーな行為をやる所もあるでしょうけど、
  
証券会社で買えるようなファンドでは、
あまりリスキーな事はしないでしょう。
  
  
分かりやすく言うと、
「スマホ」「家電」「パソコン」を買おうと思った時に、
  
1.「家電量販店の店員」の言う通りに購入するか?
2.自分で徹底的に調べて買うか?(もしくは自作するか?)
  
くらいの差があるって事ですね。
  
  
「詳しい人」にとっては、
  
詳しく調べるか、自作した方が、
納得のいくパソコンが手に入りますから。
  
  
それと金融も同じですよね。
  
  
でも、「ファンドを選ぶ」にしても、
そこそこ勉強が必要ですから、
    
コスパを考えたら、
投資は自分で学習して、考えて、判断した方が、
  
結果的にパフォーマンスは良いと思うんですよね。
  
  
で、自分が「機械関係に詳しくない」って場合で、
  
スマホ、家電、パソコンを買おうと思った時、
どうしますか?
  
  
「詳しい知り合い」に聞きますよね?(笑)
  
  
だから、投資もそれがいいと思いますよ。
  
  
家電量販店に行って店員に聞いても、
  
「担当者のレベルがショボい」って事もあるし、
「売上になりそうな商品を勧められる」っていうリスクもある。  
  
まぁ、親切で誠実な店員もいるでしょうけど。
  
  
証券会社の営業マンは、ノルマが厳しいせいで、
「顧客の利益より自分の成績を優先する」ってのは、
  
よく聞く話です。
  
    
でも、身近に「ガジェット・オタク(機械関係に詳しい人)」
がいたら、その人に聞いたほうが、
  
良いアドバイスをもらえそうです。
  
  
人によっては、家電量販手の店員より、
よっぽど詳しい人がいますからね。
  
  
ワインの世界でも、飲食業界で働いていないのにも関わらず、
「ソムリエより詳しいワイン愛好家」もいますしね。
  
  
まぁ、その「ガジェット・オタク」が、
絶対に自分に合っている商品を提示するとは言えないので、
  
最終的には、「自分の責任と判断」はなってしまいますが。
  
  
でも、具体的に何が良いか?と言う具体的なことより、
  
・こういう目的なら、こういう商品
・こういうタイプの人なら、こういう商品
  
という風に、「中立的な目線」で、
「判断基準」と「選択肢」を教えてくれるのが一番有難いですよね。
  
  
具体的なことってのは、状況や目的によって変わってくるので、

【「判断基準」や「選択肢」を提示して、あとは本人に委ねる 】
  
  
営業マンでも、そういう人が一番信頼されると思います。
  
  
ただ、「相場の世界」に絶対は無いですし、
天災などの「予期せぬ社会現象」もあり得ますしね。
  
相場に関しては、【「確率や可能性の話」しかできない 】ってのは、
大前提です。
  
  
ファンドでも、「〇〇ショック」が起これば、
ほとんどの場合、基準価格が大きく下がってしまう訳ですからね。
  
プロでも一時的には負けるわけです。
  
なので、ファンドに投資する価値は、
「素人が株に手を出して、下手に大損するのを避ける」
  
って言う事だと思います。


mixiチェック

haxe501 at 02:04|Permalinkclip!